孫氏        アメリカ携帯電話大手スプリントの買収など、世界規模で事業展開を推し進めるソフトバンクの孫正義社長。 「世界一の企業になる」 という目標を掲げ、創業30年余りでグループ企業は1300社を数え、更に成長し続けている。 飽くなき事業欲はどこから来るのか。 若い世代に何を望むか。        --ソフトバンクは猛スピードで事業を広げています。 そこで急ぐ理由がなんでしょう。      「企業の価値は挑戦と進化で決まる。 受け継いだものを守るだけでは会社は大きく強くなれない。 世の中の進化においていかれて地盤沈下していくだけだ」      「例えば、30年間生きる企業がどれだけあるだろうか。 ありとあらゆる会社の0.02%しかないといわれている。 今から30年後、新社会人の多くは今の僕よりちょっと若いくらいだが、家庭を持ち、大黒柱として支えていくだろう。 ただし、99%以上の会社はなくなっている。 アメリカ・アップルですら、倒産するのではないかと言われた時期もあった。 30年後どうするか、先を読む選球眼が大事だ」        --挑戦や進化を続けるには、どうすればよいのでしょうか。      「僕が考えた、働く上での極意が幾つかある。 1つは 『能がちぎれるほど考えよ』。 アメリカに留学した19歳の頃、1日5分で1つ発明するノルマを自ら課した。 1年間で250件ほど特許に出願できるようなアイデアを生み出した。 そのうちの1つが音声付多言語翻訳機で、試作機まで作り、1億7000万円を稼いだ」      「早速今晩にも、ストップウオッチできっちり5分間測って、世界初のモノを考えてみてほしい。 新しい水道の蛇口とか、今までにない自動車のワイパーとか何でもいい。 脳がちぎれるほど考えて、それがモノにならなかったとしても、そのアイデアは人生のどこかで役立つはずだ」      「ソフトバンクを創業する時も、どんな事業をすべきか40くらいアイデアを作った。 おそらくどれを選んでも、少なくとも日本一、更に世界一を狙えたと思う。 それくらい最初は考え抜いた」         --イギリス・ボーダフォン日本法人やアメリカスプリントなど、兆円単位の買収を仕掛けてきました。 どんな勝算があったのですか。      「 『資金があるから事業をやる』 ではなく、『何をしたいか』 で事業を決めることが大事。 ソフトバンクはモバイルインターネットの分野で成長を目指すと決め、情報革命で人々を幸せにするという理念を掲げた。 ボーダフォン日本法人の買収は2兆円近くを投じる大博打だったが、携帯電話事業への参入はソフトバンクにとって欠かせない選択だった」      「後押ししてくれたのが私の同士である、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正さん。 『本気でモバイルネットに攻め込むなら、ボーダフォン日本法人を買うリスクより、買わないリスクが大きい』 という柳井さんの一言で決断した」      「やみくもに突き進むのではなく、戦う為に武器も必要だ。 ボーダフォン日本法人の買収は、多くに人に 『うまくいくはずがない』 と言われたが、私は 『日本で一番になる』 と言い続けてきた。 アップルのスマートフォン 『iphone』 が世に出る前から、創業者の故スティーブ・ジョブスと日本と日本での独占販売権について約束を交わし、収益源になると見通していたからだ」        --事業を手がける上で判断に迷うことは。      「義と利のどっちを選ぶか。 東日本大震災のときに考えさせられた。 我々の電波が後10メートル、20メートルでも届いていたら、1人でも多くの命を救えたかもしれない。 その反省から3兆円のお金をかけて一気に通信網を整備した。 お金が掛かるとかは問題ではなく、義を取る必要もある」       「志を共にするものを集めることも大事だ。 アイデアを考えるくらいなら1人でできるが、革命的なことをするには仲間を集めなければならない。 良いときも悪いときも、本当に志を共有で切る仲間こそ頼りになる」        ソフトバンク社長 孫正義氏のこだわり    『時代は追わず 仕掛けて待つ』    孫社長は常に心に念じているのが 「時代は追ってはならない。 読んで仕掛けて待たなければならない」 という言葉だという。 既にモノものをちょっと変えて売る、という程度のモノはどの道続けない。 「新しい時代を作るんだ、世界中の人に興味を与えるんだ」 というくらいの情熱が必要と説く。 先を読む冷静な目と暑い情熱が混在しているところが、孫流経営らしさかもしれない。 (日経流通新聞)                      ツイートこの記事をつぶやく
