ローソンとYahoo! JAPANが2011年6月9日、スマートフォン事業での提携を発表しました。 ショッピングモールを新設し、専用アプリを共同開発してサービスを行うなど、売り上げ増に向けて大きく動いた。 大手企業が続々参入するスマートフォンビジネス、果たしてどこまで拡大するのか。    
「ネット通販は今後、スマートフォンがPCを超えて、主流になる可能性は十分ある。 PCはデスクの前に座って使わなくてはならないが、スマートフォンなら移動中でも利用できる。スマートフォンの方が、利用者も接触時間も多くなるだろう」    
   記者会見でYahoo! JAPANの井上雅博社長は、こう話した。 今回の提携で、ヤフーのネットサービスと、ローソンのリアル店舗とが連携。 具体的には、ヤフーショッピングで扱う商品がローソン店頭でも買えるようになる。 また、現在地だけでなく行きたい場所を検索すると、周辺情報を表示する位置情報サービス 「Yahoo!ロコ」 により、ローソンの店舗やセール情報などを表示する機能をもたせる。        そして、ローソンが運営するECモール 「Loppi(ロッピー)」 で、8月からヤフーショッピングに出店している商品も購入できるようになり、12月までにスマートフォン向けアプリを公開。 また、ヤフーIDをベースとする履歴(閲覧、検索、商品購入など)と、ローソンのポイントサービス 「Ponta」 会員の購買履歴を活用し、会員の了承を得たうえでキャンペーン案内などの情報を提供していく。        ヤフーの井上社長は 「今回の提携で主に使いたいのは、スマートフォン、スマートパッドの位置情報。 とりわけ地域情報に着目している」。 これまでは全国規模の情報がインターネットの主流だったが、今後はより身近な生活圏の情報が活用されていくだろう、と説明。 インターネット上にこうした情報を載せれば、より生活が便利になるのでは、と期待を込めた。        ローソンの新浪剛史社長も 「(提携で)いろいろなデータが得られることを期待している。 どんな商品を作ればいいか、ポスデータだけでなく、お客さまの声を取り入れたり、データを分析したりしながら新商品を開発したい」 と語り、今後は、ヤフーと手を組むことでEコマースにも力を入れていきたい考えだ。          すでに、スマートフォンを積極的にビジネス活用する動きは出はじめており、その幅は広がるばかりだ。        エイチ・アイ・エスは6月8日、PCやモバイルからの予約数が増加していたことから、海外ホテル予約のスマートフォン専門サイト 「H.I.S VACATION」 をオープンした。 海外ホテルの検索と予約、世界164都市のツアーの申し込み、レンタカーの空車状況の確認などが、スマートフォンの画面をタップするだけで簡単だ。        楽天トラベルも6月末から順次、国内航空券と宿泊を組み合わせたパッケージ商品 「JAL楽パック」 と 「ANA楽パック」 の購入が、iPhone/androidスマートフォンでできるようになる。 PCサイトの画面表示、インタフェースで閲覧ができ、全商品の閲覧と検索、予約が可能だ。 PCで予約した内容をスマートフォンで確認、取り消しもできる。        さらに、トヨタ自動車も5月23日、クラウドサービスを手がける米セールスフォース・ドットコムと提携し、クルマ向けSNS 「トヨタフレンド」 を構築すると発表。 2012年に発売の電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)に搭載を予定している。 電池残量が減ったときに充電を促す情報を、利用者のスマートフォンやタブレットPCなどへ発信する使い方もできるという。  (j-cast.com)          ツイートこの記事をつぶやく
       ヤフーとダイエーは、インテーネットと実店舗を連携させたサンプリングサービスの実証実験を共同で始めると発表しました。       ヤフー会員を対象に飲料や化粧品などの試供品の当選者を通知。 ダイエー店舗で受け渡しをして反応を調査します。 両社は今回の連携を弾みとして、ネットと店舗を活用した販売促進の開発につなげます。      期間は3月から9月ごろまで実施します。 まずはダイエー直営の30店舗で始め、順次拡大していく予定です。 両社は実証実験の協力メーカーの開拓で協力します。      ヤフーの商品紹介ページから応募して、当選者にはバーコードクーポンを入手できるアドレスを添付したメールを送信します。 取得したクーポンをダイエー店舗に持参すれば試供品を受け取ることができ、試した感想をヤフーのアンケートページに書き込むという。      両社では商品使用後の購買動向や当選者の来店率、店内購買額など総合的に調べる考えのようです。       ツイートこの記事をつぶやく
