東京電力福島第一原子力発電所 (福島県大熊町、双葉町) 3号機のタービン建屋内で起きた作業員3人の被曝(ひばく)で、3人が作業に入る6日前に、1号機のタービン建屋地下で放射線量の高い水がたまっていたことがわかった。 東京電力はこの事実を把握していたが、作業員らに注意喚起をしていなかった。 結果、作業員は被曝。       東京電力は 「情報共有が早ければ被曝を防げた可能性があった」 と認め、謝罪しました。      東電福島事務所によると、1号機では24日午前9時半ごろ、水たまり表面の放射線量が、作業員の被曝線量の上限(250ミリシーベルト)に迫る毎時200ミリシーベルトと高いことを確認した。      一方、3人の作業員が3号機で作業を始めたのはその約1時間後の24日午前10時半ごろ。 作業員には1号機の情報は伝わっていなかった。      3号機では前日にはなかった水が深さ15センチになっていたが、3人は前日の作業では線量が低かったこと、「タービン建屋は通常、線量が高い場所でない」 と思っていたことなどから、水につかって作業をして、被曝したという。      東京電力によると、1号機では18日に測定した際にも、200ミリシーベルトを記録したが、情報は放置された。 事前に伝わっていれば、作業員らの思い込みを防げた可能性もある。      東電福島事務所は26日朝記者会見し、小山広太副所長は 「1号機の現場の状況の情報をしっかり各現場で作業している人たちに注意喚起していれば、今回の被曝は防げたと思っており、反省している」 と謝罪しました。      東京電力によると、建屋内に津波による海水が残っていると考えて排水を検討。 その準備として水を分析するため、24日午前9時半に1号機で水を採取した。 1号機の放射線量が高いことはこの段階までに判明した。    採取した水の詳細な分析結果は、同日午後6時ごろに判明した。 東電や経済産業省原子力安全・保安院によると、3号機と同様、通常の原子炉内の冷却水より約1万倍強い、1立方センチ当たり380万ベクレル(放射能の単位)の放射能を検出した。      含まれている放射性物質の種類は3号機とほぼ同じだった。 セシウム137など燃料に含まれる物質が検出されており、原子炉内から漏れ出した可能性がある。      保安院は3号機の水の発生源について、使用済み核燃料の貯蔵プールよりも原子炉内の可能性の方が高いとの見方を示した。      東電はまた、2号機のタービン建屋地下でも表面付近で毎時200~300ミリシーベルトの高い放射線量の水がたまっていることを明らかにした。 これにより、高い放射線量の水がたまっていたのは1、2、3号機となり、今後、配管の損傷などからどういう経路で漏出が広がったのかを調べていくことになる。      水たまりの深さは3号機で最大1.5メートル、2号機は1メートル、1号機は40センチ。 4号機でも、放射性物質の状況は不明だが、80センチの水がたまっているという。 (asahi.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      「 産経新聞は2011年3月19日付の朝刊で、「防衛相 決断丸投げ 悲痛な自衛官寄稿」との見出し(東京最終版)で、インターネットメディア 「JB PRESS(日本ビジネスプレス)」 に載った 「現役自衛官の悲痛な訴え」 を紹介しました。 その上で 「首相、北沢(俊美防衛相)氏は謙虚に一読すべきであろう」 記事を結んでいます。      この寄稿 「福島第一原発:報道をはるかに超える放射能 死を覚悟する自衛官、国のリーダーにその認識はあるか」 は、3月18日に配信されました。 筆者プロフィール欄を見ると 「現役自衛官 藤井源太郎」 とある。 「JB PRESS」のサイト内検索で調べた範囲では、同じ名前の人物によるほかの記事はみつからなかった。        寄稿は5ページにわたる長文です。 藤井氏の所属や階級に関する記述は具体的には出てこない。 福島第1原発での 「消火と給水業務」 について、「(自衛官らが)命を失うことが目の前にあるにもかかわらず、命令に忠実に、職務の完遂を目指しているのです」 と書いている。        また、自衛隊法施行規則にある 「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に務め」 などとする 「服務の宣誓」 にも触れています。 その上で、「自衛官とて人の子です」 と妻子の存在などを指摘し、「どうか国民の皆様におかれましては、災害派遣は自衛隊の任務だからとか、(略)自衛官が危険を顧みないのは当たり前だというふうには見ないで頂きたいのです」 と書いている。 前段の部分では、「主たる任務は防衛出動」 「原子力災害派遣は従たる任務」 と指摘してもいる。      「最後に」の項目では、「隊員を喜んで死地に向かわせるのは、自衛隊最高指揮官である内閣総理大臣をはじめとする、防衛大臣などの各級指揮官の堅確な意志と熱誠を込めた言葉です」 として 「兵を死地に向かわせるなら、指揮官陣頭であるべきです」 としている。 最後は 「菅政権にあっては原子力災害派遣に従事する自衛官に対して、熱誠を込めた言葉で語りかけて頂きたいです」 と結んでいる。        一方、産経新聞は同じ記事の中で、「北沢氏は17、18両日の2度の会見で(原発上空で放水作業をした)ヘリの乗員をねぎらう言葉も一言も発しなかった」 と指摘している。 (j-cast.com)         ツイートこの記事をつぶやく
