サムスン        アップルと激しい特許合戦を繰り広げている韓国のサムスンが、6日に死去が公表されたアップルの前CEOスティーブ・ジョブズ氏の葬式が終わるまでは訴訟について言及しないと発表しました。        アップルは4日(米国時間)に新機種の 『iPhone4S』 を発表しました。 サムスンはこれを受けて、翌5日に販売差し止めを求める仮処分を申請。 両社の特許をめぐる争いは、これまで以上にエスカレートするものとみられていた。      しかし、スティーブ・ジョブズ氏が死去したことで、少し状況は変化したようだ。 サムスンのチェ・ジソン副社長は、「故人は、世界の情報技術産業にビジョンを示し、革新を起こした天才的な起業家だ。 彼の創造的精神と優れた業績は、永遠に忘れられることはないだろう」 と発言。 追悼の意を表し、故人の葬儀が終わるまではしばらく休戦することを明らかにした。        では、このまま訴訟はトーンダウンか?と思いきや、そうはならないのがサムスンだ。 訴訟の休戦は葬儀の期間中だけで、終わり次第、アップルに対し一気に攻勢をかける計画だ。 現在、サムスンはiPhone4Sに対する販売差し止めを求める仮処分をフランスとイタリアの裁判所に申請しているが、それを米国、アジア、オーストラリアまで拡大させるという。        両社の泥沼の訴訟合戦は、そう簡単にトーンダウンとはいかないようだ。 (getnews.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
     びっくりだなぁ!!!      56歳で同い年何だよな!        ご冥福をお祈りいたします。               ツイートこの記事をつぶやく
      iphone4s        日本時間の10月5日未明に、米アップル社は新商品の発表会を行った。 事前にiPhone5の発表が噂されていたのだが、残念なことに「5」については一言も触れられることはなかったのである。 このことについて日本のインターネットユーザーからは、「ズコー!」、「糞、糞、糞、auに乗り換えるか」、「発表なくてワロタ」など、悔しさをにじませる発言が相次いでいる。        当初、次世代スマートフォンのiPhone5発売の噂がささやかれ、発表会への期待が高まっていた。 ところがiPhone4Sが発表されるのでは? との情報が流れると、「5の発表は持ち越されるのではないか」 との見方が海外IT系サイトに急速に広まり、発表直前にはその可能性が高いことが指摘されたのである。          実際に発表会が始まると、はじめに同社新CEOのティム・クック氏が挨拶し、これまでのアップル社の業績を振り返り、クラウドサービス 「iCloud」、スマートオーディオ 「iPod」 の発表と続き、最後にiPhone4Sの発表となったのだ。 結局約2時間のイベントはここで終了。 iPhone5についてはまったく触れられることがなかったのである。          この内容について、ネットユーザーは次のように反応している。      「iPhone5は発表なし、糞、糞。auに乗り換えるかな」    「大きなサプライズなし」    「発表なかった……」    「iPhone5発表なかった……5まで待つか」    「わらってしまったw もう大笑いだw」    「あれ? iPhone5は?」    「iPhone5の発表ないんだ。拍子抜けした」        ……など、肩透かしを食らって、落胆しているようだ。        なお、今回発表となったiPhone4Sは、10月7日予約開始、同月14日の発売となる。 日本を含む世界7カ国で同時発売される予定だ。 また、同機はソフトバンクだけでなく、auからも発売される。 iPhone5の発表がなかったのは非常に残念なのだが、日本のiPhoneユーザーにとっては、大きな変化が訪れそうだ。  (rocketnews24.com)        私も遂に 「5」 が出るのかな!? と思ったら肩すかしだったな~~~・(。>д<。)・         ツイートこの記事をつぶやく