      孫正義        ソフトバンクモバイル代表取締役社長の孫正義氏が、ついにブチギレした。 あまりにも激怒したため、その怒りをTwitterに書き込みしたのだ。 そして衝撃的な発言が飛び出し、インターネット上で大きな話題となっている。 以下は、孫社長の激怒コメントである。          ・孫正義社長の激怒コメント      「今日は、久しぶりに総務省で怒り心頭に発し爆発しました。 あまりの不公正さは、天下りとの癒着行政だと言わざるをえない。 詳細は後ほど」 (引用ここまで)          ・かなりひどい内容だったに違いない      孫社長は総務省で大激怒したらしい。 頭髪が薄いだの言われて誹謗中傷されても絶対に怒らない孫社長が激怒するということは、かなりひどい内容だったに違いない。 いったい総務省の職員に何を言われたのか!?          ・総務省の弱みや秘密を握っている!?      この件に関して詳細はあとで書くらしいが、非常に興味深いのが 「天下りとの癒着行政だと言わざるをえない」 という部分。 孫社長はその部分に関して何かしらの秘密を握っているのかもしれない。 今後の孫社長の発言に注目が集まっている。(rocketnews24.com)                              ツイートこの記事をつぶやく
       しばしばツイッターで批判を受けるソフトバンクの孫正義社長だが、先ごろ寄付行為に関連して 「売国クソ禿」 との暴言を受け、「とても悲しい」 とつぶやいた。 しかし意外なところから 「応援団」 が現れた。        2012年11月6日、傷心の孫社長に美容整形でおなじみの高須克弥氏が 「植毛をプレゼントする」 とツイッターで思いやりのあるメッセージを送ったのだ。                     そんしゃちょう        今回の騒動のきっかけは、孫社長がアメリカ東部で発生したハリケーン 「サンディ」 の被害にあった人に50万ドルを寄付したとツイッターで報告したことだ。 これに対し、「寄付まで商利用すんなクズ!」 と一部のユーザーから売名行為だと批判が寄せられた。          批判に対し、孫社長は 「今後は公表を控えるベキなのかなぁ…」 と返事をしていたが、次第に批判がエスカレート。 「売国クソ禿がわざわざリツイート(引用・転送)する意味が全て。 あざとい」 という暴言まで飛び出した。 このツイートに孫社長は 「売国奴と言われる意味がわかりません。 たとえ、それが言いがかりだとしても、とても悲しい思いをしています」 とツイート。 ネットでは孫社長を励ます声があがったが、心ないツイートに孫社長はやや落ち込む様子を見せた。          しかし11月6日、一連のやり取りを発見した高須氏から応援メッセージが送られた。 「バカにも返事をするあなたは偉い。 ただで植毛をプレゼントします」 と孫社長にツイッター上で書き込んだのだ。          さらに翌7日、高須氏は 「禿は進化した人類ですが誹謗中傷されるあなたをサポートしたい。 やりましょう植毛」 と、たたみかけた。 「ハゲ」 はサルから人への進化過程で体毛を失ったことの証だとする説があり、高須氏の発言はそれを踏まえたものとみられる。          11月7日15時現在、孫社長から植毛に関するツイートはまだない。 また孫社長は過去に、一般ユーザーの 「ハゲ割というのがあると面白いと思いました」 というツイートに 「ハゲホーダイ?」 という返信をしたことがあり、必ずしも薄毛を嫌がってはいない可能性がある。 植毛が実現するかどうかはまだ分からないが、高須氏の思いやりある発言にネットでは 「高須先生、素晴らしいです!」 などの賞賛の声が寄せられている。              高須クリニックによると、「植毛」 では30年以上の経験があり、「毛根の移植」 による医療植毛の施術を行っている。 自分の毛を毛根ごと移植することで、抜けても繰り返し生えてくるという。 また広報部によると植毛の料金は1000本あたりおよそ136万5000円で、孫社長の場合は3000本程度の植毛が考えられるため409万5000円が必要となる。 植毛は後頭部や側頭部から移植するため、孫社長も問題ないという。(j-cast.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
