フェイスブック利用        SNS利用者が増えるにつれて、『Twitter』 などで企業機密をうっかり漏えいする事件も起きています。 実名利用が前提となるFacebookを活用する入社1、2年目の社会人(以下、若手社員)は会社におけるSNS利用をどう捉えているのでしょうか。            フェイスブック利用1        レジェンダ・コーポレーションによる若手社員を対象とした調査によると、Facebookを活用する割合は28.6%。 そのうち、勤務先名を公開しているのは38.7%に上りました。所属する会社にFacebookを含むSNSの利用ルール規定が 「ある」 と回答したのは17%で 、個人の情報発信から企業の機密情報が漏えいしたり、モラルに反する内容で企業責任が問われるケースに対応する取り組みを始めた企業が増えていることが伺えます。        企業がSNS利用ルールを規定することについて、若手社員はどう感じているのでしょうか。若手社員に賛否を尋ねたところ、半数以上の63.6%が 「賛成」 「どちらかと言えば賛成」 と回答しています。 また、すでに規定がある会社の社員では91.0%が 「賛成」 と答え、規定がない会社の社員より33.0ポイント上回りました。           フェイスブック利用2          賛成の理由は 「発言によってはコンプライアンス違反や職務規定違反に問われることがあるため」 「どこまでの情報なら発信していいのか基準が欲しい」 などが挙げられています。      一方、反対の理由は 「個人的な利用なら発言の自由は保障されるべき」 「常に監視されてしまうのはたまらない」 などでした。        今後、会社の就業規則に 「SNS利用」 という項目が盛り込まれる可能性が高くなりそうな気配、みなさんはどう思われますか?      調査対象は、2011年、2010年入社の588名、調査期間は2011年10月21日~30日、調査方法はインターネットによる調査。 (getnews.jp)                     ツイートこの記事をつぶやく
             フェイスブック携帯開発          FacebookがHTCと共同で同社のサービスを統合したスマートフォンを開発しているとAllThings Dが伝えています。        初の ”Facebook Phone” と呼ばれるその端末のコードネームは ”Buffy”。         画像や仕様等は公開されていませんが、Facebookのモバイル向けHTML5アプリプラットフォームのサポートを含むFacebookによる調整が施されたAndroidを搭載することで、既に発売されているFacebook機能に特化した携帯電話(INQ Cloud、ChaCha、Salsa、MotoKey、Vodafone 555など)との差別化が図られているらしい。 (getnews.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
        内閣府自動虐待防止        悲しいことだが、たびたびニュースになってしまうのが児童虐待。 罪のない子どもたちは、まわりから守っていかなければならないだろう。 同じく、個人で解決しにくいのが自殺対策や減災である。        そんな問題意識を広く共有するため、このたび内閣府はFacebookを利用した 『「守る力を」ネットワーク』 を発足。 減災や自殺対策、児童虐待防止(オレンジリボン運動)など、様々な情報を発信・共有し始めたのである。        情報のテーマは合計8種類。 「守る力を」 サポーターには、サッカー日本代表元監督の岡ちゃんこと岡田武史さんや、落語家の桂三枝さん、俳優の中井貴一さんなどが名を連ねている。          ちなみに11月は児童虐待防止推進月間。 24時間、365日繋がる 「児童相談所全国共通ダイヤル」 などもあるので、悩み事があったら1人で悩むことはせずに相談したほうが良いだろう。        また、11月22日の18時からは、赤坂サカスのサカス坂をオレンジ色にライトアップする 「オレンジリボンライトアップイベント」 も開催される。 なぜオレンジなのかと言うと、「児童虐待防止(オレンジリボン運動)」 だからである。          ゲストには厚生労働大臣の小宮山洋子さんのほか、ラジオパーソナリティーの小島慶子さんも来る予定だ。 なお、このイベントは来年2012年の2月19日まで実施される予定。 悲しい事件が起きぬよう、児童虐待防止への意識を強めたいところである。(rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく
