SNS        ブランドコンサルティングなどを行うリスキーブランドはこのほど、同社による生活意識調査、MindVoice調査を用いて行った「SNS活用者動向」についての分析結果を公表した。 MindVoice調査は全国の15~64歳男女を対象に、毎年5月にインターネットを通して実施。 2013年の標本数は4,267となっている。

活用者人口1位はLINE

     同調査の回答と総務省による 「人口推計・通信利用動向調査」 を合わせて推計したところ、活用者人口が最も多かったのはLINEの1,094万人だった。 次がFacebookの906万人、3番目がTwitterの783万人、4番目がmixiの440万人となっている。      2011年から2013年までの2年間における活用者の増減を見ると、Facebookは約5.8倍(749万人)、Twitterは約1.4倍(225万人)で増加している。 一方で、mixiは697万人(2011年)から440万人(2013年)へと、37%減少している。

 55~64歳では、Facebook活用者が最多

     年齢階層別にSNS活用率を見ると、LINEとTwitterは若年層からの支持が強く、15~24歳年齢階層では、28.6%がLINEを、24.0%がTwitterを活用していることが分かった。 25歳以上になるとLINEとFacebookが多くなり、55~64歳では、Facebook(107万人)がLINE(97万人)を僅差で上回っている。             SNS1      

 LINEには「のどか志向」が

     2013年のMindVoice調査を用いて、主要SNS活用者の価値観特性(同社が開発した価値観分析手法。価値観要素の回答結果を用いた比較分析により割り出す)を分析したところ、LINEは 「のどか志向」、Facebookは 「外交的×先取り志向」、Twitterは 「内向的×先取り志向」 という特徴があるとわかった。             SNS2        同分析手法における 「のどか志向」 とは、「甘えたい」 「伝統的男女観」 「地元志向」 などの価値観要素と親和性が高いことを意味する。 「外交的×先取り志向 」とは 「社会のために」 「視野を広げる」 など、「内向的×先取り志向」 は 「愚痴」 「刹那主義」 「自分の隠れ家」 などと親和性が高いことを示している。                          ツイートこの記事をつぶやく
                警告!友人にドン引きされるSNSの使い方ランキング        あなたはFacebookやTwitter、LINEなど、SNSを使いこなせていますか?        親しい友人や懐かしい友人たちと交流できるから、毎日更新するのが楽しみ…なんて思っているのは、自分だけかもしれません。      周りに 「ウザイ…」 と思われる前に、間違ったSNSの使い方をこっそりお教えします。早速チェックしてみて!        ■ 警告! 友人にドン引きされるSNSの使い方      1位 : プロフィール写真に自分撮りのキメ顔を設定している人      自己紹介のツールとして重要なプロフィール写真。 自分をカッコよく&かわいく見せようとして、うっかりキメ顔を設定していませんか? 周りからナルシストだと思わるだけでなく 「面倒くさいな」 「イタイな」 と、ドン引きされてしまいます。      ちょっとでもその疑いがある人は、自然体で撮影した写真に今すぐ変更しておた方が身のためかも?!        2位 : ネガティブな話題ばかりアップする人      いつも仕事やバイトの愚痴&悪口ばかり投稿していませんか? 直接関係している人は同感できるかもしれませんが、全く内容を知らない友人からすると 「対応の仕方に迷う」 「付き合いが面倒」 と思われて、スルーされてしまうことも。      悲観的なことは、友人に向かってつぶやくのではなく、自分の中に留めておいた方がよいかもしれませんね。        3位 : 自分撮り写真のアップ率が高い人      プロフィール写真と同じように、頻繁に自撮り写真をアップしていては、友人からナルシストすぎてキモイ…と思われてしまいますよ。      芸能人はよくブログに自撮り写真をアップしていますが、それはあくまでも仕事の一部。 一般人が真似してもドン引きされるだけです。 たまにアップする程度ならよいかもしれませんが、毎回更新するのは控えましょう。        4位 : 毎回ポエム調にブログを更新している人      勢い余って、ひとりよがりの表現をつづったポエム順の文章を投稿していませんか? 