                     悲しい孫正義        ソフトバンクの孫正義社長が、ツイッター上でのユーザーによる 「罵倒」 に反応した。 「売国奴」 と書かれたことに 「たとえ言いがかりだとしても、とても悲しい」 と心情をつづったのだ。          孫社長に対する批判の書き込みはツイッターでしばしば見かけるが、「売国奴呼ばわり」 は見逃せなかったようだ。            きっかけは、孫社長の寄付金に関するツイートだった。 米東海岸を襲ったハリケーン 「サンディ」 で被害を受けた人たちに、ソフトバンクが米赤十字に50万ドル(約4000万円)を寄付すると2012年11月3日に書き込んだ。 これにひとりがかみついた。 公表したことについて 「寄付まで商利用するな」 と非難したのだ。 これには孫社長も 「色々な想いが有って公表しましたが、今後は公表を控えるベキなのかなあ」 と少々弱気な反応を見せた。        ところが今度は、この返答に別のユーザーが 「難癖」 をつけた。 その際、孫社長を指すとみられる個所に 「売国」 との表現を使ったのだ。 すると、このユーザーに向けて、      
「私は自らが生まれ育った日本を愛し、また世界の人々の幸せを願っています。 売国奴と言われる意味がわかりません」      
と反論。 さらに 「たとえ、それが言いがかりだとしても、とても悲しい想いをしています」 と続けたのだ。          このやり取りに、ツイッターやインターネット掲示板上ではいろいろな意見が出た。 「孫さんかわいそう」 「汚い言葉に説得力なし」 と孫社長を擁護する発言もあれば、「積極的な反日・売国奴とも思わんけど、こいつが愛国者なわけがない。 ただ金儲けが好きなだけ」 と突き放した見方もある。 一般ユーザーの書き込みにわざわざ反応しなくてもいいのでは、と疑問視する声もあがった。          確かに 「売国奴」 と言われて喜ぶ人はいないが、多くの批判コメントを受けているはずの孫社長でも、どうしても許せなかったのだろう。 孫社長の半生を描いた 「あんぽん 孫正義伝」 の中で、筆者の佐野眞一氏が本人に 「何でそんなに日本が好きなんですか」 と直球の質問を投げている。その回答は、こうだ。      
「僕は生まれたのも日本だし、育ったのも日本ですからね。 一番しっくりくるのは、やっぱり日本語であり、日本文化であり、日本の食生活なんですよ」
           孫社長は1957年、佐賀県鳥栖市に生まれた。 祖父母の代に韓国から渡ってきた在日韓国人の家系だが、「あんぽん」 によると本人は1990年に帰化している。          2010年6月25日に行われた 「ソフトバンク新30年ビジョン」 発表会では、子どもの頃の経験について言及した。 壇上のスクリーンに祖母の画像を映し出し、祖母との思い出を語り始めた。 ところが 「あれほど好きだったおばあちゃんが、嫌いになった」 と言う。 「おばあちゃんイコールキムチ、キムチイコール韓国なんです」。 詳しく事例を語りたくないとしつつも、当時は 「生きていくのにさまざまなつらいことがあった」 と振り返った。          「あんぽん」 の中でも、子どもの頃に差別を受けたと告白している。だが、「でもそれはいつの時代でも、なにがしかはあったことですよ」 と受け止めた。 そのうえで、      
「僕はやっぱり、生まれ育った国を愛し、その生まれ育った国に少しでも恩返ししたい、貢献したい。 それが掛け値なしの純粋な気持ちです」      
と強調した。 たとえツイッター上で相手が見知らぬ人だとしても、自分の 「純粋な気持ち」 を否定する 「売国奴」 のひと言は無視できなかったのだろう。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