    フェイスブック解禁        現在、世界8億人のユーザーがいるとされているソーシャル・ネット・サービ 「Facebook」。 世界第三位のアメリカの人口以上のユーザー数だ。        世界中とつながってしまうということからいくつかの国ではアクセス禁止とされていたが、軍事国家であるミャンマーでTwitterと同時に解禁すると発表されていたことがわかった。 これで、同サービスの未解禁国は中国、北朝鮮、キューバ、イランのみとなった。 当事者である中国ネットユーザーは以下のように反応している。        長い間、ミャンマーは世界のインターネット業界から最も規制が厳しい国と認識されてきた。 だが、FacebookとTwitterの解禁にあわせ、同国では国外のサイトのアクセス禁止措置も徐々に解かれているそうだ。       その中にはイギリスの公共放送のBBCやアメリカの国際放送 「ボイス・オブ・アメリカ」、またYoutubeも含まれるらしい。 このニュースはアクセス禁止措置がとられている中国でも報道された。        これを見た中国ネットユーザーは、        「独裁四天王(笑)」      「ある意味、新四大文明だな」      「しばらくパクリ版で我慢するか」      「政府の力がデカイから解禁は無理かなぁ」      「先を越された、くそっ」        と反応、また、          「政府のみなさん、外国を排斥(はいせき)することで国内企業を育ててくれているんだよね。 ありがとう」         といったコメントもある。 本気なのかどうかわからないが、皮肉だとしたらかなり痛烈だ。        ミャンマーでのFacebook解禁は少なからずとも中国ネットユーザーの心を刺激したようだ。国には影響を与えるのだろうか。 各国の動向に注目していきたい。 (rocketnews24.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
       人材サービス、コンテンツ制作を行う株式会社グッピーズ(東京都新宿区、代表取締役 肥田 義光)は、Facebookの企業ページに 『新卒募集』 『インターンシップ』 などの情報ページを簡単に作成できるアプリ 『Jinz』 をリリースいたしました。        2013年新卒採用は、ソー活元年と言われ、ソーシャルメディアを利用したリクルーティングが活発になると予想されています。 なかでも日本でも会員数500万人を超え、急速に成長しているFacebookがソーシャルリクルーティング(※1)のメディアとして注目されています。            <特徴>      ソーシャルリクルーティングのはじめの一歩はソーシャルメディアに採用情報を掲載することです。    通常Facebookページに独自の情報ページを追加するには開発やサーバーが必要となりますが、Jinzを利用すると、フォームに入力するだけで簡単に企業のFacebookページに採用情報ページを追加することができます。            <主な機能>    ・ページ作成(新卒採用2012・2013、ウェルカムページ、会社概要、インターンシップ)    ・問い合わせ管理    ・修正や掲載・停止もリアルタイムで更新            <料金>    無料で利用できる基本プランと年間10万円のプレミアムプランの2種類を用意。    ウェルカムページ、インターンシップの情報掲載はプレミアムプランの申し込みが必要です。 採用が決まっても追加の料金は発生しません。            <Jinzに関する公式ページ>      ・Jinz公式Webサイト http://www.jinz.jp      ・Facebookアプリ『Jinz』 http://www.facebook.com/apps/application.php?id=191767680900568          ※1 ソーシャルリクルーティングとは    ソーシャルリクルーティングとはソーシャルメディアを利用した採用活動を言います。 ソーシャルメディアを使ったリクルーティングでは、求人企業と求職者の間でこれまでとは質の異なる関係性の構築を可能にし、ミスマッチの減少に役立つのではと期待されています。      米国オンライン求人サービス会社・ジョブバイトが毎年行っているアンケート調査によると、ソーシャルメディアを使って採用活動をしている米国企業は80%以上で、これから始める企業を含めると90%近くに達しています。また、63%の企業が、実際にソーシャルリクルーティングを通じて採用ができた、という結果もでています。  (prw.kyodonews.jp)                  ツイートこの記事をつぶやく
