ここ数年、爆発的な伸びを見せてきた、韓国の濁り酒 「マッコリ」 の輸入が激減している。          韓国メディアでは、竹島(韓国名・独島)問題で両国関係が悪化したり、日本でノンアルコール飲料の消費が伸びたりしたことが背景にあるとみている。 だが、日本側の受け止めは少し違うようだ。            韓国関税庁が2012年10月28日に発表した輸出入統計によると、12年1月から9月にかけて日本に輸出されたマッコリの量は2万1743トンで、前年同期比28.6%減少した。 金額ベースでも同様で、28.0%減の2736万ドル(約22億円)だった。          この背景として、韓国メディアは業界関係者の話として、(1)竹島問題で日韓関係が冷え込み、ブームがさめた(2)日本でノンアルコールビールの出荷が増えた分、マッコリに 「しわ寄せ」 が来た、といった見方をしている。          国内のマッコリ輸入業者の多くは販売量の推移などを開示していないが、輸入量が減少した分、ほとんどタイムラグのない形で国内の流通量も減少しているとみられる。 マッコリはあまり保存がきかないため、大量の在庫を抱えておくことができないためだ。            ただし、国内の業界では、竹島問題が影響したとは見ておらず、むしろ 「ここ2年が伸びすぎた」 と受け止めているようだ。          日本では06年からマッコリの輸入量が右肩上がりになり、10年に焼酎 「JINRO」 で知られる眞露が参入し、ブームに火が付いた。 この時点ではガラスの瓶やペットボトル入りが主流だったが、翌2011年にはサントリー酒類が缶入りの 「ソウルマッコリ」 を発売。 人気俳優のチャン・グンソクさんをCMに起用し、さらに消費が拡大した。 11年に韓国から日本に輸出されたマッコリの量は、前年比2.5倍の3万9000トンだった。          つまり、11年から12年にかけて大幅に減少したと言っても、10年と比べると相当多く、ブームが一段落したあとの 「定着期」 だと受け止めているようだ。          なお、マッコリの消費量は韓国国内でも減少傾向だが、日本酒の輸入量は7.5%増の2281トンで、逆に消費が伸びている。(j-cast.com)                              ツイートこの記事をつぶやく
       兵庫県立大付属高校が韓国への修学旅行中止を2012年10月10日に発表したところ、ネットの一部で 「大勝利!」 などと歓声が上がった。 1か月ほど前に同校の生徒と見られる人物が 「韓国に行きたくない」 などと掲示板に投稿し、不憫に思ったネットユーザーが旅行先を変更させるためのキャンペーンを張っていた。          竹島をめぐる日韓関係の悪化に配慮して秋田県や新潟県などで韓国への修学旅行を取りやめる高校が出ているが、兵庫県のケースは本当にネットユーザーの働きかけが影響したのだろうか。              事の起こりは12年9月6日、掲示板 「2ちゃんねる」 に         「11月に修学旅行で韓国に行くことになってしまった。 何とかして行き先を変更したいので知恵を下さい。兵庫の公立高校です」         という書き込みが出たこと。 一部のユーザーはこれを自分たちに対する 「SOS」 だと受け取り、どうすれば韓国行きを中止できるかの議論が始まった。          「2ちゃんねる」 には高校の住所や電話番号などが張られ、中止を求める 「電凸」 をしよう、デモは出来ないかなどの案が出たが、デリケートな問題のため高校に迷惑をかけたり、辱めるような行為は絶対にしないよう呼びかけていた。          中止を求める運動は、署名活動のほか、仮に韓国に行った場合に起こりえる危険について高校に提言する、などが行われた。          この高校の生徒と思われる人物も逐次書き込み、先生達がネットでの騒ぎを気にして 「2ちゃんねる」 を注目している、保護者が韓国への修学旅行の承諾書に印鑑を押さないようにチェーンメールを出している、などを報告していた。            そして10月10日 「2ちゃんねる」 に夕方、          「お待たせいたしました。 韓国への修学旅行は中止と決定したという連絡がありました。 この結果になったのも皆さんのおかげです。 