ゴルフの全米オープン選手権第2日は17日、当地のコングレッショナルCC(パー71、7574ヤード)で第2ラウンドを行った。 大雨で42分間中断した影響で日没サスペンデッドとなり、21人がホールアウトできなかった。      石川遼は5バーディー、4ボギーの70で回り通算2オーバー。 暫定33位で2年連続の予選通過が確定した。 終了できなかった21人が石川を上回っても決勝ラウンドに進む60位以内に入れるため。 久保谷健一は2オーバーで回って通算4オーバーの暫定57位。 2オーバーで回った藤田寛之は通算10オーバーの暫定129位で予選落ちとなった。        暫定首位は66で回り通算11アンダーに伸ばしたロリー・マキロイ(英国)。6打差の暫定2位にY・E・ヤン(韓国)がつけた。        通算3オーバーで迎えた後半17番(パー4)。 石川が 「集中してアドレナリンが出た」 と放ったショットはピン左下2メートルにピタリと寄った。 調子を取り戻したパットを難なく沈めてバーディー。 予選突破が見込まれるラインの通算2オーバーに伸ばした。      スコアを一つ伸ばした段階で前半を終えると、雨で中断となった。 いい流れが断ち切られかねない。 しかも、再開後の出だしのホールは前日にダブルボギーをたたいた10番(パー3)で集中力が試される場面だった。      石川は 「恵みの雨にしたいと思った」 という。 クラブハウスで順位を確認して、どこが予選突破ラインかを見極めるなど冷静に過ごして気持ちを落ち着けた。 10番は第1打でグリーン際に落としてパー。 その後は一進一退となったが耐え抜いて17番につなげた。      国内では2週連続で予選落ち。 渡米前には無効な国際免許で車を運転して謝罪した。 期するものがあって挑んだ大会で予選突破を決めて 「ほっとした」 と表情を緩めた石川。 残り2日間も 「体力と気力を使いきりたい」 と力を込めた。  (mainichi.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
       2週連続で予選落ちするなど不調が続くプロゴルフの石川遼選手(19)が2011年6月7日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、「良い経験で良かった、で終わらないようにしたい」 と、近く開幕する全米オープンへの意気込みを語りました。 ただ、「どれだけ叩きのめされて帰ってくるのだろうか」 と、不安をのぞかせる一幕もありました。        石川選手は冒頭、「あまり英語が上手くないので、ここからは日本語で話したい」 と、比較的流暢な英語であいさつ。 会場の笑いをさそいました。                   石川遼講演        質問は6月16日に米メリーランド州で開幕する全米オープンに集中した。入賞の目標については、    
「出場権を得られたことについては、すごくほっとしている。だが、49位、ギリギリで出場権を得られた立場としては、(自分の)実力というものが上位とどれだけ差があるかを痛感している。 出場できるということについては、ものすごくわくわくしているが、『どれだけたたきのめされて帰ってくるのだろうか』という気持ちも反面ある。 とにかく今は、日本国内で練習して試合に備えたい」    
と、謙虚な受け答えに終始。        さらに、    
「今回のUSオープンに関しては、いつか勝ちたいという気持ちがあるので、そのための勝つための第1歩、第2歩としてとらえている。 決して『良い経験で良かった』 で終わらないように、『勝つためには、こういうことが必要だった』 ということまで、自分で理解して肌で感じて帰ってこられるように、上位を目指してプレーしたい」    
と、今大会では成果を出せないとしても、長いスパンで成果をあげたい考えだ。            この2週間の不調ぶりについては、    
「ゴルフはミスと戦っていくもの。 そのミスをどうリカバリーするかというと、グリーン周り、アプローチとパット、これがすごく重要。 だが、この分野で、この2週間、自分自身精彩を欠いているというか、どうしても悪いサークルに入っている。 カップに入れたくなると、逆にどんどんボールがカップから遠ざかっているという悪い連鎖がある。これと2週間戦ってきた」    
と釈明。 その上で、    
「今週1週間トーナメントはないが、すごくいい調整はできている。全米オープンに向けて手応えを感じている。この1年間終わったときに、『ああ、予選を2週連続で落ちた週もあったなあ』 ぐらいで追われるシーズンにしていければ、全く問題ない」    
と、やや強気な見通しを披露。 会場の拍手を浴びていました。 (j-cast.com)        全米オープンは、世界一難しいコースセティングになるからね。  そんなにメジャーは甘くないよ遼君。  予選落ちしないように頑張ってください。 それに、疲れてないかい!? だから、2週連続予選落ちするんだよ。                   ツイートこの記事をつぶやく
     男子ゴルフの石川遼選手(19)が29日、東日本大震災の被災者支援のため、今季の国内ツアーとメジャー大会で獲得する賞金を全額、寄付することを明らかにしました。      バーディーによる義援金もあり、総額で 「2億円が目標」 だという。    4月7日開幕のメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントで開始する。      バーディーは一つ取るごとに10万円を加える。 目標の2億円は、昨季の獲得賞金1億5000万円余りと国内のバーディー数341を念頭に置いた。 寄付する方法や団体などをこれから検討するそうです。      米国遠征中の石川選手は28日、マスターズが行われる米ジョージア州オーガスタへ移動。 合流した父の勝美さんと相談して寄付を決めました。    自身の成績と金額を連動させたことについて 「(復興は)長い時間がかかると思う。 皆さんと一緒に戦っていく形にしたかった」 と説明。        ゴルフ界では女子の有村智恵選手(23)が、震災前の今季2戦で獲得した賞金約1200万円すべての寄付を24日に表明しています。          カッコイイ!!  19歳の青年とは思えないヨッ!!a(a`ε・´o)       ツイートこの記事をつぶやく
