日本マクドナルドホールディングス・原田泳幸会長兼社長の発言が、テレビなどメディア界で波紋を広げている。        1月半ばの会見で原田社長は、昨年の実績は商品・価格戦略で 「見通しがあたらなかった」 と反省の弁を述べた。      既存店の売り上げは、12カ月のうち10カ月で前年を割り込んだのである。 そこで打ち出した方針が、朝食メニュー 「朝マック」 を強化し、300円の新しい低料金メニューを増やす計画。 このほか、従来の朝食セットも値下げし、宅配事業も本格化する、というもの。            そして話題となっているのが、宣伝費に関する発言だった。      「昨年比約 “6倍” の広告宣伝費を投入して周知を徹底、朝食時間帯の売り上げを10%以上伸ばす」        だが、これに多くの広告関係者は驚くと同時にクビを傾げた。 マクドナルドHDの年間宣伝費は 『60億円規模』 (有価証券報告書記載による23年12月期実績、ほかに販売促進費が60億円ある)だが、これを6倍に増やすとなれば 『360億円』 にもなる。      この額は中規模自動車メーカーの年間宣伝費にあたり、’13年に使いきれば年間広告費投入企業のベスト10に入るのは間違いない。        ’12年12月期の同社決算は目下集計中だが、売り上げ2950億円、経常利益が243億円、最終利益が125億円の見込み。        ’13年12月期では売り上げを伸ばし、経常利益を上乗せする方針だが、どうみても 『360億円』 の広告宣伝費をひねり出すのは難しい。 また、いくら売り上げを伸ばしても赤字になる可能性は高い。 そのため、こんな声も聞かれる。        「 “6倍” というのは “6割増し” の勘違い発言ではないか。 あるいは紙媒体やラジオなどを除いたテレビCMに限定した額ではないか、などさまざまな見方が飛びかっている。 ただ、マクドナルドHDは有利子負債が5億円、利益剰余金が1065億円もあるため資金的余裕はある」(大手広告代理店関係者)        もし事実なら、電通やテレビ局の幹部はほくそえんでいるはずだが、そんな話は流れていない。(wjn.jp)        マクドナルドHDの決断は、どう転ぶ…。                     ツイートこの記事をつぶやく
                    マクドナルド、福岡などでのハンバーガー類値上げについて社長がコメント        福岡県を中心とした 「マクドナルド」 一部店舗で 「ハンバーガー」 などの商品が値上げされ、ネット上などで話題になっていた。        これは1月11日から福岡県を中心とした、佐賀県、大分県、山口県、熊本県の一部145店舗で一部商品を試験的に値上げしたというもの。        これらの店舗では、「ハンバーガー」 が100円から120円に、「チーズバーガー」 が120円から150円に、「ジューシーシャカシャカチキン」 が100円から120円に、「マックシェイク」 が100円から120円になった。        また反対に値下げを行った商品もあり、「ポテト(S)」 が210円から150円に、「チキンマックナゲット(5ピース)」 が250~290円から190円になったという。        さらに 「マックダブル」 (190円)というバーガーの新商品も発売したとのこと。            この件について、1月17日に開催された 「2013年 『朝マック』 戦略発表会」 において、同社代表取締役会長兼社長兼CEOの原田泳幸氏がコメントした。          「福岡のほうでこっそり値上げしたというような話が一部であがっているが、そうではない。 こういったことは包括的な価格の見直しとして試験的に常にやっていること。 (全国の店舗で反映するかどうかは)検証した結果次第。 すぐかもしれないし、来年かもしれない」 (mynavi.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく
