KDDI、沖縄セルラーは17日、2011年夏モデルとして、auのスマートフォン 『IS series』の新製品を5機種、iidaブランド初のスマートフォンを1機種発表しました。 このほか、6機種のau携帯電話の新製品も投入します。              AU        今回同社が発表したスマートフォンは 「AQUOS PHONE IS12SH」 「AQUOS PHONE IS11SH」 「REGZA Phone IS11T」 「Xperia acro IS11S」 「G’zOne IS11CA」 の5機種。    すべての機種でAndroid 2.3を採用し、おサイフケータイや赤外線通信、「~@ezweb.ne.jp」 のEメールが利用可能。 受信最大9.2Mbps/送信最大5.5Mbpsの通信が利用できる 「WIN HIGH SPEED」 もサポートする。        AQUOS PHONE IS12SHは、約4.2型の3D対応ディスプレイを搭載したスマートフォン。 2つの約805万画素CMOSカメラを搭載し、3D動画の撮影に対応したモデル。 AQUOS PHONE IS11SHは、約3.7型の3D対応ディスプレイを搭載したスライド型スマートフォン。     REGZA Phone IS11Tは、約4.0型ディスプレイを搭載したスマートフォン。 東芝製液晶テレビ 「レグザ」 の技術を活かし、高精細な映像を楽しめる「モバイルレグザエンジン4.0」搭載する。    Xperia acro IS11Sは、ワンセグやおサイフケータイに対応したソニー・エリクソン製スマートフォン。     G’zOne IS11CAは、耐衝撃と防水&防塵性能を備えたタフネススマートフォン。    iidaブランド初のスマートフォンとなるのは 「INFOBAR A01」。 2003年に発売された初代 「INFOBAR」 から受け継がれる特徴的なタイル状のキーと独特な端末カラーが特徴。 高い操作性とデザイン性を兼ね備えたユーザーインターフェイス 「iida UI」 も搭載する。      au携帯電話の新製品としては、約1620万画素カメラを搭載した 「S007」、12連写に対応した約1219万画素カメラ搭載モデル 「T007」、カシオ端末でおなじみのマスコット 「アトリエペンギン」 を画面デザインに採用した 「CA007」 など6機種を提供する。       このほか、データ通信端末の新製品 「Wi-Fi WALKER DATA06」 「DATA07」、デジタルフォトフレーム 「PHOTO-U2 SP03」 も提供します。  (mycom.co.jp)        もうちょっと待てばよかったな~~ ><   失敗したかな!?         ツイートこの記事をつぶやく
     NTTドコモは16日、2011夏モデルのラインアップとして、24機種の新製品を発表しました。       今回発表したのは、ドコモ スマートフォン9機種、LTEサービス 「Xi」 対応端末2機種、iモードケータイなど13機種。 5月20日より、順次発売します。      ドコモ スマートフォンの新モデルは、3D動画撮影に対応したツインカメラ3Dスマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」、4.3インチディスプレイと1.2GHz高性能デュアルコアCPUを搭載した 「GALAXY S II SC-02C」、おサイフケータイやワンセグに対応した厚さ7.9mmの防水端末 「MEDIAS WP N-06C」、ワイヤレス充電に対応した 「AQUOS PHONE f SH-13C」、世界最高輝度のディスプレイを搭載した軽量モデル 「Optimus bright L-07C」、最新のOSを搭載した 「BlackBerry Bold 9780」 など。               ドコモ携帯      Android搭載端末では全機種でバージョン2.3を採用。 このほか、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信対応機種の拡大やFOMA最速の受信時最大14Mbps対応、音声通話対応スマートフォンへのテザリング対応など機能を拡充している。      Xi対応端末としては、モバイルWi-Fiルーターを2機種発表。 このほか、3D対応液晶を搭載したiモードケータイやOSにWindows 7を搭載した音声端末も提供します。      サービス面では、エリアメール、iチャネル、メロディコールといったiモード向けのサービス・技術をスマートフォンへ対応させたほか、ドコモ独自のスマートフォン用UI 「docomo Palette UI」 を提供。       さらに、iモードケータイ向けのiモーションを50MBに拡大し、様々な種類のコンテンツをまとめてダウンロードできる 「コンテンツパッケージ」 サービスの提供を開始します。 (mycom.co.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
