2台持ち        スマートフォン利用者のうち従来の携帯電話との併用、いわゆる 「2台持ち」 をしている人は減り続けており、2013年時点では1割強にとどまる。 こんな調査結果をライフメディアがまとめた。        この調査は2010年4月、2011年4月、2012年3月、2013年3月にそれぞれ実施したもの。 各回1200―1900人の回答を集めている。 まずスマートフォン利用率は2010年が22.9%、2011年が17.5%、2012年が28.1%、2013年が42.8%と増加傾向にある。        スマートフォン利用者のうち従来の携帯電話と併用している人は2010年時点では50%を占めていたが、2011年には39.9%、2012年には19.5%、2013年には13.5%と一貫して減少を続けている(グラフ参照)。        スマートフォンの普及が進むにつれ、2台の端末に機能を分担させるのではなく、1台だけですべて済ませる利用形態が一般化しつつあることがうかがえる。        また実際に使っている端末を尋ねたところ、iPhoneの所有率は2010年時点の7.3%から2013年には14.6%に拡大している。 Android機は同1.6%から28%といっそう急激な伸びだ。        スマートフォンを使っていない人に今後購入したい端末を聞くと、年ごとに異なり2010年はiPhone、2011年はAndroidが高い人気で、2012年以降は再びiPhoneが優勢になっている。        これに加えスマートフォン利用者に購入理由を聞くと、4年間を通して 「PCのWebサイトを閲覧したかったから」 が多く、6割前後がそう答えた。 一方スマートフォンを使わない人の理由は 「従来の携帯電話で満足している」 がトップで7割前後だった。(bizmash.jp)                         ツイートこの記事をつぶやく
       ライフメディアのリサーチバンクは2013年1月16日、タブレット機に関する調査結果を発表した。 それによると調査対象母集団においては、タブレット機の保有比率は13.2%であることが分かった。 そして非保有者のうち54.3%は購入・利用したいとは思わないと回答している。 その人たちに理由を尋ねたところ、もっとも多かったのは 「パソコンがあれば良い」、次いで 「自分に必要とは思わない」 が続く結果となった。     今調査対象母集団においては、タブレット機の保有率は13.2%。そして非保有者(「持っていない」との回答者)のうち、具体的に購入を検討している人は4.0%・現時点で具体的計画は無いが、今後欲しいと考えている人は41.7%との結果が出ている。       ↑ 現在タブレット端末を保有しているか(再録)   ↑ 現在タブレット端末を保有しているか(再録)       ↑ 今後、タブレット機を購入・利用したいか(「タブレット機非保有」回答者限定)(再録)   ↑ 今後、タブレット機を購入・利用したいか(「タブレット機非保有」回答者限定)(再録)      それでは 「現在タブレット機を持っていない」 人のうち 「今後購入・利用したいとは思わない」 人は、いかなる理由でタブレット機が要らないと判断しているのだろうか。 複数回答で聞いた結果では、最も多くの人が挙げた理由は 「パソコンがあれば良い」 とするものだった。 同意率は74.0%、ほぼ3/4に達する。     ↑ なぜタブレット機を購入・利用したいと思わないのか(「今後タブレット機を購入・利用したいと思わない」人限定、複数回答)    ↑ なぜタブレット機を購入・利用したいと思わないのか(「今後タブレット機を購入・利用したいと思わない」人限定、複数回答)      タブレット機はスマートフォン以上に大きな画像と高い仕様を持ち、ノートパソコンに近い性能を有する。 機動力はノートパソコンよりも高く、ちょうどノートパソコンとスマートフォンの中間的な立ち位置にあると考えて良い。 「スマートフォン以上の事がノートパソコンより気軽に、持ち運べる環境で利用できる」 という次第だが、「スマートフォンなり携帯電話以上の機能が必要なら、パソコンがあれば十分」 「わざわざ高機能のパソコンより性能面で劣る環境を使う必要はない」 「機動力の高さはスマートフォンで充足している」 などの思惑があるのだろう。      第2位項目の 「自分に必要とは思わない」 も似たような理由。 