キャンセルは5日までにはしたらしいです」         という書き込みが出た。              その報告を受けて、        「大勝利ですね、おめでとうございます」      「うわあ!感動的!!よかったねえ~みなさまお疲れ様でした。先生方も英断ですよ」      「高校の修学旅行だから危険な韓国じゃなく違う場所で楽しんで欲しいからね。こうやって声を出せば思いは叶うんですよね」         などといった祝福の書き込みが 「2ちゃんねる」 の関連スレに殺到した。            さて、こうした 「2ちゃんねる」 のキャンペーンは韓国への修学旅行中止にどれくらい影響したのだろうか。 J-CASTニュースが同校に話を聞いてみたところ、同校の教頭は         「ネット上に勝手な書き込みはあったかもしれませんが、我々はネットの情報に関しては全く、中止するための考慮には入れておりません」         ということだった。 中止を決めたのは、修学旅行先は韓国という承諾書を数件だけ残して保護者から受け取ったが、承諾した親から韓国は心配だという不安の声が挙がるようになったこと。 文部科学省が 「国際情勢を踏まえ、安全に十分留意を」 という通知を出した、この2点で中止を決めたと説明した。          韓国への修学旅行はここ数年で急増していて、秋田県では秋田空港から韓国への直行便が開通したことで人気が高まりこの秋は県内の高校20校が韓国行きを予定していた。 ただし、秋田北高校は領土問題を巡るごたごたを心配し9月に中止を発表した。 秋田県教育委員会によれば、19校は予定通り韓国に行くことになるという。(j-cast.com)                            ツイートこの記事をつぶやく
       韓国京畿道の九里市は25日、市庁前の石碑など計5カ所に、スプレーで 「明治維新」 の文字や 「旭日旗」 の絵が描かれているのを発見、警察に届けたことを明らかにした。 複数の韓国メディアが報じた。        九里市庁によると、23日午前、出勤してきた職員が市庁や市議会の前にある石碑 「高句麗鼓閣表示石」 などに落書きがされているのを発見した。 市は落書きされた石碑3つを布で隠し、警察に捜査を依頼。 その後、同じような落書きが、近くの王宿橋などでも見つかった。        同市は、「常識を逸脱するテロともいえる行為が起きたことに怒りを禁じ得ない」 とし、「どんな理由であっても(落書きを)正当化することはできない」 と非難。 落書きは警察による捜査が終わり次第、消す方針という。          韓国メディアによると、石碑に落書きがあったことが報じられると、市民団体 「活貧団」 は市庁前で反日デモを開催した。 同団体は、ソウルの日本大使館前に設置された元従軍慰安婦碑に6月、「竹島は日本固有の領土」 と書かれたくいが縛り付けられたことから、今回の落書きも日本の右翼団体による仕業だと指摘。 仕返しとして、仁川空港に離着陸するJAL航空機内で 「地球の悪鬼日本!」 と書かれたビラを配ると主張した。        一方、警察は一連の落書きは同一人物による犯行と見て、捜査に着手した。 当初、日本の右翼団体による犯行も指摘されたが、現時点では反日感情とは関係なく、子どもによる単純ないたずらの可能性が高いという。(searchina.ne.jp)          ツイートこの記事をつぶやく
       韓国政府はアメリカ・ニューズウィーク誌アジア版で 「日本への偏重」 が見られる記事が掲載されたとして抗議を示し、韓国の立場を反映した記事を掲載するよう要求した。 中国メディアの環球時報(電子版)が8日に報じた。        ニューズウィーク誌アジア版は記事で 「竹島(韓国名:独島)は1905年より日本に編入されており、韓国を併呑する前から日本の領土だった」 と説明し、韓国について 「島を武力で占領した」 と報じた。 さらに、李明博(リ・ミョンバク)大統領が竹島を訪れたことを 「政治家として疑問を抱く」 と批判した。        さらに同誌は、日本は数十年前から竹島問題を国際司法裁判所(ICJ)に共同で提訴すべきと提案してきたが、韓国が拒否を続けていることも指摘。 韓国の外交通商部は6日、「問題となっている記事は偽りであり、日本をえこひいきしている」 と非難した。        ニューズウィーク誌アジア版の記事に対する韓国政府の反応に、中国人ネットユーザーからは 「日本であろうと韓国であろうと、米国が中国とロシアを牽制するための駒にすぎない。 かわいそうな日韓はそれに気付かず、自分のほうがすばらしいと日々言い争っている」 との声が聞かれた。      また、「韓国は分かっていない。 米メディアが日本を支持するのは、日本のほうがより反中だからだ。 誰が米国に利益を与えるかで正しさを判断し、その者を支持する。 これこそが米国の正義なのだ」 と批判した。                      ツイートこの記事をつぶやく
