富士山ストリートビュー        地図上で360度のパナラマ画像を見られるGoogle ストリートビュー。 「ネット上で世界中のあらゆる場所の画像が見られるなんてすごい!」 などと感じながら、自分が旅行に行ってみたいと思っている場所や気になるエリアを  “バーチャル旅行”  した人も多いだろう。        そんな、Googleストリートビューに関して、興味深いニュースが発表された。 なんと、アジアの中で、世界の人がバーチャル旅行で最も訪れた場所は日本一有名な、あの山だという。        ストリートビューのプログラムマネージャー、ウルフ・スピッツアー氏によると、Googleストリートビューを使って、最も見られたアジアの場所は、なんと富士山だ。 そして、トップ9のうち7つを日本が独占! 結果は以下の通りである。

 【バーチャル旅行トップ9(アジア編)】

     9位:湯布院(日本)    8位:マリーナベイ・サンズホテル(シンガポール)    7位:ジウフェン(台湾)    6位:六本木ヒルズ森タワー(日本)    5位:大阪城公園(日本)    4位:広島原爆記念公園(日本)    3位:道頓堀(日本)    2位:端島(別名:軍艦島、日本)    1位:富士山(日本)       なお、 2013年に日本を訪れた外国人の数だと、日本はアジアの中で7位。 つまり、 “バーチャル旅行” で訪れた人の数は、実際に訪れた人数とあまり関連性が見られないとのこと。        とはいえ、この結果は、富士山の知名度の高さを改めて認識させられてしまう。 そして、軍艦島が入っているとは!! とにかく、世界の人が、日本で興味を持っている場所が分かって、面白い。(rocketnews24.com)         ▼こちらが富士山のストリートビューを制作する様子

 

 

富士山をストリートビューする / Google Maps Street View of Mount Fuji  

 

 

 

▼軍艦島もおもしろい!

 

 

軍艦島をストリートビュー / Google Maps Street View of Battleship Island

 

 

 

    

ツイートこの記事をつぶやく
      ストリートビュー        お仕事中のみなさ~ん! ここらでちょっぴり、一息入れませんか?        束の間の休憩タイムには、疲れ切った体と心をとことん癒してくれる、美麗画像が1番。        というわけで本日は、海外サイト 『AcidCow』 に掲載されていた 「Googleストリートビューがとらえた一瞬の美」、ポストカードと見紛うかのような絶景を、みなさまにご覧いただきたいと思いますっ。        まるで抽象画であるかのような、独特な構図。 偶然撮影されたとはとても思えない、絶妙な色彩。 空も木々も、そこに佇む動物や人間も、ただそこに在るだけなのに、どこかアーティスティックなんですよねぇ。        なんら意図や思惑がない、ただそこにある一瞬を切り取る。そのことが、「いかにありのままの世界は美しいか」、そんな当たり前のことを、改めて教えてくれているような気がします。        なにも考えず、ただただぼ~っと見つめていたい。 そんな思いにとらわれる至極の24枚を、それではどうぞ、ごゆっくりお楽しみくださいませ。      

▼ため息出ちゃうわ

gb1

 

 

 

gb2

 

 

 

gb3

 

 

 

gb4

 

 

 

 

gb5

 

 

gb8

 

 

 

gb9

 

 

 

gb10

 

 

 

gb11

 

 

 

gb12

 

 

 

gb13

 

 

 

gb14

 

 

 

gb15

 

 

 

gb16

 

 

 

gb17

 

 

 

gb18

 

 

 

gb19

 

 

 

gb20

 

 

 

gb21

 

 

 

gb22

 

 

 

gb23

 

 

 