タブレット機ならではの便宜性、必要性が回答者自身には見つけられない、該当しないのなら、わざわざ手にする必要はないということだ(「便利」だと言われても、それを使う場が無ければ、言葉通り「宝の持ち腐れ」となる)。 その観点では第3位もほぼ同じ。      第4位の 「価格が高い」 は、多分にスマートフォンなどと価格的に比較してしまっているようだ。 iPadやiPad miniなどはそれなりの価格がするが、それは性能相応のもの。 また昨今では昨年末に【アマゾン、日本向けKindle各種の予約受付開始】で伝えたアマゾンのKindleシリーズをはじめ、Android OS系のタブレット機の多くで、安価なものが展開されている。 あるいはタブレット機の効用・利便性にさほど魅力を覚えず、単純な値段では無く 「費用対効果の観点で」 高いと考えているのかもしれない。      ちなみに男女別々に集計をすると、技術的な面では男性が高い回答率を示している。     ↑ なぜタブレット機を購入・利用したいと思わないのか(「今後タブレット機を購入・利用したいと思わない」人限定、複数回答)(男女別)    ↑ なぜタブレット機を購入・利用したいと思わないのか(「今後タブレット機を購入・利用したいと思わない」人限定、複数回答)(男女別)    他方、「スマートフォンがあればよい」 「価格が高い」 「自分に必要とは思わない」 の3点では女性が男性よりも高い値を示している。 自分の利用の限りではスマートフォンで十分、という女性が多いのだろう。 (garbagenews.net)                           ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカの調査機関は2012年8月2日、携帯電話利用上のトラブルに関する報告書【Mobile Phone Problems】を公開した。 同社の報告書としては比較的短い文面ではあるが、そこからは携帯電話の保有者が抱える苦悩は日本もアメリカもさほど変わりがないことがうかがえる。           今回はその中から 「代表的な携帯電話上のトラブルの、スマートフォンとその他携帯電話における遭遇頻度の違い」 について見ていくことにする。          今調査は2012年3月15日から4月3日にかけて、アメリカ合衆国在住の18歳以上の男女に対して、RDD方式によって選択された電話番号を使った電話による通話インタビューで行われたもので、使用言語は英語とスペイン語。 回答者数は2254人で、そのうち固定電話利用者は1351人、携帯電話は903人(うち410人は固定電話非保有)。 インターネット利用者は1803人。 各値は国勢調査の結果に基づきウェイトバックが行われている。      先に別記事で記した通り、毎日一回以上のペースで区切ると、通話断線を実感している人は1割強に及ぶ。 不必要な営業電話を受けている人も9%、スパム受信も8%、週数回程度まで広げると2~3割もの人が 「トラブル経験者」 という計算になる。         ↑ 携帯電話利用上のトラブル(個々の条件で発生しうる状況にある人限定、米、2012年3-4月)   ↑ 携帯電話利用上のトラブル(個々の条件で発生しうる状況にある人限定、米、2012年3-4月)(再録)        見方を変えれば2~3割の人が各項目で 「そのようなトラブル経験は一度もない」 と答えており、それはそれで喜ばしい話でもある。      さてこの 「トラブル遭遇率」 だが、昨今急成長中のスマートフォンと、それ以外の携帯電話(一般携帯電話、いわゆるフィーチャーフォンなど)とで区分した場合、スマートフォン所有者の方が多数のトラブル経験を持っていることが分かった。       ↑ 携帯電話利用上のトラブル(個々の条件で発生しうる状況にある人限定、米、2012年3-4月)(週一以上で起きている人の割合)   ↑ 携帯電話利用上のトラブル(個々の条件で発生しうる状況にある人限定、米、2012年3-4月)(週一以上で起きている人の割合)        今件についてリリースでは単に 「Smartphone owners reported higher incidence levels of these problems, compared with other cell owners」、つまり 「スマートフォン保有者はその他の携帯電話保有者と比べてトラブル発生率が高い」 とだけ言及しており、その理由には一切触れていない。        