ソフトバンクモバイルは29日、下り最大21Mbpsを実現した 『ULTRA SPEED』 に対応したスマートフォン 「ULTRA PHONE」 などの新製品を発表しました。                     ソフトバンク        スマートフォンは合計11機種投入する。        スマートフォンの新製品としては、下り最大21Mbpsの 「ULTRA SPEED」 に対応したモデルを用意。 4.5インチのHD液晶を搭載した「AQUOS PHONE 104SH」、約1,320万画素カメラを搭載した「LUMIX Phone 101P」、1,280×720ドットの4.5インチ HD液晶を搭載した「AQUOS PHONE 102SH」、HONEY BEEブランドのスマートフォン「HONEY BEE 101K」の4機種を発表。        さらに、コンパクトなスライド型スマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID 101SH」、防水、防じん対応の薄型スマートフォン「AQUOS PHONE 103SH」、女性の”美”にフォーカスした「MEDIAS CH 101N」、7色のカラーを用意した「STAR7 009Z」、クラウドストレージ「SyncUP」対応の「DELL Streak Pro 101DL」も用意。 9月28日に発表されたウォルト・ディズニー・ジャパンとの協業で提供するディズニー・モバイル新製品「DM010SH」 「DM011SH」も今回のスマートフォンラインアップに含まれる。        このほか、下り最大76Mbpsの次世代ネットワーク 「SoftBank 4G」 に対応した「ULTRA WiFi 4G 101SI」 も提供。 通常の携帯電話の新製品「PANTONE 4 105SH」、ホームセキュリティ端末「みまもりホーム セキュリティ 101HW」といった端末も提供する。        サービス面では、電波改善の取り組みとして、基地局の増強と公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」をさらに強化。 スマートフォン向けの新サービスとしては、音楽サービス「SoftBank MUSIC BOX」やネットショッピングサービス「ホワイトマーケット」を提供する。   (mycom.co.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
        国内でスマートフォンの普及が進むなか、独自の工夫を凝らした 「格安モデル」 を武器に 「スマホ戦争」 に名乗りを上げるベンチャーが出てきました。        スマートフォンを扱う通信会社は多くの場合、利用者と2年契約を結ぶことで端末料金を割り引いている。                         インターネット網使った『モバイルIPフォン』 

         モバイル

                        写真は「イデオス」        例えばソフトバンクモバイルが販売する米アップルの 「アイフォーン4」 は、16ギガモデルの端末代は月々480円だ。 これに通話料やデータ通信を合わせると、毎月の支払いは安ければ6000円台が目安となる。          これに対して、破格の値段でスマートフォンを提供する事業者がある。 日本通信だ。 自前の通信網を持たず、NTTドコモの3G回線を借りて 「bモバイル」 の名称でデータ通信事業を手掛けている。 2011年1月に発売したスマートフォン 「イデオス(IDEOS)」 は、通話料とデータ通信料を合わせて 「月額3000円」 をうたう。 中国メーカー「華為技術」の製造モデルを採用し、基本ソフト(OS)は米グーグルが開発した 「アンドロイド」 を搭載している。          セールスポイントは通話料の安さだ。 「イデオス」 はインターネットを利用した 「IP電話網」 を使って通話する。 基本料490円で、それ以後は相手が固定、携帯電話を問わず30秒10円と、他社の半額に抑えて差別化を図った。          ただし、通信速度は上り、下りとも最大で300kbps程度にとどまる。 動画コンテンツをスムーズに閲覧するには苦しいスピードだ。 単純に比較はできないが、MMD研究所が2011年9月5日に発表した3G回線スピードの調査結果を見ると、「アイフォーン4」 は東京・新宿駅東口で上り1165kbps、下り2186kbps、KDDIの 「アクオスフォン」 は同地点で上り1819kbps、下り3056kbpsを計測している。 多少の違いはあるが、他の観測地点でも数値は似たり寄ったりで、「イデオス」 より速い。        とはいえ、大手キャリアの半額程度でスマートフォンが使えるのは魅力が大きい。 容量の大きいデータをやり取りしないと割り切るような使い方をすれば、「費用対効果」 は十分望めそうだ。          少々 「風変り」 なのが、イー・モバイルの 「Pocket WiFi S」 だ。 