       iphone55        様々な噂が錯綜するiPhone5の発売日。 そういった多くの人の関心を引くなかで今回、ある内部文書(上の写真)をもとに発売日をズバリと予想する大スクープが報じられ、世界のiPhoneファンに衝撃を与えています。        その予想を立てたのはアメリカのテクノロジーブログ 「This Is My Next」 で、彼らによるとiPhone5は10月21日に発売されるだろうとのこと。 彼らのこの予想の根拠は、世界最大の家電量販店 「Best Buy」 で働く、匿名従業員から送られてきたある一通のメールにある。        そのメールはBest Buyから従業員たちに送られたもので、そこには 「Appleの備品を10月21日に大きなディスプレイに設置するので、マネージャー/鍵を持っている者は朝6時に出社するように」 (通常は7時出社)と記されている。          このような取り決めはiPhone4発売の時も行われており、もしかしたら本当にこの予想は当たっているかもしれないと思わせる。 さらに 「This Is My Next」 は、今回の情報提供者が 「『Best Buy Mobile』のマネージャーたちがあるビックな発売日に備えて、10月10日に重要な会議を行う」 と話していたことも報じており、もはやこれは看過できないニュースとなった。          発売日の噂だけで、これだけ盛り上がるiPhone5。 果たして発売されたら、どれだけ盛り上がるのだろうか? 今後の動向に目が離せない!?  (rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく
         アイフォーン5        2011年10月に発売されるとの噂があるアップル社の「iPhone5」。  9月に入ったのだが、いまだ正式なアナウンスはなく、発売を待ち焦がれている人も多いのではないだろうか。 そのiPhone5の新たな情報が入った。 その情報とは同機のサイズに関するものだ。        発売日が不明なのにも関わらず、中国のネット通販サイト 「アリババ」 にケースが出品されていることが発覚した。 ケースは1つや2つだけではなく、かなりの種類が出品されているという。 すべてのケースに共通しているのは、かなりの薄型であること。 iPhone4では幅が厚すぎて入らないようだ。 このケースを見る限り、iPhone5は第4世代のiPodTouch並みに薄いと予測されている。          この情報は、中国のIT情報サイト 「M.I.C gadget」 に掲載されていたものだ。 同サイトが8月31日にこの内容を報じたところ、瞬く間に海外のサイトで話題となっている。        iPhone5の仕様については、すでに一部情報が流出しているようなのだが、いずれも根拠が不明確で 「噂」 の域を出ていない。 今回の情報も、真実のほどは疑わしいのだが、iPhone4よりも薄くなるのでは? との予測は当初からネットユーザーの間でされてきた。 それだけに、「信憑性が高いのでは」 との指摘もある。        しかしながら、模造品やニセモノが流通する中国の通販サイトだけに、慎重な意見も少なくないようだ。 ちなみに、昨年9月に 「iPhone5はカードのように薄くなる」 との情報もあったのだが、これは間違いではなかったのかもしれない。          果たして、本当にiPodTouch並みに薄くなるのだろうか? 早く製品に関する正確な情報が、公開されると良いのだが。  (rocketnews24.com)          早くiphone3Gからiphone5に機種変更したいな~~!!         ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカ・アップルの社員が、スマートフォン 「iPhone」 の試作機を飲食店に置き忘れ、第三者の手に渡った可能性が報じられました。          iphoneをめぐっては昨年も同じような騒動が起きている。 試作機を拾った人物が米IT系ブログメディアに売り渡し、アップルが公式発表する前に機器の特徴がインターネット上で公表されてしまったのだ。 情報漏れには特に敏感と言われるアップルが、2年続けて同じ失敗を繰り返したのだろうか。                       