黒部ダム        旅行クチコミサイト 「TripAdvisor」 の日本法人トリップアドバイザーは9月26日、同サイトに投稿された口コミ評価をもとにした 「行ってよかった無料観光スポット 2013」 を発表した。      このランキングは、無料で利用できる日本国内の観光施設を対象に、過去1年間の日本語の口コミでの評価をもとにランキングしたもの。 富山県にある 「黒部ダム」 が2年連続で1位に選ばれたほか、企業博物館や工場などのPR施設のほかに、遺跡や大学キャンパス、展望台から旧駅舎まで、無料とは思えない大満足の観光スポットが全国からランクインしている。      ◎ 行ってよかった無料観光スポット 2013    1位  黒部ダム(富山県)    2位  インスタントラーメン発明記念館(大阪府)    3位  航空自衛隊 浜松広報館(エアーパーク)(静岡県)    4位  三内丸山遺跡(青森県)    5位  椿山荘 庭園(東京都)    6位  北海道大学札幌キャンパス(北海道)    7位  奈良町の町家(ならまち格子の家)(奈良県)    8位  サントリー山崎蒸溜所(大阪府)    9位  ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道)    10位  えびせんべいの里(愛知県)    11位  旧大社駅(島根県)    12位  オリオンビール名護工場(沖縄県)    13位  松本市アルプス公園(長野県)    14位  海上自衛隊呉史料館(広島県)    15位  桂離宮(京都府)    16位  Befco ばかうけ展望室(朱鷺メッセ)(新潟県)    17位  野毛山動物園(神奈川県)    18位  万国津梁館(沖縄県)    19位  サントリー京都ビール工場(京都府)    20位  東京大学(本郷キャンパス)(東京都)   ※各スポットの口コミや投稿写真、地図などの詳しい情報は特設ページ参照 (http://www.tripadvisor.jp/pages/FreeAttractions_2013.html)      2年連続で1位に選ばれた 「黒部ダム」 は、ダムまでのアクセスに有料の交通機関の利用が必要だが、ダムや資料館、展望施設などの関連施設は無料で見てまわるが可能だ。 口コミでは 「50年以上前に、このようなダムを完成させた人間の底力を感じさせられました」 「放水は圧巻ですが、11時頃には虹も見え幻想的でした」 など、その迫力を讃える意見に加え、車いすで訪問した旅行者から 「バリアフリー対策がしっかりしていて、駅員の方も親切で、車椅子の方もきっと楽しめます」 といった意見も。           ラーメン博物館        2位にはインスタントラーメン発祥の地である大阪府池田市の 「インスタントラーメン博物館」 がランクイン。 入場料は無料で、歴代のインスタントラーメンや世界のインスタントラーメンの展示などが楽しめるほか、自分好みのカップヌードルが作れるプログラムや小麦粉からチキンラーメンを作るプログラムなどの、有料のプログラムも人気だ。             航空自衛隊        3位には浜松市にある航空自衛隊の広報施設 「航空自衛隊 浜松広報館(エアーパーク)」 がランクイン。 コックピットで撮影も出来る航空自衛隊の実機の展示や無料のフライトシュミレーターなど、充実した展示内容が高く評価されている。      また、トップ20には、北は北海道のウイスキー、南は沖縄のビールの工場など、工場見学が人気の施設が数多くランクインしたほか、意外なところでは、北海道大学札幌キャンパスと東京大学本郷キャンパスもランクインした。      なお、昨年のトップ20からは、「大倉山ジャンプ競技場」 (北海道)や 「羽田空港展望デッキ」 (東京都)、「兵庫県立コウノトリの郷公園」 (兵庫県)、「貨幣博物館」 (東京都)、「シャトレーゼ 白州工場」 (山梨県)、「かねふく めんたいパーク」 (茨城県)などが圏外に脱落した。 (narinari.com)      悲しいかな>< どこも行ったことがない!!       ツイートこの記事をつぶやく

安倍晋三首相は10月にも、国民生活をどん底に突き落とす来年4月からの消費増税の実施を正式に閣議決定する見通しだ。 しかし、今回の増税、国民には一体、何のための増税なのか今もってさっぱりわからない。だからやり場のない怒りと不満ばかりが募っていく。

それは与野党の政治家や大メディアが無責任で場当たり的な説明しかしてこなかったのが原因だ。 この間の増税論議は、政治家たちの詭弁と屁理屈、そして変節のオンパレードだった。 8回も変わった増税の 「根拠」 は以下の通りだ。