最後の項目 「データダウンロードの遅さを実感」 は、利用するアプリやブラウザアクセスにおけるデータ通信量の多さを考慮すると、仕方ない面がある(実際、他の項目と比べて 「その他携帯」 との差異が大きい)。 その他3項目は 「スマートフォンの方がトラブル率が高くなる理由」 の想定が難しく、首をかしげることになる(感情的、雰囲気的な問題では無く、具体的な 「あるなし」 の回答なので、「スマートフォン利用者の方が迷惑営業電話に敏感」という仮説も成り立たない)。      あるいはスマートフォン所有者のメールアドレスをはじめとした各種情報は、一般携帯電話のそれと比べ、「端末の稼働率が高い」 「消費性向が高い」 「新しいものに目ざとい」 との条件に合致しやすいことから、「価値が高い」 「コストパフォーマンスが良い」 として業者に認識され、優先順位が上げられているのかもしれない。(garbagenews.net)        そうそう!!  確かに端末は高い! スパムメールが山ほど来るな!!                      ツイートこの記事をつぶやく
            ドコモ人気ランキング        NTTドコモは、5月16日に発表した2012年夏モデルについて、ユーザーが選んだ “ほしいランキング” を 『Facebook』 ページで発表しました。         ドコモのウェブサイトで製品ページから 「ほしい」 ボタンをクリックすると 『Facebook』 アカウントで投票できるもので、ちょっと意外な結果になっています。       ギャラクシー        ドコモのウェブサイト上の各製品ページで、「ほしい」 ボタンをクリックすると、『Facebook』 上で製品がシェアされる仕組み。 シェアされた数を集計してランキングが発表されます。 結果は次のとおり。        1位 : 『L-06D JOJO』    5.0インチディスプレーを搭載するLG電子の 『Optimus Vu L-06D』 が人気漫画 『ジョジョの奇妙な冒険』 とコラボした 『L-06D JOJO』 が1位を獲得しました。 発表記事では 「ジョジョファンの熱い思いが1位に繋がったようです!」 とあり、ドコモもこのコラボ人気に手ごたえを感じている様子。        2位 : 『らくらくスマートフォン』    2位は、『らくらくホン』 のスマートフォン版である 『らくらくスマートフォン』。 簡単に使えることをコンセプトに、月額2980円の専用料金プランも発表された製品です。        3位 : 『GALAXY S III SC-06D』    3位は、夏モデル本命と見られた 『GALAXY S III SC-06D』。 ガジェット通信でも “iPhoneキラー” の側面にフォーカスしてレビュー記事をお届けしました。        “iPhoneキラー”最有力? 『GALAXY S III SC-06D』 を触ってみた http://getnews.jp/archives/221611[リンク]        以下、10位までは次のような結果となっています。    4位 : 『Xperia SX SO-05D』    5位 : 『ARROWS X F-10D』    6位 : 『Xperia GX SO-04D』    7位 : 『MEDIAS X N-07D』    8位 : 『Optimus it L-05D』    9位 : 『Optimus Vu L-06D』    10位 : 『REGZA Phone T-02D』        『Facebook』 アカウントを持っているユーザーの傾向が表れたのか、いずれも発売前ということで個性の強い製品が注目を集めたのか、5月16日から20日までの集計では上記のような結果になっています。 「ほしい」 ボタンは現在も有効になっているので、第2回の結果発表もあるのかもしれません。 詳しくはドコモの 『Facebook』 ページをチェックしてみてください。 (getnews.jp)      NTTドコモ『Facebook』ページ  https://www.facebook.com/docomo.official                    ツイートこの記事をつぶやく
