FACEBOOK/          フェイスブックに飽きはこない──。        アメリカ調査機関ピュー・リサーチ・センターが3日公表したデータによると、フェイスブック歴が長い人ほど、利用の度合いが高いことが分かった。          調査では、友達の数と利用頻度にも関係があることも分かり、同調査機関のプロジェクト責任者は、「友達が多い人ほど、『いいね!』 ボタンを頻繁に押したり、友達の書き込みによくコメントしたりするなど、活用する度合いが高まる」 と指摘した。            調査は2010年11月、アメリカの成人2255人を対象に実施。 フェイスブックの通信データ記録へのアクセス許可を求めたところ、269人が同意した。          フェイスブックによると、現在のユーザー数は8億4500万人に上るという。 (reuters.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
      500万円プレゼント        株式会社テイクアンドキヴ・ニーズは、結婚式までの準備の様子をfacebook上でレポートすることを条件に500万円相当の結婚式をプレゼントする特別企画 『Social One Heart Wedding ~心がひとつになる瞬間~』 を発表しました。        当選したカップルは4月より準備を開始し、結婚式の当日までに乗り越えるべきことを “結婚式までの10ヵ条” として実施しながら、その様子を 『facebook』 に投稿。 沢山の 『facebook』ユ ーザーに見守られ、7~8月中に待望の結婚式を挙げます。          これは見守る方もとっても楽しそうです。 式の準備段階をリアルタイムで見ていくことができるので、結婚準備中のカップルや、まだ予定はないけどいつかは素敵な結婚式を夢見ている!という方にも、非常に参考になるのではないでしょうか。          応募して、ぜひとも結婚式を挙げたい!という方、“強い愛の絆を証明できるエピソード” を持っている20歳以上の方が応募資格となっています。        以下はエピソードの一例。
    ・出会って一ヶ月だが、自分にとっては欠かせない人。   ・周りからは反対されるが、二人の確かな愛を認めてもらいたい。   ・海を超えた遠距離恋愛〇年。待ってくれていた相手に感謝を伝えたい。   ・家族とは〇年口をきいていないが、結婚の報告をしたい。   ・夢を追いかけお金がない自分と一緒になってくれる相手に、結婚式をプレゼントしたい。   ・両親の反対を押し切った、年の差結婚。幸せになるために、年齢の差は関係ないと両親に理解してもらいたい。
       いかがでしょう?なんだか難しそうですが、結婚を決意するとなれば二人の間に既に絆は生まれているはず。 そんな絆を感じさせるエピソードを添えて、結婚への熱い想いを託して応募してみませんか。            募集要項はこちら。    
■応募期間 2012年2月1日(水)12:00~2012年3月2日(金)18:00     ■応募方法 キャンペーンサイトのエントリーページにアクセスしていただき、 応募フォームに必要事項をご記入下さい。 エントリーページ: http://www.tgn.co.jp/one-heart-wedding/social/     ■プレゼント内容 T&Gのウェディングプランナーがプロデュースする500万円相当の結婚式 ※当選は2組の予定です。
         結婚式は当日、『facebook』 上で動画でレポートされる予定とのこと。 全世界から祝福の「イイネ!」を受け取りましょう。 (narinari.com)       ツイートこの記事をつぶやく
      友達拒否        ここにダウンロードしたいような、したくないような非常に迷ってしまうFacebookツールがある。 その名も 「Unfriend Finder」。        これは何をするためのツールかというと、自分を裏切っ……ではなく、Facebook上で自分と友達であることをやめた人、もしくは自分が送った友達リクエストを保留にしている、または拒否した人を見つけるためのツールである。          現在この 「Unfriend Finder」 は世界中で人気を博しており、今まで4400万回ダウンロードされたという。 やはり人は、他人が自分のことをどう思っているのかが気になるようである。          このツールは無料でダウンロードできるので、Facebook上の友達関係がどうなっているのかが知りたいという方は、ぜひダウンロードしてみるといいだろう。          ちなみに 「Unfriend Finder」 が自分のFacebookに組み込まれると、他のユーザーが自分の友達をやめるたびに、メニューバーに赤い吹き出しで 「お知らせ」 が出てくる。 