この端末は、ノートパソコンをはじめ無線LANに対応する機器を外に持ち出した際に、アクセスポイントが近くにない場合でも3G回線につないでネットに接続させるための 「ポケットルーター」 なのだが、同時にアンドロイドOSを搭載しているためスマートフォンとしても使えるのだ。        モバイル端末を 「親機」 として、「子機」 であるパソコンや携帯端末などをネット接続させることを 「テザリング」 と呼ぶが、最近はテザリング可能なスマートフォンが増えてきた。 例えばNTTドコモでは、NECカシオ製の 「メディアWP」 や 「エクスペリア・レイ」 (英ソニー・エリクソン製)など複数のテザリング対応モデルを出したが、この機能を使った場合データ通信料が月額1万円を超える料金プランとなるため、通常の 「パケット定額制」 に比べてかなり高額だ。        これに対して 「Pocket WiFi S」 は、テザリング機能を利用しても追加料金はかからない。 2年契約を基本に、データ通信とテザリング、通話を定額にして月額4980円に抑えている。        使い道や料金面でユニークな 「イデオス」 や 「Pocket WiFi S」 は、機能や洗練されたデザイン、「軽さ」 といったハード面で優れた大手各社の最新スマートフォンとは違った角度から、消費者にアピールする。  (j-cast.com)        問題は通信速度ダナ!!  サクサクこないとイライラするからな~~!!        ツイートこの記事をつぶやく
                  スマフォ         スマートフォンをお使いになる皆さんは、より快適な環境で作業したいとお考えになる方も多いのではないでしょうか。        スマートフォンの3G回線の速度調査を全国で実施したところ、auのスマートフォンが一番早いことがわかったそうです。 ビジネスマンの皆さん、これは見逃せない情報かもしれませんよ。        MMD研究所は2011年8月22日~29日にかけて、超高速モバイルデータ通信速度実験調査 第2弾 「スマートフォン3G回線に関する地域別実測比較調査」 を実施。          調査内容は3G回線の接続スピードを実測して比較するというもの。 対象となった主な機種は、au(AQUOS PHONE IS11SH)、docomo (GALAXY S SC-02B)、SoftBank(iPhone4)です。 その結果、首都圏、地方主要都市ともに3G回線スピードではauが首位であることがわかりました。            スマフォ速さ比較        また、今回は高速モバイル通信WiMAX内蔵のスマートフォンである、auの「HTC EVO」で、参考としてWiMAX回線も同時に計測。 すると、3G回線と比較しても圧倒的な速さだったそうです。        ちなみに前回調査を行ったWiMAXスピード調査によると、ワイヤレスブロードバンド企画株式会社 「UQコミュニケーションズ」 のWiMAXが優位なのだそう。        WiMAX回線に接続できるauのスマートフォン 「htc EVO WiMAX ISW11HT」 を、3G回線を調査した同じ地区でも実測比較調査を実施したところ、平均ダウンロードが5,000~6,000kbps、アップロードが1,500~2,000kbpsの速度が計測。 特に関西地区の調査では下りの速度が、14,112kbps(梅田駅)、16,182kbps(なんば周辺)、と同地区の3G回線のスピードと比べると約5倍程度の速度が計測されているそうです。        WiMAX搭載のスマートフォンやテザリング機能を持つスマートフォン端末が、より高性能化することを考えると、今年の秋冬モデルは、さらなるスマートフォンのスピード高速化が予測されます。          今後も3キャリアのスマートフォンスピード勝負に注目ですね!  (youpouch.com)                ツイートこの記事をつぶやく
      ウィンドウズホーン        想像以上にサクサク&ヌルヌルと動作し、「人とのつながり」 が強化される新機能People Hubが絶賛されているスマートフォン 『Windows Phone IS12T』。        まずは、おさえておくべき基本のスペックだが、    大きさ:約59×118×10.6ミリ    重さ:約113g    画面サイズ:約3.7インチ    連続通話時間:約400分(日本国内使用時)    連続待受時間:約280時間 (日本国内使用時)    カメラ:1320万画素(フォト機能では13倍ズームあり、ムービー機能では)    ズーム:静止画モードでは13倍、動画モードでは4倍    無線LAN:Wi-Fi規格(IEEE802.11b/g/n)    ほか、GPS搭載、FMラジオ搭載など        といった具合。 大きすぎず小さすぎず、iPhoneなどのスマホユーザーならば違和感なく使用できる、ちょうどよい大きさだ。        しかし、なんといってもウレシイのは、水の中に約30分間沈めていても全然オッケーという、心強い 「防水・防塵」 機能である。 お風呂でスマホをいじくる人は意外と多いと思われるが、もうジップロックともオサラバだ。          ・カメラ機能がいろいろヤバい!    カメラ機能もなかなかスゴイ。 シャッター半押しでピントをあわせ、深押しするとカシャッと撮影。 「スマートフォンのカメラ機能」 というよりも、最新のコンパクトデジカメで撮影しているような感覚である。 1320万画素も伊達じゃない。      撮影した画像は、「pictures」 という名のフォルダ的な場所から確認できるが、このpicturesにも 「人とのつながり」 を大事にするハブ的要素が搭載されている。        それはFacebookに投稿された画像が 「新着情報」 として次々と表示されるという機能である。 とにかく 「写真を見たい」 と思った時にpicturesを開けば、自分の写真も、そしてFacebookで自分とつながっている 「人」 の写真も、一括で確認できるのである。            ・人の顔も覚えてしまうスマートフォン    また、来場者を驚かせたのが、本体で人物写真を撮ると、写真に写っている人物の顔を認識し、自動的に顔の上に「タグ」が付くという凄まじく未来的な機能。      例えば、佐藤さん(仮名)の写真を撮影したら、佐藤さんの顔の上に空欄のボックスが出る。 佐藤さんの情報(連絡先)が本体に登録されていたら、顔写真上のボックスに佐藤さんの情報を登録。        本体は佐藤さんの顔と佐藤さんの情報を自動的に関連付け、次に佐藤さんの写真を撮ったら、自動的に佐藤さんの顔写真の上に 「佐藤」 と表示されるのである。 ひとことで言えば、携帯電話が佐藤さんの顔を覚えているということだ!             ・ブラウザも安心、広々とした画面でページを確認できる。      そんな多機能すぎるスマートフォン 『Windows Phone IS12T』 だが、一般的なスマートフォンのユーザーが最も使う機能といえば、ずばりwebページを確認するための 「ブラウザ」 機能ではないだろうか。        携帯サイトなんて論外で、スマートフォンに最適化されたページも許せなくはないが、手のひらにあるスマートフォンで 「パソコンと同じwebページ」 を見る!というのはスマホにおいて重要なことである。        特にスマホを使うようになってから、めっきりパソコンを立ち上げる機会が減ったという層。 例えば子育てに忙しいママたちの中には、「パソコンやるヒマなんて皆無! でもスマホ使ってPCサイトから通販してます」 なんて人も多い。        とにかく、できるかぎり、スマホでPCと同じ事をしたいのだ。 使い慣れたブラウザで、PCと同じ事をしたいのだ! で、『Windows Phone IS12T』 のブラウザだが、パソコンを使ったことのある人なら100%の確率で使ったことのある定番ブラウザ 「Internet Explorer」 である。 安心だ。        使用してみた感想は、想像以上の高速描写と、たくさんの情報を一度に把握できる広い画面。 拡大縮小もバッチリで、PC感覚で使用することができる。        PC感覚といえば、ワードやエクセル、そしてパワポ(Power Point)などのOfficeデータも観覧できるので、まさに小さいWindowsマシンが手元にあるといった感覚の 『Windows Phone IS12T』。 ビジネスシーンでは大いに活躍してくれそうだ。 (rocketnews24.com)        最近、docomoのガラケーが調子悪くてメールを打っていると文章の途中でも送信画面に映ってしまったり、iモードのbookmarkのサイトに決定キーを押しても表示しなかったり、かなりストレス溜まっているんです。  携帯って2年半くらい使うと壊れるように作られているらしい!?          この 「Windows Phone IS12T」 ってKDDI(au)なんだよな~~ この前アンドロイドのスマートフォンに替えたばかりなんだよな~!!   機種変か??       ツイートこの記事をつぶやく
               ヤフーフォン          YAHOO Japanが自社ブランドのAndroidスマートフォン 「YAHOO Phone(ヤフーフォン)」 を9月下旬よりソフトバンクモバイルを通じて発売するそうです。          画像も公開されていることから、近々正式発表されると思われます。 YAHOO Phoneのベースは既に発表済みのAndroidスマートフォン 「AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH」 で、009SHの限定モデルとして発売されるそうです。          具体的には、YAHOO検索やロコ地図、YAHOO!ニュースアプリなどのYAHOO Japanアプリ13種がプリインストール。 また、スマートフォン初心者向けのカスタマイズも施されているそうです。 YAHOO Phoneの購入者はYAHOOのプレミアム会員2年間分無料になるほか、YAHOOショッピングを通じて商品を購入する際に付与されるポイントが増えるといった特典もあるそうです。          YAHOO Japannはこの 「YAHOO Phone」 をシリーズ化すると伝えられています。 各商戦ごとに異なるYAHOO Phoneが投入されるかもしれません。  (getnews.jp)           ツイートこの記事をつぶやく
