憲法がしゃべった        7月21日に行われた第23回参議院議員選挙は、自由民主党の圧勝に終わった。 その選挙の大きな争点の一つが「日本国憲法」の改正だった。      現行の憲法は、終戦直後の1947年5月3日に施行されたもので(公布は1946年11月3日)、66年経った現在に至るまで、一度も改正されたことがない。 しかし、60年以上も時が過ぎると、当時の条文が今の時代に合わないと感じられるような部分も出てくる。      そうした背景の中で、近年、憲法改正への動きが高まっているのだ。        しかし、日本に暮らす私たちの中には――政治に無関心な人たちがいるのと同じように――国のルールである憲法について全く無関心な人たちもいる。 憲法改正が自分の生活にどのような影響を与えるのか。 今ある憲法が自分の生活にどのような恩恵をもたらしているのか。 それを想像できなければ、自分ごととして考えるのは難しいのかもしれない。      それでも、日本に暮らす私たちは、国のルールの概要は知っておくべきだろう。 私たちの 「基本的人権」 は憲法によって保障されているし、この国を動かす統治機構の仕組みも憲法に規定されているからだ。      私たちは “公共の福祉” に反しない限りは、どのような表現をしても、どのような宗教を信じても、どのような研究をしても自由だ。 そのことは、日本国憲法の中でしっかりと明示されている。        ここで覚えておいてほしいことがある。 それは、現行の日本国憲法は、国民をしばるためにあるルールではないということだ。      憲法がしばるのは、日本という国。      つまり、国民の自由を保障するために 「国の活動をしばるルール」 が、憲法なのだ。 これは立憲主義の憲法を持つ国では、当然のルールとされている。        これに対して、2012年4月に自民党が発表した憲法改正草案には、さまざまな条項案が書かれている。 改正案に対しては、憲法改正論者からも反対が出るなど、多くの考え方が示されている。 忘れてはならないのは、改正案も、最後は 「国民投票で決める」 ということだ。 「あなたが投ずる一票」 が、日本のルールを変えることになるかもしれない。 変えるべきか、変えるべきでないか。 それをあなたが投票する日が、近い将来やってくるかもしれないのだ。そのときのためにも、今から憲法の基礎は学んでおくべきといえる。 国民一人ひとりが時間をかけてじっくりと考えるべきことだからだ。        今回の参議院議員選挙で大勝した自民党が、憲法改正に向けてどう動くのか、私たち国民は見守っていかなければならない。 その上で大切なのが、今ある 「日本国憲法」 の姿とその歴史を知っておくこと。        これまで25冊の本を書いてきた弁護士の木山泰嗣さんが2011年3月に出版した 『憲法がしゃべった。』 (すばる舎/刊)は、「けんぽうくん」という謎のキャラクターが登場する異色作。 その話を聞くのが、2人の子どもだ。 権力を握ろうとするライオンの顔をしたライ男、いじめられっ子でシマウマの顔をしたシマ男だ。 夏の晴れた日の公園で、けんぽうくんがしゃべる 「憲法」 には、憲法以外の意味も隠されているようにも読める。 不思議なキャラクターが織りなす物語を読むうちに、自然と日本国憲法のことが分かる、今までになかったタイプの本。        発売当初から 「感動した」 「やさしい気持ちになれた」 「親子で読みたい」 と評判だったが、今、再び注目を集めているという。 やさしい言葉で語られており、たしかに分かりやすい。 童話のような物語を通じて、子どもでも興味を持てるはずだ。 夏休みの今、親子で一緒に読むのもいいだろう。        日本国憲法は、私たちの生活に深く根付いている。それが理解できれば、憲法改正によってどんなことが変わるのか、どんな利益があって、どんな不利益があるのか、なんとなくでも想像つくはずだ。      まずは、今ある憲法に興味を持ち、その中身を知ること。 そこから始めてみてはどうだろうか。(getnews.jp)                            ツイートこの記事をつぶやく