     東京電力福島第一原発の3号機への放水・冷却作戦で、東京消防庁の消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)は19日午後1時半から、最長で7時間、連続放水します。      3号機の熱が下がると良いのだが!?     ツイートこの記事をつぶやく
     韓国でも注目が集まる福島の原発事故。 新聞各社は 「現場では1分間で通常の何十倍もの放射線が検出され、予断を許さない状態だが、一部の作業員は決死の覚悟で作業にあたっている」 と現場に投入された320人あまりの原発作業員について取り上げています。     特に原発作業員は「現代版サムライ」と紹介。    ネット上でも原発作業員は大きな話題となっていて、敬意を表するコメントや、励ましのコメントなどが次々と書き込まれています。  一部コメントをご紹介します。  「命をかけたこの方たちの犠牲精神に頭を下げたい。生還することを祈願いたします」    「彼らは本当にヒーローだ。なのに記事には彼らの名前が出ていない。ヒーローに対する適切な処遇だとは思えない」    「普段は日本のことが嫌いなんだけど、名前も分からないヒーローたちには尊敬させられる。果たして、韓国で日本のようなことが起きたらどうなるだろう?」    「原発用のロボットが必要だ」    「死を覚悟して投入された原発作業員たちの犠牲精神と、使命感は高貴なものだ。一方で日本政府の原発収拾過程における情報公開に、世界が不信感を抱いている。原発事故は日本だけの問題ではない。自国民と全世界に情報をひとつひとつ公開する必要がある」    「日帝は批判されなければならないが、こういった日本人は称えたいと思う。模範に値する。ミッションを成功させて、放射線の被害なく無事に復帰しますように」    「すごい…ニュースで見たけど、韓国にこういう人はいるんだろうか。多分いないと思う。みんなはどう思う?」    「韓国だっているよ~。韓国には言葉より行動が先に出る人は多いじゃないか」    「日本に対しては複雑な気持ちだけど、これにはただただ涙が出る」    「日本ファイトー!」    「ほかの掲示板で、チェルノブイリの方が多くの人が作業したというコメントを見たけど、それとこれとは意味が違う。あれは作業員本人もよく理解していない人が多かったけど、日本の場合はみんな状況を分かっている。死を覚悟して作業しているんだ」    「神様は日本を愛していらっしゃいます。みんなで祈りを捧げましょう」    「韓国なら上層部はとっくに逃げ出して弱い市民たちが死ぬことになるんだろうな。変な宗教団体が『天罰だー』とか叫び出したりしてさ。日本は最後まで作業を続ける人がいるように、お互いが堅く結束しているようだ。彼らの犠牲によって、きっと日本は安全な国になるはずだ」    「全作業員に敬意を表します」    「日本には『がんばれ』と言うしかない。地震でこんな深刻なことが起きるなんて思ってもみなかった。地球のどこでも災害は他人ごとじゃない。特に日本は隣の国。どうか無事に作業が終わりますように」    「神風特攻隊に神のご加護を」    「大災難で命をかけて作業している日本国民を心から応援いたします」    「命をかけて作業する真の愛国者たちには驚くばかりだ」  (koko-hen.jp)        ホントに作業をしている方々に敬意を表します。  まるで映画のアルマゲドンの宇宙飛行士たちのようです。       ツイートこの記事をつぶやく
     東日本大震災後も続く余震や、東京電力福島第1原発の連鎖的事故を受け、在日外国人らの 「東京脱出」 「日本脱出」 が進んでいます。 異国の地で数百年に一度の大災害に遭遇すれば当然とも思えるが、その脱出を本国が積極的に後押ししている点が、原発事故の深刻さを浮き彫りにしています。      原子力大国フランスの動きはさすがに早かった。 震災翌々日の13日、在日大使館は東京近郊に滞在するフランス人に 「特別な事情がなければ、関東地方を離れた方がよいと思われる」 とHPで勧告。 2号機から放射性物質が噴出した15日も 「放射線が10時間程度で東京に到達する可能性がある」 「家屋を最大限に密閉するように」 と伝えました。      フィヨン首相は国民議会(下院)で、帰国者のためにエールフランスに臨時便を出すよう指示したと発言。 仏外務省によると、在日フランス人は約9000人。 東京近郊に約5000人がいるが、現在は約2000人まで減っているという。        やはり原子力に敏感なドイツも、被災地と首都圏に在住する不急不要のドイツ人に対し、国外退避の検討を呼び掛けました。      メルケル首相は 「日本からの(原発)情報は矛盾している」 と語っており、同国のルフトハンザ航空は15日、成田空港を発着する定期便の運航を当面停止すると発表しました。 関西空港や中部空港に振り分けるという。        イタリア大使館も、東京からの退避を呼びかけているもよう。 