増税論議は、【1】 「財政危機論」 からスタートした。 2006年の段階で、谷垣禎一・財務相(現法相)は、「長期債務(国の借金)のツケを子や孫の世代に先送りしない」 と消費増税を主張した。 借金穴埋めのための増税は財務省の悲願であり、同省出身の野田毅・自民党税調会長も 「消費税を上げないと財政破綻する。 国債大暴落になる」 (2010年2月)と財政危機を煽った。

民主党政権は増税反対だったが、菅直人氏が首相になると180度姿勢を転換した。 折からの欧州経済危機で 「このままいったらギリシャのようになってしまう」 (2010年7月)と消費税10%を参院選公約に掲げた。 「子孫にツケを回さない」 も、「ギリシャにならない」 も、財政再建のために増税が必要という論理である。

しかし、参院選で国民が増税ノーを突きつけ、菅政権が敗北すると増税の理由はコロコロと変わっていく。

次の口実は東日本大震災だ。菅首相は震災後、参院選敗北でお蔵入りさせた増税論議を 【2】 「復興財源のため」 という口実で再開した。

面白いことに震災復興のための消費増税に反対したのは自民党と公明党だった。 復興財源のための臨時増税にすれば、復興が終われば税率を戻さなければならない。 そこで消費増税を恒久増税にするため、当時の石原伸晃・自民党幹事長らは 「消費税は社会保障に充当すべきだ」 と言い出した。

菅首相の後を継いだ野田佳彦首相はそれを丸呑みし、【3】 「消費税増税分は全額、社会保障に使う」 (岡田克也・副総理)と国民に説明して民自公3党合意を結んだ。

それがなぜか 【4】 「公共事業のため」 にすり替わる。 国土強靱化を掲げる自民党は増税法案の修正協議で財源を 「成長戦略並びに事前防災」 に使う条項を盛り込み、「財政破綻する」 といっていた野田税調会長まで 「税収のうち5兆円は公共事業に使える」 ことを認めた。

そうなると、法案を成立させるためなら何でもありだ。 【5】 「3党合意だから増税すべし」 という理屈が出てくる。公明党の山口那津男・代表は 「3党協議で結論を出す政治を確立しないと期待が地に落ちる」 と本末転倒な論理を展開し、民自公3党で法案は成立した。

この時点で、政治家は公共事業拡大に欲の皮が突っ張り、「子孫のため」 も 「社会保障」 もどうでもよくなっていたのである。

そして今度は麻生氏が7月23日のG20会議後に 【6】 「国際公約になっている。 上げなかった方がよほど大きな影響を受ける」 と発言。

「経済指標を見極めて判断する」 といっていた安倍首相も、東京五輪の招致が決まった途端、増税実施へと大きく舵を切った。 【7】 「五輪が来たから増税できる」 という思惑が透けて見える。

だめ押しは、国債暴落のリテールリスク論で、非常に可能性は低いが、起きたら対応できないリスクのことを意味する。つまり最後の増税理由は 【8】 「隕石落下ほどわずかな可能性のリスクを避けるため」 だったというのである。

次々と繰り出した増税の理屈の自己矛盾に苦しんだ挙げ句、強引に増税を決め、“七転八倒” の苦しみだけを国民に押しつけたことがよくわかる。 (news-postseven.com)