       韓国の李明博大統領が、日韓関係の専門家らを招いた非公式の朝食会で、天皇陛下の訪韓に絡む自身の発言について、謝罪を求めるのが真意ではなく 「日本で尊敬されている天皇が訪韓して言葉を述べれば、歴史問題が容易に解決するという意味だった」 と話していたことが分かった。          出席者が9日明らかにした。 大統領は5日朝、韓国人専門家らを大統領府に招き、約2時間にわたり日韓関係について意見交換。(kyodo.co.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
      韓国には自由がない        「神州不滅」 「犬も食わない韓国料理」 など、日本人のネトウヨもドン引きする過激な主張に満ちた親日・反韓サイトを運営する韓国人がいて、さらにそれを韓国政府が前時代的な取り締まりによって閉鎖に追い込んでいる――。 いろんな意味で驚いた韓国の “親日カフェ” 問題だが、それら親日カフェを運営する管理人のなかには、韓国政府の言論弾圧を逃れるべく、日本やアメリカの会社が運営するブログサービスにサイトを移行しようとする管理人も現れてきたようだ。        その中の1人、『ひらがな愛』 (※原文ママ)さんは日本に開設した彼のブログで、親日・嫌韓の思いをつづっている。          彼は日本が好きなところとして、大地震直後でも規律を失わない道徳心の高さを評価し、各国の好感度アンケート結果でも日本が1位になっていると礼儀やマナーの良さを絶賛。 100年前の日本とソウルの写真を並べて 「日本は韓国を近代化させてくれた」 (※原文ママ)と感謝するに至ってはこそばゆくなるほどだ。 また、欧州リーグで活躍する香川真司の話題をしばしば誇らしげに取り上げていることからすると、かなりのサッカーファンのようだ。        一方、韓国が嫌いな理由としては、韓国には過酷な教育や徴兵制度で自由がないこと、儒教の影響力が強く閉鎖的で原始的なこと、似非キリスト教が幅を利かせていること、犯罪が多いこと、悪口の語彙が豊富(世界一?)であることなどを挙げている。 具体例を示すために各種のデータや写真も添付されており、なかなか説得力がある。        ただ、説得力はあるし、実際に間違ったことは言っていないと思うのだが、“日本上げ・韓国下げ” が露骨すぎて、やっぱりドン引き。 なぜ彼は自分が生まれ育った国をそこまで嫌うようになってしまったのだろうか?        彼の “韓国下げ” の中で特に目立つのは、政府とメディア、および学校教育に対する不信感を表明する部分。 先日話題になった 「韓国の歴史教科書には 『コリアン文明』 なる古代文明が載っている」 という記事にもあったように、韓国人は世界の一般常識とはやや異なる “偉大なる我が国の歴史” を幼少期から刷り込まれて育つ。 大人になって外の世界に触れ、その洗脳とも言える刷り込みが解けた時、ひらがな愛さんのような過激な嫌韓の韓国人が生まれてしまうのかもしれない。 まるでカルト宗教の洗脳から解けた人が、関わりを断つのみならず逆に徹底的なアンチに転向するのと同じような現象が“親日カフェ”という形で起こっているように思えるのだ。 (getnews.jp)            ひらがな愛さんのブログ 「親日嫌韓ブログ運営している韓国人(韓国在住)」      http://ameblo.jp/qofuqofu/                    ツイートこの記事をつぶやく