熱い気持ちを抑えきれずに、気取った文章を書いてばかりでは、「ナルシスト」 「イタすぎる」 と思われてしまいます。      あなたが書いた内容は、友人たちが冷めた目でチェックしていることは忘れないようにしてくださいね。        5位 : 普段とキャラが違う人      日常生活とネット上でキャラが違いすぎて、戸惑ってしまった経験はありませんか? 現実は引っ込み思案で大人しいキャラなのに、ネット上では毒舌で人の悪口ばかり言っているなど、あまりにもかけ離れたキャラの人は、友人から軽蔑されてしまう可能性が。      「素の自分に戻りたい」 「もっと格好よく見せたい」 など、キャラ作りしすぎない方が、親しみやすく、“あなたらしさ” を表現できるはずです。 日常生活の延長にSNSがあることを絶対に忘れないことが大切かもしれませんね。(appwoman.jp)          気を付けないと・・・・                 ツイートこの記事をつぶやく
      テレビ弊害        一家が複数台のテレビや携帯電話を持つことが当たり前になった今日。 子どもが自分の電話を持つというのもふつうになった。 だが生活は便利になる一方で、子どもの学力にも大きな影響を与えているようだ。        ある調査によると、テレビ、携帯電話、DVDプレイヤーといった電子機器を持っている生徒は読解力が低く、またFacebookなどのSNSサイトの利用時間が長い生徒は数学と科学の学力が低い傾向にあることが判明したのだ。          今回の調査は英国イングランドの国立財団が45カ国の10歳と14歳の子どもを対象に調査を実施したもの。 読解力、数学と科学の学力を調査すると同時に、携帯電話、テレビ、DVDプレイヤーの利用状況を調査し、学力テストの結果との関連性を分析した。        その結果、明らかに関連性があることが判明。 学力テストの平均点は500点だったそうだが、テレビやDVDプレイヤー、携帯電話といった電子機器を持っている生徒は、持っていない生徒よりも読解力テストの点数が20点以上低い結果に。 ちなみにイギリスでは10歳児の3人に2人が自分専用のテレビを与えられており、5人に1人が毎日3時間以上テレビを視聴しているとのこと。        また、数学と科学の学力はSNSサイトを閲覧する時間が長ければ長いほど、点数が下がる傾向が見られたそうだ。 なお、14歳の13パーセントが日常的に毎日4時間以上SNSサイトを見ているとのこと。 これでは宿題をする時間が削られてしまうのも当然。        一方で学力アップのキーとなるアイテムは 「楽器」。 楽器を持っている生徒は持っていない生徒よりも学力テストの結果が31点高い結果だったそうだ。 とはいえ、これも楽器を演奏する時間の分、テレビやネット閲覧の時間が少なくなるという理由からかもしれない。        もちろん、点数だけが全てではないが……いずれにせよ、電子機器を子どもに持たせることにはメリットとデメリットがつきもの。特に小中学生の子どもを持つ親は、子どもがテレビや携帯を使う時間の長さにも気をつけた方が良さそうだ。(rocketnews24.com)        ツイートこの記事をつぶやく
       東京広告協会は2012年12月10日、首都圏の大学生に対する 「友人関係に関する意識調査」 の結果を発表した。 それによると大学生から成る調査対象母集団においては、SNS(ソーシャルメディア)のツイッターを利用している人は8割強に達していることが分かった。 そしてその2/3程は利用頻度が上昇している。また良く使う理由を聞いたところ、「暇つぶし」 「お手軽」 「皆やってる」 「友人の近況がリアルタイムで分かる」 などが上位を占めていた。        今回の調査は2012年7月17日から31日にかけて、首都圏の大学(駒澤大学・上智大学・専修大学・東洋大学・日本大学)に在住する大学1~4年生の男女に対して、アンケート自記入法によって行われたもので、有効回答数は1029人。そのうち800人分を集計対象としている。        今調査対象母集団では主要SNSのうちツイッターの利用度合いはLINEに次いで第2位。ただし一番良く使うSNSとしては回答者は最多を占めており、利用頻度の高さが予見されていた。       ↑ 利用しているSNS(利用者ベース)(2010年項目は一部略)(再録)   ↑ 利用しているSNS(利用者ベース)(2010年項目は一部略)(再録) そこで調査対象母集団全員に、最近のツイッターの利用状況を尋ねた結果が次のグラフ。       ↑ 最近のツイッターの利用状況   ↑ 最近のツイッターの利用状況        利用経験者・利用者を合わせると8割以上。 退会者は1.6%、利用頻度減少は7.1%でしかなく、利用頻度が増加した人と横ばいの人を合わせると3/4を超える結果となった(今件調査は 「アンケート自記入法」 によるもので、インターネット調査による底上げリスクが無いことに注意)。      そこでこの77.1%の人に、横ばい・増加の理由を聞いたところ、最上位についた項目は「ひまつぶしになる」だった。実に3/4近くの人が同意を示している。       ↑ ツイッター利用増加理由(対象者限定)   ↑ ツイッター利用増加理由(対象者限定)        以前【大学生が利用するSNS、LINEやツイッター、mixiにFacebook。一番良く使われているのは……?】で記した通り、大学生の間ではSNSは 「日常の会話の代わりにもなる気軽なもの」 が求められている傾向がある。       ↑ 自分にとってのSNS(上位3位まで)(再録)   ↑ 自分にとってのSNS(上位3位まで)(再録)        また、「普段会えない友人とつながりを保つもの」 「暇つぶし」 もそれぞれ、増加理由の上位に該当する項目を見つけることができる。 特に上位4項目は回答率が7割前後に達しており、多くの人が 「これがツイッターを多用する理由」 と認識していることが分かる。 そしてそのうち半分は 「ツイッター自身の特性」 であり、もう半分は 「利用者増加による相乗効果」 によるところが大きい(さらにいえば、前者があるからこそハードルが低くなり、後者が容易に達成されることとなる)。        グラフ化は略するが、ツイッター・Facebook・mixiの3SNSの中では、ツイッターが一番 「皆の気持ちをタイムリーに知れる」 「自分の本音を出すことが出来る」 「友達の人となり、性格を把握できる」 の点で支持を集めている。 ツイッターが大学生に受け入れられているのも、このような需要、「気軽に自己主張」 「深い関わり合いを気にしなくても良い」 が備わっているからなのだろう。(garbagenews.net)            ツイッターは実名でなくていいからね~!? 確かに関わりを気にしなくて良いな!                       ツイートこの記事をつぶやく
       国内でもすっかり市民権を得た 「twitter」 や 「Facebook」、そしていまだヘビーユーザーも多い 「mixi」 だが、気軽に投稿できる故に “人間性” にボロが出てしまうのも事実。 SPA!ではマナー違反、どうでもいいつぶやきなどSNS上でウザがられる実例を紹介する          ◆自己陶酔が入ったとき、一層ウザがられる!    自分が共感した言葉の引用投稿、リツイートも度が過ぎるとウザさが出てくる。 「相田みつをは素晴らしいけど、『わかるな~』 の上から目線にお前は何様?と思う」 (33歳・男性)、「もしドラのような浅い自己啓発に感化されて酔いしれ、『お前はイノベーションが足らない』 と諭されPC前で発狂した」 (30歳・女性)など、借りてきた衣で評価を上げようとする言動は嫌われる。      自己陶酔しているときの “語り” も大変危険。 「ジョブズが死んだときに1時間近く延々とつぶやき続けたヤツがいて、ブログで書けよ!と思った」 (38歳・男性)、「深夜アニメに感動して、いろんな人の感想を鬼リツイート。 観てないし、タイムライン汚れるし……」 と、感動や共感を得たい気持ちはわかるが、他者には無用の長物であることが大半なのだ。 中には 「 『今からタイムライン汚します。 見たくない人は外してください!』 と宣言するから、外したらなぜか俺も外された」 (30歳・男性)と、理不尽な行動をとる輩も……。                   用語      ほかにも、定番のウザい言動と言えば、「年上の俺に対し 『とりあえずオマイ、それkwsk!』 は怒った」 (36歳・男性)などの2ちゃんねる用語やネットスラングの多用だろう。      最近になってSNSを始めたユーザーは、ネットの言葉を使いたくなる気持ちは重々わかるが、ベテランにとっては 「こっちが友達と一緒の写真をアップすると必ず 『リア充乙!』 とか絡んでくる人はいまさらでウザい!」 (29歳・女性)、「 『私ったら、終電逃しちゃった件!』 はわかって使ってるの?」 ( 38歳・女性)、「いまどき 『キボンヌ!』 って言われても……。 使い古された用語はその人の質を落とすかも」 (31歳・女性)など “いまさら感” ありありで、ダサさが際立つ。      顔文字や絵文字も 「連発されると見づらい」 (23歳・女性)と多用はNGで、「いい年こいたオヤジの顔文字は気持ち悪い」 (24歳・女性)なんて意見もあり、ネット社会と実社会のギャップが大きいほど不快指数は上がる。 つぶやき一つにしても、自分を客観的に見ることが必要な時代なのだ。 なんと生きづらい世の中だろう……。 (nikkan-spa.jp)                    ツイートこの記事をつぶやく
     
