ゴルフの石川遼が最近、あまりのゴーマンさにゴルフ関係者やギャラリーのヒンシュクを買っている。 ステージパパの悪評はたびたび報じられてきたが、いったい何が起こったのか。          10月27日のマイナビABC選手権2日目、7バーディ、1ボギーの66で回り、27位発進から首位と4打差の3位へと浮上した石川。 ところが、この日のプレー中にとんでもないトラブルが発生していた。        ゴルフ記者が言う。      「アウト発進で迎えた9番パー4。 ティーショットを左ラフへ曲げ、2打目、3打目もミスが続き、4打目でグリーンを捉えた時です。 石川は素振りをして、さあ、これからっという瞬間、新聞社カメラマンのシャッター音が響いた。 ボギーパットを決めた石川はカメラマンをにらみつけ、『アドレスだぜっ!』 と言い放った。 ガンを飛ばし、まるでヤクザのようなスゴミでした」        石川本人の弁明によれば、お笑い芸人のスギちゃんの言葉をまねたらしいが、ギャラリーの間には気まずい空気が流れたという。        そもそも、ここ2年間、優勝から遠ざかっている石川はイライラのせいか、およそ 「ハニカミ王子」 らしからぬ悪童言動が、しばしば目撃されるようになった。          スポーツ紙記者によれば、        「昨年のブリヂストンオープンでは、優勝争いに加われなかったイラダチから、手にしたサンドウエッジのシャフトを握ると思い切りラフへ叩きつけた。 クラブを放り投げるのは日常茶飯事で、クラブヘッドを蹴ったり、クラブでゴルフバッグを殴打することも頻繁に見られる。 ジャンボ尾崎もマナーが悪かったが、彼の場合、文句を言わせない圧倒的な強さがあった。 しかし、石川には批判を封じる強さがない」          ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏が言う。        「石川本人は 『負けても、いい方向にいっている』 とコメントしているが、試行錯誤で伸び悩んでいる。 ゴルフは技術的なコーチに加え、フィジカル、メンタル、そして栄養学のコーチも必要です。 この4人のコーチがそろって、初めて結果を出せる。 個人競技ではあるが、いかにチーム力が優れているかで結果が決まる。 ところが、石川にはカリスマ的なコーチがまったくいないのです」          いつもそばにいるのはステージパパの父・勝美氏である。菅野氏が続ける。        「米国に渡った宮里藍もしばらくティーチングプロの父親がコーチしていた。 その結果、勝てなかった。 ようやく成績を残せるようになったのは一流のコーチをつけたからです。 石川も世界の一流を目指すなら、カリスマコーチをつけるべきです」      ましてや、紳士のスポーツと言われるゴルフにおいて、マナーの悪さがイメージ的に定着すれば、今後の選手生命にも大きく影響しかねない。        「ゴルフは全人格が問われる静のスポーツです。 ギャラリーも高齢者が多い。 髪を切ってそのまま伸ばしたような頭や、むさくるしい服装はやめて、誰が見ても爽やかなイメージを作ってほしい」 (菅野氏)(asagei.com)          石川はいつ “親離れ” できるのか!?                             ツイートこの記事をつぶやく
       4月8日、日刊スポーツ一面で報じられた。 石川遼(20才) “結婚” の大見出し。 その内容は、中学時代の同級生恋人・A子さん(20才)と石川が婚約したというものだった。        同日、予選落ちしたマスターズが行われていたアメリカから帰国した石川は会見を開き、婚約報道を認めたが、その裏には石川サイドが “歯ぎしり” するような事態が隠されていた。            ひとつ目は、前述したように日刊スポーツが婚約をスクープしたことだ。 これは石川サイドにとっては予想外のことだった。 スポーツ紙記者は語る。        『今回の婚約は、遼くんの担当記者の耳には少し前からはいっていたんです。 ですが、石川サイドはマスターズが終わって落ち着いてから、マスコミに一斉に発表するという方針でした。  