      そんさん善行        ハリケーン 「サンディ」 の被害は、かなり北米に打撃を与えた模様だ。 Googleのニューヨークでの発表会が延期されたりするなど、ニューヨークの周囲はかなりの被害のようで、停電がまだ復旧していないなどの情報もある。 開催予定だった 「ニューヨーク・シティ・マラソン」 も取りやめになるなど、被害が広がっているようだ。 その被害額が推計で300億~500億ドルになるなどとも言われており、かなり深刻であることを示している。      このハリケーン被害に対してソフトバンクの孫社長が、会社として50万ドルを寄付することをTwitterで発表した。      そのツイートに対して 「寄付は普通善意でするもの。 いちいち公表するアホはこの世の中でお前以外に存在しない。 寄付まで商利用すんなクズ!」 と噛みついた人がいたようで、孫社長は 「色々な思いが有って公表しましたが、今後は公表を控えるベキなのかなあ…。」 とツイート。 それにさらに噛みつくと言う流れで炎上したようだ。        どういった思惑や目論見があろうが、困った人たちへ寄付が行われることは、結果的には善行である。 下心見え見えの寄付金であろうが、心の底から人を思い遣る寄付金であろうが、受け取る側(米国)は、寄付されるお金が不浄か清浄かの区別はしないだろう。      また寄付の方法が自分の気に入らないからといって人を 「アホ」 だの 「クズ」 だのと呼ぶのは、あまり行儀のよいものではない。 そして言っていることが(自分的に)正しければ何を言っても良いわけではない。 正しいからといって自分が勤めている会社の上司や社長に 「アホ」 だの 「クズ」 と面と向かって言えるだろうか? (itlifehack.jp)          顔の見えないネットとは言えTwitterもマナーがあってしかるべきだろう。                          ツイートこの記事をつぶやく
       父親がどうして犬なのか、という謎を常に含みながら、第2作、第3作とシリーズが進むごとにさまざまな謎が解けていく。        「お父さんって、実は中学校の先生だったのか」        「お母さんって、そこの校長先生だったのか」        「お父さんは、ソルボンヌ大学を出ていたんだ」        孫から見ると、佐々木にしても、澤本にしても、デザイナーの大貫卓也にしても、CMの送り手の側と受け手の側、両方の心理を知り抜いている。 そのうえ、犬のお父さんをはじめキャラクターに対する愛情、CM1本1本に対する情熱が深かった。 ユーモアのセンスもある。 だからこそ1作1作が、バランスがとれた優れた広告作品となっていた。        現在でもソフトバンクのCM企画会議は毎週開かれ、そのたびに2時間から3時間かける。        もともと、小学生の頃には画家を目指したこともある孫である。        孫は、ソフトバンク社長という立場ではなく、あくまでもクリエイターの1人として自由な発想の議論に加わった。 クリエイターたちと同じ視点で侃々諤々議論できることが楽しくてならなかった。        ただ、佐々木らとは同じCM制作でも見方が異なる。 佐々木らがCMの好感度に力点を置いているのに対し、孫はCMの経済的効果をまず考える。 そのCMで、ソフトバンクが売り出す新商品の売り上げが、10%でも20%でも上がるかどうかを計算する。 その上で好感度に目を配る。        あまりにも意見が一致しない場合には、孫は、冗談まじりで言う。        「どうしてもそっちの意見がいいと言うなら、お前らが自分でカネを出せ。 おれんとこのカネは、出さん」        お互いが充分に議論を尽くすが、最後は強権発動するしかない覚悟でいる。          「白戸家」 シリーズは好評を博した。 CM総合研究所調べによる 「CM好感度」 ランキングでは、06年6月から放映された第1弾の 「家族の疑問」 編は、NTTドコモの 「自己紹介」 編に抑えられて2位に甘んじたものの、翌月には、「家族で通話」 編で好感度1位にランキングされた。 「家族で通話」 編の人気は根強く、07年度のCMブランディング評価でも1位となった。 08年10月19日から1年間遡って、東京キー局で流された9595本のCMの頂点を極めた。        08年も、1位となり、V2を達成した。        さらに 「ホワイト家族」 シリーズは、全日本シーエム放送連盟のテレビ部門グランプリとベスト演技賞に選ばれた。        ソフトバンクモバイルのCMは、新作が出るたびに好感度ランキングでトップとなっている。        白戸家だけのドラマだけでは、飽きられてしまう。NHK大河ドラマ 「篤姫」 に出演して話題となっていた女優の松坂慶子を行きつけのバーのママ役として登場させたり、「無料のワ 『イルカのおじさま篇』 」 では犬の叔父さんとして、シロイルカを登場させたりもした。(asagei.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