       皆さんはもう使っていますか?        最近ソーシャルメディア上では 「Pinterest」 というWebサービスがアツいようです。        Pinterestは今年になって勢いを増し、Facebookの次に来るSNSとして騒がれています。 画像中心のSNSで、自分の好きなものを 「Like」 してお気に入りに追加したり、「Repin」 して自分だけのコレクションボードを作ったりすることができます。          FacebookやTwitterのアカウントがあれば、新たにPinterest用のアカウントを作ることなく使い始めることができます。 特にFacebookと連携して使い始める人も多く 「友達が使っていて楽しそうだから」 という理由でスタートする人も多いよう。 そのPinterestと 「そっくり過ぎやしないか?」 と騒がれている 「Pinspire」 も最近話題になっています。         時が経つにつれ、類似サービスは生まれてくるものですが、ここまで似ているとびっくり。 だからこそ色々とイジってみたくなってしまいます。 PinterestとPinspireの違いを真剣に比較してみました。            ざっと比較してみた点はこちら。      ■Pinterest    日本語対応:なし、英語    招待:必要    ユーザー:圧倒的に外国人が多い    スマホアプリ:iPhoneアプリあり    人気のもの:Popular    コレクション:Board    いいね:Likeボタン    Repin:Repinボタン    コメントするとき:文字数はカウントされない    動画:あり    運営会社:アメリカ            ■Pinspire    日本語対応:あり    招待:必要なし    ユーザー:圧倒的に日本人が多い    スマホアプリ:なし    人気のもの:話題のピン    コレクション:コレクション    いいね:いいねボタン    Repin:リピンするボタン    コメントするとき:文字数がカウントされる    動画:なし    運営会社:イタリア          ターゲットが違うのでしょうか。 日本語対応しているあたりを考えると、Pinspireの方が日本人に使いやすいのかと思います。 ただPinspireに登録する際、既にPinspireを始めている友達を探してみたところ、まだ少ないのが残念。 Facebookにいる460人ほどの友達のうち、まだ10人程度だったのです。        Pinterestの方が先に大々的に出ていたため、ページのすべてが英語表示にも関わらず、日本人ユーザはPintersetに多いよう。 さらにPinspireは登録さえすれば使い始められるという利点がありますが、Pintersetは招待されないと使えないという不便な点も。        登録時に 「興味のあるカテゴリ」 を選ぶのですが、このあたりはPinspireの方が優秀です。 なんと 「おたく」 というカテゴリがあります。 日本人のことをよく理解してくれている気がします。          今後、PintersetとPinspireがどう熾烈な戦いを進めていくのか、SNS好きな人間としては気になる次第です。特にPinspireはアプリもまだ出ていませんし、どう進化を遂げるのか楽しみですね。 (youpouch.com)          ▼Pintersetトップページ。 左側に友達の行動が表示されます▼                ▼Pinspireトップページ。 友達の行動は表示されていません▼         ▼Pintersetボード(コレクションしたものはボードと呼ばれている)ページ▼         ▼Pinspireコレクション(コレクションしたものはコレクションと呼ばれている)ページ▼          これ流行るかもしれないな~~       ツイートこの記事をつぶやく