     2010年度の携帯電話・PHSの国内出荷台数は前年度比2.4%増の3219万2千台となり、3年ぶりに増加に転じたことが分かりました。 電子情報技術産業協会がまとめた。 販売方式の変更から減少傾向にあったが、スマートフォン需要などが押し上げました。      10年度の出荷台数は、直近のピークの07年度に比べると約6割となったが、下げ止まった。 通信各社は07年秋から販売制度を変更し、通信料を安くする代わりに携帯端末の店頭価格を引き上げたため、出荷台数は落ち込む傾向だった。 10年度に増えたのは、「iPhone」 の人気で各社が相次いでスマートフォンを投入したことや、PHSの契約数が増えたことなどが理由だという。      また、東日本大震災の影響は、地震発生前に大半の製品出荷が終わっており、「ほとんどない」(同協会)としている。 (asahi.com)         ツイートこの記事をつぶやく
     2010年度のスマートフォン(多機能携帯電話)の国内出荷台数で、アメリカ・グーグルの基本ソフト(OS) 『アンドロイド』 を搭載した機種が、アメリカ・アップルのiOSを使った 『iPhone(アイフォーン)』 を上回まわりました。  調査会社MM総研がまとめた。        これまで iPhone が市場をリードしてきたが、NTTドコモやKDDIが次々とアンドロイド端末を投入。 OS別で見るとアンドロイドが57%で首位となり、iPhone だけの iOS は前年度の72%から38%に下がった。      ただし、メーカー別ではアップルがシェア38%で首位。 携帯大手3社すべてで端末を出したシャープが24%、ソニー・エリクソンが10%でした。        スマートフォンの出荷台数は前年度の3.7倍の855万台となり携帯電話全体の23%を占めました。       全体の出荷台数も前年度比9%増の3764万台でした。  (asahi.com)         ツイートこの記事をつぶやく
     i phone って本体にストラップつけるところがなくて何度か 『 あ″っ 』 ってi phoneを落としたことないですか!?  みなさん。      この前手に入れた au  Android には本体下部にストラップを付けるところがあり既成のストラップだと落下防止にならないものばかりで、ストラップを作る名人のumiに刀の柄のよなカッコイイよくて手か手首にはめられるストラップ作ってくれいない!!! ってお願いしていたら・・・朝にumiから         110425_111532   『社長 ストラップを作ってみました。 たぶんこれでぴったりだと思います』 ってオリジナルスマートフォン用ストラップを作って貰いました。                   110425_102850        スマートフォンにつけてみるとこんな感じです。          umi君 細部に拘ってくれて刀の柄同様に   110425_100413  縁金物風に拘ってくれました。          更に、まるで柄のように真田紐で  110425_100620  結んでくれ中はサメの皮をいかにも使っているかのような質感を出してくれました。            いいね~~~   120点満点だな!!           掌に通して使うと   110425_101753  こんなカンジです。          手首に通せば    110425_101831   こんな感じで使えます。          これで “オッと” とスマートフォンを落とす事故から解放されます。          ┏O)) アザ━━━━━━━ス!  umi!!!        飲みニケーションでは、梅酒飲み放題で飲んでくれ!!!           ツイートこの記事をつぶやく