       若手人気女優の吉高由里子さん(24)が韓国のドラマ初出演が決まったが、「タイミング的に最悪!」 などとネットで騒ぎになっている。 竹島領土問題などを巡り日韓の関係がこじれている時にわざわざ、ということらしい。 さらに今、韓国のドラマに出るのは 「反日行為」 であり、「もう日本に戻ってくるな!」 という意見まである。          一方で、同じく人気女優の長澤まさみさん(25)は台湾の連続ドラマの主演が決まっていて、台湾は親日でありバックに中国という巨大なマーケットがあることから 「長澤は勝ち組。 吉高は負け組み!!」 といった感想も多く出ている。              吉高さんが韓国の連続ドラマ 「ヴァンパイア検事2」 に出演することが2012年8月29日に発表された。 ドラマは韓国のケーブルテレビで12年9月から放送が始まる。 演じるのはミステリアスな日本人の占い師で、2話に初登場し、事件を解決するキーマンとして度々起用されるという。 過去に韓国映画に出たことはあったが、韓国のテレビドラマはこれが初めて。 吉高さんはアジアの作品にとても関心を持っていた時期にチャンスが巡ってきた、として      
「成長するため、今はもがきながら撮影している最中です」      
と語っているという。          しかしファン達は 「わざわざなぜこの時期に・・・」 などと悲鳴を上げた。 竹島領土問題などを巡り日韓関係が混乱している時期であり、韓国ドラマへの出演はイメージを低下させる、と心配しているからだ。 ロケが韓国内で行われることに不安を抱いていて、ソウルの日本大使館が8月28日、韓国国内で日本への抗議活動が断続的に起きているため、騒動に巻き込まれないよう、仕事や観光で訪れる日本人や在留邦人に対して安全の確保に注意を呼びかけたからだ。 そのため      
「なぜ火の中に飛び込むようなマネを? 自殺志願者か?」      
といった書き込みもネットに出ている。            吉高さんが韓国ドラマに出るのは許せない、といった声もネットでは多く挙がっている。      
「吉高完全終了。 もう帰ってくるな」     「吉高が韓国に行ったことで、あるのは落胆と嫌悪感のみ」      
   また、吉高さんは 「ツイッター」 のフォロアーが100万人を超えているのを自慢していたため      
「twitterでフォローしてる人はフォロー外したらどうだろうか? 100万人がどのくらい失望したかを知らせることの方が有意義だと思う」      
といった呼び掛けもネットの掲示板やブログに出ている。            吉高さんが韓国ドラマに出演する理由を 「アジアのドラマに関心があり、出演して女優として成長したい」 と語っていたことから、この時期だから韓国以外でもよかったはずだ、とし、台湾ドラマに主演が決まった長澤まさみさんと比較する人も多くいた。          長澤さんは、13年夏に放送される台湾の連続ドラマ 「ショコラ」 に主演が決まり、役は日本で生まれ育った華僑の音大生。 全編北京語の演技に挑戦する。 このドラマは日本やアジア各国でも放送予定だ。 ネットでは、台湾は親日であり長澤さんを温かく迎えて大切にしてくれるだろう、として      
「長澤は勝ち組。吉高は負け組み決定か」     「台湾の背後には中国語を理解する巨大なマーケットがある。安定感のある台湾で安心して仕事ができるが、吉高の場合は意味が分からない」     「やっぱりまさみだな」
      などといった感想が出ている。(j-cast.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
      本田麻里絵          費用の安さや移動時間の短さから、手軽な海外旅行として韓国へ行く人は多い。        連日テレビなどで  ”韓流スター”  のイケメンや美女のアイドル歌手などが出演しているので、「馴染みのある韓国へ旅行に行きたい!」 という人は多いと思うが、残念な出来事が起こってしまったようだ。        それは人気モデル 「本田麻里絵」 さんが旅行で韓国に行ったところ、さまざまな場面で日本人に対する侮辱的な言葉を韓国人から受けていたというのだ。 韓国が好きという本田さんも、さすがにショックを受けているようである。        ブログによると、まず、サッカーを観戦している親しくしていた韓国の友人が 「日本どうか負けろ」、「日本に負けたら国の恥」、「私達の領土を私達のものと主張してオリンピックはなにを怒っているのか」 と言うのを聞いたそうだ。 オリンピックの場で政治的な主張するべきではないと反論した本田さんに対しても 「なにがいけないのですか?」 