       現実的でない        「電力は送電による価値の減衰が大きいので、ゴビ砂漠で太陽光発電した電力を対馬海峡の海底を送電して福岡に送電するという施策は現実的では無い。」 とのTwitter読者の発言に対して、孫社長は、「高圧直流送電だと1000kmで3%のロスで済みます。」 と、つぶやいた。          このつぶやきに対して、下記のコメントが寄せられている。      「太陽光の発電量だと、仮に10%の損失だとしたら非効率じゃないですか? 送電網の設置コストと、ゴビ砂漠の太陽光によって劣化する機器のメンテ費用などを考えればあまり美味しい話とは思えないんですが。」      「そして中国や韓国が 「送電網を設置させてやってるんだから場所代を払え」 なんて言ってくることも想定できるんですが…」      「私も大学時代、直流送電のほうが伝送損失が少ないと習った。」      「それよりゴビ砂漠って中国内陸部にある砂漠ですよね?中国なんて信用ならない国の土地に太陽光パネルを設置して、安定的な電力を供給する事ができるのですか?気に入らない事があれば人質を取る国家の土地に。」      「世界の送電システムが何故直流から交流に変わったか。 それを知った上でジョークで言ってるんですよね? >高圧直流送電だと1000kmで3%のロスで済みます。」       と様々な意見が寄せられている。 (itlifehack.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
         孫正義です        孫社長は、  「己の限界は己の考え方が決めてしまうものである。」 と、つぶやいた。      このつぶやきに対して、下記のコメントが寄せられている。    「いつも応援いたします」    「そして、考え方って誰に出逢うか。によって変わりますよね。」    「今の日本人が気にしなくなってきた事かな。」    「そうだなー、考えるのさえ止めてるってのもかっこ悪いぜ。ヒップホップも生きるスタイルなんだ。」    「忘れそうになってた。ありがと。 」    「ですねぇ。」    「その通りだ!自戒を込めて!」    「そんなことあるわけない。こういう平和な限界論は、いい加減、止めて欲しい。」    「孫正義うーん孫さんの言う通りだな。限界決めずに突っ走るしかない、2,3月はw 限界突破」    「僕は自分の限界は自分で決めません。自分は無限の可能性があると信じてますから!自分が自分の一番の理解者だから。」    「同意」      様々な意見が寄せられている。 (itlifehack.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
      原発事故危機管理        ソフトバンクグループの代表 孫正義氏は、Twitterを通じて活発な発言をしている。 そんな同氏の原発事故の危機発言がネットで話題となっている。        「現在稼働中の原発は3基だった気がする。 近年稀に見る大雪の冬なのに。 原発が20基くらい稼働し続けていないと日本中大停電の一大危機だと言っていた専門家や知識人は誰だろう。」      「日本国民の素晴らしさは、危機に対し皆で協力し合って節電したり、短期的な火力発電や中長期的な自然エネルギーによる代替発電の努力を惜まない事だろう。 その努力は様々な痛みを伴う事だ。 しかし拙速な再稼働で原発事故が再発したら取り返しがつかない。」        「世界では原発依存度の少ない国は沢山在る。 しかも日本の電気代より安い。 短期的にはコストやCO2問題など色々在るが節電や代替エネルギーで努力すべきなのではないでしょうか。 原発事故の命に関わる被害やコストよりはマシ。」 と、孫社長は、つぶやいた。            「地熱発電が少し前に取り上げられていましたが長期的に見た場合、エネルギー生産の可能性としてどう思われますか?」    「今の内に研けば、金の卵に成りそうなのだが…政治家は…(^^;」    「リスク・コストの少ない都合の良い新発電システムが開発されれば良いですね」    「本当に…しかも電気料金上がる話が出てる…なぜだ!?我が家は去年、太陽光発電所になりました( ´ ▽ ` )ノ」    「滅多なことで再発するようなことはないと思いますが、ただ考え方として、人間は必ず死ぬんだという認識を各自もたれながらも、それぞれ日々生活を営まれておられるということを各方々の内面化された大きな価値の枠を参尺しつつ文明論としてこの選択を検証する必要があるのでしょう。」    