       マクドナルドがハンバーガーを値上げした、としてネットで大騒ぎになっている。 100円のハンバーガーが120円、120円だったチーズバーガーが150円になり、「もう高すぎて買えねえ」 といった悲鳴が上がっている。          マクドナルド広報によれば、値上げしたのは福岡県エリアを中心とした145店舗。 あくまで実験であり、全国的にこの価格になっていくわけではない、と説明している。                   マクドナルド値上げ        「俺は福岡県だが、マックが値上げしているぞ!!!」。 そんな書き込みがツイッターやネットの掲示板に出て騒ぎが大きくなったのは2013年月1月14日頃から。 福岡県内で配られたというチラシの写真もアップされ、そこにはハンバーガー、チーズバーガーのほか、100円だったマックシェイクが120円、100円だったジューシーシャカシャカチキンが120円と表示されている。          東京や大阪などから、「こちらは値上げしていない」 などと報告があり、値上げは福岡県エリア限定で行われていることも分かった。 ネットでは福岡県在住と思われる人から、「なぜ我が福岡県が狙い打ちに?」 という疑問が出た。 ある人は、マクドナルドは地域を絞って価格や、サービスの変更をすることで知られているし、好評だった場合は全国に拡大させる、と説明。するとネットでは、      
「もう高くて買えない。 20%以上も値上げするなんて」     「ワンコインの100円で買えるのが魅力だったのに・・・」
      などと悲鳴が上がった。              また、安倍政権はデフレ脱却のためインフレターゲットを唱えていて、それが現実のものになってきた、とのうがった見方を披露する人も現れた。      
「安倍政権でデフレが終わるぞーーーっ!!次は牛丼、そしてあらゆる商品だ。 マクドの次は牛丼」      
   マクドナルド広報によると、値上げは13年1月11日からで、福岡県を中心としたエリア145店舗で実施しているという。 ただし、これは不定期に行っている市場調査のための 「実験」 であり、福岡県エリアを選んだのは、最も正確な検証が得られると思われるいくつかの地域の1つで 「たまたま」 だったという。 また、値上だけではなく、マックフライポテトのようにSサイズはこれまでの210円から150円に値下げしているものもあるという。          今回の値上げが全国に拡大するかどうかについては、      
「たとえ実験が成功だったとしても、それが全国の店舗に適用される、というものではありません」
      と否定した。         なお、福岡エリアでの「実験」をいつ終了するかについては未定だそうだ。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
      ビックマック成人        1月14日といえば成人式である(一部地域は13日)。 そんな成人式にあわせて日本マクドナルドは同社のハンバーガー 『ビッグマック』 を無料配布。 新成人のみに配布する今回のキャンペーンは大人になった成人にビッグマックを食べて欲しいという意味も込められている。 同キャンペーンは15日の早朝4時59分まで行われ、1人1個を無料で配布する。 配布にあたっては新成人だという身分証明書(免許証、保険証、パスポート)の提示が必要。        しかし、一部のマクドナルドでは 「(身分証明書)そんなもの持ってない、成人なんだからビッグマックくれや」 「格好見たら成人ってわかるやろ」 「仲間の分も取りに来たから10個くれ」 という無理な注文があったという。          更に 『Twitter』 にはこんな発言まで飛び交っている。        ・ 今年新成人の身分証明書を借りたら無料      ・ 成人の特権を利用しまくった      ・ 成人式までビッグマック食いたくない      ・ 俺が買った店舗は年齢確認無かったぞ!      ・ マックはしごしてビッグマックが増えていくwwwwwwwwwwww 成人ってすごい       などお祭り状態である。店舗によっては身分証明書が必要ない所もあるようで、「成人です」 とひとこと言うだけでビッグマックが貰えるとか。 まあ一生に一度の成人式なのでビッグマックを食べまくっても良いけど、もっと他のものを食べて祝っても良いのではないだろうか?      マクドナルドも無料配布なんかやったらどうなるかくらいコーヒー無料キャンペーンで経験したのではないだろうか?(getnews.jp)          考えるのは本社側、苦労するのは相変わらずクルーである。         ツイートこの記事をつぶやく