   マイクロソフト日本法人は、ポータルサイト 『MSN』 を2011年1月17日に刷新します。      ミクシィやツイッターなど交流サイト (NSN) の機能を利用出来るようするほか、NHNジャパンと組み、ソーシャルゲームの提供も始めます。  交流サイトとの連携を深め、その要素をとりいれることで、競合するヤフーなどに対抗する考えのようです。        『既存のMSN利用者にとってもっとMSNを使ってもらう』 と、MS日本法人は都内で開いた記者説明会で、儲俊洋MSNエグザクティブデレクターはサイト刷新の目的をこのように語りました。      具体策として打ち出したのがポータルサイトの構成をあえて競合のヤフーに近づけて点です。  ニュース欄をサイト上部に移動させたほか、各種サービスへのリンクを左側に縦方向に並べる構成にしました。      MSNは3年ほど前から、サービスへのリンクを横方向に並べるなどMSNの英語サイトに近い構成を採っていましたが、今回は 『日本の利用者にとってのなじみ深さを優先した』 という。      国内のMSN事業は利用者が約4000万人に達しており、単体では黒字化しています。  だが、世界全体でみると検索エンジン 『ビング』 への研究開発投資が重石となり、MS全体のネット事業は巨額な赤字となっているのが現状です。       このため同社ではゲームやSNSの取り組みで利用者がサイトに滞在する時間を増やし、利用者1人あたりのサイトの広告収入を高める考えのようです。        そこで、交流サイト (SNS) などとの連携でサイト滞在時間を増やす戦略も打ち出しました。  SNSの国内最大手 『ミクシィ』 と世界最大手の 『フェイスブック』 の最新のメッセイジをMSNサイト画面でページを移動せずに見られるようなります。  友人とつながったままでニュースや情報をチェックできるため、他のサイトに移動するのを抑止できるという。  MSではMSN利用者は 『就業時間中のサイト閲覧が多い』 としており、ビジネスマンなどのネットの活用効率も高められる点を売り込みます。        広告配信では検索連動型広告のようにユーザーに応じた物を提供する仕組みも導入するそうです。  利用者の属性情報などを活用して興味を引きやすい広告を配信する事で、広告単価の引き上げを考えています。      ソーシャルメディアを組み込んだ新サイトは試行版を既に稼動中です。  視覚面の効果も確認されており、サイト画面の右肩にある広告スペースの増したにソーシャルメディアを置いた結果、広告の注視時間が倍増したという。          MSNてこ入れ策の1つがリニューアルにあわせて開設する 『MSNゲーム』 です。  韓国ポータルサイト大手NHNの日本法人、NHNジャパンと提携して、同社のゲームポータルサイト 『ハンゲーム』 にある多彩なゲームを活用して提供します。      NHNは、パズルやカード、アクションまで利用者同士が交流する多彩なソーシャルゲームをMSNを通じて提供する計画です。  当初からバンダイナムコゲームドリコムといったソーシャルゲームでは、なじみの企業が名を連ねます。      MSがゲーム関連のコンテンツの強化を急ぐのは、同分野がポータルサイトを越えて、ネット業界のキラーコンテンツになっているからである。      ライバルのヤフーは携帯電話交流サイト大手のディー・エヌ・エー (DeNA) とパソコン向けゲームサイト 『ヤフー! モバゲー』 を10月に開始しています。  SNS大手のミクシィや、子会社が動画共同サイト 『ニコニコ動画』 を運営するドワンゴもソーシャルゲームの提供を開始し、サイトの滞在頻度を高める事に成功しているからです。         ツイートこの記事をつぶやく
 アメリカ・ヤフーが発表した2010年で最も検索回数の多かったトピックのランキングでは、メキシコ湾の原油流出事故が1位になりました。                      r    2位にはサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会が入りました。       10年前に始まった同ランキングでニュースが1位になったのは、今回が初めてのことになります。 同社のシニアエディター、ベラ・チャン氏は、メキシコ湾原油流出事故がトップに入ったことについて、『環境問題やエネルギー、業務災害、大きな政府の役割など、非常に多くのことで問題になった』 のが背景だと語っています。      また、サッカーW杯については、スポーツと文化の両面から検索されていたと指摘。 「人々はあの騒音は何なのか、ブブゼラについても知りたがった」 としています。      3位はティーンに人気の米アイドル歌手マイリー・サイラス、5位には奇抜な衣装で話題を呼んだ米歌手レディー・ガガが入った。       2009年に前年の1位から5位に転落した米歌手ブリトニー・スピアーズは、今年は10位まで順位を下げた。      また、米アップルの携帯電話端末『i Phone』が6位に入っりました。(reuters.com)         ツイートこの記事をつぶやく