このようなとっても辛い仕様になるので、ダウンロードする際はしっかり心の準備をして頂きたい。  (rocketnews24.com)          それはどうなるかというと、      ▼ダウンロードすると、Facebookの左の欄に 「Unfriend Finder」 が登場! 友達が増えた時のマーク「+1」とは正反対の、「-1」マークが…            友達拒否1        ▼こちらが自分が送った友達リクエストを保留している人たちのリスト。 結構いたんだ…   友達拒否2        ▼うん? 何かお知らせが来ている     友達拒否3        ▼うそーー! こういうショックが急にやってくるので、ご注意を!   友達拒否4        こんな感じになるそうです。                        ツイートこの記事をつぶやく
         TK0721036-FACEBOOK-IPO        アメリカ・ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のフェイスブックは1日、最大50億ドルの新規株式公開(IPO)を申請する暫定的な書類を米証券取引委員会(SEC)に提出した。        IPOの主幹事にはモルガン・スタンレー、JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックスを起用。他のブックランナーは、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、バークレイズ・キャピタルなど。        SECへの書類によると、2011年の純利益は65%増の10億ドル。 売上高は37億1000万ドル。 同社サービスを実際に利用しているアクティブ・ユーザー数は、現時点で8億4500万人。          フェイスブックは、普通株をティッカーシンボル 「FB」 で上場する意向。          同社のIPOはシリコンバレーで過去最大規模となる。        ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、提出文書に添えた書簡の中で 「われわれは新聞やテレビなどの発明についてよく語る。 社会はいま、新たな転換点を迎えている。 世界中の人々につながりと発言の場を与え、将来のために社会を変えることに大きな必要性と機会がある」 と語った。  (reuters.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
      ツイッターこうかい        友達とつながったり、自分のちょっとした意思表示をしたりするのにも便利なTwitterやFacebookなどのソーシャルメディア。 しかし、みなさんのなかにも、自らが発した内容のせいで後悔をしたことがあるという方がいるのではないだろうか。        「言わなきゃよかった……」と。        最新の調査では、「25パーセントの人が、TwitterやFacebook上で発した言葉を後悔した経験がある」 ことが明らかになったそうだ。          調査は、2000人を対象に行われた。 「ソーシャルメディア上での発言を後悔したことがある」と回答した人に、その理由を聞いたところ、「不適切だったから」や「誰かに不愉快な思いをさせてしまったから」 というものだった。          そして同じく25パーセントの人が、「絶対に面と向かっては言えないようなことでも、TwitterやFacebookでは言ってしまったことがある」 と回答。          さらに、40パーセントが、Twitterなどを 「熱い議論の場」 として利用したことがあると答えており、半数に及ぶ人が、自分の発言は重要なことだったと考えていることもわかった。        また、「自分、もしくは誰かに対する、オンライン上での誹謗、中傷を発見したことがある」 という人は、30パーセントにのぼった。        進化人類学者のロビン・ダンバー氏によると、「ソーシャルメディアの急速な普及により、個人の意思を公に示すことができるようになりました。これは決して悪いことではありません」 とのこと。        「しかし、現代の複雑な社会を生きていくために必要な能力は、相手と面と向かった状態でのコミュニケーションでしか得られないのです」 と、忠告している。          日本でもたびたび、モラルのない発言や、プライバシーの侵害となるようなつぶやきが社会問題になることがある。 そのようなものは言語道断だが、そこまで大きな問題にはならなくても、不注意な発言で後悔することのないよう、ちょっとした一言にも気をつけたいものだ。  (rocketnews24.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