「おっしゃる通りです!」    「ごもっとも 昨日のニュースで「地球は氷河期に入る」ってあったのが気になりますが…」    「実行に移せないのが日本社会です。 QT @masason: 世界では原発依存度の少ない国は沢山在る。 しかも日本の電気代より安い。短期的にはコストやCO2問題など色々在るが節電や代替エネルギーで努力すべきなのではないでしょうか。  原発事故の命に関わる被害やコストよりはマシ。」    「コスタリカは2000年から自然エネで中南米へ売電計画。 日本より水力無償援助を受け」    「はい、リスクは確率ではなく期待値で計るべき」    「原発依存度が低いんじゃなくて原発を導入できる余裕がないっていうだけの話では。 」    「原発事故で誰が死んだんだ?嘘吐くな!」    「一般市民はどうしたら具体的に行動できるのだろうか?」    「確かに!この日本国は、いろんな問題を大政奉還しなければならない。」    「ほんと適当だね。 恥ずかしくない?韓国の原発推進支援し、韓国の電力政策誉めたのはあなたです。 自然エネルギーが高いのはドイツでも同じ。 安い国は政府が資本を入れて産業育成。 常識です。 知らない?」    「で、原発依存度の高い韓国にデータセンター置いて 「電気代安い!」 とかほざいてたのはどこの誰でしたっけ?」    「私達は世界一高い電気代を払ってる、しかも危険と隣合わせで。 変えなきゃ」        様々な意見が寄せられている。 (itlifehack.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
        孫正義意見        「孫さんは東電の料金値上げについてどう思われますか?」 とのTwitter読者の発言に対して、孫社長は 「少なくとも地域独占でなければ簡単に値上げは実践出来ないでしょう。発電と送電の分離と電力小売自由化は必須。」 と、つぶやいた。          このつぶやきに対して、下記のコメントが寄せられている。      「小山貴弓 原発即時停止~♪」      「ちゃんと考える企業は今度こそ東電から安いPPSに切替実施するでしょう!」      「原油価格は落ち着きを見せているのに何故ここで値上げなのかよくわからないですね!!実体が見えてこないんですよね電力会社は…原発が止まる今社員をどうするかの決断も聞こえてこないですし…数字を出して欲しいですよ」      「経済界からの原発再稼働圧力を更に強めるために企業向けの値上げなのかな…、と感じたりもします。 東電に物申せない社会がやるせないですね…。」      「必須なのはわかるけど、ずっといってんのにまったく聞こうとしない( ̄ー ̄)」      「ソフトバンクは年内にパケ放題が無くなるって噂を聞いたんですけどホントですか?(。+・`ω・´)b」      「福島の住めない土地買い上げて巨大ソーラーパネル作る案どうですか?」      「少なくとも地域独占でなければ簡単に値上げは実践出来ないでしょう。発電と送電の分離と電力小売自由化は必須。」      「来年から簡単に値上げ出来るじゃん、全量買取の費用は全て使用者の負担!」      「その通りだと思う。 原発はコストが安いなんて嘘。早く解体するべき。」      「ならば、他社を貶してまで競争原理の象徴である電波オークションに猛反対し、総務省に直談判して潰したのは何故?言動が伴わないペテン師の矛盾ここに有り。」      「むしろマスク代を払ってほしいぐらいです。」      「同意。 ですので固定価格全量買取はやめましょう。 両立しない。」      「エネルギー問題に関しては、決っして国民負担を口にしないのが非常に残念です。」      「東電をもっと絞るとしても火力発電と無意味な除染事業のコストは無視できませんが 」      「そうか!敵がいないから “値上げ” と最初から言えるんだ。 “じゃあ買わない!” って、言わせねーよ ってことですね。」      「そして、本業のアクセス分離を早急に」      「同意! 電気の「大政奉還・廃藩置県」ぜよー。」      様々な意見が寄せられている。  (itlifehack.jp)                    ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 612345»...Last »