gb24

          ツイートこの記事をつぶやく
            グーグルコマンド        ネットを利用する中で、一番多くアクセスするサイトのひとつがGoogleという女史もお多いかと思います。 Google Mailや、Google Mapのように、検索以外のサービスが多いのも魅力ですよね。      今日は、そんな広く一般に知られているGoogleの、普段使わないけど、びっくりできる裏ワザ的な隠しコマンドを集めてみました。 iPhoneでも可能なコマンドも多いので、さっそく紹介!        1   Googleが回転!      まずは、数年前に、瞬く間に有名になった隠しコマンド 「Do A Barrel Roll」 の紹介です。 Googleの検索欄に、同コマンドを入力すると・・・画面がぐるっと1回転します。 このコマンドは、iPhoneのブラウザでも同じことができます。        2   Googleが崩壊!     崩壊      「Google Gravity」 と入力すると・・・Googleのタイトルなどが、一気に崩壊してしまいます。 勢いがよすぎて、おもいっきりバウンドしちゃったり、びっくりです。      ちなみに、gravityとは重力の意味。 こちらも、iPhoneで同じことができます。     崩壊1      画面が崩れ落ちても、検索欄に入力すれば、実は検索もできます。 が、結果も落ちてくるので、何がなんだかわかりません。        3   Googleが傾く!     傾く      検索欄に 「Askew」 と入力してみましょう!すると、微妙に検索結果が傾きます。 ちょっとした傾きなのですが、筆者は、これを見たあとしばらくは、、全てが傾いたように見えてしまいます。      ちなみに、「tilt」 と入力しても同じことが起こります。 どちらも 「傾く」 っていう意味の英単語ですね☆この小技も、iPhoneでも可能です。        4   Googleは検索しない、何故なら・・・     検索しない      検索欄に 「Find Chuck Norris」 と入力し、「I’m Feeling Lucky」 ボタンを押してみてください。 すると・・・ 「Googleはチャックノリスを探しませんよ。 なぜならあなたが探さなくても、チャックノリスがあなたを探すからです。」 という結果が出てきます。 また、提案として 「彼があなたを探す前に逃げろ!違う人を検索しなさい!もう少し危険じゃない男を検索しなさい!」 って出てきます。      あくまでも役柄ですが、アメリカでチャックノリスは、男の中の男の危険人物としてのイメージが定着しているので、このような検索結果が出てきてしまうんですね。        5   無限ループ     無限      次は、検索窓に 「recursion」 と入力してみましょう!すると、検索結果の最上部に、「もしかして:recursion」 と表示されます。 普段、この文章は綴りが間違っていたりする時に出現するのですが、今回はちゃんと合ってます。 そこでさらに、このrecursionをタップすると、永遠にこのループにはまります。      recursionは、再帰、反復の意味があるので、反復を繰り返してしまうようです☆        6   入力不要       入力      2000年4月1日にgoogleは、Google’s MentalPlexTなるサービスを開始しました。 このサービスの使い方は、帽子とメガネをはずし、頭を固定して赤と青のぐるぐるをじっと見つめ、検索したい言葉を頭の中にイメージして、このぐるぐるをクリックすれば、検索ワードが入力完了!というサービズです。なんて画期的♪      サービス開始の日付を見ていただければ、これが何だったかおわかりですね☆        7   パックマン     パックマン      2010年5月にパックマン30周年記念として2日間だけプレイ可能だったパックマン。 実は今でもプレイ可能なんです☆        8   Google Earthで飛行訓練       飛行訓練        Google Earthを起動し、「ツール(T)」-「フライトシミュレータ」 を選択すると・・・なんとF16戦闘機の飛行訓練が体験できます。 お見事!      9   人生、宇宙、すべての答え     すべて      Googleの検索枠で、数式を入れると、計算の答えを出してくれます。 ここに、「人生、宇宙、すべての答え」 と入力すると・・・ 「人生、宇宙、すべての答え = 42」 と出現します。        これは、ダグラス・アダムズの人気SF小説 「銀河ヒッチハイク・ガイド」 の中で、「生命、宇宙、そしてすべて(究極の疑問)の答え」 を問われたスーパーコンピュータ 「ディープ・ソート」 が750万年の計算の末に導き出した答えが 「42」 というエピソードからきています。 なんか、粋です♪        10   Doodleを探せ     探せ        Googleにアクセスすると、いろいろなロゴが出現します。 このロゴは、Doodleと呼ばれていて、これを考えるためのデザイナーやコンテストまでもやっていて、Googleの重要なデザイン要素のひとつです。      そんな今まで使用されてきたDoodleを検索することも、実は可能なんです。 世界中のいろいろな出来事に対応していて、勉強になりますよね☆        さて、Googleの裏ワザ10選をお届けしましたが、いかがでしたか? 知らない方も多いと思いますので、会社や学校でググっている時に、さり気なくあっと言わせてみると面白いとおもいますよ!お試しあれ~~(getnews.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