     24日開幕の米男子ゴルフツアー、アーノルド・パーマー招待の第1、第2ラウンドの組み合わせが22日発表され、3年連続出場の石川遼はデービッド・デュバル(米国)、ニック・オハーン(オーストラリア)と同組となりました。      池田勇太はブラント・ジョーブ(米国)らと回ります。      22日は石川、池田とも会場となる米フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブで練習ラウンドを行い、開幕に備えました。      石川か池田の日本人選手が優勝争いして明るい話題を提供して欲しい!!       ツイートこの記事をつぶやく
       米男子ゴルフツアーのノーザントラスト・オープンは17日、当地のリビエラCC(7325ヤード=パー71)で第1ラウンドが行われ、初出場の池田勇太は5バーディー、3ボギー、1ダブルボギーのイーブンパーでプレーを終えました。      石川遼は最後の3ホールで連続ボギーをたたくなど、3バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの5オーバーと大きく出遅れました。      今田竜二も8オーバーと大きく崩れた。        石川遼と今田竜二は予選通過は厳しいだろうな~~               ツイートこの記事をつぶやく
     男子ゴルフの石川遼と池田勇太が4日、今季メジャー第1戦・マスターズ・トーナメント(4月7日開幕、米ジョージア州)の主催者から届いた招待状を披露しました。  2人は7日に開幕する欧州対アジアの対抗戦、ロイヤル・トロフィー(タイ)に出場するために成田空港でそれぞれ記者会見に臨ぞみました。                     石川マスターズ        昨季、2年連続の賞金王を逃した石川遼は年末年始もトレーニングを欠かさず続けてきたそうです。            『マスターズに3年連続して出場できるのはうれしいし、光栄。 今年は予選通過はもちろん、優勝争いをしたい』。  国内での目標は 『最多勝にこだわってみたい。 そのためにもグリーン周りのアプローチを磨きたい』 と話しました。                     池田マスターズ        マスターズ2年連続出場となる池田勇太は 『招待状が届いてオーガスタに戻れる安堵(あんど)感がわいた。 予選通過も厳しいのは分かっているが去年(29位)より一つでも上を目指したい』 と話しました。  国内ツアーについても 『最多勝をまず視野に入れたい。 より多くの試合で優勝争いを重ねれば、目標である賞金王にも届くと思う』 と宿願に向けての青写真を描きました。        2人はともに2月には渡米し、マスターズに向けての調整を重ねる予定です。  なお、7日開幕のロイヤル・トロフィーには2人のほか、薗田峻輔と金庚泰(韓)が日本ツアーから出場する。 (asahi.com)         ツイートこの記事をつぶやく
 兵庫県にあるABCゴルフ倶楽部を舞台に開催された、国内男子ツアー 「マイナビABCチャンピオンシップ」の最終日。 逆転優勝目指し3位タイでスタートした石川遼は、6バーディ・1ボギーとスコアを5つ伸ばすが優勝には1打届かずトータル12アンダー単独2位に終わりました。      2010103117142299088                                              (alba.co.jp)        石川は2番で先制のバーディを奪うと、4番ではパー5の3打目をピタリと寄せてバーディ奪取。 5番でアプローチを寄せきれずボギーを叩いたが、6番のバーディですぐに取り返し、9番もバーディとして前半でスコアを3つ伸ばしました。      ここまでショットが好調な石川遼だったが、一番大事な最終18番のドライバーショットを右にプッシュアウト気味で右に曲がったボールは木の根元付近の盛土に止にまり、つま先上がりの難しいライから、残り185ヤードの距離だったが、石川は5番アイアンで2オンを狙いに行くが、(前上がりはフックするんだ) ボールはグリーン左にオンするも長い距離が残ってしまい、イーグルパットは上って下りの距離のある難しいパット、2メートルは有ったかなバーディパットが惜しかったね。。 くるりとカップをなめてバーディーパット決めれないままホールアウト。       最終組の金庚泰(キム・キョンテ)の18番ホールのティーショットは左のバンカーへ、ここは安全にレイアップして3オンしたバーディーパットを安全に寄せてパーで優勝。      これで、石川は賞金ランキングでは首位のキムに約4,000万円差をつけられたが 「残りの試合でもどんどん優勝争いしたい」 と意欲を見せ、2年連続賞金王を目指し最後まであきらめず戦う姿勢を見せました。        石川は、今シーズンの賞金王になるには後最低でも1勝して残りの試合全てにベスト3に入らないと賞金王にはなれないな~~ ツイートこの記事をつぶやく