 カルチャア・コンビニエンス・クラブ (CCC) は共通ポイント制度 『Tポイント』 で、ヤフーのインターネット通販 『Yahoo! ショッピング』 の利用者にもポイントの提供を始めました。      同通販での買い物100円ごとに1ポイントが付き、1ポイント1円換算で使用できます。  CCCは、Tポイント会員の拡大を狙います。      包括提携する両社の具体策の第1弾です。       CCCは2013年末をめどにTポイント会員を現在の1.6倍の6000万人に引き上げる計画で、ネット通販大手と組むことで会員基盤を強化します。 ヤフーは通販サイトへのTポイント会員の誘導につなげます。      両社は今後ともネットと店舗を連動した広告やサービスの開発で協力するそうです。          こういう動きを見聞きすると、なんだか大資本に何から何まで飲み込まれていく感じがするな~~~~ ツイートこの記事をつぶやく
先週、金曜日にグランドハイアット東京で行われた yahoo!  「Agency Forum 2010 Autumn」 に行って来ました。            101112_172939      内容については、シークレットですからここでは言えません。      会場は、   101112_173019     沢山の参加者でごった返していました。      このセミナーが終わって懇親会と表彰式が行われ     101112_182232      聞きなれた会社の名前が表彰されていました。      何時か、我々も呼ばれることを目指して頑張ろうと改めて決意させる表彰式でした。 ツイートこの記事をつぶやく
 衣料品ネット通販の 『ZOZOTAWN (ゾゾタウン)』 を運営するスタートトゥデイは11月下旬をめどに、ヤフーと電子商取引(EC)サイトを連携させます。       またスタート社の持つ衣料品関連のデータベースをヤフーに提供する取り組みを始めました。 ヤフー経由での新規顧客の開拓を狙います。      国内外のファッションブランドや製品情報を網羅した日本最大のファッションデータベースの構築を目指します。 ヤフーは衣料品関連の商品の取り扱いを拡大でき、成長が見込まれる衣料品関連サービスの拡充につなげます。      また、11月下旬をめどにヤフーのサイトで 『ゾゾタウン』 で扱う商品が購入出来るようにして、買い物につかえるヤフーのポイントや決済手段なども使えるようにします。 ツイートこの記事をつぶやく
 パナソニックは、ヤフーとインターネットオークションサービス対応の薄型TVを共同開発したと発表しました。      2011年春に国内で商品化するそうです。     また、ネット通販サイト最大手の楽天ともテレビ向け電子商取引を共同開発することで本日、合意しました。      パナソニックは薄型TVのネットサービスを拡充して利便性を高め、販売拡大につなげる狙いです ツイートこの記事をつぶやく
 割引クーポンの共同購入サイトを運営するシェアリーは、自社で販売するクーポンの情報をヤフーの一部のサービスから閲覧出来るようにしました。        ポータルサイトの最大手のヤフーの集客力を使ってクーポン販売増を目指します。        シェアリーは、レストランなどの割引クーポン券を期間限定で販売するサービスを展開します。 ツイッターや自社サイトにクーポンジョイ法を掲載して利用者を増やしてきましたが、ヤフーのクーポン情報サイト 『ヤフー! クーポン』 への情報提供を始めました。        利用者が実際にクーポンを購入する際には、シェアリーのサイトに移動します。 クーポン共同購入サービスには新規参入が相次いでおり、競争力も激化しています。 シェアリーはヤフーと組むことで利用者獲得を狙います。 ツイートこの記事をつぶやく
 ポータルサイト最大手のヤフーは、自社サイトで提供する情報を 「ツイッター」 や、ミクシィなどの交流サイト (SNS) で共有する機能を加えたと発表しました。      ネット利用者は、SNS経由で友人らと簡単に情報を共有できます。 ヤフーは新機能の追加で、SNS経由での閲覧者数を増やす狙いです。      新機能は 『シェアボタン』 で、15日時点で 『ヤフー! ファイナンス』 や 『ヤフー! 智恵袋』 など6サービスに対応させました。 各サービスの情報横に表示させる 『シェアボタン』 を選択すると、ミクシィやツイッターの利用者ページに情報が表示されます。      今後も 『ヤフー! 地図』 など各種サービスを 『シェアボタン』 に対応させます。 SNSと連携する事で、“口コミ” 経由でのサイト閲覧者獲得を目指すよです。 ツイートこの記事をつぶやく
Page 2 of 3«123»