アイフォーン4の試作機も紛失騒動が起きた                                       iphone4の試作機も紛失騒動が起きた            アメリカ・オンラインニュース 「CNET」 の2011年8月31日付記事によると、アイフォーンの次期モデルと思われる試作機が7月下旬、サンフランシスコのメキシコ料理店に残されていたという。 アップルの社員が持ちかえるのを忘れたようだ。 数日のうちにアップルが警察に捜索を依頼し、試作機が紛失した当日に店にいた20代男性が特定された。 だが捜査員とアップルの担当者が男性の自宅を訪ねたところ、「電話機のことは知らない」 と全面的に否定。 家の中も捜索したが何も見つからなかったと、CNETの情報筋が明かしている。            記事では試作機が、物品の売買、交換情報を掲載するコミュニティーサイト 「クレイグズリスト」 に200ドルで出品された可能性に触れているが、真相は不明だ。 新型iphoneの形状や特徴、現行モデルのiphone4との違いも情報が一切出ておらず、誰の手に渡ったのかも含めて不確かな点が少なくない。          実はiphone4も、発売2か月前の2010年4月に試作機が 「流出」 して大騒動になった。 アップルの社員が酒場に置き忘れ、近くに座っていた男性が拾って持ちかえったという。 しかもこの男性は、米ITブログメディア 「ギズモード」 の編集者と接触し、試作機を5000ドルで売却したというのだ。 その後ギズモードは、「新型アイフォーンの特ダネ記事」 として、機能を写真付きで紹介、話題をさらった。              だがアップルが黙っていなかった。 試作機を無断で売り払った男性はその後、拾得物横領罪で起訴されたのだ。 編集者も家宅捜索を受けたが、不起訴処分となっている。        iphoneは、例年6月に開かれるアップルの開発者向けイベントで新作が発表されるのが 「恒例」 となりつつあった。 しかし2011年6月のイベントでは 「iphone5」 の 「お披露目」 は見送られ、今日に至るまでアップルから発売日を含めた正式なアナウンスはない。        それでも世界的な人気を誇るiphoneだけに、次期モデルのうわさは続々と出ている。 iphoneの製造会社が本社を構える台湾のITニュースサイト 「DigiTimes」 は8月29日、 「画面サイズはiphone4より小さい3.5~3.7インチで、背面は金属製」 との予測記事を掲載した。 発売日をめぐっては「2011年9月か10月」という説が出回っている。   米国では、iphoneを取り扱う通信会社がAT&T、ベライゾンの2社にスプリント・ネクステルが加わり、大手3社による販売態勢が実現するのではないか、と伝えられた。          一方、開発中の製品に関する情報統制が厳しいことで有名なアップルが、2年続けて 「社員の置き忘れ」 といったミスでiphoneの新作を外部に漏らすだろうか、と考える向きもあるようだ。  今回のニュースを報じた各ネットメディアの記事のコメント欄を見ると 「本当に置き忘れただろうか。 クサいな」  と疑う人だけでなく、「ある種のマーケティングなのでは」  と少々うがった見方も出た。   (j-cast.com)                ツイートこの記事をつぶやく
      ティム        アメリカで最も力のあるゲイ、としても有名ですね。        ジョブズ氏の辞任表明で新CEOに指名されたティム・クック氏。         コンピューターの歴史に大きな足跡を残すボスの後を引き継ぐことになるわけです。 が、彼は今までもすでにその力を発揮してジョブズ氏のピンチヒッターになったことが何度もありました。 最近では今年1月からのジョブズ氏の病気療養時、COOであるクック氏がジョブズ氏に代わってAppleの日々の業務を請け負いました。 クック氏の采配の中でも、Appleは業績を伸ばしてきたのです。 また、彼のAppleにおける、需要供給の戦略は実に見事で賞賛を得ています。      一方で、クック氏は最も力のあるゲイの1人としても注目を集めています。 公の場で自らのセクシャリティを語ることはない彼ですが、今やゲイ界の先進的なアイコンともなっています。        世界で最も大きく、人々を魅了し続ける企業の一員から企業の顔であるCEOへとなるクック氏、シリコンバレー1有力なゲイから世界1有力なゲイへとなるクック氏。 彼は一体どんな人なのでしょう?        