      グーグル隠しゲーム        遊び心満載の隠しコマンドで有名なGoogle。         「do a barrel roll」 と検索すると画面が一回転したり、「askew」 と検索すると画面が傾いて見えたり、はたまた 「lonliest number(最も孤独な数字)」 と検索すれば 「1」 と教えてくれたり。        知れば知るほど、おもしろ~い!          このほど、新たに仲間入りしたのは、ブロックくずしを楽しめる隠しゲーム。 アタリ社のビデオゲーム 「ブレイクアウト」 の発売37周年を記念して公開されたもので、ある言葉をGoogleで画像検索するとゲームが現れます。        「ブレイクアウト」 といえば、1976年に発売された元祖・ブロックくずしゲーム。 だから、ブロックくずしの隠しゲームかぁ~! どんな言葉を入力すればいいのか、気になる~!            その言葉とは 「Atari Breakout」。          「Atari Breakout」 と画像検索すると、検索結果として表示された画像が赤や青、オレンジのブロックに変身。 カーソルやマウスでバーを左右に動かしてボールを打ち返し、ブロックを崩していきます。 そのステージをクリアすると、次のステージへ進めるみたい。 もし検索結果が見たい場合は、「検索結果に戻る」 をクリックすればOKだよ。          シンプルなゲームなんだけど、これハマる~! ボールを打ち返して、ブロックが崩れるたびに 「ピッ、ポッ、ピッ、ポッ」 と音が鳴るのでご注意を。 (youpouch.com)          特に、職場では……。                             ツイートこの記事をつぶやく
      アンドロイドPC         Googleは2013年Q3後半にもAndroidを搭載したノートPC “Androidbook” を発売する計画だと台湾メディアの 『DigiTimes』 が5日前ほどに報じていました。          報道によると、ASUS、Lenovo、HP、SamsungがAndroidbookを出すメーカーとして名乗りを上げているそうです。 AndroidbookはAndroidベースのノートPCの総称となるようです。        GoogleのノートPC向けOSと言えば、同じくLinuxベースのChrome OSを採用したChromebookも存在しますが、Androidbookは12インチまでの端末をサポートした製品、Chromebookは今後、13~14インチの製品で採用されることになりそうだと伝えられています。           Androidbookでは、安価なARMプロセッサを採用するなど全体のコストを$200~$300に抑えたものになり、AndroidbookはGoogleのノートPC製品の中で低価格市場を対象にしたものになると伝えられています。 Androidを搭載するのでおそらくタッチパネルも搭載されるでしょう。(getnews.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
      ストリートビュー          世界中のさまざまな道路を写真で確認することができる、Googleのストリートビュー。        その中には絶景と呼べる場所も少なくないようです。        Googleカーによって撮影された、世界各地の美しい写真をご覧ください。          1.   ストリートビューの絶景01  ラ・リネア・デ・ラ・コンセプション (スペイン)        2.   ストリートビューの絶景02  ラス・チャンパス (メキシコ)        3.   ストリートビューの絶景03  コート・ダジュール (フランス)        4.   ストリートビューの絶景04  101号線 (カリフォルニア州ハンボルト郡)        5.   ストリートビューの絶景05  アルプス山脈 (イタリア)        6.   ストリートビューの絶景06  フィンランド湾ノーストコースト(エストニア)        7.   ストリートビューの絶景07  沖縄県 (日本)        8.   ストリートビューの絶景08  街路(香港)        9.   ストリートビューの絶景09  デトロイト・ミシガン州 (アメリカ)        10.   ストリートビューの絶景10  テキサス州南部 (アメリカ)        11.   ストリートビューの絶景11  サルデーニャ島アックアーロ (イタリア)        12.   ストリートビューの絶景12  バジェ (ブラジル)        13.   ストリートビューの絶景13  ポサダ・デ・バルデオン(スペイン)        14.   ストリートビューの絶景14  ウツシラ島(ノルウェー)        15.   ストリートビューの絶景15  サン・フェリーペ・ハラパ・デ・ディアス(メキシコ)        16.   ストリートビューの絶景16  シッピング・コンテナ(台湾)        17.   ストリートビューの絶景17  サンデー島 (スコットランド・オークニー諸島)        18.   ストリートビューの絶景18  サン・ニコラ・ド・ラ・グラーヴ(フランス)        19.   ストリートビューの絶景19  砂漠地帯(メキシコ)        20.   ストリートビューの絶景20  国道17号(南アフリカ)          アート写真と言われても信じてしまいそうな味のあるものばかり。 ストリートビューでもちょっとした旅行気分を味わえるものですよね!                     ツイートこの記事をつぶやく