       リサーチバンクは2012年4月11日、スマートフォンに関する調査結果を発表した。 それによると調査母体のうち7割強は現時点でスマートフォンを所有しておらず、そのうち半数近くは 「今後もスマートフォンを使いたいとは思わない」 と考えていることが分かった。 その理由の最上位には7割近くの意見として 「普通の携帯電話で十分」 が挙げられていた。 次いで 「パソコン(PC)のような機能は携帯電話には不要」 「本体が高い」 などが続いている。        今調査は2012年3月31日から4月5日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1407人。 男女比は730対677、世代構成は10代から60代でほぼ均等割り当て。      今調査母体では3割近い人がスマートフォンを持ち、7割強が現時点ではスマートフォン非保有者という結果が出ている。 そしてその 「現時点でスマートフォン非保有者」 の半数近くは 「今後もスマートフォンを購入・利用したいとは思わない」 と答えている。       スマホ       スマホ1        それではこの 「現在スマートフォンを保有しておらず、今後も持とうとは思わない(携帯電話の普及状況を考えれば「一般携帯電話(いわゆるフィーチャーフォン)を利用し続ける」)」 人達は、なぜスマートフォンという選択肢を選ばないのだろうか。 その理由を尋ねた結果が次のグラフ。       スマホ2        最多回答項目は 「普通の携帯(フィーチャーフォン)で満足」 というもの。 全体で7割近く、女性に限れば7割を超えている。 一般の携帯電話もスマートフォンも極論としては 「道具」 でしかなく、その道具を使う人間が求めていないものまで、無理して持つ必要は無いという話。 もちろん実際に手にして使いこなすことで、初めて知れる利点も少なくないが(「食べず嫌い」とも表現できる)。        トップの回答項目と似たような主旨なのが、第二位の 「パソコンのような機能は携帯電話には不要」。 多くのスマートフォン関連の調査結果で、スマートフォンの利用目的・利点の上位には 「パソコンのウェブサイトが、携帯できる端末で閲覧可能となる」 が挙げられているが (【スマートフォン、買った理由は「PCサイトを見たい」「色んなアプリを使いたい」。では利用しない理由は……!?】。 今調査でもしかり)、その機能の必要性は人の立場によって異なる。 非常に重要な人もいれば、ほとんど不必要な人もいる。      以下 「本体が高い」 「バッテリーの持ちが悪い」 「アプリを使いたいとは思わない」 「本体が大きい」 などが続くが、いずれも回答率としては少数派。 大勢はやはり 「スマートフォンの必要性を感じない」 「本体価格が高い」 の二つに集約される。      スマートフォンは使いこなせれば便利には違いないが、その便利さで受けられる恩恵の度合いは人それぞれ。 同時に甘受しなければならないデメリット (例えばタッチパネルの利用が不得手という人もいる。 【タッチパネル製品保有の世帯は8割強、携帯ゲーム機5割・カーナビ1/3】などを参考) と天秤にかけ、一人ひとりが判断すれば良い。 自分が 「便利だ」 と思った事が、万人にとっても「便利」というわけでは無い。 現在携帯電話を持っている人全員が、スマートフォンに買い替える必要性も、あろうはずが無い。      7割を占める 「普通の携帯で満足」 という回答からは、そのような声が聴こえる気がする。 (garbagenews.net)         ツイートこの記事をつぶやく
                パケットプラン        「ケータイがないと死んじゃう!」 という人や、「ケータイを家に忘れた~今日は会社(学校)を休みます!」 という人や、「ケータイでゲームしまくって毎日が楽しい!」 という人、あなたのまわりにもいませんか?        そんな人たちの大半は 「パケット定額プラン」 に入っていると思います。 そうしないとケータイ料金で破産しちゃいますからね。 でも、「パケット使い放題プラン」 にも種類があって、人によっては損をしているケースもあるんです。        違う言い方をすれば、「もっと得をするのにもったいない!」 という人が多くいるんです。 一例として、ドコモの 「パケット使い放題プラン」 で説明しましよう。 ドコモの 「パケット使い放題プラン」 は複数ありますが、以下のふたつで説明します。          <ドコモのパケット定額プラン>      パケホーダイ フラット: 使っても使わなくても定額料5460円。      