スマートフォン市場もアンドロイド端末が出そろう様になってきて更に活気づいてきたと言っていいだろう。 そんなスマートフォンの火付け役、『iPhone』ユーザーにありがちなことを今回まとめてみたぞ。                        101209_110122      『iPhone』ユーザーなら納得できる項目があるのではないだろうか。   ・バッテリーを異常に気にするようになる。 ・ダウンロードするも全く使わないアプリで埋もれる。 ・地下鉄で駅に停車するたびになかなか電波が来ないからイライラ(ソフトバンク限定)。 ・合コンでの必須アイテムになる。 ・幾度となく手から滑り落とす。 ・ガラケーでもフリックしてしまう。 ・SMSの受信音がなると周りの人も反応する。 ・電波入らないことすらネタにする(ソフトバンク限定)。 ・Androidに浮気したくなる。 ・フリック入力の異常な速さ。 ・「iPhoneが無い生活は考えられない」とか言っちゃう。 ・ストラップが恋しくなる。 ・基本両手持ち。 ・どこでも写真を撮る。 ・アイコン整列がうまく行かずにイライラする。 ・ご飯を食べるときも手放さない。 ・脱獄を自慢しまくる。 ・シャレオツオーラ。 ・ガラケーとの2台持ちが基本。 ・エンヤのアルバムが全部入っている。      などiPhoneユーザーにありがちなことをまとめてみた。  実際にスマートフォン以外の携帯電話を触った時に指で弾くように使ってしまう癖が身に染みついてしまっている。  そのほか電波の悪さもネタに出来るのがiPhoneユーザーの特徴です。 最近では都心部で速度規制もされておりそれもネタ化されつつある。    みなさんは上記の項目の内どれだけ当てはまっただろうか。 当てはまれば当てはまるほど依存していることになるぞ。(getnews.jp)          i phoneは都内での利用はあまり不便だとは思わないが、ちょっと遠方に行くとダメだね~~  特にゴルフ場なんかはまるで駄目!乂(´Д`;)      「Androidに浮気したくなる」って項目がありましたが、KDDI(au)のAndroid携帯 IS03を予約しゃいました。       だから、i phoneとAndroidとガラケーの3台のキャリアを使い分けようかと思っています。  ツイートこの記事をつぶやく
 KDDI(au)は、26日にスマートフォンの新機種 『IS03』 を発表しました。      スマートフォン投入で出遅れた同社は同機種を反転攻勢の切り札と位置付けている。 事前予約が同社としては過去最高の27万台超えになったという。      「IS03」はアメリカ・グーグルの基本ソフト (OS) 『アンドロイド』 を採用。      「お財布携帯」 や 「ワンセグ」、インターネット電話ソフト 『スカイプ』 などの機能を搭載して、”1台持ち需要に” に対応しました。      KDDIは、IS03を製造するシャープに通常の3~4倍の60万台以上を初期発注しています。 同日の朝、東京・有楽町店で開いた発売記念式典で、田中孝司専務は 『在庫不足にならにようにしたい』 と語りました。      NTTドコモも同日、韓国サムソン電子製のタブレット型情報端末 「ギャラクシータブ」 を発売しました。 7型液晶画面を搭載しています。  10月末に発売されたスマートフォン 『ギャラクシーS』 は品薄状態が続いている。           ツイートこの記事をつぶやく
 パナソニックモバイルコミュニケーションズは、都内で携帯電話事業に関する説明会を開き、2011年の国内でスマートフォンを発売する方針を明らかにしました。      2012年には撤退して海外市場に再度進出するそうです。 2015年度には携帯電話を国内外で現在の約3倍の1500万台を販売する目標を掲げました。      国内市場では2011年前半にアメリカ・グーグルの基本ソフト 『アンドロイド』 を搭載したスマートフィンを2機種以上投入するそうです。 海外では2012年前半に通信会社と組んで再進出を図ります。      脇治社長はスマートフォン戦略で出遅れた理由について 「日本市場でここまで早く普及するとは思わなかった」 と説明しました。 2015年度の携帯電話の販売台数目標のうち約半分を海外、4分の3をスマートフォンが占める見通しです。 NTTドコモの次世代携帯電話サービス 『LTE』 の対応機種の開発も急ぐ方針だそうです。        後発だと先行した機種よりも優れた機能が搭載されていないと厳しいことになりそうだ。。 ツイートこの記事をつぶやく
 あのグーグルが純正ケータイを作ったとして大いに話題にもなった 『Nexus One』 でしたが、その次世代モデルとなる 『Nexus Two』 の正式名称が、日本でも「Galaxy S」発売で波に乗るサムスン製で 『Nexus S』 のネーミングにて発売が迫っていることが明らかになりました。                       101113nexus-s-thumb-340x453-27311        Nexus Sには、非常に高機能なAndroidスマートフォンの大進化を特色づける新バージョン 『Gingerbread』 の搭載が決定しており、年末のクリスマス商戦に世界各国で販売される予定なんだとか。      もうそろそろ正式な発表が行なわれる可能性も大です。        より美しいディスプレイと洗練されたデザインで、Galaxy Sが築き上げたAndroidケータイの高評価をさらに引き上げる重要な役割を果たすとの期待もかかるNexus Sですが、当のグーグルやサムスンは、現時点ではノーコメントの対応を貫いていますよ。 (gizmodo.jp)          時代は、すっかりスマートフォン((。・д・)oダナ!! ツイートこの記事をつぶやく