父の勝美さんのいうことを聞かないといけないというのは、遼くん担当記者の常識ですから、みんな従っていたんです。 だけど、日刊がいうことを聞かずに出し抜いてしまった。 勝美さんは烈火のごとく怒り、日刊の記者は遼くんから遠ざけられているそうです』            2つ目の歯ぎしりは、マスターズに出たアマチュア選手の松山英樹(20才)の存在だ。 今回マスターズに出場した日本人選手は、石川と松山のふたりのみ。 松山は石川とは対照的に、2年連続となる予選突破を見せ、一時期はアマ最上位をキープし、大会を大いに盛り上げた。        「遼くんと松山選手は、同い年でライバル同士なんです。 勝美さんも松山選手をとても意識していて、彼がスポーツ紙の一面をとるかどうかをチェックしたりしているそうです。 遼くんも松山選手を意識していて、親しく口をきくような仲ではないみたいです」 (前出・関係者)        今回、自分だけが予選落ちし、「20才でマスターズ優勝」が目標といっていた石川は、松山の活躍がさぞ悔しかったに違いない。 まさか、それゆえに婚約発表で松山選手の記事を小さくしよう、などと考えたとも思えないが…。 (news-postseven.com)                  ツイートこの記事をつぶやく
            石川2位        アメリカ・男子ゴルフのプエルトリコ・オープンは11日、プエルトリコ・リオグランデのトランプ国際GC(7506ヤード=パー72)で最終ラウンドがあり、5位スタートの石川遼は6バーディー、2ボギーの68で回り、通算14アンダーで米ツアーでは自己最高の単独2位に入った。        首位とは2打差だった。 賞金37万8千ドル(約3100万円)を獲得し、昨年の賞金ランク150位相当額を超えたため、石川は米ツアーの特別一時会員資格を獲得した。 優勝は16アンダーのジョージ・マクニール(米)で通算2勝目。              〈特別一時会員資格〉とは、 前年の米男子ツアー賞金ランク150位に相当する金額を獲得したツアーメンバー以外の選手に与えられる。 メンバー外の選手は年間12試合しか出られないが、主催者推薦があればメジャー大会などを除くほとんどの試合に出場できるようになる。 石川は獲得賞金を58万2471ドルとし、昨年の150位相当額(41万1943ドル)を突破した。 今年の賞金ランク125位以内に入れば、来年のシード権を得て、ツアーメンバーになることができる。 (asahi.com)        ツイートこの記事をつぶやく
       石川遼(20)のマスターズ出場が本当にやばくなった。 世界マッチプレー2回戦敗退で、世界ランク56位からマスターズ出場権が得られる同50位内に食い込むことは現段階では不可能だ。        本人も 「マスターズ?今はまったく考えていない」 と冷静にコメントできない状況に追い込まれている。 残されたチャンスは次戦トランジションズ選手権(3月15日開幕)で優勝、もしくは2位に入るしかないが、レベルの高い米ツアーで優勝争いに食い込むことは並大抵ではない。        おそらく石川本人も、「こんなはずじゃなかった」 と頭を抱えているだろうが、石川のマスターズ出場は間違いないだろうと見てきた関係者も誤算だったはずではないか。          一番困るのはテレビ中継するTBSだろう。 アマチュアの松山英樹が出場するとはいえ、人気や知名度のある石川遼と比べると “力不足” は否めない。 マスターズ放送にTBSは放映権料や制作費などで経費が5億~6億円かかるとみられる。        「遼クンがマスターズに出ないとなれば、テレビCMを出そうというスポンサーも少なくなると思いますよ。 ただ、経費5億~6億円全てが赤字になるのではなく、テレビ局は損しないで、代理店が損を被るというシステムになっているはず。 テレビ局が金銭的な被害を直接受けるということはまずないでしょう。 もっとも視聴率が低迷に終われば、来年以降に影響が出てくる。 今年、遼クンがマスターズに出場できなければ、ボディーブローのようにジワジワと1年後、2年後と悪影響が出てくるでしょう」 (大手代理店の話)        「20歳でマスターズ優勝」 と小学校の卒業文集に書き、日本ツアーでの活躍とともに多くのファンを魅了してきた。 だが、マスターズに出場できなければ本人のダメージも大きなものになるはずだ。 (gendai.net)                     ツイートこの記事をつぶやく