ツイートこの記事をつぶやく
      金持ち        もし大金持ちになったなら、いろんな使い道を考えると思いますが、とりあえず豪邸に住んでみたいと考える人は多いかと思います。      でも本当のリッチマンというものは、家がただ立派なくらいでは満足しないようです。      富豪たちはこんな風にして楽しんでいるという、22の例をご紹介します。(labaq.com)        1.   金持ちの部屋01  こちらのテーブル、一見すると普通のようですが……     金持ちの部屋02  なんとビリヤード台に変身!      2.   金持ちの部屋03  部屋にハンモック。          3.   金持ちの部屋04 部屋に巨大水槽……というよりもはや水族館。     金持ちの部屋05  さらに寝ながら水族館。          4.   金持ちの部屋06  透明な浴槽。          5.   金持ちの部屋07  どうせなら露天風呂。          6.   金持ちの部屋08  こんな照明。          7.   金持ちの部屋09  吊られたイス。          8. 金持ちの部屋10  天井に丸い筒? これは何かというと……       金持ちの部屋11  すべり台でした。          9.   金持ちの部屋12  上るときは階段、下りる時はすべり台。          10.   金持ちの部屋13  壁や天井の煙突みたいなこれは……         金持ちの部屋14  なんと猫の通り道。          11.   金持ちの部屋15  こちらは外を周遊できるタイプ。          12.   金持ちの部屋16  スリルな気分を味わえる透明床のトイレ。          13.   金持ちの部屋17  雨音が音楽を奏でる排水システム。          14.   金持ちの部屋18  庭にマイ・オフィス。          15.   金持ちの部屋19  階段が本棚……       金持ちの部屋20  しかもこのスケール。          16.   金持ちの部屋21  ガラス張りの囲炉裏。          17.   金持ちの部屋22  足場付きの囲炉裏。          18.   金持ちの部屋23  床にあるのは、丸い収納……?       金持ちの部屋24  なんとワインセラー。          19.   金持ちの部屋25  屋内に子供用のツリーハウス。          20.   金持ちの部屋28  ミニ・ステンドグラスの壁。          21.   金持ちの部屋31  庭に大型プロジェクター。          22.   金持ちの部屋29  これは何かというと……       金持ちの部屋30  スケートボードができます。        以上22点。        大金持ちになれる確率は低くても、こうした部屋を持てたらいいなと妄想するだけでも楽しくなってきますね!!       ツイートこの記事をつぶやく
                    ニューズウィーク        日韓関係の改善が進まないなか、国際情報を扱う週刊誌 「ニューズウィーク日本版」 が韓国の対日姿勢を批判する特集を相次いで組み、話題になっている。 カバーする話題の範囲を広げ、内容も辛らつになっており、読者の評価も向上しているようだ。        2013年8月29日発売の9月5日号では 「暴走する韓国」 と題した特集を組んで日本のネット利用者から注目を集めたばかりだった。 この号では、竹島(韓国名:独島)問題への執着ぶりを主に扱ったが、9月24日に発売された10月1日号では扱い分野も幅広く、論評の内容も辛らつになっている。          表紙では、「反日韓国の妄想」 の主見出しに加えて、朴槿恵(パク・クネ)大統領が何やら想像している様子を表現。 吹き出しの中には、安倍晋三首相が 「731」 の番号が入ったブルーインパルスに乗り込む写真が埋め込まれている。 見方によっては、朴大統領が日中戦争で人体実験を行ったとされる 「731部隊」 と安倍首相とを関連づけたがっている、とも読める内容だ。 それ以外にも、表紙には    
「荒唐無稽すぎる数々の反日ファンタジー」   「歴史問題をめぐるご都合主義の深層」   「世代交代で到来 『過激な反日新時代』」
      といった見出しが並んだ。            特集は11ページにわたって掲載され、「過激化する韓国の反日心理」 と題した記事では、韓国人の特徴として、1965年に締結された日韓請求協定では日韓間の請求権は 「完全かつ最終的に解決された」 とされているにもかかわらず、13年7月にはソウルと釜山の裁判後がこれを無視する形で、戦時徴用に対する賠償金の支払いを日本企業2社に対して命じたケースを取り上げた。 同誌は、これを      
「実は、時に司法までも呪縛する不可解な 『法』 が存在する。 法律や条令はもちろん、憲法よりも国民感情を優先するという 『国民情緒法』 だ」
      と皮肉った。 韓国の反日世論の過激化の背景には、日本のことを良く知り、配慮の必要性を理解していた世代が表舞台からいなくなり、急進的な比較的若い世代が社会の中核を占めつつあることを指摘している。          日本のネット利用者の反応も上々のようで、ウェブサイトの9月5日号の紹介ページででは、現時点でフェイスブックの 「いいね!」 が320ついているが、10月1日号は、すでに400を超えている。            ただ、この 「嫌韓」 戦略には眉をひそめる向きもあるようだ。 かつて同誌の編集長を務めた竹田圭吾氏は9月26日未明、      