     アメリアシリコンバレーでスマートフォンを使った交流サイト (SNS) が注目を集めています。 アップルやグーグルのなど有力IT企業の出身者が相次いで新サービスを立ち上げ、アメリカ有力ベンチャーキャピタル (VC) も後押しをします。 現在、SNSではアメリカ・フェイスブックが一人勝ちの様相だが、その “” を巡って 『スマートフォン SNS』 での競争が熱を帯びてきました。        カラ―社 (カルフォルニア州) が3月24日に公開したスマートフォン向けアプリ 『カラー』 を巡り、シリコンバレーで議論百出となりました。 カラーはスマートフォンで撮影した写真を共有するアプリなんですが、”問題” はその機能と同社が集めた資金の規模でした。        カラーで取った写真は、約45メートル以内で同じアプリを起動している全ての人と自動的に共有されます。 パーティーなどで使えば複数のアングルからの写真が楽しめるという仕組みです。      利用時に全地球測位システム (GPS) やスマートフォンのセンサー情報から利用者間の距離を正確に測る技術も開発しました。 距離情報や一緒にいた時間の長さから利用者間の 『親密さ』 を判定、“人脈図” を自動生成します。 ただ、誰とでも写真を共有できるためプライバシー侵害への懸念も生じました。      設立直後の企業としては4100万ドル (約35億円) もの資金を集めたことで 『ITバブル再来』 との議論も呼びました。 同社に出資したセコイア・キャピタル幹部は 『10年に1回か2回登場する、全てを変える企業』 と評価しました。      『写真共有アプリの開発に大金がいるのか』 と、いぶかる声もあるが、ビル・グエン最高経営責任者 (CEO) は 「写真を軸に 『ポスト写真時代』 のSNSをを作るのが目標」 と話します。      カラーだけではない。 グーグル出身のケビン・シストロム氏らが設立したバーブン (カルフォルニア州) は2010年10月に写真共有アプリ 『インスタグラム』 の提供を開始。 ツイッターと同様に利用者が相互に 『フォロー』 出来るのが特徴で、3ヶ月間で100万人の利用者を集めました。      フェイスブックで商品開発者などに従事したデーブ・モーリン氏らが設立したバス社の 『パス』 は写真を共有する相手を最高50人に限定したのが特徴です。 同社はシリコンバレーの最有力VCであるクライナー・パーキンス・コーフィールド&バイヤーズ (KPCB) が出資して、グーグルが1億ドル強で買収を試みたことでも話題になりました。      新サービスが相次ぎ登場する背景には、スマートフォンの急激な普及があります。 アメリカ調査会社IDCによると、2010年10~12月期の世界出荷台数は1億90万台で、9207万だったパソコンを4半期ベースで初めて抜きました。      利用者が5億人を超え、SNSを制した感のあるフェイスブックが生まれたのは2004年2月。 アップルが 『i phone』 でスマートフォン時代の幕を開く3年以上前のため、フェイスブックはパソコンでの利用が基本です。      一方、カラーなどはスマートフォンを前提としている。 スマートフォンは 『常に身につけている機器であり、他人と共有しない』 (カラーのグエンCEO) ため、個人情報を高精度で収集出来ます。 位置情報や人間関係に基づいた広告などビジネスの領域が広がる。      課題はある。 高い精度の個人情報にはプライバー侵害の懸念がつきまといます。 使い勝手の高さを実感してもらうには利用者を一定規模まで増やす ”力業” も必要だ。 ただ、膨大な個人情報を基にフェイスブックがグーグルを脅かす存在になったことを考えると、スマートフォンSNSが新たな台風の眼になる可能性は高そうです。 (日経産業新聞)       ツイートこの記事をつぶやく
     ネットサービス各社が相次いでスマートフォン向けのサービスを拡充しています。 他の企業が開発したゲームなどを取り込みソフトの配信を大幅に増やすもので、今年に入ってDeNA (ディー・エヌ・エー) が開始し、サイバーエージャントも近く始める予定です。  スマートフォンの急増を背景に各社に新たな収益源に育てる考えのようです。      サイバーエージェントは年内に20程度のソフト開発と提携、ブログや仮想空間サービス 『アメーバ』 (会員数約1300万人) の会員同士が交流して楽しめるソフトを開発できる体制を整えます。 自社開発も続けるが、外部のソフトを取り込むことで本数を一挙に増やします。      サイバーエージェントは月内にも自社製のゲーム2本を配信するほか、すでにソフト開発会社と交渉をしています。 さらにパソコンで人気の著名人のブログをスマートフォンで簡単に閲覧できるソフトの配布も始めます。      こうした取り組みで、現在4本のスマートフォン向けのソフトを、年内に100本まで増強します。 これまでは自社開発ソフトのみでした。 サイバーエージェントはアメーバ事業の営業利益を2010年9月期の24億円から、2011年9月期に40億円に伸ばす予定です。      スマートフォン向けのソフト配信では、DeNA やグリーが相次いで外部企業のソフト配信を始めています。 DeNAの場合は、同社の携帯電話向け交流サイト 『モバゲー』 で人気のゲームなど、自社開発の4本に加え、外部のソフト約20本を配信しています。 今後も順次増やしていく予定です。        各社がスマートフォン対応を急ぐ背景には、携帯電話が通常型端末からスマートフォンに置き換わっているためです。        調査会社のMM総研 (東京・港区) によると、2011年度のスマートフォン出荷台数は1545万台となる見通しです。 携帯電話出荷全体の4割を占める見通しです。 このためネットサービス各社の4割を占める見通しです。 このためネットサービス各社は、スマートフォンへの対応が広告や課金収入の拡大のカギを握るとみて、外部の開発会社も巻き込んだサービスの拡充を急いでいます。 今後、開発会社の囲い込みも進みそうです。       ツイートこの記事をつぶやく