                       石川遼アメリカ進出        昨年は気合だけが空回りし、不本意なシーズンだったプロゴルファーの石川遼。 世界ランキングも1つ順位を落とし51位となり、4月から始まるマスターズの優先出場権を獲得することができなかった。        悔しいのは当の本人。 昨年は海外と日本を何度も往復し、目に見えない疲れがあったそうで、今年は米国を拠点に活動する可能性もあるという。        そんな中、ゴルフ担当記者からはもうワンランク上のレベルに行くには 「あの人と縁を切るしかない」 という声が多く上がっている。 昨年いきなり交際宣言した例の彼女か? と思いきや……。            「いやいや、息子への “悪影響” がささやかれている実父の勝美さんですよ。 以前から息子を囲い込み、悪い記事を書いた記者を出入り禁止にするなど、その横暴ぶりは有名でしたが、昨年後半からはさらに度が増してきている。 どうでもいい記事にも噛み付いてきて、取材規制を乱発。 不満を持つマスコミは多いと思いますよ」(ゴルフ担当記者)        勝美さんの勘違いぶりは相当で、息子の後見人としてラウンドにも同行しているが、勤務先である埼玉縣信用金庫は辞めていないというのだ。        「あれだけ息子が稼いでくれれば、どうにでもなるのにいまだに行員ですからね。 一説にはひと月に1日くらいしか出社していないんだとか。 それでもクビを切られないのは、同社のイメージキャラクターに遼君を起用しているから。 そのため重役クラスも勝美さんには頭が上がらず、最近もある重役が 『お話したいことがあるんだけど、今から来れないか?』 と電話したところ、勝美さんは 『そちらが来てください』 のひと言だったそうです」 (ゴルフ雑誌の編集者)        まさに “親の七光り” ならぬ “子の七光り” だ。 こうしたエピソードは枚挙にいとまがなく、周囲は遼君に “親離れ” を進言しているという。        早くも今月、マスターズの出場権を獲得するために米ツアーに参戦するという遼君。 その前に “親切り” できるかが重大なポイントかもしれない!?  (cyzo.com)          この記事の言うとおり、早く親離れするんだよ!!  そうじゃにと潰れちゃうな!?  それは、昨年の成績が証明しているよ。        ツイートこの記事をつぶやく
         石川        初日17位の石川遼(20)は、2日目も70と踏ん張り、通算4アンダーの16位。 出入りの激しいゴルフだったが、後半に3連続を含む4バーディーを奪った。 首位とは5打差で、今季初勝利の望みを決勝ラウンドにつないだ。      出だしの1番はティーショットを左に曲げて池に入れ、ダブルボギーと苦しかった。 それでも 「スイングとしては完璧。 ミスとは思ってない」 と言い切るなど調子は上向きだ。        ところが、コース外では中学時代の同級生との交際を公表した余波が広がるばかり。 この日、所属事務所のケーアイ企画は過熱する石川のプライベート取材に関するファクスを報道各社に送信した。 恋人の存在を公表した24日に続く2度目のファクスだ。        「一部のマスコミの方においては、石川家や交際女性の周辺に非常識な方法で取材を行うとともに、関係者のプライバシーを侵害するに及んでいて、警察にもご対応をいただくまでの事態となっており、特に、交際女性やそのご家族に対して多大なご迷惑をおかけする結果になっております」        石川の恋人は一般の女性であることから、騒ぎが大きくなっていることに困惑しているという。 このため同社は取材の自粛を報道各社に要請しているというわけだが、スター選手に成長したハニカミ王子の初ロマンスとあって、その騒動はまだ容易におさまりそうもない。        プレジデンツ杯(11月17日開幕、オーストラリア・メルボルン)に彼女を帯同し、現地でお披露目するとの噂もある。 しかし、この様子では簡単なことではないかもしれない…。 ( zakzak.co.jp)                ツイートこの記事をつぶやく