            ライン        LINEは、無料通話・メッセージアプリ 「LINE」 について、年内に世界3億ユーザー獲得を目指す。 同社が8日に発表した2013年第2四半期業績発表資料において、目標数値が公表されました。        同社の第2四半期決算は、主力事業の 「LINE」 におけるユーザー数が急増し、大きな成長を遂げた。 連結売上は前年同期比約3.5倍の128億円となった。        LINEは今年1月に世界における登録ユーザー数が1億を達成、その半年後となる6月21日に同2億を突破した。 同サービスは2011年6月23日にスタートし、加速度的にユーザー数を獲得している。        同社の森川亮代表は 「世界共通のコミュニケーションインフラとなることを目指し、まずは年内までに世界3億人以上のユーザー獲得を目指したいと考えています」 と発表資料中にコメントを残している。(mynavi.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
                浮気1               「異性について、どこからが浮気か」男性の回答                 浮気2               「異性について、どこからが浮気か」女性の回答        どこからが“浮気”なのか――今も昔も男女問わず繰り返し議論され、そしてなかなか答えの出てこないこの疑問。 昨今では“セフレ”や“キスフレ”という言葉も一般化しつつあり、浮気の線引はさらに多様化しているようだ。        浮気比較                  「異性の浮気に関する意識調査」グラフ        匿名で本音や愚痴をつぶやけるSNSサービス・Arrowの男女ユーザーを対象に行なわれた 「異性の浮気に関する意識調査」 の結果によると、男性が浮気だと考えるラインは 「キス」 (25.8%)が1位。 一方女性では 「遊びに誘う・行く」 (22.7%)や 「気持ちが動く」 (20.5%)の段階でアウトのようだ。      また、「セックス」 や 「手をつなぐ」 「後ろめたい。嘘」 などのほかに浮気だとする自由回答では、「メールもして欲しくない」 や 「電話番号やメールアドレスを交換したら」 という厳しい意見もあったが、その一方で、「優先順位が変わらなければOK」、「3センチまでならセーフ」 などといった寛容な意見も見受けられた。(rbbtoday.com)        男性諸氏お気をつけあれ!!                           ツイートこの記事をつぶやく
       2013年6月の全国消費者物価指数(CPI、2010年=100)は、値動きが激しい生鮮食品を除くベースで100.0と前月比で横ばい、前年同月比で0.4%上昇した。 5月に12年10月以来7か月ぶりにマイナス圏を抜け、さらに上昇。前年比プラスは1年2か月ぶりだ。          ただ、景気回復に伴う物価上昇と言うよりは、原発の停止で火力発電の燃料費がかさむ電気代など、円安による輸入物価の上昇の影響が大きい状況はそのまま。 今後も物価は上昇する見込みだが、賃金上昇が伴わないままだと 「何のためのアベノミクスか」 との不満が広がりそうだ。            総務省が2013年7月26日に公表した6月の全国消費者物価指数によると、前年同月比の上昇幅(0.4%)は2008年11月の1.0%上昇以来の大きさだ。 ガソリンや電気代、灯油などのエネルギーによる総合指数の上昇幅は0.27ポイント拡大。 逆に、生鮮食品を除く食料による総合指数の上昇幅は0.02ポイントとわずかだった。          生鮮食品を除く食料では、シーチキンなど魚貝缶詰やかつおぶしの値上がりの影響もある。          国内では2013年春以降、食料品などの値上げ表明が相次ぎ、7月には実際の値上げも相次ぐ状況にある。 多くの食品の原料となる小麦粉(家庭用)は2~7%の値上げとなり、小麦粉を使う食パンや菓子パンも同程度に値上げされる。          パン大手の山崎製パンが2年ぶりの値上げ対象としたのは、主力商品の 「芳醇(ほうじゅん)」 「超芳醇」 といった食パンで、上げ幅は3~6%。 「高級つぶあん」 のような菓子パンの価格も同程度に引き上げる。          このほか、食用油、マヨネーズ、ハムやソーセージといった調理に欠かせない品目も7月から軒並み数%~10%程度の値上げとなった。          燃料調達費などを反映して毎月改定される電気料金も値上げが続いている。 東京電力、関西電力など全国の10電力は8月まで5か月続けての値上げとなり、標準世帯の月額も過去最高を更新し続けている。 電力同様に燃料が必要なガス大手4社も値上げが続いている。          先行きもなお、為替やエネルギー価格に左右される見通しで、7月もガソリン価格の上昇で、プラス幅が拡大する可能性がありそうだ。              ここで注目すべきは、6月の全国消費者物価指数(CPI)が、食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数でみると、前年同月に比べて0.2%下落したこと。 