 一休は9月末にも、アップルの 「i phone」 から宿泊施設を予約できるアプリケーションを公開します。      パソコン向けより掲載情報を簡素化して、利用者が手っ取り早く予約出来るようにします。 アプリは無料で配布して、新規の会員獲得につなげる狙いです。         i phone向けアプリを一休が開発したのは初めてで、i phone向け機能としては、旅先などで川柳を投稿したり、他の人の川柳を評価したりできる機能を付けたそうです。      一休が受ける宿泊予約のうち、携帯経由は現在12~13%です。 i phone経由で数%の上積みを見込んでいます。 他のスマートフォン向けアプリは機器の普及状況を見極めながら開発するそうです。      予約サイトでは楽天トラベルが、i phoneやアメリカ・グーグルの携帯向け基本ソフト 「アンドロイド」 搭載機器に対応しています。 大手旅行会社でも近畿日本ツーリストがi phone向けアプリを公開しています。            スマートフォンは、まだまだ普及率が8%と低いから状況を見極めての開発は賢明だね。 ツイートこの記事をつぶやく
 インターネット動画配信技術大手のアメリカ・ブライトコーブ社は22日、スマートフォンや多機能携帯端末など様々な端末に簡単に配信できるサービスを始めたと発表しました。 アップルの「i phone」や多機能携帯端末「i pad」などネット動画を視聴可能な端末の多様化に対応して、メディア大手各社の「多端末」の対応が加速しそうです。      ブライドコーブ社は、メディア各社が持つ動画コンテンツを管理して、自社サイトに簡単に配信できるサービスを提供します。 利用企業は自前で大掛かりなITインフラを持つ必要がなくなり、低コストで動画配信できます。 アメリカ放送大手やメディアを中心に世界1500社以上が同社技術を採用。 営業活動やサポートなどを担当する日本法人には電通などが出資しています。      同日発表したサービス 「ブライドコーブ・モバイルエクスペリエンス」を使うと、パソコン向けに配信してきた動画を、「i phone」 「i pad」向けのサイトやアプリケーション、グーグルが無償提供するソフト群 「アンドロイド」を搭載するスマートフォン向けに簡単に配信できるようになります。      パソコン向けサイトでは、アドビシステムの動画技術 「フラッシュ」 を使うのが一般的だが、アップルの 「i phone」 と 「i pad」 は同技術に非対応です。 動画視聴者が、i phoneなどを使って 「フラッシュ」 技術を使う動画にアクセスしても視聴できなかった。 新サービスでは、ブライトコーブ社のシステムが端末の種類を察知して、自動的にデータ変換などの対応を実行するため、コンテンツ各社は端末ごとに動画のデータを作る必要が無くなる。      都内で記者会見をしたジェレミー・アイレア最高経営責任者は、「2014年には、ネット利用の5割以上が携帯端末経由になるとの試算もある」と指摘しました。 既に、ニューヨーク・タイムズやタイム誌などがブライドコーブ社の試験サービスを使って各種端末向けに動画配信サービスを始めました。 新機能はブライドコーブ社が既存サービスの顧客に無償提供します。      ジェレミー・アレイア氏は 「顧客企業のi pad向けコンテンツ配信ニーズはとても高い」としており、今回の新サービス投入がメディア各社の動画配信拡大につながりそう。       ツイートこの記事をつぶやく
インターネット広告大手のオプトは、アップルの高機能携帯電話「i  phone」などのスマートフォンを社員が購入する際に、補助金を支給する制度を導入しました。   スマートフォン利用を促し、携帯向け最新ネットサービスなどの理解度を高める。   i  phoneや、グーグルの携帯向け無償基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載端末、 「ブラックベリー」などのスマートフォンを購入した社員1人1回、1万円の補助金を支給する。   アップルが今月9日にi phone向け広告配信サービスを発表するなど、今後はスマートフォン向けネット広告市場が急拡大すると見られている。    社員が実際にスマートフォンを使う機械を増やすことで、新市場開拓につなげる狙い。 ツイートこの記事をつぶやく
ITベンチャーが携帯電話向けの言語翻訳ソフトを相次いで製品化している。   翻訳ソフト開発のイチベルは、アメリカのアップル社の携帯電話「i Phone」むけに音声翻訳ソフトの配信を始めた。 電話機に「東京行きの電車の乗り継ぎはここで大丈夫ですか」などと話しかけると、3秒後に同じ意味の流暢な英語でが音声で流れる。 最初の入力時の発音が正しければ8割以上の精度で反訳するという。  ソフトの価格は、3200円。 翻訳の処理に外部のサーバーを利用しないのが特徴で、ソフトを組み込んでおけば、携帯の通信機能が使えない場所でも利用できる。   クロスランゲージも2月中に i  Phoneむけのソフトを発売する予定。 携帯に文章を入力すると、専用のサーバーにデータを転送。最大で2048文字の文章を最速15秒程度で外国語に変換し送り返す。 英語の他中国、韓国、ロシアなど51ヶ国語に対応。 ソフトの価格は230円で翻訳可能な文字数が少ない簡易版は無料で提供する。   高電社もi  phoneと、アメリカ・グーグルの基本ソフト「アンドロイド」を搭載した携帯端末向けの翻訳ソフトを開発する。 独立行政法人の情報通信研究機構はITベンチャーと共同で、英語、中国語、ベトナム語などを音声で翻訳可能な高機能携帯向けシステムを早期に実用化する計画。                                               誤訳の少ない高精度の翻訳には複雑な処理が必要で、従来の携帯電話でソフトを組み込みにくかった。 i  phoneの処理能力をもと高機能な解体が急速に普及。 屋外で行為制度の自動翻訳ソフトを利用できる環境が整った。   高性能の音声翻訳の技術は、NEC、東芝といった大手も開発をすすめているが、製品化には至っていない。 市場が拡大するのはこれからで、製品の投入で先行すれば、ベンチャーでも高いシェアを狙える可能性がある。                                                 *日経新聞より ツイートこの記事をつぶやく
Page 4 of 4«1234