       昨年12月に死去した北朝鮮の金正日総書記の長男、金正男氏とみられる男性が昨年、インターネット上の交流サイト 「フェイスブック」 を使用し、文章や写真を投稿していたことが10日、分かった。        韓国の北朝鮮専門インターネット新聞 「デイリーNK」 などによると、男性は 「Kim Chol(キム・チョル)」 の名前を使用。 正男氏が海外でよく使う名前とされ、投稿は本人が行った可能性が高いとみられている。  (kyodo.co.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
      銀座コージーコーナー        甘いもの好きならずとも、駅の近くで必ず一度は見かけたことがあるであろう 『銀座コージーコーナー(http://www.cozycorner.co.jp/)』。 言わずと知れた洋菓子の製造・販売を行うスイーツ・カンパニーである。        家族や友人へのお土産に、仕事帰りのご褒美に、ついフラリと吸い込まれてしまう魅惑的なスイーツ空間を作り出しているその販売店舗は、全国になんと約400店舗! そんなコージーコーナーが、クリスマス・シーズンに向けてスペシャルなサイト、その名も 『Christmas Cake Land』 を立ち上げた。        このサイト、性別を問わずさまざまなユーザー同士でクリスマスケーキを囲みながら、楽しい時間を共有しよう!というもの。 Facebook、Twitter、mixiなどソーシャルサービスと連動しており、それらのアイコン画像を使用したアバターを制作可能。 さらに衣装も選べ、用意された4種類の “ケーキの家” でそれぞれ開催されるクリスマス・パーティーに参加できるのだ!          また12月1日よりケーキの家には日替わりで 「金の妖精」 が出現するのだが、キャンペーン専用Twitterアカウントの “金の妖精によるつぶやき” をリツイートすると、抽選で毎日1名に銀座コージーコーナー銀座1丁目本店で使用できる、¥3,000分のスペシャル・チケットがプレゼントされるというおトクな情報もアリ!(スペシャルチケットの有効期限は2012年2月29日 ※当選者へのチケット発送は1月下旬頃を予定。)        今年のクリスマスは、このキャンペーンへの参加から始まると言っても過言ではない! ともあれ、銀座コージーコーナーから皆へのこのクリスマス・プレゼント、ノらないテはないぞ!        『Christmas Cake Land』の公開は11月25日(金)~12月25日(日)まで。(getnews.jp)                   ツイートこの記事をつぶやく
                ミクシー笠原社長        ソーシャル・ネットワーキングサービス 「ミクシィ」 を展開する株式会社ミクシィの笠原健治社長と 「Twitter」 の日本国内での展開を担うTwitter Japan株式会社の近藤正晃ジェームス日本代表が2011年11月30日午後、東京・渋谷のミクシィ本社で共同記者会見を開き、今後双方のサービスで連携をより強化していくことを発表しました。        笠原社長は会見で、「ソーシャルアプリからのツイート投稿」 「相互フォロー同士の友達申請」 といった新機能を実装予定であることを説明。 その上で、こうした施策により 「アクティブユーザー数(定期的なサイト訪問・利用者数)は増えていくと思う」 と期待を込めた。            一方、一部メディアでは、ミクシィへのサイト訪問者が約半数に 「激減」 したと報じられた。 これは、ニールセン・ネットレイティングス株式会社が11月18日に発表した 「最新SNS利用動向レポート」 上にある、訪問者数の推移を表したグラフに基づいた内容とされている。 ミクシィは25日、これら発表や報道内容が 「誤解を与える解釈」 だとして反論し、ネットレイティングス社側に公式説明を求めていた。 これに対して、ネットレイティングス社は28日、グラフを ”更新” した上で、ミクシィのサイト訪問者は 「堅調な推移」 とする再発表をしていた。        一連のやりとりやネットレイティングス社の再発表について、笠原社長は会見で、      
「ニールセン・ネットレイティングス社には、弊社が懸念している点についてしっかりと返事をしてもらえたと思う」      
と述べ、ネットレイティングス社の対応を評価した。        また、この日に発表された 「ソーシャルアプリからのツイート投稿」 「相互フォロワー同士の友達申請」 といったミクシィとTwitterとのサービス連携強化が、こうした堅調な訪問者の推移に今後どういった影響を与えるのかといった予測について、        