  基礎データ

    110124tim_top2.jpg 年齢  50歳        職務    Apple CEO(前CEOのジョブズ氏より指名される。役員会はこれを承認する見通し。)        生い立ち    クックはアラバマ州ロバーツデール出身、父親は造船所作業員。 1982年同州オーバーン大学で工業エンジニアリングの学位をとり、1988年デューク大学でMBA取得。    「Intelligent Electronics」 というコンピュータ再販業者で働いた後、IBMのPCロジスティックス部門12年勤務、コンパック企業コーポレートマテリアルズ部門VPを経て、1998年Apple入社。 事業部上級VPとしてコンピュータ製造を管理します。後に国際営業部とMacintosh部のチーフに昇進。      資産  Apple株で1億3600万ドル相当の資産価値。         (;゚д゚)ェ. . . . . . .  資産が1億3600万ドル(約105億円)          アメリカって桁が2ケタぐらい違うな!!           ツイートこの記事をつぶやく
       ソニーが今秋、タブレット型端末の発売を予定している。 グーグルが開発した基本ソフト(OS)、「アンドロイド」 の最新版を搭載し、アップルの 「iPad」 をはじめとする先行組を追撃する。          新型機のひとつの目玉となりうるのが、プレイステーション事業を抱えるソニーならではのゲーム機能だろう。 だが、タブレット型端末でゲームを楽しめるようになれば、家庭用ゲーム機の需要に影響を及ぼすのではとの心配も聞かれる。                   9月にも発売のうわさがあるソニータブレット                9月にも発売のうわさがあるソニータブレット          現在開発中の 「ソニータブレット」 は、2011年4月26日に開かれた 「ソニーITモバイルミーティング」 で2種類の試作機が発表された。 ひとつは 「S1」 というコードネームで呼ばれる、9.4インチサイズの画面をもつモデルだ。 もうひとつの 「S2」 は折り畳み式で、5.5インチディスプレー2つを搭載する。 発表の席で、ソニー業務執行役員の鈴木国正氏は、ジャケットの内ポケットからS2を取り出し、持ち運びの便利さをアピールした。          「S1」 では、映画や音楽の視聴に加えてゲームを楽しむための操作性にこだわったという。 実は 「ソニータブレット」 発表の3か月前、プレイステーション(PS)を手掛けるソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、アンドロイドOSを搭載する携帯型端末でPSのゲームができるようなプラットフォームを発表していた。 さらに、アンドロイド端末からアクセスしてゲームコンテンツを購入できるマーケットの新設も予定していると明かした。          「ソニータブレット」 は、アンドロイド用のPSゲームプラットフォームを持つタブレット型端末第1号となり、初代PSの複数のゲームが楽しめるようになるという。 「モバイルミーティング」 では、タブレットの画面上に操作ボタンが表示され、ゲーム機と同じ要領でプレーする様子が披露された。            例えば今後、開設予定のオンラインマーケットで最新版ゲームを 「ソニータブレット」 にダウンロードできるようにすることもありうる。 PS事業で培った経験やノウハウを効果的に生かせれば、独自のゲーム事業を持たない米アップルや韓国サムスン電子といったメーカーのタブレット型端末と差別化できるかもしれない。 だがそうなれば、ゲーム機としての需要がタブレット型端末と家庭用ゲーム機に分割され、家庭用ゲーム機の需要に影響することも考えられる。            似たような話がある。米マイクロソフト(MS)が、「ウィンドウズ」 OSの次世代版 「ウィンドウズ8」 に自社のゲーム機 「Xbox360」 の機能を搭載するのではないか、という話題だ。 仮に実現すれば、ウィンドウズOSを搭載するパソコンでXbox360のゲームができるようになる。 このため 「Xboxはいらなくなるのではないか」 との意見も出た。 ただし現時点では憶測レベルに過ぎない。 ハードウエアの処理能力の面を見ると実現は難しいだろう、との指摘も出ている。          だが 「ソニータブレット」 の場合、PSのゲームができるようになるのはまず間違いない。 ソニー広報に 「ゲーム専用機の需要に影響が出るのではないか」 と聞いたところ、      
「ソニータブレットの場合、手軽にゲームを楽しめる点がポイントになると思います。 一方、ゲーム専用のPS3やPSPは、ゲームへの没入感をはじめ、(パソコンなど)汎用の機械とはユーザーが体感できる質が違います」
      と話し、ゲームをどう楽しむかで「すみ分け」ができるとの考えを示した。               現時点では、ソニータブレットの完成版はまだ発表されていない。 米国のIT系オンラインニュースでは、その発売時期について 「2011年9月の最初の2週間」 と報じたが、ソニー広報は回答を避けた。  (j-cast.com)          ツイートこの記事をつぶやく