パケホーダイ ダブル2: あまり使わない月は定額料2100円 / どんなに使っても定額料4410~5985円。          「毎月まんべんなく使う人」 はパケホーダイフラット、「あまり使わない月もある人」 はパケホーダイダブル2の方がいいということになります。 パケホーダイダブル2は使わなかった月は安くなりますが、使いまくると5985円になるので、パケホーダイフラットより約500円ほど高額になります。        重ねていいますが、最初からガンガン使う人はパケホーダイフラットの方が良く、パケット通信料が上限に達することが少ない人はパケホーダイダブル2の方がいいということになります(ほかにも使い放題プランがあるので確かめてみましょう)。 料金プランやオプションプランはケータイやパソコンから変更でき、以下の手順ですることができます。          ・ドコモケータイから契約変更をする方法      1.  スマホ内の「dメニュー」もしくは「ドコモマーケット」アプリを起動      2.  起動後画面の下の方にある「お客様サポート」をタップ      3.  お客様サポート画面の下の方にある「各種お申込・お手続き」をタップ      4.  利用規約に同意し、ネットワーク暗証番号(新規契約時に決めた4桁の暗証番号)を入力        現在、ケータイやパソコンから料金プランやオプションの変更を申し込むと、抽選で1000ポイントのドコモポイントが手に入るキャンペーンをやっているそうです。 自分の料金プランを見直してオトクな通信料金にしつつ、ポイントもゲットできたら最高ですね。(youpouch.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      メルセデススマホと連携        ドイツ・ダイムラーは、次期メルセデス・ベンツAクラスに、スマートフォンとの連携機能を採用すると発表しました。        スマートフォンとの連携は、いわゆるデジタル世代に向けた、クルマの商品価値向上に向けたアプローチの一環で、スマートフォンを通じて車内でインターネットラジオを楽しんだり、交通情報を入手したりできるようにするなど、エンターテイメント性や安全性の向上に繋がる情報提供を行い、新しいライフスタイルを提案する。        スマートフォンとの連携はアップルのiPhoneから進めていく計画で、iPhone用アプリの開発もメルセデス自身が参画して行っていく。 (asahi.com)          今やスマホがカーナビの役目をになっているからね!!  当然と言えば当然の成り行きだね!         ツイートこの記事をつぶやく
         SAMSUNG/        韓国科学技術院(KAIST)は、スマートフォン(多機能携帯電話)などに使われるタッチスクリーンの技術を活用することで、生体分子の検出が可能になるとの研究結果をドイツの科学誌 「アンゲバンテ・ケミー」 に発表した。        研究主導者の1人、パク・ヒョンギュ氏は、「タッチスクリーンが指先から電荷を感知する、という点からアイデアを得た」 とし、同じく電荷を持つプロテインやDNAなどの生体分子も検出できるはずだと述べた。        パク氏はロイター・テレビに対し、「流通している医療機器と同様に、(タッチスクリーンが)ほぼ100%の正確性でDNA分子に反応を示すことが実験で確認できた」 とコメント。 将来的な医療検査でのスクリーン活用に向け、第一歩を示すことができたと指摘した。        研究チームは現在、特定の生体分子に反応するフィルムを開発中で、タッチスクリーンが他の生体分子も検出できるようになる可能性があるとしている。        ただ、今回の研究はあくまでも医療検査におけるスクリーン活用に向けた第一歩で、実用化に向けた計画などは未定だという。 (reuters.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       何気なく女性に擦り寄り、周囲に気付かれることもなくスカート内などを盗撮し、立ち去る。 そんな犯罪が急増している。      12月14日の午後8時半過ぎ、東急田園都市線二子玉川駅と溝の口駅との間で、走行中の電車内で立っていた乗客の一人が目の前に座っていた女性(32)の脚をデジタルカメラで盗撮。 それに気付いた周囲の乗客が、この男を取り押さえた。        