と開き直り、本田さんは驚いたという。        また、友人の母も出会って20分で 「独島は私達のものだから!」 と主張。 マッサージ店でも本田さんが韓国語を分からないと思った店員が、韓国語でさまざまな悪口を言っていたとのこと。 さらにひどいのは音楽フェスティバルで 「くそ猿野郎」 と暴言を吐かれたり、ここでも 「独島は我が国の領土」 とわざわざ聞こえるように言われたとのこと。        そのなかでも特に本田さんが怒りを感じたのが、「とてもかわいいですねー! オリジナル日本(お父さんもお母さんも日本人)じゃないでしょ? 絶対!」 と何回か韓国人から聞かれたことだそうだ。 日本人の本田さんに対して、いくらなんでもそんな言い方はひど過ぎる。 韓国が好きで、普段は温厚な本田さんもさすがに言い返したくなってしまったそうだ。          本田さんは熱烈な韓国ファンだっただけに、きっと今回の旅行は相当残念に思ったことだろう。しかし彼女のブログには 「とりあえずまた韓国いってきます(中略)今回は楽しい旅になりますように…」 と書いてあるので、怒りはしたものの韓国の全てを嫌いになったわけではないようだ。(rocketnews24.com)          彼女が願うように、楽しい韓国旅行になることを切に願うばかりである。         ツイートこの記事をつぶやく
       韓国の李明博大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求発言などから、日本の韓流ファンのあいだでも 「反韓感情」 がジワジワ高まっているようだ。         女性セブン(2012年9月6日号)は、韓流ファンの20~60歳代の女性100人に緊急アンケートを実施。 いまどんな気持ちで竹島問題を見つめているのか、聞いた。                「竹島問題のニュースを見てどう感じましたか」 の問いには、韓流ファンでも半数近くの47%が 「韓国のことを許せない」 と回答した。 年齢別では50歳代以上がやや多かった。 また、「興味がない」 と答えた女性も20~30歳代を中心に20%いた。          一方で、韓国側の行動が 「理解はできる」 と答えた人は12%、「韓国を応援したい」 は3%だった。          「これまで竹島問題に関心がありましたか」 の問いには、「興味深くニュースを見てきた」 が53%。 「あまり関心はなかった」 は43%。 「知らなかった」 人は2%だった。 なかには、韓流ファンになったことをきっかけに関心をもった女性もいたという。          20歳代、30歳代を中心に、10%が 「もう韓流ファンをやめようと思う」 とも回答した。            ただ、「日本でも反韓感情が高まりつつありますが、韓流ファンであることについてどう感じますか」 との問いには、「政治と芸能は別だと思うのでファンはやめない」 が71%を占め、「むしろ架け橋となるため一層応援していきたい」 との答えも12%あった。          韓流ファンに対し、J-CASTニュースが独自取材すると、女性セブンのアンケートでわかったような意識が垣間見られた。                娘とともに東方神起のファンというある主婦は、「気持ちは複雑」 と明かす。          竹島問題が起こっても、東方神起は好きな気持ちは変わらない、とこの主婦は言う。 8月25日には、エイベックスグループが開催した野外ライブ 「a-nation」 を、娘と2人で楽しんできた。          とはいえ、李明博大統領が天皇陛下への謝罪要求をしたことや野田首相の親書を受け取らなかったことについて、「一国の大統領とは思えないし、あんなことがあったら、少なくとも(韓国へ出かけて)おカネを落とそうとは思わなくなった」 と話す。          また、今回の竹島問題をきっかけに、夫が韓流に苦言を漏らすようになったという別の40歳代の主婦もいた。          近所の主婦仲間とK‐POPミュージシャンのライブを見に出かけたり、2~3回は韓国に行ってエステにはまったりしていたが、これまで黙認していた夫が急に口うるさくなったという。          国内でも、韓国料理や韓流グッズの店が立ち並ぶ新大久保界隈で 「反韓デモ」 が起こるような事態になった。 こうしたことを受けて、夫から 「どういう状況かわかっているんだろうな。 いい加減にしておけ」 とクギを刺されたというのだ。            この主婦は、「いままで黙認してくれていただけなのはわかっていましたし、心配してくれて言っているのはわかりますが…」 と悩みを打ち明け、夫婦間にも溝が生じていると話した。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