      ジョブス        アメリカ・アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)が辞任。         2004年にすい臓がんを患い、2009年には肝臓移植を行い、今年1月からは 「病気の治療に専念する」 ため休職していたジョブズ氏だったが、後任にティム・クック最高執行責任者(COO)を充て、自身は会長職に退く。        ジョブズ氏の アップルCEO辞任は、ここ数か月間予想されていたことだったが、発表は驚きをもって迎えられただろう。 21世紀のリーダーとして、ジョブズ氏のインパクトは明らかだといえよう。        ジョブス氏が世界最高のCEOの一人として記憶されるに至った5つの理由を、ここに挙げよう。          1)反官僚主義だった      官僚主義者は、ジョブズ氏をアップルから引き離そうとし、一時期はそのようになった。 しかし同社がコンピューターメーカーとして失敗しそうになると、ジョブズ氏は復帰した。 彼は 「私はおそらく、商売がうまくなかった。 しかし消費者を知っている」 と述べた。 そして彼はそのような人物だった。          ジョブズ氏はアップルを自分の手で再構築し、携帯型音楽プレーヤー 「iPod」 を開発しながら、バックオフィスサポートとメディアプレーヤー 「iTunes」 のセールスに専念した。 その後、官僚主義者はおそらく、携帯端末 「iPhone」 よりも先に、タブレットPC 「iPad」を発表したのだろう(アップルのデザイナーはジョブズ氏に、iPhoneよりもiPadを先に見せていた)。 しかし彼の中の本能が、消費者はまだiPadを受け入れる準備ができていないと告げた。          そのため、ジョブズ氏はiPhoneを先に発表し、数年後にiPadを発表。 このタブレットPCは大ヒットした。 世界がこの製品を受け取る準備ができていたからだ。          今、アップルはスマートフォン・セールスで世界を牽引している。          ジョブズ氏はビジネスの天才だ。 なぜなら彼は常に、大規模ビジネスの逆をいき、大きな一つのグローバルビジネスをつくり上げたからだ。          2)消費者を知っていた        ジョブズ氏はアップルを、消費者の感覚に従い、カウンターカルチャーを掲げるハイテク企業として築いてきた。 ジョブズ氏は、消費者がスリム化されたシンプルなテクノロジーを欲していると感じ、それらを常に商品化している。      iPhoneはマックコンピューターにつなげて利用できる。 マックコンピューターはiPodにつなげて利用でき、iPadはiPhoneにつなげられる。 アメリカ国内でのハイテク機器のトレンドは正反対だが、ジョブズ氏は消費者が欲する 「シンプルな製品、多様な展開」 を実現した。 彼は消費者を知り、製品を送り出した。            3)好きなことを行った        ジョブズ氏にとって、プロフェッショナルな領域もまた熱中するものだった。 彼は製品を愛し、人々を愛し、革新を愛した。 そしてそれら3つを、おそらくはどんな企業のリーダーよりも良くつなげたのだ。        彼は仕事を愛し、同じものを愛する人々を雇用した。 その結果、アップルはすばらしいシナジーを持つ会社となった。 社員は製品を愛し、人々を愛し、革新を愛した。 それは広範囲でうまく働いた。          4)小さく考え、大きく実行する        スティーブ・ジョブズ氏はかつて、「宇宙にくぼみを作りたい」 と述べ、アップルのリーダーとしてまさにそのような大きな事業を成し遂げた。 また同時に、とても小さなことも考えてきていた。      たとえば、ジョブズ氏はiPodの機能性について心配していた。 またiPhoneのタッチスクリーンの使いやすさにこだわっていた。      iPhoneは世界を牽引した。 しかしジョブズ氏は毎日、iPhoneが多くの人に求められるものになるようにどのように開発していくべきか、というような小さなことを考えている。 それはどんなことだと思うか? 彼らが行うだろう。            5)失敗から学び、革新する        アップルはこれまで、ジョブズ氏と何度もつまづきを経験してきた。そのため彼は、同社のリーダー職を一度離れている。しかし彼が同社に戻ったとき、以前よりもその役割にふさわしい強さを備えていた。彼は失敗から学び、恐怖を克服したのだ。  (ibtimes.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
       25日のソウル株式市場でサムスン電子の株価が上昇している。 同社と米アップルとの係争で、オランダの裁判所がアップルが訴主張する特許侵害の大半を認めなかったことを好感している。        アップルは、サムスン電子がスマートフォン(多機能携帯端末) 「ギャラクシーS」 「ギャラクシーS2」 「ギャラクシー・エース」 の3機種でアップルの特許3件を侵害していると主張していたが、裁判所はスクロールやブラウジングに関するアップルの特許1件のみを侵害していると認定した。        アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)が辞任すると発表したことも、同社株の支援材料となっている。          0145GMT(日本時間午前10時45分)時点でサムスンの株価は約3.1%上昇。 総合株価指数の上昇率1.7%を上回っている。  (reuters.com)          株価までも影響する人物ということだったということですね。  当たり前か!?                ツイートこの記事をつぶやく
Page 3 of 8«12345»...Last »