下落幅は前月より0.2ポイント縮小したとはいえ、なおマイナス圏にあるのも確かで、食料とエネルギーがCPIを引き上げる 「主役」 であることを示している。          同時に発表された全国の先行指標となる7月の東京都区部のCPI(生鮮食品を除く)は、前年同月比で0.3%上昇した。 3か月連続のプラスで、上昇幅は6月(0.2%上昇)から拡大した。けん引役は、ガソリン代と電気代だ。          総合指数は0.4%上昇、食料及びエネルギーを除く総合指数は0.4%低下した。 物価は上昇基調にあるが、こちらも食料とエネルギーを除いてはマイナス圏にある。          一方、賃上げのほうは足取りが重い。 大手企業が集結する日本経済団体連合会の2013年夏の賞与の妥結状況の一次集計(64社)によると、平均の前年比は7.37%伸びて84万6376円。 臨時収入が増えれば、「少しぜいたくしてみようか」 という気分が起きるかもしれないが、この集計には電機など、経営状況の 「厳しい」 ところが含まれておらず、全体の趨勢を示しているかは疑問符もつく。          新生銀行の調査によると、2013年のサラリーマン(20~50歳代男性)の 「月額お小遣い」 はバブル崩壊後のワースト記録を更新し、3万8457円。 昼食代は518円で、弁当持参派は3割強だったという。 吉野家の牛丼(並盛280円)が支持されるのも頷ける結果だ。 株高で余裕のできた富裕層とは異なる、資産を持たない層のすそ野の広さをうかがわせる。          エコノミストの一部には、「賃金上昇で購買力が底上げしないなかでは、物価上昇は持続性を伴わないことが多い」 との指摘もある。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
      アストンマーチン        今年、創業100周年を迎えた高級スポーツカーブランド・アストンマーチンは、1年にわたり世界で記念イベントを開催。 イベントの締めくくりは本国イギリスでおこなわれ、新旧550台もの車両を目にするために、5万人ものオーナーやファンが集結した。      このイベントは7月22日、ロンドンのケンジントンガーデンズで開催。 映画 『007』 シリーズに登場した歴代の車両をはじめ、歴史を彩るアストンマーチンブランドの名車が勢揃いした。 合計550台もの車両の時価総額は10億ポンド(約1512億円)にのぼり、アストンマーチン車を集めたイベントとしては史上最大規模となった。      現存するアストンマーチン車として最古の 『A3』 から最新の 『ヴァンキッシュ』 の100周年記念エディションまでの歴代ロードカーはもちろん、カスタムメイドのザガートモデル、ベルトーネモデルのほか、アストンマーチンとは切り離すことができないモータースポーツの世界からも伝説の名車と呼ばれる 「DB4 GTザガート」 など新旧レーシングモデルも展示され、人々は目を輝かせた。      まさに豪華絢爛、アストンマーチンの歴史を感じることができるケンジントンガーデンでのイベントの様子、そしてロンドンのフリーメーソンズホールでおこなわれた前夜祭の様子は動画共有サイトYoutubeで公開されている。        その動画は、        Aston Martin Centenary – Kensington Gardens July 2013      Aston Maetin Centenary – Freemasons’ Holl – July 2013        こういう動画を観ると、Aston Martin 手放そうかと思ったけどやっぱり乗っていようかな!?                                       ツイートこの記事をつぶやく
                   三原じゅんこ        自民党の三原じゅん子参院議員(48)は議員宿舎に住んでいないとフライデーが報じ、三原議員はブログなどで反論を繰り広げている。 秘書と同棲中とされたことについても、否定的なコメントをしている。          三原じゅん子議員の後をうかがうように歩くのは、年下の 「イケメン男性」――。 フライデーの2013年8月2日発売号は、こんな写真とともに、「 『議員宿舎に両親住まわせ』 公設秘書と同棲中」 と大きく報じた。        記事によると、三原氏は、少なくとも7月2、9、15~19日の間は、東京都千代田区の参院議員宿舎には泊まっておらず、港区の高級マンションにいた。 