     マーケティングリサーチおよびコンサルティング等を行うプラニディアは11日、ROA Holdingsによる調査レポート 『国内スマートフォンセキュリティ市場の展望』  の販売を開始しました。          スマートフォンの普及が加速した2010年から、世界各国ではすでにセキュリティの脅威が出始めており、2010年はそれが犯罪となって被害を及ぼす可能性が高まっているという。         同レポートでは、まず法人契約によるスマートフォンへのセキュリティソフトのニーズが造成され、2012年に採用が本格化して1,136万人のユーザーがソフトを使用すると予測。 2014年には、2,000万人以上が使用すると見込んでいる。                    スマートフォンセキュリティ          レポートでは、セキュリティ専門企業アンラボが選定した 「2011年セキュリティ脅威要素」 を紹介し、アンラボのセキュリティ専門家とROAの協力によりイシューごとにスマートフォンのセキュリティ脅威を評価。 また、セキュリティ関連専門家とのインタビューによって抽出した 「スマートフォンセキュリティ技術の開発課題」 や、マーケティング視点による 「主要企業動向の分析」 なども掲載している。  (mycom.co.jp)              ツイートこの記事をつぶやく
      スマートフォン          年々形を変え、進化を遂げてきたスマートフォン。 そして今回、さらに私たちの常識を超えるスマートフォンのデザインコンセプトが発表され、話題を呼んでいる。        その驚愕のスマートフォンとは、紙のように薄く、そしてグネグネ曲げられる超薄型スマートフォン。 これを発表したのはデザイナーのユ・ヘヨンさんで、サムスンの 「Galaxy Flexi Skin Android Smartphone」 として今回のスマートフォンをデザインした。        このスマートフォンは上部と下部が硬い部品でできており、中間の部分がとても柔らかくなっている。 このおかげで、自由に折り曲げることができ、映画を映し出すプロジェクターや音楽を流すスピーカーに変形させることができる。        まさに未来のスマートフォンのあり方を描いた今回の超薄型スマートフォン。 こういった技術が進んでいけば、スマートフォンが小型化されていく一方で、その存在感はますます大きくなっていくことだろう。   (rocketnews24.com)          すると、こんな使い方       使い方1        や、       使い方2          こんな、       使い方3        ことも、       使い方4        可能で、更に       使い方5        こんな使い方もできる。        スマートフォンが腕時計に       使い方6        変身してしまいます。          サムスン恐るべし((。・д・)oダナ!!           ツイートこの記事をつぶやく
     宅配ピザチェーンのドミノ・ピザは、スマートフォン専用のオーダーサイト「スマートフォン ドミノオンライン本店」を2011年6月13日にリリースしました。  対象機種は、iPhone(iOS4以降)とAndroid(OS2.2以降)。                   ドミノスマフォ        PCオーダーサイト 「ドミノオンライン本店」 と同様にクーポンの利用やピザのカスタマイズといったサービスを利用でき、またGPS機能を活用することで、公園などの住所が分からない屋外などでのオーダーも可能です。 また、スマートフォンでの使いやすさを追求し、日本で初めて位置情報を共有できる 「foursquare(フォースクエア)」 のチェックインボタンを設置したほか、クレジットカードでの決済も採用しました。          なお、すでにリリースしているスマートフォンアプリ 「Domino’s App」 はシンプルなオーダー向きで、同サイトはこだわりのオーダーができるとして、すみ分けをしているという。 (j-cast.com)         ツイートこの記事をつぶやく
     ローソンとYahoo! JAPANが2011年6月9日、スマートフォン事業での提携を発表しました。 ショッピングモールを新設し、専用アプリを共同開発してサービスを行うなど、売り上げ増に向けて大きく動いた。 大手企業が続々参入するスマートフォンビジネス、果たしてどこまで拡大するのか。    
「ネット通販は今後、スマートフォンがPCを超えて、主流になる可能性は十分ある。 PCはデスクの前に座って使わなくてはならないが、スマートフォンなら移動中でも利用できる。スマートフォンの方が、利用者も接触時間も多くなるだろう」    