       毎年、秋の訪れと共に販売が始まるマクドナルドの 「月見バーガー」。 数あるマクドナルドの期間限定メニューの中でも特に人気の高い商品だが、今年もいよいよ 「月見バーガー」 の季節がやってきた。 「月見バーガー」 「チーズ月見」 「大月見(だいつきみ)バーガー」 の3商品を9月18日から販売開始する。 販売期間は10月下旬まで(予定)。           月見バーガー        今回販売するのは、まず、100%ビーフパティにベーコンを加え、オーロラソース(ケチャップ入りマヨネーズタイプソース)で味付けしてゴマつきバンズでサンドした 「月見バーガー」。        そこにチェダーチーズを加えた 「チーズ月見」 と、通常の約2.5倍にあたる1/4ポンドビーフパティとベーコン、チェダーチーズ2枚を加えたボリュームたっぷりの 「大月見バーガー」 の3商品だ。           月見3種        単品価格は 「月見バーガー」 が290~320円(バリューセット610~650円)、「チーズ月見」 が310~340円(同630~670 円)、「大月見バーガー」 が390~430円(同720~750円)。      「月見バーガー」 は1991年9月の発売以来、季節を感じられる限定メニューとして人気を呼んでいる。 2008年には定番2メニューに加え、ビーフパティが2枚の 「ダブル月見バーガー」 が販売されたこともあった。 今年も販売される 「大月見バーガー」 は月見シリーズ発売20年目記念商品として2010年に初登場。 昨年も販売され、今年で3年連続の販売となる。 (narinari.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
                  ドリンク100円        日本マクドナルドは13日、夏季限定の 「炭酸ドリンクALLサイズ100円」 キャンペーンを 「マクドナルド」 店舗にて開始する。期間は8月上旬までの予定。          同キャンペーンでは、炭酸飲料がS・M・Lの全サイズ100円(Sサイズ価格)で提供される。 対象商品は、「コカ・コーラ」 「コカ・コーラ ゼロ」 「ファンタグレープ」 「Qooすっきり白ブドウ」 のSサイズ(通常価格100円)、Mサイズ(同180~200円)、Lサイズ(同230~240円)。          Qooすっきり白ブドウは炭酸飲料ではないがキャンペーンの対象となる。      なお、キャンペーン価格はドリンク単品購入時限定で、セットやコンビのドリンクは対象外となる。 (mynavi.jp)                    ツイートこの記事をつぶやく
       ハンバーガーチェーン 「マクドナルド」 全店舗で、2012年4月20日からホットコーヒーの無料おかわりができなくなる、という情報が流れ、ネットで騒ぎになっている。          おかわりが無くなるという話は4月15日から 「ツイッター」 で囁かれ拡散した。 店舗に直接問い合わせをする人もいて 「本当だった!」 といったツィートも出た。            J-CASTニュースでも神奈川県にあるマクドナルド店舗に問い合わせてみたところ、      
「おかわりは19日で終了します。日本の全店でそうなると聞いています。 その代わり140円のホットコーヒーが100円に値下げになります」      
ということだった。 お客には告知していないが、情報はどうやら本当らしい。          「マクドナルドのホットコーヒーおかわりのサービスは19日で終了らしい」 そんなツィートが15日に出て、マックファンは騒然となった。 おかわりができることを知らない人もいたが、
        「いつも2、3杯おかわりしている俺のコーヒーライフはどうなるんだ!」
        などという嘆きも。        
「コーヒー一杯でずっと居座るガキがいるから、やめたほうがいいのかも」
        と理解を示す人もいる。            コーヒーのおかわりについてマクドナルドの元従業員に話を聞いてみると、2005年から国内のほぼ全店でおかわりができるようになったが、それまではおかわりが可能な店とそうでない店に分かれていたり、期間限定でおかわりができるようになっていたという。          本当に20日からコーヒーの無料おかわりができなくなるのか。 マクドナルド広報は、これまではお客様からおかわりの要望があった場合に無料でサービスしていたが、19日からは全店でこのサービスを終了する、と認めた。 20日以降は 「価値あるコーヒーサービス」 をキャッチフレーズに新しい展開を始める予定だ、と話している。 (j-cast.com)            コーヒーを入れてもポットに残っていると酸化して美味しくなくなるから、美味しくない商品を提供できないし、かといって捨てるのも勿体ないからお替わり無料にしたんじゃないの!? 今は、コーヒー豆が高騰しているから無料廃止でいいんじゃない!?                       ツイートこの記事をつぶやく