マンションには、公設第1秘書の男性(38)と一晩中いたことを確認したという。          議員宿舎には、三原氏の両親が住んでおり、実際に参院選投票日の7月21日には母親が出てきたことを確認したとした。 体の具合が悪いという父親については、確認できなかったとした。          また、フライデーが議員宿舎の受付係員に取材したところ、三原氏はなかなか帰ってこず、母親らだけが住んでいるらしいと聞いたという。          参院議員宿舎は、議院運営委の庶務関係小委員会で、家族や秘書だけでは住むことができないと決められている。 ちなみに、宿舎は、2DK~3DKの部屋を3~6万円の家賃で借りることができる。          フライデーはさらに、2人は内縁関係に見えることから、配偶者を公設秘書にすることを禁じた国会議員秘書給与法に触れる恐れがあると主張した。          記事によると、三原氏は、取材に対し、本当に議員宿舎に住んでいると説明した。 マンションに毎日行っているのは、宿舎で飼えない犬にエサをやるためだという。 マンションの部屋は、三原氏が取締役をしている芸能関連会社の事務所で、それを秘書が使っているということだった。            フライデーの報道について、参議院の広報課では、J-CASTニュースの取材にこう答えた。
      「参議院で事実関係を調べたり本人に聞いたりしたとは聞いていません。何か問題があればそうしますが、その動きはないです。 こちらでは、本人が住んでいるかどうかは把握していません。 秘書の方は、配偶者ではないようですので、法に触れることにはならないと思います」
         議院運営委の理事会が2013年8月5日に開かれたが、報道について特に質問は出なかったという。          一方、三原じゅん子議員は、フライデー発売の前日に内容を察知してブログを更新し、記事への反論を展開した。          そこでは、秘書は地方に行くときの随行担当をしており、記事にあった期間は参院選の応援に駆け回っていたので一緒にいただけと説明した。 それ以外は、秘書と別行動をしているという。 秘書とは仕事で10年以上の付き合いだが、当然配偶者ではないとしている。          宿舎受付の話については、受付が記者に議員個人のことを言うわけがないとした。 そもそも正面入口から出入りすることは少ないという。 両親は田舎で日当たりのいい家でのんびり暮らしていたいのに、体の不自由な父がいるので傍にいてもらうために宿舎に来てもらって、申し訳なく思っているという。 記事中に三原氏の知人の話が出てくるが、母親は毎日宿舎にいて介護をしていて、近所にも友達もいないのでなぜこんな話が出るのか分からないともした。          ただ、ブログでは、議員宿舎に住んでいるかは明言していない。 三原氏の事務所では、J-CASTニュースの取材に対し、「従前に説明している通りで、それ以上付け加えることはありません」 と答えている。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
      どん        ステーキチェーンの 「ステーキのどん」 は8月29日の “肉の日” に、「残暑の期間の夏バテ防止や夏休み最後の思い出作りに」 との想いを込め、ステーキの食べ放題を実施する。 実施店舗は全国72店舗で、価格は2,000円(税込み)から。        今回の 「ステーキ食べ放題」 は2時間制で、2つのコースを用意。 2,000円の 「カットステーキ食べ放題コース」 は、カットステーキ、ハンバーグ、チキングリルが食べ放題となる。      もう一方の 「リブロインステーキ食べ放題コース」 は2,500円で、リブロインステーキ、カットステーキ、ハンバーグ、チキングリルが食べ放題に。 いずれのコースも初回にステーキ+どんハンバーグ+チキングリルの3品が提供され、それを完食してから次の肉が注文できる流れだ。      なお、食べ放題コースは1人でもOK。 また、小学3年生以下の子どもが対象の 「お子さま食べ放題コース」 も500円で提供する。(narinari.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