 昨夜、金谷多一郎プロの 『ゴルフセミナー』 に行ってきました。     101007_175153        講演が始まる前に、金谷プロに聞きたいことがあればと参加者が集まり熱心に話を聞いていました。  レッスン会のようでした。       私も、勿論参加しちゃいました^^        1時間という限りある時間では沢山のことは伝えられないからと前置きがありましたが、    今日は3つのポイントをお話しましょうと。        ①  スイングに大切なのは 『リズム』 と 『テンポ』       ダウンスイングを 『1』 としたらテークバックでトップの位置には 『3』 倍の時間がベスト。     ヘッドスピード40km/hの人の前後対象の時間を計ると2秒。 テークバックに、1.4秒かけて、ダウンスイングに0.6秒のタイミングで振れば良いんです。  だから、「メトロノーム」を買い求めて160のテンポで常に振れるように練習すれば良いそうです。      不動プロは、シーズンオフの時はこの練習方法を取り入れて賞金女王に輝いたそうです。      ② スタンス    スタンスは、バランスの取れたスタンス幅に何時もすると動きやすくて力強いスイングが出来るそうです。        ③ ボールの位置    ドライバーのボールの位置が左足の踵の延長線なら番手が短くなるに連れて身体のセンターにずれてくるのが普通です。 しかし、PGAはボールの位置は番手に関係なく踵の延長にしなさいと言っているが、スタンスの幅をどうするかということは言及していないのはおかしな事だとしていました。        そして、大切なのはグリップでトンカチで真横の板に釘を打つときの手の角度が一番ベストで左手が舵の役目で右手がパワー。        グリップの位置は、スタンスを決めて、腰を決めて、腕を脱力して “だっら~~っと” 下がる位置 (勝手に下がる所) ここがベストで手の甲はほとんどの人が斜め左を向きます。 その形でグリップして、右手を、トンカチで叩く形の手で左手に添えるのがベストだそうです。      腕とシャフトの作る角度 101008_172734 が常に同じ角度でトップでのフェースの角度は45°~60°。  正しいグルップをしていればこの角度になるそうです。 そして、テンポ(4拍子)で打つのがベストだそうです。      先ずは、メトロノームを買って私のヘッドスピードのリズムを探し出して練習してみるかな!!??          このセミナーが終ってからは、参加者との懇親会      101007_202348        抽選で金谷多一郎プロのDVDや書籍、スポーツタオル等の商品がくじ引きで当る開催され隣の方が石川遼使用のスリクソンのボールが当りちょっと写メしたみました。       101007_201927 101007_201939 101007_201955        かなりレアものだそうです。と金谷プロも言っていましたね^^        私は、金谷プロのサイン入りのバイザーが当りました^^       その当たったバイザーがこれです。        101009_100952  しかもサイン 101009_101030 入りです。      Sさん  大変お世話になりましてありがとうございました。 ツイートこの記事をつぶやく
 1打差の2位でスタートした石川はスコアを伸ばせなかったね~~~><        4番で6メートル、続く5番で9メートルのバーディーパットを沈め一時は首位に並んびましたが、後半はティーショットが乱れて、10番でダブルボギーをたたくと、その後波に乗ず17、18番で連続ボギー (まるで私のようなゴルフ って言ったら石川遼に悪いか!!?? 当たり前だ)。          3日間で最も悪い73で、優勝争いに最後まで加わることはできなかった。        石川遼は、「後半はティーショットを置きにいってしまった。優勝をあきらめるつもりはなかったが、最終的には10番が響いてしまった」と語りました。        ”この大会のホストプロとして優勝しなければというプレッシャーかなりあったのではないかと思うな~~”        それに賞金ランク首位からも陥落したしまいました。 石川遼は賞金王について 「まだ狙える位置にはいる。 誰でも抜け出すチャンスはある」 と語りました。            “2年連続の賞金王になれたら凄いけど・・・・・  後、2勝しないと賞金王は無理だろうな~~  で、後2勝して賞金王になったらΣ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!と言わざるを得ないな~” ツイートこの記事をつぶやく
 25日に行われている国内男子ツアーのアジアパシフィック パナソニックオープン(兵庫・六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース)第2ラウンドで、9位タイスタートの石川がホールインワンを達成しました。       昨年史上最年少で賞金王に輝いた石川遼が、自身がホストプロを務める大会でまた一つ金字塔を打ち立てた。    正午12時00分の時点で通算4アンダーまでスコアを伸ばし、2位タイまで順位を上げている。    インスタートの石川は、前半9ホールをスコアカード通りの我慢のプレーで折り返し、後半の5番でこの日初バーディを奪う。 直後の6番パー3ではティーショットをピン手前に落とすと、ボールはそのままバウンドしてカップイン。 石川にとっては2008年にプロ転向して以来、ツアー初となるエース(ホールインワン)記録となりました。        私も、セルフプレーの時にホールインワンをしたことがあるのですが確認してくれる人がいなかったから非公式なんです。 ツイートこの記事をつぶやく
Page 3 of 6«12345»...Last »