「(売れるのかもしれないけど、品が無い表紙だなあ…)」
      とツイート。 ツイートされた時期からして、「品が無い表紙」 が前出の10月1日号のことを指している可能性もある。          ニューズウィークは、韓国では 「韓国版」 が発売されており、最新号の特集は米国のシリアへの軍事攻撃をめぐるものだ。 また、韓国版の独自記事として 「原発が消えた夜」 と題した記事を掲載。 日本国内で唯一稼働を続けてきた関西電力大飯原発(福井県おおい町)4号機が定期検査のために停止する様子を紹介しながら、再稼働へのハードルの高さを解説している。 当然ながら韓国版では、「反日韓国の妄想」 という日本版での特集記事は見当たらない。(j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
      ガヤルドコルセ        ランボルギーニ・ジャパンはこのほど、「ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ」 を発売した。        世界最速のワンメイクレース 「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」 で使用されるレーシングカーを、ほぼ仕様変更なく市販モデル化したという。        同モデルでは、570PSを発揮するレース用のV10エンジンを、仕様変更せずそのまま搭載。 トランスミッションもレーシングカー同様、パドルスイッチで操作できる6速変速のeギヤ・ロボットを標準装備する。        ボディの超軽量構造により、車重は1,340kgとなり、「ガヤルド LP 560-4」 より70kgも軽い。 クイックリリース式の取外し可能なエンジンフードも、レーシングカー同様に装備する。 空力面でも、レーシングカーとまったく同じリアウイングを装備し、最高の空力条件下では、「ガヤルド LP 560-4」 の3倍ものダウンフォースを発生する。 リア・ウィング、フードともに、カーボン複合材を使用している。        「スクアドラ・コルセ」 の名は、アウトモビリ・ランボルギーニ社内に新設された同名の部署に由来している。 同部署はランボルギーニのあらゆるレース活動をマネージメントする部門だ。 また、イベント 「エスペリエンザ」 を主催し、ファンやユーザーに向けて、初試乗とランボルギーニの世界を体験する機会の提供も行う。 「ガヤルド LP570-4 スクアドラ・コルセ」 の価格は3,165万6,450円で、限定生産となっている。(mynavi.jp)                                ツイートこの記事をつぶやく
                     復興        経済産業省出身で、現在は日本貿易振興機構(JETRO)で2015年にイタリア・ミラノで開かれる国際博覧会の日本政府代表を務める男性が、東日本大震災の被災者を中傷する書き込みをブログにしていたことが2013年9月26日わかった。          復興増税について、        「年金支給年齢をとっくに超えたじじぃとばばぁが、既得権益の漁業権をむさぼるため」       などと罵倒に近い内容をつづっている。          13年6月には、復興庁で被災者支援を担当していた元参事官=総務省官房付に異動=が、ツイッターに 「左翼のクソども」 などと市民団体を罵倒する書き込みをしていたことが問題化したばかり。 すでに問題の書き込みは削除されているが、今回のケースは日本を代表する立場の人物によるものだけに、さらに波紋が広がりそうだ。        問題の発言は、震災発生から半年が経った11年9月25日に書き込まれた。 当時の肩書きは、経産省の 「貿易経済協力局貿易管理部安全保障貿易管理課長」。 書き込みでは、財政規律を重視する立場を強調しながら、      
「もともと、ほぼ滅んでいた東北のリアス式の過疎地で定年どころか、年金支給年齢をとっくに超えたじじぃとばばぁが、既得権益の漁業権をむさぼるために そいつらの港や堤防を作るために そいつらが移住をごめるためにかかる費用を 未来のこともたちを抱えた日本中の人々から ふんだくり、綺麗事をいうせいじ」
      と、復興増税を批判。 その上で、      
「増税の是非ではなくパパは復興は不要だと正論を言わない政治家は死ねばいいのにと思う(まぁ、全員、そう言わなくてもいいんだけどせめて、正論すきないしはらちじくらいは東京のど真ん中で叫んで欲しい と思う。)」
      と、東京都の石原慎太郎知事(当時)が 「復興は不要」 だと 「正論」 を述べるべきだと主張した。              参院選直後の10年7月13日には、民主党から出馬して当選した谷亮子氏の写真を掲載して、      
「原作のファンをショックに陥れたあのやばらの豚女が当選しちまった。 その時の自分の似顔絵に日の丸入れる映像がまたシュールなのだが、どうするとあの豚女がこんな似顔絵になるんだよってなもんである」
      と中傷した。            防衛省経理装備局に出向していた10年1月12日には、「じゅる株とくるっぴぃ政権」 と題して投稿。 「じゅる」 が、この直後に経営破綻して上場廃止する(12年9月に再上場)日本航空(JAL)を指しているのは明白だ。 書き込みでは、
      「JUL株をひと山あてようと10万円近く買ってみた。株価98円くらいで仕入れて、くるっぴぃ政権が、いつものとおり何も決断できずに、ずるずる、よろよろ引き延ばして、挙句に公的資金で救済してでるたぁ~航空の指揮下に入って、瞬間的に株価が倍くらいになってパパは、10万円くらい濡れ手にあわわ!の予定であった」