     突如発表されたプロゴルファー・石川遼(20)と幼なじみの女性・A子さん(20)との交際だが、発表される以前の10月17日から18日にかけて、女性セブンは、A子さんが石川の豪邸にお泊りしたのをキャッチしている。 ふたりの関係について、石川の所属事務所の代理人という弁護士に取材を申し込むと、「後で連絡する」 との返答があったが、その夜の9時過ぎに、交際が全マスコミにファクスで突然発表されたのだ。        石川の背後には、これまでずっと父親の勝美さん(54)の姿があった。 保護者として、またゴルフのアドバイザーとして息子を見守っているのだろうが、一方でトラブルが絶えなかった。        A子さんが、石川宅にお泊まりした翌朝のこと。 取材待機のために、A子さんの自宅から100mほど離れた道路に車を駐車していた本誌カメラマンの元に突然警察が現れた。 そして話を聞かれている最中のことだった。 石川の母親がやってくると、“主人が話したい” といっているといって、その場で携帯を手渡されたのだ。 耳にあてると、電話の向こうからいきなり勝美さんの怒鳴り声が響いた。          「電話番号、住所、氏名を答えろ」 「お前の家族の携帯番号も答えろ! お前、子供もいるんだろ? 子供が聞いたらどう思う、親がこんな仕事してるって知ったら」          次々とまくしたてた。 ともかく勝美さんは、本誌カメラマンに執拗に住所を聞いてきたのだが、警察に答えるならまだしも、勝美さんにわざわざ教える義務はない。 答えずにいたら、勝美さんはこういったという。          「車のナンバーはわかってる。 どんなことをしてでも、住所を突き止めて家に押しかけてやる」          勝美さんはそういって一方的に電話を切ったのだが、その後、本誌カメラマンは所轄の交番にまで出頭させられた。 交番では、警官がわざわざ生活安全課に問い合わせ、同課から 「違法行為はなかった」 とお墨付きをもらい、解放されている。 合計4時間ほどのやりとりだった。        しかし勝美さんの “暴挙” はこれだけで終わらなかった。 編集部には勝美さんからの電話が1日何度もはいり、突然配達証明つきの質問状まで送られてきた…。        交際発表の文書で、<社会常識の限度を超えた>と指摘された取材活動はこの一件を指しているのだろうが、「石川遼の父親」 として全国で熱心に講演活動を行い、子育て本まで出版している勝美さんの発言や対応こそ、社会常識では測れないものがあると思うのだが…。        さらに、この文書には、<スポンサー企業様に対して、不意の夜間の訪問や尾行>とあるが、断っておくが、そんな取材は一切していない。 ともかく本誌は、記事作りを進めていたところ、それを知った勝美さんが、24日夜に相手のプロフィールも詳細も一切明かさない前代未聞の交際発表をしたのだった。  (news-postseven.com)          NEWSポストセブンは報じていますが、雑誌を売りたいがためって感じで商業主義になるからこういうことになるんだろうけど・・・ どっちにしても女性セブンの記者はやり過ぎだよ。石川遼君の父親もやり過ぎだろうって思うけどこの場合は盗撮しているんだから。        自分の子供にこういうことされたら・・ と思うと憤りを感じるのが普通かな!                 ツイートこの記事をつぶやく