       日本でも、利用者数が1000万人を突破したといわれるFacebook。 今や、SNSは日常的なコミュニケーションツールとなっている。 しかし、Facebook以外にもSNSはたくさん存在します。 地域SNSや趣味系SNS、学校系SNS、職業限定SNSなど、多岐に渡る。 ユーザーはこうした膨大な種類のSNSの中から一つ選んで利用するというよりも、いくつものSNSに登録している人の方が多いだろう。      ただ、いくつものSNSに登録したものの、積極的に利用したのは最初だけ、というパターンもよく見られる。 最近では、「SNSはもう充分楽しんだ」 という意見も。 会社員の雪絵さん(仮名・37歳)もその一人だ。        「私のSNSデビューはmixiでした。 ちょうどmixiが流行り始めた頃だったので、同年代で登録している人が多く、楽しかったですね。 mixi内のコミュニティがきっかけで、同じ高校の同窓生で飲み会をするようになり、学生時代は話したことがなかった人とも仲良くなれました。 mixiで仕事の人脈が広がったのも、大きな収穫でしたね」        しかし、Twitterをmixiに連動させるようになった頃から、mixiを見なくなったという。        「私の場合、リアルな友人のブログやアルバムをmixiで見ることが多かったのですが、、Twitterは主に情報収集とか芸能人の発言チェック、自分のメモとして使ってます。 だから、ネット上のコミュニケーションという意味では、Twitterがメインになってから、狭まった気がします」      とはいえ、雪絵さんとしては、「出会いや再会のツールとしてのSNSは、mixiで十分満喫した」 という思いが強いという。 しばらくは、Twitterがメインとのことで、Facebookにも登録していないそうだ。          フリーカメラマンの陽子さん(仮名・38歳)は、mixiもTwitterもFacebookも登録し、なるべく動かすようにしているという。      「このほかにブログもやっているんですが、それぞれを連動させているので、労力はそれほどではありません。 ただ、私の場合ブログもSNSも仕事の一環だと考えているので、続いているのかも。とはいえ、昔ほどはマメに更新してないんですよね」      登録先が増えた分、他の人の日記やつぶやきも、あまり読まなくなったそうだ。      「mixiだけだった時は、マイミクのマイミクをたどっていったりしてたんですけどね。 mixiもTwitterもFacebookもじっくり読んでいたら、きりがないので」      とはいえ、mixiでつながってる人、Twiiterでフォローしあってる人、Facebookで相互承認している人と、人脈が分散しているので、どれも時々見るようにしているという。      「最近、周囲でFacebookの登録者が増えているんですが、今、Facebookにハマっている人って、mixiをやっていなかった人なんですよね。 Facebookもしばらくすると、みんな飽きる気がする(笑)」。        一方、派遣社員の美保子さん(仮名・35歳)は、こう見る。      「私の場合、『ネットで同じ趣味の人に出会う楽しみ』 を一番楽しんだのは、十年以上前に同じ趣味の人が集まるBBSと、そのオフ会に参加していた頃かも。 でも、そういうつながりって、一時期ワーッと盛り上がるけど、だんだん下火になってくるんですよね。 ただ、オフ会などで特に気があった人とは、今でも会ってお茶したりと、リアルな友達付き合いが続いています。 一方、SNSで昔の同級生に再会しても、お互いの生活環境が違いすぎたり、話が合わなければ、再会しただけで終わり。 いろんなスタイルのSNSや表現ツールが今後も出てくるかもしれませんが、盛り上がりを過ぎた後で残るのは、『リアルな人間関係』 なのでは」。        SNSを続けるにしても、飽きてお休みにするにしても、大切なのは「人とつながろう」という思いなのかもしれない。  (dokujo.jp)                ツイートこの記事をつぶやく