     ヨドバシカメラは、NTTドコモの回線を通じて他の通信会社のスマートフォンなどにつかえるようにする専用カードの取り扱いを始めます。      使える通信会社を限定する 『SIMロック』 がかかっていない機種向けで、他の同様のカードと比べ半額程度の割安なサービス料金が特徴です。 今後、SIMロック解除端末が増えることを見越して、家電量販店として早めの取り組みをアピールする狙いもあります。      通信ベンチャーのアールストリーム (大阪市) が提案する通信サービスの契約をヨドバシカメラが代行します。 アールストリームはドコモから携帯回線を借りて独自の通信サービスを展開する仮想移動体通信事業者 (MVNO) で、パケット使いたい放題の価格は約半額。      日本ではこれまで、携帯電話端末と通信サービスはセットで販売されるのが一般的だった。 ただドコモやソフトバンクモバイルがSIMロックの解除に対応すると表明しており、今後は垣根が崩れる見通しです。      ヨドバシカメラは同時に、アールストリームのSIMロックを解除したスマートフォン本体の販売も始めます。 携帯端末と通信会社を自由に組み合わせたい消費者が増えるとみて、SIMロックがない端末や専用カードの品ぞろえを拡大するそうです。       ツイートこの記事をつぶやく
     NTTドコモは4月6日から、アメリカ法人のドコモUSAを通じて、アメリカで日本人向けの携帯電話サービスを始めると発表しました。      アメリカ50州で通話やメールのサービスを提供をし、日本語が使えるスマートフォンも販売します。 通話料も抑え、同様のサービスで先行しているKDDIを追い上げます。      基本料金は月額15ドルからで、購入時に最低100分の無料通話が付きます。 アメリカ国内での通話料は1分13セントから、アメリカから日本にかける場合の通話料は33セントからとなります。 端末はカナダのサーチ・イン・モーション製の 『ブラックベリー』 など3機種をそろえました。       サービス開始当初はニューヨークとロスアンゼルスの2店舗で利用申し込みを受け付けます。 インターネット経由での販売も検討します。      販売や店舗運営では、日本の携帯電話販売大手のアイ・ティー・シーネットワークと兼松コミュニケーションズが協力します。       ツイートこの記事をつぶやく
     大手食品メーカー各社がスマートフォンなどを使う消費者が増えているのに対応した新たな販売促進策を打ち出したいます。      サントリーホールディングスや日清食品が自社商品についての情報をスマートフォン向けに発信し始めたのに続き、ハウス食品は3月2日からスパイスを使ったレシピを使ったレシピを検索できるようにします。 スマートフォン経由で商品をPRして、需要拡大に結びつけてい考えのようです。      ハウス食品は、アップルのスマートフォン 「i phone」 やタブレット端末 「i pad」 を利用している消費者は無料で自分の端末からスパイスを使ったレシピを検索できるアプリ 『スパイスレシピアプリ』 を提供します。    閲覧できるのは、スパイスを使った和洋中の料理のほか、デザートなどを含め計1万種類以上のレシピとなります。 料理名だけでなく、材料名などのキーワードでも検索できます。 作り方を動画で分かりやすく紹介する 『動画deクッキング』 や、スパイスに関する様々な情報を閲覧できる 『スパイス大辞典』 などの機能も備えています。    スパイスは内食需要の高まりなどにより、使い勝手のよいサービスを提供することでさらなる利用促進につなげる狙いです。      日清食品は、昨年末から主力の即席麺 『どん兵衛』 のPRのため、i phone などで利用できるゲームのアプリを展開。      サントリーホールディングスは昨秋から、特定保健用食品の許可を取った 『胡麻麦茶』 の販促策として、採取カロリーの計算などができるアプリをスマートフォン向けに提供しています。       ツイートこの記事をつぶやく
Page 4 of 8« First...«23456»...Last »