       10月16日夕方。 その日は毎年秋に開催される日本のプロゴルフメジャー大会 『日本オープン』 最終日だった。 埼玉県松伏町にあるプロゴルファー・石川遼(20)の568坪の敷地に建つ大豪邸には、パター練習ができるほどの庭と、大型車がゆうに6台は止められる広い駐車場が併設されている。        この豪邸は、石川が親孝行のために一括購入したもので、両親のほか、妹で女子ゴルファーの葉子ちゃん(15)、8才年下の弟・航くん、そして祖父母の7人が暮らしている。        その日、A子さん(20)の軽自動車は、石川の帰宅前からこの駐車場に止まっていた。女性が運転しやすいその車は、大きな高級車が並ぶ石川宅の駐車場でいちばん目立っていた。        翌17日夕方5時ごろ。 A子さんが運転する軽自動車が再び石川宅の駐車場に現れた。 白いシャツにグレーのダウンベストを羽織り、足下は黒のブーツ。 女優の水川あさみ(28)似のA子さんは、さらさらのセミロングヘアを白いシュシュでポニーテールにしていた。 その助手席に座っていたのが赤いチェックシャツ姿の石川だった。 ふたりはそろって豪邸の中へとはいっていった。        それから約15時間後の翌18日午前8時過ぎのこと。 石川や、父親の勝美さん(54)が出かけた直後、A子さんが石川宅から出てきた。 彼女は、駐車場までやってきた石川の母親に見送られ、愛車に乗り込むと、約10分ほど走らせたところにある自分の家へと帰っていった。          1週間後の10月24日昼過ぎ。 場所は石川が豪邸から車で約5分ほどのところに作った専用のゴルフ練習場。 この日、石川は、『ブリヂストンオープン』 直後のオフ日だったが、もちろん隣にはA子さんがいた。 ひだまりの中、弟や妹とともにサッカーをしては、疲れたら座って休憩して、また芝生の上を走り回る…。 その光景は、仲むつまじい家族の休日そのものだった。          これは、女性セブンが見続けてきた、石川とA子さんの恋模様のほんの一部だ。        「遼くんの恋が大きなトラブルになっている」        そんな情報を端緒とした1か月に及ぶ取材の後、若いふたりの結婚を確信した本誌は、所属事務所の代理人という弁護士に取材を申し込んだ。 「後で連絡する」 という返答だったが、その夜の9時過ぎ、ふたりの交際が全マスコミにファクスで唐突に発表された。        自ら交際を発表したものの、その文書には、ふたりの出会いや交際ぶりはおろか、いちばん知りたいカノジョの年齢や職業など基本的な情報が一切書かれていなかったため、大騒動となった。 翌日の新聞、ワイドショーでは、「交際3年」 「結婚前提」 などと報じられたが、本誌は、ふたりが密かに育んできた7年にも及ぶ純愛をつかんでいた。 (news-postseven.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
     男子ゴルフの11日付の最新世界ランキングが発表され、石川遼は43位から44位、タイガー・ウッズ(米国)は44位から46位に下がった。 池田勇太も64位から67位に下げたが、藤田寛之は87位から85位に上がった。         1位のルーク・ドナルド、2位のリー・ウェストウッド(ともに英国)は変わらず、同じ英国勢のロリー・マキロイが3位に浮上した。  (nikkansports.com)              ツイートこの記事をつぶやく
       男子ゴルフの14日付最新世界ランキングが発表されました。        全米プロ選手権で決勝ラウンドへ進出した池田勇太(25=日清食品)は、60位から63位に後退。         また予選落ちした石川遼(19=パナソニック)も、3つ落として43位。 その他、日本勢では藤田寛之は81位、平塚哲二は87位。          1位のルーク・ドナルド(33)、2位のリー・ウェストウッド(38、ともに英国)は変わらず、前週5位のスティーブ・ストリッカー(44=米国)が3位に浮上。           タイガー・ウッズ(35=米国)は30位から33位に順位を落とした。         早く強いタイガー・ウッズを見たいね!!  このまま終わりような逸材ではないと確信しているが・・・ 。   でも想定外のことが起こるからな!?                  ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 612345»...Last »