       「僕、彼女を募集しています」―Google Adwordsを使ってこんな広告を出そうとした学生が、インターネット上で話題になっている。          発想の斬新さでどんどん噂が広まっていき、まだ広告が掲載されていないにもかかわらずツイッターのフォロワーが急増、多数のリプライが寄せられる事態となっている。 果たしてこの学生に彼女はできるのだろうか。
        「2年付き合った彼女と別れたのでGoogleAdwordsで彼女を募集してみる」
           2013年1月23日、はてなブログにこんなタイトルのエントリーが更新された。            「razokulover」 さんというこのユーザーは、2か月ほど前に2年以上交際した彼女と別れた。 それ以来アイドルグループ 「ももいろクローバーZ」 関連のアプリやアダルトサイトの作成に精を出してしまい、「今年の4月から新卒社会人としてデビューする僕はまともにならなければいけない」 と思い 「彼女を作ろう」 という考えに至ったという。          どうしたら彼女が作れるか、「わからないことがあったらGoogle先生に聞くように教わったゆとり世代」 というrazokuloverさんはGoogle検索を使い、「google adwordsに彼女募集の広告を出してみた。」 という12年4月のはてなブログのエントリーにたどり着いた。 これはGoogle Adwordsを使って広告を出そうとしている人がお試しで 「彼女募集」 の広告を出したというブログで、razokuloverさんはこれを参考にしてアダルトサイトのアフィリエイトで得た収入を彼女募集の広告に使うことにした。          そして 「僕、彼女を募集しています 年齢・職業不問!実務(恋愛)経験なしでもOK」 と書かれたテキスト広告を掲載、ブログの最後には 「エンジニアのたまごの僕としてはエンジニアさんとたくさんお話してみたいですし、デザイナーさんの友達もほしいので彼女とか関係なくコミュニティを広げたいです」 とアピール、自身のツイッターアカウントを載せて 「興味がありましたら、フォローして話しかけてくださいー」 と締めた。              このエントリーが投稿された時点で広告はまだ反映されていなかったが、はてなブックマークやツイッターでどんどん拡散されていった。        「笑った。 この発想はなかった」        「こういう手があったか!」       と話題になり、razokuloverさんのツイッターのフォロワーはブログ更新から約12時間で100人増えた。          そもそもGoogle Adwordsとは、Googleで検索したキーワードに応じて検索結果の画面に出る広告を指す。 文言とターゲットの性別や年齢、どの検索ワードで広告を表示させるか、などを設定し、Googleの担当者が承認すれば広告が表示される、という簡単さだ。 比較的安価で広告が出せるということもあり、お遊び程度に個人で広告を出す人も多い。          「彼女募集」 広告の詳細や寄せられている反応について、razokuloverさんにツイッターでコンタクトを取って話を聞いてみた。          広告作成に際し、razokuloverさんはターゲットを18~34歳の女性に、検索ワードは 「彼女 募集」 「彼氏 欲しい」 に設定した。 現在ツイッターアカウントあてに、ブログを見たエンジニアやデザイナーの男女から多くのリプライが寄せられており、なぜか恋愛相談もされたという。 ただし実際に 「会いましょう」 などの誘いはないので、リアルの恋愛に発展するかはわからない、とのことだ。          ちなみに元彼女はツイッターでrazokuloverさんのブログを知り、「これだけ話題になっていることを誇らしく思う」 と言っているという。          なお、この広告は現在Googleの支払い処理で不具合があり掲載が停止されている。 razokuloverさんは現在再登録を申請しているところだ。(j-cast.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