現行犯逮捕されたのは、横浜市に住む医師、H容疑者(49)。      「Hは勤務を終え、大井町線旗の台駅から乗車、二子玉川で田園都市線に乗り換えた。 溝の口駅で南武線の乗り換え客が乗ってきて混雑しすぎるため、その前の区間で趣味の “撮影” に及んだとみられます。 このとき、周囲の乗客はH容疑者の不自然な行動に気付きはしたものの、デジカメのシャッター音を聞いていない。 このため警察は、使われたデジカメが改造されていなかったか、綿密に調べています」(社会部記者)      捜査員が “撮影音” に敏感なのは、昨今のスマートフォンの普及で、シャッター音を消すソフトを使った盗撮が急速に増加しているからだ。 同じ14日の午後1時20分頃には、相鉄線の車内で座っていた女子高生のスカート内を狙って盗撮したとして、大学生(22)が現行犯逮捕されているが、この大学生が盗撮に使ったのがスマートフォンで、撮影音を小さくする “微音” 機能を使っていたという。 また11月には、同じくスマホを使い、なんとNTTドコモの社員(35)が埼玉高速鉄道鳩ヶ谷駅のエスカレーターで専門学校生(20)のスカート内を盗撮し逮捕されている。      「昨年、盗撮は全国で摘発されたものだけで、5年前に比べると1.6倍の1741件。 しかも、その3割はスマートフォンによるものと見られている。 最近のソフトは、消音の上に撮影画面を出さず撮影できるものまである。 これはもう盗撮用としかいえない代物で、何とか対策を考えなければなりません」(警察庁関係者)      本来、寝ている赤ん坊やペットを撮影するには便利な消音ソフト。 使い手によっては厄介なツールだ。  (wjn.jp) ツイートこの記事をつぶやく
        SAMSUNG-SALES        韓国のサムスン電子は6日、2011年第4・四半期の営業利益が前年比73%増加し、過去最高に達するとの見通しを示した。      スマートフォンの爆発的な売れ行きが寄与するとしている。        同社は第3・四半期に米アップルを抜いて世界最大のスマートフォンメーカーに躍進。 宏達国際電子(HTC)、ノキア、リサーチ・イン・モーションなど他のメーカーが苦戦する中、優れたデザインや性能で、スマートフォン部門は同社の稼ぎ頭となっている。        第4・四半期のスマートフォン出荷台数は3500万台に達し、第3・四半期に比べ約4分の1増加して過去最高に達する見込み。        最も強気の見方を示しているBNPパリバなどによると、2012年のスマートフォン販売台数は1億7000万台に達する可能性がある。2011年は9500万台と推定されている。        同社の 「ギャラクシーノート」 最新モデルは、年末商戦で欧州やアジア市場で好調な売れ行きを見せ、今後予定されている米国での販売に対する期待も高まっている。        サムスンは市場環境が悪化しているメモリーチップ部門でも健闘し、モバイルプロセッシングチップや有機エレクトロルミネッセンス(OLED)ディスプレーなど、新たな収入源を確保している。        同社が示した第4・四半期の営業利益見通しは5兆2000億ウォン(45億1000万ドル)。 アナリストによるコンセンサス予想の4兆7000億ウォンを上回った。 前期比での増益率は22%となる。         サムスン電子のこれまでの最高益は2010年第2・四半期に記録した5兆ウォンで、予想通りになれば最高益更新となる。        第4・四半期の利益には、ハードディスクドライブ事業をシーゲート・テクノロジーに売却したことに伴う5000億ウォンの特別利益や、特許件使用料支払いに関する引当金減少など一時的要因が含まれているが、信栄証券のアナリスト、Lee Seung-woo氏は 「一時的要因を除外しても、芳しくない業界見通しを考えれば非常に好調な内容だ」 とみている。        同氏は 「今年は薄型スクリーンやメモリーチップ部門の利益が改善し、携帯端末部門で予想される成長鈍化の影響を相殺するとみられるため、過去最高レベルの業績が続きそうだ」 と述べた。      第4・四半期の売上高については、47兆ウォンになると予想。 アナリスト予想の46兆2000億ウォンをやや上回った。 (reuters.com)               ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 812345»...Last »