       春の足音が聞こえてくると販売が始まる定番の期間限定メニューとして、マクドナルドの数あるメニューの中でも屈指の人気を誇る 『てりたま』。 昨年は販売がなかったが、今年は3月23日から、約2年ぶりに “復活” することが、テレビCMやスマートフォン・携帯サイトで告知されている。      今回の販売では、「てりたま」 「チーズてりたま」 のおなじみのメニューに、新たに 『さくらてりたま』 が登場。 「てりたま」 は人気定番商品 「てりやきマックバーガー」 に、同じく人気の具材であるたまごを加えたメニューで、ポークパティに絡まったしょうが風味のてりやきソースと、プルプルのたまご、レタス、スイートレモンソースの組み合わせを楽しめる。  『チーズてりたま』 はそこにチェダーチーズをサンドしたメニューだ。      そして、『さくらてりたま』 は、「てりたま」 を淡いピンク色のさくらソースでアレンジしたメニュー。 「一口食べるとほんのり桜風味が広がる、季節感たっぷりの新商品」だという。2010年には米粉を配合したバンズのアレンジメニュー 「ニューてりたま モチモチバンズ」 が登場して話題を呼んだが、今回のさくらソースも大きな注目を集めそうだ。      なお、各メニューのカロリーは 「てりたま」 589kcal、「チーズてりたま」 638kcal、「さくらてりたま」 628kcal。      販売は全国のマクドナルド(※熊本県[荒尾市を除く]と大分県[日田市を除く]の店舗では販売しない)で、販売時間は朝マック販売店舗では午前10時30分から閉店まで、24時間営業店舗では午前5時00分からの朝マック時間帯以外。  (narinari.com)                  ツイートこの記事をつぶやく
       マクドナルドは2月10日から、人気定番メニューとして親しまれている 「ビッグマック」 を創業価格の単品200円(税込み)で販売するキャンペーンを実施する。 期間は16日までの7日間。                ビックマック限定販売        現在、マクドナルドはアメリカンテイストなハンバーガーなどの “Big America” キャンペーンを展開中だが、同時に定番商品も楽しんでもらいたいとの思いから、今回、7日間限定ながら 「ビッグマック」 のプロモーションを決めたという。        実施エリアは全国のマクドナルド店舗(熊本県・大分県など一部店舗を除く)。 実施時間は朝マック販売店舗では午前10時30分から閉店まで、24時間営業店舗では午前5時00分からの朝マック時間帯以外。  (narinari.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
       1971年のマクドナルド創業以来、人気のサイドメニューとして提供されている 『マックフライポテト』。 そんな 『マックフライポテト』 のS、M、Lの各サイズを、特別価格の150円(税込み)で販売するキャンペーンが1月30日から始まる。 期間は2月3日まで。             マックフライ        今回のキャンペーンは全国のマクドナルド店舗(一部店舗除く)で行われるもの。 「『マックフライポテト』 単品購入時に限る」 との条件付きだが、通常価格よりも数十円~百数十円(サイズ・販売地域によって異なる)程度の値引きとなる。      「マックフライポテト」 を割引価格で販売するキャンペーンは、昨年は4月(4月4日~14日の平日限定)と9月(9月5日~15日)、11月(11月3日~18日)、12月(12月12日~22日)に展開。 今年は初めての実施だ。      販売時間は朝マック販売店舗では午前10時30分から閉店まで、24時間営業店舗では午前5時00分からの朝マック時間帯以外。   (narinari.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 512345»