      フェイス        mixi、Facebook、ツイッターなどのSNSがすっかり浸透し、コミュニケーションツールとして大きな役割を果たすようになった現代。 読者の皆さんの多くも、何らかのSNSを利用した経験を持っているだろう。        メッセージのチェックや書き込みをするために必要なパスワードは、重要な個人情報だ。 そのパスワードを恋人に教えることが愛の証、信頼の証と考える若者が増加していることが調査により明らかになった。        ニューヨーク・タイムズ誌によると、SNSやメールアカウントのパスワードを恋人に教える若者は増加の傾向にあり、2011年の調査では10代のユーザーの3割が恋人とパスワードを共有しているとの結果が出た。 特に、恋人にパスワードを教えている女子は男子の2倍だった。        調査に答えたある女子高生は、「彼氏に隠すような後ろめたいことなんてないし、お互いを信頼しているから」 と述べている。      しかしこうした行為が、束縛を助長したり、異性とのメールのやり取りで浮気を疑われたりなど、交際中の揉め事や破局の原因となるケースもある。        また別れた後もパスワードを変更しないでいた結果、元恋人に腹いせに不名誉な書き込みをされる、自分のアカウントから知り合いに勝手にメッセージを送られるなどのトラブルも起きており、パスワードを明かしてしまったことを後悔する人は多いという。          「相手を信頼している証」 としてパスワードを教える若者が増加しているが、この傾向を危惧する声も。 「お互いのプライバシーを尊重し合うことができないのは、むしろ信頼できていない証」 と考える心理カウンセラーも多いそうだ。        いずれにせよパスワード交換は現代ならではの付き合い方と言えるだろう。 SNSはおろか携帯もメールもなかった頃は、「彼(彼女)、今頃何をしてるんだろう」 などと思いを馳せたりしたのが、今では手に取るように相手の様子も分かるし、パスワードさえ共有できる。 信頼のかたちも、時代と共に変わっていくのかも知れない。 (rocketnews24.com)          いずれにしても、                       110902_112634         『気ッ・ツケナハレヤ!!』 ということですね!!                      ツイートこの記事をつぶやく
      シロクロ          フェイスブックでは、会話のようにコメントが続くことがありますが、とある書き込みが海外サイトの人気を呼んでいました。          とあるふたりの対話をご紹介します。           シロクロ1        まず会話の最初が 「もうブラック&ホワイトのものは全然ないわ」 と始まり、以下のように続いています。        ライアン : スカンクがいる。      レオ : 新聞。      ライアン : ペンギン。      レオ : 古い映画。      ライアン : オレオ。      レオ : シマウマ。      ライアン : ダルメシアン(101匹ワンちゃんと同じ犬種)。      レオ : シャチ。      ライアン : マイケル・ジャクソン。        白黒のものって結構あるものですが、最後のマイケル・ジャクソンというコメントが見事だと、海外サイトで評価されていました。        ちなみに実際の色で言うと、新聞やモノクロ映画はグレースケールで、シマウマは実際は茶色と白で、遠目に見るとコントラストから白黒に見えるのだそうです。 (labaq.com)          パンダが出てこなかったのは、ちょっと残念ではありますね。  探せば白黒あるよねぇ~!?           ツイートこの記事をつぶやく
       昨年12月に死去した北朝鮮の金正日総書記の長男、金正男氏とみられる男性が昨年、インターネット上の交流サイト 「フェイスブック」 を使用し、文章や写真を投稿していたことが10日、分かった。        韓国の北朝鮮専門インターネット新聞 「デイリーNK」 などによると、男性は 「Kim Chol(キム・チョル)」 の名前を使用。 正男氏が海外でよく使う名前とされ、投稿は本人が行った可能性が高いとみられている。  (kyodo.co.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