      コカイン        フェイスブックやツイッターに代表される 『ソーシャルメディア』。 FBやツイッターによる情報を介してイギリスで広まった記憶にも新しい先月の暴動や、日本でもツイッター上で芸能人のプライベートな行動を漏らしたり、民間企業による不謹慎な発言が問題視されるなど、ソーシャルメディアが社会に及ぼす影響は計り知れません。        それもこれも、個人がソーシャルメディアに依存しているから。 欧米はもちろん、東南アジアの各メディアでも 『フェースブック中毒』 に関する特集が組まれるなど、ソーシャルメディア依存は世界でも問題視されるところとなっています。          海外サイト 「9GAG.com」 では、社会生活をダメにするものベスト3を30年前の1981年と2011年現在で対比させたチャートを掲載しているのでご紹介したいと思います。        1981年:第1位コカイン、第2位アルコール、第3位ニコチン        2011年:第1位ツイッター、第2位フェイスブック、第3位Google+          30年前は物理的なものによる 「中毒」、現代は 「ネット中毒」 がトップ3を占めていることが分かります。 中毒と言うものはどの時代にも存在するものなのかもしれません。 ネット上の社交場として、またコミュニケーションツールとしても欠かせないソーシャルメディアとは、上手に付き合っていく方法を見つけていきたいものです。  (youpouch.com)        30年後は、何が中毒になっているんだろうか!?       ツイートこの記事をつぶやく
       Facebook で友人・知人のつぶやきに簡単にレスポンスを付けられる、「いいね!」 ボタン。 普段利用しているユーザーの中には、「今伝えたいのは、『いいね!』 じゃない」 と思ったことはないだろうか。 自分のまわりにいる、頑張っている人、ちょっと元気がない人、そんな人たちに一番声を掛けてあげたい 『おつかれさま!』。 その気持ちを伝えることができる Facebook アプリが登場しました。      「サントリー ザ・プレミアム・モルツ」は、9月2日に開設した公式 Facebook ページにおいて、友人・知人に簡単に 「おつかれさま!」 の気持ちを伝えることができるアプリ 「プレモルでおつかれさま!」 を公開しました。             おつかれさま        このアプリでは、メッセージを贈りたい友人・知人を選んで 「おつかれさま!」 の気持ちを入力。 用意された10種類の背景画像から好きなものを選んで送信すると、贈った相手のウォールに通知が届く。 相手がウォールに記載された URL にアクセスすると、「おつかれさま!」 のメッセージと画像が表示される。            おつかれさま2        そして、このアプリには 「おつかれさま!」 を伝えたい相手にちょっとした贈り物ができる 「ソーシャルギフト機能」 が搭載されているのも特徴だ。      「おつかれさま!」のメッセージを受け取った友人・知人は、“頑張ったごほうび” としてギフトがもらえる権利も贈与され、「サントリー ザ・プレミアム・モルツ」 2缶パックか、Facebook 上で使える 「ウォールピクチャ」 (全10種類)のどちらかがもらえる。  メッセージを受け取った人は、これらのギフトに何度でも当たるチャンスがあるという。 もちろん、メッセージを受け取った後に、贈り主に対して 「おつかれさま!」 のメッセージを返すことも可能だ。             おつかれさま3        また、スマートフォンユーザー向けには 「おつかれさま!」 のメッセージを Facebook の友人・知人に贈ることができるスマートフォン専用サイトも用意しており、パソコン向けアプリと同じ機能を提供する。 多くの Facebook アプリがパソコンのみの対応となっている中、スマートフォンにも対応し、時間や場所を選ばずにメッセージを贈り合うことができることもこのアプリの大きな魅力。                   おつかれさま4        「おつかれさま!」 というあいさつは外国語には見られない日本語ならではのコミュニケーションで、仕事でもプライベートでも日常生活であいさつ代わりに使われる大切な言葉だ。 「おつかれさま!」 と声を掛けるほうは相手の頑張っている姿を思い、そしてその言葉を受け取った相手は言葉に込められた思いやりに心が少し温かくなる。 「おつかれさま!」 という短いひとことが持つパワーはとても大きいのだ。      「プレモルでおつかれさま!」 はそんな日本人の温かいコミュニケーションを表現したものと言えよう。このアプリによって、Facebook を通じて 「おつかれさま!」 の思いやりが友人・知人の輪の中に広がっていくに違いない。      