       韓国の李明博大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求発言などに抗議するための、日本政府の韓国に対する制裁措置として、韓国国債の購入見送りや日韓通貨スワップ協定の交換枠の縮小が検討されるなか、インターネットのブログや掲示板、またメディアにはさまざまな 「対抗措置」 が寄せられている。            日本政府の対応が、「手ぬるい」 「甘い」 と感じているようだ。                    野田佳彦        野田佳彦首相の親書を送り返されたことで、日本政府も韓国への制裁措置検討に、ようやく重い腰をあげたようだ。          安住淳財務相は2012年8月24日の閣議後の記者会見で、5月に日中韓の3国で国債の持ち合いを進めることで合意していた韓国国債の購入について、「まだ決めていないが、様子を見させてもらう」 と述べ、購入を事実上凍結する方針を示した。          ただ、通貨危機などの緊急時に外貨を融通し合う日韓通貨スワップ協定については、10月に期限を迎えるが、交換枠の拡大措置を延長するかどうかは 「まったくの白紙」 と繰り返した。            安住財務相は、韓国政府が野田首相の親書を返送したことに不快感を表明。 「(韓国大統領の)行きすぎた言動に対する謝罪を見極めたうえで、どうするか決めていきたい」 と説明した。          このほか、日本政府が具体化した対抗措置は、8月28~31日の日韓内政関係者セミナーの延期や30日の総合科学技術会議と韓国・国家科学技術委員会の政策対話の延期、29~30日の東南アジア諸国連合(ASEAN)経済閣僚会議での2国間会談の見送りが決まっている。 竹島の領有権問題についての国際司法裁判所への提訴は、日本が単独で進める方向だ。          とはいえ、どれも韓国側に大きな打撃を与える措置とはいえそうになく、対立の先鋭化を避け、「未来志向の日韓関係」を掲げる野田首相の考えがにじんでいる。          これを歯がゆく、「弱腰」 とみる国民は少なくないようだ。 朝日新聞(8月18日付)の 「声」 の欄には、元外交官が 「韓国が本当に困るような目に見える措置を真剣に検討すべきだ」 と寄せている。政府の「真剣さ」が見えないというのだ。            具体的には、      
(1) 韓国での現地生産に対する投資の制限     (2) 観光目的での韓国訪問の自粛     (3) 韓国航空機の羽田乗り入れ規制      
を 「制裁措置」 としてあげていて、短期的には日韓関係に悪影響を及ぼす恐れがあるが、日本政府が 「真剣さ」 を示すことで長期的な安定につながる、と結んでいる。              韓流ドラマに出演する韓流俳優やK‐POPアーティストの来日禁止など、韓流ライブや日韓の文化交流イベントの中止を訴える声もある。          韓流ドラマもK‐POPのスターたちもテレビで見ない日がないほどだが、韓流俳優のソン・イルグクが竹島への遠泳リレーに参加した際には、BS日テレとBSジャパンは予定していた韓流ドラマの放送を延期した。          テレビ局側が事前に視聴者の 「反韓感情」 に配慮した結果、「見合わせることにした」 ものだが、こうした 「韓流スター」 は、いまや韓国の 「輸出品」 のひとつだ。 韓流イベントはかなりの割合で延期や中止に追い込まれる可能性がある。          韓国への経済制裁についてはネット上でも、韓国旅行を控える、韓国製の電化製品を買わない、キムチを食べない、韓流ドラマを見ない、K‐POPを聴かないなど、「日本人が自らできることをやろう」 との呼びかけがみられる。 (j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
Page 2 of 6«12345»...Last »