         AUTOSHOW/        世界で8億人以上のユーザーを抱えるフェイスブック。 レストランや観光名所などで、人々がスマートフォンを片手にフェイスブックを使う光景は当たり前になりつつあるが、いよいよ運転中の自動車でもフェイスブックが使えるようになりそうだ。      米ネバダ州ラスベガスで10日から一般公開が始まる世界最大の家電見本市、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)では、米国メルセデス・ベンツが、テレマティックスシステムを使った「車載フェイスブック」を公開する。        車載フェイスブックはもちろん、パソコンやスマホでの利用と全く同じとはいかず、位置情報の提供などを中心とした限られた機能に特化している。 ただ、フェイスブックのパートナーシップ・プラットフォームマーケティング担当バイスプレジデントであるダン・ローズ氏は、このベンツ版は、ディスプレーとインターネット接続がある場所にフェイスブックの提供領域を拡大する動きを反映するものだと語っている。        ローズ氏はインタビューで 「今の車にはインテリジェント機能を持ったディスプレーが備わっている」 と指摘。 カーナビ上に 「どの友人が近くにいるか」 などが表示されれば、ユーザーにとっては非常に面白い情報になり得るとし、自動車メーカーは今後、そうした車載ディスプレーのソーシャルネットワーク化を進める可能性があるとの見方を示した。      しかし、車載フェイスブックは運転中の携帯電話使用などと同様、ドライバーの気を散らせて危険だとの批判を受ける可能性もある。          これについて、メルセデスのテレマティックサービス向けプロダクトマネジャーのロバート・ペリカーノ氏は、ドライバーへの負担は通常のカーナビやラジオと変わらないと説明。 車載フェイスブックでも、文字入力が必要な動作は車が動いている間は一切できなくなるという。      車載フェイスブックには、さまざまな標準的文章や事前登録された文章が表示され、ドライバーは画面のタップなどでそれらを投稿することができる。 もしカーナビに特定の場所が登録してあれば、ドライバーはその場所に向かっているとの情報を、予想到着時間などと一緒にフェイスブックに自動投稿することも可能。 また、運転ルートの近くにいる友人のリストや、友人がフェイスブック上で「いいね!」を押したレストランの一覧も表示される。      ペリカーノ氏によると、ベンツ版フェイスブックは約半年前にプロジェクトがスタートし、メルセデスのエンジニアチームがフェイスブック側の協力を得ながら開発した。        車載フェイスブックはまず、2013年版メルセデス・ベンツSLクラスの発表に伴ってリリースされる最新テレマティックスシステム 「mbrace2」 の一部として提供される予定だという。 (reuters.com)          ここまでする必要があるの??  車に乗るんだったら運転に専念すべきだよ!!  これスマートフォンを持っていないなら別だけど・・・ 。       ツイートこの記事をつぶやく
      フェイスブックで休み        Facebookユーザーのみなさんは、この便利なSNSをどのように活用しているだろうか。 日々のちょっとした出来事や写真をアップしたり、昔の友達を探したりは当たり前。 イギリスで行われた最新の調査によると、6人に1人はFacebookのメッセージ機能を使って、上司に病気休暇の連絡をしたことがあるという。        1万人を対象に行われたこの調査では、上司へ病気による欠勤の連絡をする際に、電話ではなくメールでしたことがあると答えた人が4人に1人もいることが明らかになった。 さらに6人に1人は、Facebookのメッセージ機能で連絡したことがあると回答。          これに対し、上司の75パーセントは、このような方法を無責任だと感じており、そもそも欠勤の理由が 「風邪」 の場合、15パーセントがその信憑性を疑うと答えている。 また、20パーセントもの人が、病欠した部下のFacebookページを見て、遊んでいる形跡がないかどうかをチェックしたことがあるというから驚きである。        しかし、休む社員もそのあたりは心得ているようだ。上司に疑われないようにするため、34パーセントの人が欠勤理由の真偽にかかわらず、会社を休んだ日はFacebookを利用しないと回答したという。        いまやFacebookは上司と部下の駆け引きの場にもなっているようだ。 今後もさらなる活用方法が生まれていくと思われるが、その良し悪しはユーザーひとりひとりがしっかりと判断しなければいけないところである。  (rocketnews24.com)          これも、ソーシャルネットワークを間違った使い方だな!!                   ツイートこの記事をつぶやく
Page 4 of 8« First...«23456»...Last »