「サントリー ザ・プレミアム・モルツ」 2缶パックのプレゼントは2011年10月31日17時までを予定。 20歳以上のユーザーのみ、「プレモルでおつかれさま!」 アプリや公式 Facebook ページを利用することができます。  (internet.com)         ■ Facebook アプリ「プレモルでおつかれさま!」 http://apps.facebook.com/otsukaresama/   ■「プレモルでおつかれさま!」スマートフォンサイト http://sns.the-premium.jp/otsukaresama/static/landing          ツイートこの記事をつぶやく
               フェイスブックフォーン        イギリス・INQ Moibleが 「Social Widget Suite by INQ」 と呼ばれるFacebookと連動するアプリを公開しています。        アプリは無料、Android 2.2以降を搭載した端末で使用することができます。 INQ Social Widgetは、Facebookが公開しているAPIを活用したウィジェットアプリで、ホーム画面に配置することでFacebookのニュースフィードやイベント、友人の”いいね”やコメント、チェックインを通知するとともに、ホーム画面からそれらの情報を確認することができます。        ウィジェットをタップするとFacebook公式アプリの該当の項目を開くことができます。 ウィジェットを利用するにはINQ Social Widgetのほか、別途無料公開されている 「INQ Social Sync」、「People by INQ」を インストールする必要があります。         これらアプリは、一時は ”Facebook Phone” と呼ばれていたINQの 「Cloud Touch」 スマートフォンに搭載されているものです。 UI等は日本語表示されませんが、Facebookの情報をホーム画面上で一目で確認できるなど便利なことから、利用してみる価値はあると思います。  「Social Widget Suite by INQ」 「INQ Social Sync」「People by INQ」    (getnews.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
      無印          良品計画は、同社が運営する『無印良品ネットストア(MUJI.net)』において、『Facebook』 『Twitter』 『mixi』 と連携するソーシャルコマースサイ ト『myMUJI』 を開設しました。 各SNSサイトのアカウントでログインし、同社商品の口コミ投稿や 「ほしい!」 「持ってる」 などの情報をユーザー同士でで共有できます。          『my MUJI』には、『Facebook』 『Twitter』 『mixi』 のいずれか(またはすべて)のユーザーアカウントを利用してログイン可能。ログイン後は、『MUJI.net』 の7000以上の商品についての口コミ投稿のほか、「ほしい!」 「持ってる」 などの意志表示ができます。       無印1        また、『my MUJI』 内でも独自にフォロー/フォロワー関係の構築が可能。 商品への口コミ投稿や 「ほしい!」 などのアクションを起こすと、『my MUJI』 内でのフォロワ―だけでなく、連携したソーシャルメディアにも同時に発信できます。 自分のソーシャルグラフ内での友達や好みの合う人とつながることで、「友達が使ってよかったと言ってるから買おうかな」 と購入を後押しされそうですね。        現在のところ、『MUJI.net』 アカウントと 『my MUJI』 で利用するSNSアカウントの連携については明らかにされていませんが、商品購入時に関連付けが行われるのかもしれません。 また、『my MUJI』 上で開催している 「期間限定MUJI.netクーポン300円分プレゼントキャンペーン」 では、応募時に 『MUJI.net』 アカウントで申し込む必要があります。          良品計画は、『iPhone/iPad』 やスマートフォン向けのアプリ開発にもいち早く取り組んできています。 今回のソーシャルコマースサイトもまたECサイトソーシャル化の先例になりそうです。 (getnews.jp)                  ツイートこの記事をつぶやく
Page 5 of 8« First...«34567»...Last »