                                         韓国ネタ        サッカー日韓戦で起こった 「横断幕」 騒動をめぐり、韓国のテレビ番組でタレントが 「日本応援団に福島産さくらんぼを送ったよ」 などと原発事故にからめて日本を揶揄するような 「ネタ」 を演じていたことがわかった。          番組は韓国の公共放送局KBS2で2013年8月4日に放映された 「ギャグコンサート」 だ。 この日は、韓国人お笑いタレントのカク・ポムさん(26)が出演し、さっそく日韓戦に関する漫談を始めた。        番組の模様を報じたスポーツ朝鮮、東亜日報など韓国各紙によると、カクさんは、「韓日戦、韓国は負けたけど両チームとも応援する姿がよかったね」 と語り始め、        「日本応援団は旭日旗まで振りながら応援していた。 そこで私は彼らにプレゼントを贈ったよ」       と、懐からさくらんぼを取り出した。          「体にいい福島産さくらんぼだ」          さくらんぼといえば、福島県の名産品の1つだ。 福島第1原発事故と絡めて放射能入りといいたいらしい。 ちなみに福島県産さくらんぼについては、県が正式に 「安全宣言」 を出している。          この「ギャグ」に会場は大爆笑となった。 そこで共演者が 「私も食べよう」 と手を伸ばそうとすると、カクさんはそれを止め、        「 『身土不二』 (地元の食材が地元の人間には相性が良い)って言うでしょ? これはあの人たちだけで食べなきゃいけない」            風評被害に苦しみながら、地元農業の復興に力を注ぐ関係者の傷口にまさに塩を塗るような発言だ。 しかしこの返しに、カクさんにはさらに大きな喝采が巻き起こったという。          韓国メディアは、「無礼な日本サポーターにきつい一刺し」 などと、そろってこのネタを好意的に報じている。 ネット上では 「いくらなんでも対外的に危ない発言だ」 と批判する声もあるというが、    
「風刺ギャグで胸がスッとした」   「福島産さくらんぼネタ、痛快だった」
      などと、韓国内ではおおむね好評のようだ。(j-cast.com)                            ツイートこの記事をつぶやく
     パナソニックがNTTドコモに対し、今冬のスマートフォン(多機能携帯電話)の新製品供給を見送ると伝えたことが5日、分かった。         ドコモがソニーと韓国サムスン電子の端末を大幅に安くする戦略を打ち出し、自社製品の販売拡大は難しいと判断した。         パナソニックのスマートフォンは、ドコモが事実上の唯一の供給先。 今冬モデルの供給見送りに伴い、新製品の開発は中止する見込みだ。(kyodo-d.jp)        ツイートこの記事をつぶやく
      涙活        ある友情を映し出したCMが感動的だと話題になっている。 そのCMとは、日本でも有名なドッグフードメーカーのシーザーが作成した 「Cesar: Love Them Back-2013 Advert」 だ。        このCMの主人公は、ある老人男性とワンコの仲良しコンビだ。 二人は何をするにも一緒! 一見、何気ない日常を描いた動画だが、これに多くのネットユーザーが涙しているという。 それはこの動画を最後まで見ると 「ワンコが人間の最良の友であること」 がよくわかるからである。        老人と犬は二人で静かな町に暮らしている。 朝一緒に目覚め、一緒にご飯を食べ、そして一緒に出かけていく。 今日の目的地は大切な人のお墓だ。 老人は終始穏やかな表情だったのに、お墓の前に立つとふと寂しげな表情に……そんな彼を見てワンコはある行動に出るのだ! そのワンコの健気な様子は是非動画でご覧いただきたい。        なお、この動画には世界中から以下のようなコメントが寄せられている。        「泣けた。とっても素敵。」    「見るたび涙しちゃう。」    「涙が止まらないよ」    「いい CM だな。絶対の愛だ。」    「ただただ素晴らしい。」    「一本の映画を観ているようだ。」    「オーマイガー!かわいい!この CM は真実だとおもう。犬はベストフレンド。犬は人間のことをよくわかっているよ。」    「ははは、28秒のとき犬がくしゃみしたから老人が花束の持ち手を変えたね。」        その愛くるしい姿で私たちを癒してくれるワンコ。 だが、ワンコは可愛いだけじゃない。 嬉しいとき悲しいとき、どんなときもいつも人に寄り添ってくれる一番の理解者でもあるのだ。        このCM自体はフィクションである。 しかし、世界中にはこの老人とワンコのような友情がきっといくつも存在するのだろう。(rocketnews24.com)        その動画は、  Cesar: Love Them Back-2130 Rdvert      今流行の涙活ですね!!       ツイートこの記事をつぶやく