      グーグル手厚い待遇        今や誰もが知るアメリカのソフトウェア会社 “Google” 。 その世界の大企業Googleは、社員たちに無料の食事、洗車、フィットネス教室などありとあらゆるものを提供し、手厚い待遇で社員たちを労わっている企業として以前から有名であった。          そして今回、今年から開始されたというGoogleの新たな社員待遇がこれまた話題になっている。 それはGoogleの社員が亡くなった場合、その奥さん、または同性愛の配偶者は、その社員の給料の50パーセントを10年間に渡ってもらえるというものだ。        それもこの処遇が適用される社員は、雇用期間など関係なく、3万4千人の社員のほとんどがこの処遇を受ける資格を持っているというから驚きだ。        また海外ニュースサイト「Mashable」がGoogleのスポークスマンに確認したところ、社員が亡くなった場合にその家族が受ける処遇はこれだけではないらしい。             【Google社員が亡くなった場合のその他の処遇】        ・亡くなった社員の奥さん、または同性愛の配偶者は、その社員に付与された株式を所得できる        ・亡くなった社員の子どもたちは19歳になるまで、毎月1000ドル(日本円約7万8千円)受け取ることができる。 子どもが大学などに進学する場合、この期間を延長できる          このように社員だけではなく、その家族まで大切にする理由としてGoogleは、次のようなことを話している。        「不測の事態が起こった場合、その社員の家族を労わることは、当たり前のことです。 例えそれが、会社に直接的な利益をもたらさなかったとしても」          この家族まで気遣った手厚い待遇は、会社に応募してくる人の増加につながる可能性もあるが、Googleはそれがこの待遇を設けている理由ではなく、それはむしろおまけの利点だと語っている。            耳を疑ってしまうようなGoogleのウルトラ好待遇。 みなさんはこのGoogleの至れり尽くせりの社員待遇をどうお思いになるだろうか? これって利益が有ればこそのの話だよな~~(rocketnews24.com)            日本でも音羽の某出版社は昔(今は無いヵナァ・・)社員が亡くなったら奥さんが会社で働けるシステムだったと聞いている。 定年退職の日は退職金を持ってタクシーで自宅まで送ってくれたそうです。(大金を持っていると危ないから送り届けるというのが本来の理由らしいが・・・) 日本にもそんな企業が存在していたんだよな!?  利益が出ていまいと無理だよな!?        ツイートこの記事をつぶやく
      グーグル手書き        アメリカ・Googleは2012年7月27日より、モバイル版のホームページで 「手書き入力」 による検索を開始した。 日本を含む27カ国で利用が可能となっている。 設定方法は次の通りだ。            ■モバイル版Google、手書き入力の設定方法      1. Googleホームページにアクセス      2. ページ下の 「設定」 をタップ      3. ページ中央の 「手書き入力」 を有効にして保存する          以上である。 設定が完了するとGoogleホームページを表示した際に、右下に 「g」 があらわれるので、これを有効にして画面上に文字を書くことが可能になる。 対応OSは、iOS5以降・Android2.3以降。 Androidタブレットは4.0以降となっている。          編集部でiPhone4S・iPod Touch(第四世代)・HTC EVO3D(Android)での利用をためしてみたのだが、iPod Touchの場合 「Safari」 では思うように利用できなかった。 そのほかの端末ではスムーズに利用することが可能であった。 ちなみに手書き入力する際は、一文字ずつ入れた方がより良く認識するようである。 興味のある方はためしてみてはいかがだろうか? (rocketnews24.com)       ツイートこの記事をつぶやく
         JT8179225-OOGLE-CONFERENCE-ANDROID        アメリカ・インターネット検索大手グーグルは27日、同社初のタブレット型端末 「ネクサス7」 を発表しました。 アップルやマイクロソフト、アマゾン・ドット・コムに対抗する。          当地で開いた開発者会議で発表しました。          ネクサス7は台湾の華碩電脳(アスーステック・コンピューター)が製造し、両社の共同ブランドとなる。          グーグルのコンテンツ配信サービス 「グーグル・プレイ」 やアップストアで7月中旬に発売する。          価格は199ドルから。 499ドルからとなっているアップルの 「iPad(アイパッド)」 と比べて価格を抑え、アマゾンの電子書籍端末 「キンドル」 を意識した格好だ。        ネクサス7はグーグルの基本ソフト(OS) 「アンドロイド」 の最新版を搭載。 ディスプレイは7インチで、プロセッサーは米エヌビディア製の 「テグラ3」 を採用した。            ユーザーはネクサス7を使って動画共有サイト 「ユーチューブ」 や 「グーグル・プレイ」 などグーグルのオンラインサービスにアクセスできる。          タブレット市場は今年マイクロソフトも 「サーフェス」 での参入を明らかにしており、グーグルは自社の参入により 「アンドロイド」 のタブレット用アプリケーションの開発に拍車をかけたい考え。        価格を抑えたことも、アップルのiPadを意識し、より価格に敏感な消費者にアピールすることを狙っている。        調査会社アルティメーター・グループのアナリスト、クリス・シルバ氏は 「タブレット市場で現在iPadに続くアマゾンのキンドル・ファイアを強く意識しており、2番目の座を狙っている」 と指摘した。        27日のグーグルの株価は4.62ドル(0.8182%)高の569.30ドルで引けた。(reuters.com)                  ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 812345»...Last »