16日の伊紙 「コリエレ・デラ・セラ」 のサイトには、大使館から 「もう東京に残っているイタリア人は君らだけなんだ。頼むから退去してくれ」 と言われたイタリア人ピザ職人の記事が掲載されている。        隣国の韓国や中国も危機感は強い。      韓国・聯合ニュースは震災翌日の12日、「東日本大震災、羽田空港は韓国人『脱出ラッシュ』」 との記事を掲載。 中国大使館は15日、東北4県に滞在している中国人に、被災地域を離れるよう勧告。 大型バスを被災地へ向かわせ、帰国希望者を成田空港などに移送して帰国させている。        イラク、バーレーン、アンゴラは在日大使館を閉鎖。 パナマは事実上、関西に大使館に移転した。 オーストラリア大使館は 「閉鎖」 とは言っていないが、大使や職員は東京から避難している。        各国は日本政府に対して、「第1原発について本当のことを言ってくれ」 と問い合わせているが、窓口の外務省は首相官邸の指示通りに 「適時適切に説明している」 などと伝えるのみ。 さらに不信感を高めている。        国際政治学者の藤井厳喜氏は 「世界各国は『日本政府は原発危機を終息させる有効な手を打てていない』とみている」 といい、こう続ける。      「知人のフランス人は、政府から 『国が飛行機代を出すから、とにかく国外に出てくれ』 と言われたらしい。 外資系企業の社員や家族も、香港や上海、シンガポールなどに続々避難している。 もはや日本は 『自己責任を取れない国家』 と見なされつつある。 近くIAEA(国際原子力機関)の専門家が派遣されるが、このままではドラスチックな解決方法を受け入れるよう勧告されるのではないか」      震災時の冷静な行動で日本人は世界から称賛を浴びたが、原発事故への日本政府の対応が、それをすべてぶち壊したようだ。  (zakzak.co.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
     東京電力の福島第1原発事故に関連して、6基の原子炉建屋内の貯蔵プールとは別に、約6400本の使用済核燃料を貯蔵した共用プールがある、と読売新聞が報じました。      2011年3月18日付朝刊の記事によると、この共用プールも津波で冷却装置が故障したままで、水温などの変化を掌握できていないという。        読売記事は、「数年以上かけて冷却されているため、ただちに爆発する危険は少ないとみられるが、(略)事故対策統合本部は、共用プールへの対応も迫られている」 と指摘している。     報道の通りなら、事態は一層深刻です。        また、読売記事は1号機から6号機までの建屋内の使用済核燃料の本数も表にしてまとめている。 1号機は292本、2号機は587本、「一番深刻」で自衛隊ヘリなどによる冷却水投入作業が始まった3号機は514本、4号機1331本、5号機946本、6号機876本。    合計は4546本で、これに「別の約6400本」を加えると、総計1万950本程度となるそうです。       ツイートこの記事をつぶやく
     東京電力は16日、福島第一原発の正門付近で15日にも中性子線が検出されたことを明らかにしました。      モニタリングカーによる計測で、15日午前1時30分と同40分にそれぞれ、1時間当たり0.02マイクロシーベルト、0.01マイクロシーベルトの中性子線を検出したという。      中性子線は同原発3号機が水素爆発を起こした後の14日にも検出され、再び検出できないレベルになっていた。      中性子線は核分裂が起きた時に出てくるが、検出の原因は不明。      現場で放射能物質に冒されながら、原子炉を冷却作業を進めている方々に頑張ってほしいです。      命と引き換えに頑張ってくれています。  ホントに頭が下がります。     ツイートこの記事をつぶやく
     東京電力は16日、福島第一原発で煙のようなものが発生していると発表しました。      東京電力は、3号機からで、燃料貯蔵プールの水が沸騰したために出た水蒸気ではないかとみている。      日テレのNNNストレイトニュースの映像と解説を見聞きする限り水蒸気だと思われると言っています。       放射性物質はいったいどうなっているんだろうか??      心配です。       ツイートこの記事をつぶやく
     福島県災害対策本部に入った連絡によると、東京電力福島第一原発2号機で午後1時25分ごろ、原子炉の冷却機能が失われたという。このため、原子炉の水位が低下傾向にある。    東京電力福島事務所の説明によると、炉心の水位は午後0時半から午後1時半ごろにかけて、約300センチから約240センチに低下した。    このため、東電は午後1時25分に原子炉の冷却機能が喪失していると判断。午後1時38分に事態を福島県に報告した。東電福島事務所の担当者は「1、3号機のようにならないように対処したい。ベントや海水注入、水素爆発を防ぐ対策など、早めに手を打ちたい」と話した。    2号機はこれまで炉心を冷やす水の循環が機能していたが、何らかの原因で動かなくなったとみられるという。 (asahi.com)       ツイートこの記事をつぶやく
Page 3 of 3«123