「今後のTwitterとの連携機能で、Twitterからミクシィへ、ミクシィからTwitterへといった相互でのコミュニケーション量はいい形で増えることを想定している。 アクティブユーザー数(定期的なサイト訪問・利用者数)は増えていくと思う」        
と話し、訪問者の増加に期待を寄せていた。 (getnews.jp)                   ツイートこの記事をつぶやく
       日本でも、利用者数が1000万人を突破したといわれるFacebook。 今や、SNSは日常的なコミュニケーションツールとなっている。 しかし、Facebook以外にもSNSはたくさん存在します。 地域SNSや趣味系SNS、学校系SNS、職業限定SNSなど、多岐に渡る。 ユーザーはこうした膨大な種類のSNSの中から一つ選んで利用するというよりも、いくつものSNSに登録している人の方が多いだろう。      ただ、いくつものSNSに登録したものの、積極的に利用したのは最初だけ、というパターンもよく見られる。 最近では、「SNSはもう充分楽しんだ」 という意見も。 会社員の雪絵さん(仮名・37歳)もその一人だ。        「私のSNSデビューはmixiでした。 ちょうどmixiが流行り始めた頃だったので、同年代で登録している人が多く、楽しかったですね。 mixi内のコミュニティがきっかけで、同じ高校の同窓生で飲み会をするようになり、学生時代は話したことがなかった人とも仲良くなれました。 mixiで仕事の人脈が広がったのも、大きな収穫でしたね」        しかし、Twitterをmixiに連動させるようになった頃から、mixiを見なくなったという。        「私の場合、リアルな友人のブログやアルバムをmixiで見ることが多かったのですが、、Twitterは主に情報収集とか芸能人の発言チェック、自分のメモとして使ってます。 だから、ネット上のコミュニケーションという意味では、Twitterがメインになってから、狭まった気がします」      とはいえ、雪絵さんとしては、「出会いや再会のツールとしてのSNSは、mixiで十分満喫した」 という思いが強いという。 しばらくは、Twitterがメインとのことで、Facebookにも登録していないそうだ。          フリーカメラマンの陽子さん(仮名・38歳)は、mixiもTwitterもFacebookも登録し、なるべく動かすようにしているという。      「このほかにブログもやっているんですが、それぞれを連動させているので、労力はそれほどではありません。 ただ、私の場合ブログもSNSも仕事の一環だと考えているので、続いているのかも。とはいえ、昔ほどはマメに更新してないんですよね」      登録先が増えた分、他の人の日記やつぶやきも、あまり読まなくなったそうだ。      「mixiだけだった時は、マイミクのマイミクをたどっていったりしてたんですけどね。 mixiもTwitterもFacebookもじっくり読んでいたら、きりがないので」      とはいえ、mixiでつながってる人、Twiiterでフォローしあってる人、Facebookで相互承認している人と、人脈が分散しているので、どれも時々見るようにしているという。      「最近、周囲でFacebookの登録者が増えているんですが、今、Facebookにハマっている人って、mixiをやっていなかった人なんですよね。 Facebookもしばらくすると、みんな飽きる気がする(笑)」。        一方、派遣社員の美保子さん(仮名・35歳)は、こう見る。      「私の場合、『ネットで同じ趣味の人に出会う楽しみ』 を一番楽しんだのは、十年以上前に同じ趣味の人が集まるBBSと、そのオフ会に参加していた頃かも。 でも、そういうつながりって、一時期ワーッと盛り上がるけど、だんだん下火になってくるんですよね。 ただ、オフ会などで特に気があった人とは、今でも会ってお茶したりと、リアルな友達付き合いが続いています。 一方、SNSで昔の同級生に再会しても、お互いの生活環境が違いすぎたり、話が合わなければ、再会しただけで終わり。 いろんなスタイルのSNSや表現ツールが今後も出てくるかもしれませんが、盛り上がりを過ぎた後で残るのは、『リアルな人間関係』 なのでは」。        SNSを続けるにしても、飽きてお休みにするにしても、大切なのは「人とつながろう」という思いなのかもしれない。  (dokujo.jp)                ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 512345»