   記者会見でYahoo! JAPANの井上雅博社長は、こう話した。 今回の提携で、ヤフーのネットサービスと、ローソンのリアル店舗とが連携。 具体的には、ヤフーショッピングで扱う商品がローソン店頭でも買えるようになる。 また、現在地だけでなく行きたい場所を検索すると、周辺情報を表示する位置情報サービス 「Yahoo!ロコ」 により、ローソンの店舗やセール情報などを表示する機能をもたせる。        そして、ローソンが運営するECモール 「Loppi(ロッピー)」 で、8月からヤフーショッピングに出店している商品も購入できるようになり、12月までにスマートフォン向けアプリを公開。 また、ヤフーIDをベースとする履歴(閲覧、検索、商品購入など)と、ローソンのポイントサービス 「Ponta」 会員の購買履歴を活用し、会員の了承を得たうえでキャンペーン案内などの情報を提供していく。        ヤフーの井上社長は 「今回の提携で主に使いたいのは、スマートフォン、スマートパッドの位置情報。 とりわけ地域情報に着目している」。 これまでは全国規模の情報がインターネットの主流だったが、今後はより身近な生活圏の情報が活用されていくだろう、と説明。 インターネット上にこうした情報を載せれば、より生活が便利になるのでは、と期待を込めた。        ローソンの新浪剛史社長も 「(提携で)いろいろなデータが得られることを期待している。 どんな商品を作ればいいか、ポスデータだけでなく、お客さまの声を取り入れたり、データを分析したりしながら新商品を開発したい」 と語り、今後は、ヤフーと手を組むことでEコマースにも力を入れていきたい考えだ。          すでに、スマートフォンを積極的にビジネス活用する動きは出はじめており、その幅は広がるばかりだ。        エイチ・アイ・エスは6月8日、PCやモバイルからの予約数が増加していたことから、海外ホテル予約のスマートフォン専門サイト 「H.I.S VACATION」 をオープンした。 海外ホテルの検索と予約、世界164都市のツアーの申し込み、レンタカーの空車状況の確認などが、スマートフォンの画面をタップするだけで簡単だ。        楽天トラベルも6月末から順次、国内航空券と宿泊を組み合わせたパッケージ商品 「JAL楽パック」 と 「ANA楽パック」 の購入が、iPhone/androidスマートフォンでできるようになる。 PCサイトの画面表示、インタフェースで閲覧ができ、全商品の閲覧と検索、予約が可能だ。 PCで予約した内容をスマートフォンで確認、取り消しもできる。        さらに、トヨタ自動車も5月23日、クラウドサービスを手がける米セールスフォース・ドットコムと提携し、クルマ向けSNS 「トヨタフレンド」 を構築すると発表。 2012年に発売の電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)に搭載を予定している。 電池残量が減ったときに充電を促す情報を、利用者のスマートフォンやタブレットPCなどへ発信する使い方もできるという。  (j-cast.com)          ツイートこの記事をつぶやく
       インターネット検索最大手のアメリカ・グーグルは、同社の基本ソフト 『アンドロイド』 を搭載したスマートフォンを使った決済サービスを今夏からアメリカで開始すると発表しました。      対応端末を専用の読み取り機にかざすと、商品やサービスの代金を支払えます。 『おサイフケータイ』 の普及は日本が先行しているが、基本ソフト別スマートフォンシェアで首位のグーグルの参入でアメリカでも利用が広がりそうです。      新サービス 『グーグル・ウォレット』 は、アメリカ銀行大手シティバンク、アメリカクレジットカード大手マスターカード、アメリカ決済サービス大手ファースト・データ、アメリカ通信大手スプリント・ネクステルと共同開発しました。      まずニューヨークとサンフランシスコでサービスを始め、段階的に全米に広げます。 海外展開は 「まず欧州、次にアジアの順番で考えている」 (グーグルのコマース・決済担当、ステファニー・ティレニウス副社長) と述べたが、具体的な時期は明らかにしなかった。      サービス開始時点で利用可能なスマートフォンは、携帯決済の国際規格 『NFC』 に対応した接触ICチップを搭載したグーグルの 「ナクサスS   4G」 (韓国サムスン電子製) のみ。 一方、利用可能な店舗はアメリカ百貨店大手メーシーズやアメリカ玩具小売チェーン大手トイザラス、アメリカ・サンドイッチチェーン大手サブウェイなど約15社で、グーグルが先月試験サービスを始めたクーポン配信サービス 『グーグル・オファーズ』 にも対応します。      グーグルのティレニウス副社長は 「グーグル・ウォレットはオープンなシステムであり、他の銀行や携帯電話会社、端末メーカー、小売業者なども参加したもらいたい」 と呼びかけました。 ただ、対応端末などの選択肢が広がるには、ある程度時間がかかりそうです。       ツイートこの記事をつぶやく
Page 3 of 8«12345»...Last »