      と、当時の鳩山由紀夫首相を 「くるっぴぃ」 と揶揄しながら、株取引についてつづった。          この男性は、「万博」 を 「わんぱく」 と表記する習慣がある模様で、13年7月13日のブログには、      
「パパは10年ぶりに 『わんぱく』 の仕事をすることになった わんぱく自体は大して面白いわけではないのだが、わんぱくの仕事はこれがなかなか面白いのである 愛知わんぱく時代の仲間は鉄の結束である」
      と書いた。 この男性は、05年の愛知万博(愛・地球博)に博覧会協会の事業管理室長という立場で携わっており、ブログが書き込まれた半月ほど前の13年6月28日付けでJETROの展示事業部博覧会・渉外担当審議役に異動している。          それ以外にも、ブログにアップロードされた家族写真と、ミラノ万博の調印式を報道する写真で日本代表として紹介されていた人物が一致していることなどから、ブログの持ち主の男性が万博日本代表であることをネット利用者が指摘している。       (9月26日12時40分追記)    経産省は13年9月25日付けで男性をJETROへの出向から解き、翌26日付けで停職2か月の懲戒処分にした。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
                                 二郎        お笑いコンビ 「しずる」 の村上純さん(32)がラーメン二郎のうんちくを本に書いたところ、東京・三田本店の店主が激怒したとの情報がネット掲示板に書き込まれ、物議を醸している。 所属先の吉本興業では、こうしたトラブルがあったことを取材に認め、出版社が交渉していることを明らかにした。          トラブルになっているのは、村上純さんらが光文社新書から2013年9月18日に出した 「人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ」 という本だ。      ネット掲示板への情報の書き込みは、この日夕にあった。 21日ごろになって、2ちゃんねるでも紹介され、ネット上でたちまち話題になった。          書き込みによると、しずるの純さんらは、発売日の18日朝、東京都港区のラーメン二郎三田本店に出版のあいさつに訪れた。 開店前だったが、店主は、「出版社が勝手に」 などと怒り出し、行列客にも店内からその怒鳴り声が聞こえるほどだった。          それでも、店主の怒りは収まらなかったらしい。 開店後も店の裏口で光文社の担当者らしき人と言い合いになっていたという。 トラブルの原因は、出版することを事前に店側に伝えていなかったためらしいとし、店主は 「担当弁護士に話を通せ」 と立腹していたとした。 ようやく店内に戻ってきたものの、「怒り覚めあらぬ感じだった」 とその様子を書き込んでいる。          純さんはこの日、ツイッターで 「朝からある聖地へ」 とつぶやいた後、「身に染みる思い。 日々、勉強です」 とツイートしていた。 ネット上では、これはラーメン二郎の店主に怒られたことを受けているのではないか、との見方が広がっている。          純さんの本では、「二郎とは何か」 はまだ分からないとしながらも、三田本店の開店から都内などの38店がのれん分けするまでの経緯などもつづっている。 その一方で、ラーメン二郎側がメディア露出を避けていると紹介し、書くことを二郎側は望んでいないかもしれないとも漏らしている。            とすると、ラーメン二郎側は、書かれることをそもそも望んでいなかったため、「事後報告」 に怒ったということなのか。 それとも、もっと別の理由があるのだろうか。          しずる村上純さん所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーでは、取材に対し、ネット掲示板に書き込まれたトラブルの事実はあったと認めた。 二郎側は弁護士を立てていることも認めた。 光文社が本の出版前に二郎側に許諾を取り付けるはずだったのに、何らかの理由でそれができていなかったというのだ。          ただ、光文社が権利関係を担当しており、トラブルの詳細な内容については分からないとしている。          光文社新書の編集長は、取材に対し、純さんや担当編集者らが発売当日の朝に、ラーメン二郎三田本店へ本を持ってあいさつに行ったことは認めた。 しかし、店主が怒っていたかなどについては、「先方もあることですので、コメントできません」 と答えるに留まった。          ただ、本を出すことについては、事前に二郎側に話していたと説明した。 今後については、「先方と話し合いになると思います。 コミュニケーションを取りたいと考えています」 と言っている。          一方、ラーメン二郎側は、三田本店に直接行って取材すると、「何も答えることはありません」 とだけ話した。(j-cast.com)        これは、吉本が悪い感じが否めないな~~ 店主からすれば名前使うんだから分け前くれよ!!ってことでしょ!!                        ツイートこの記事をつぶやく
                    土下座        衣料品チェーン 「ファッションセンターしまむら」 の女性店員に土下座させ、その姿をツイッター上で公開した女性に批判が殺到している。          画像は2013年9月21日、一気に拡散した。 投稿者は炎上し始めるとすぐにアカウントを削除した。        投稿者は9月3日、北海道札幌市の 「しまむら苗穂店」 で撮影した画像をツイッター上に複数回アップした。 そこに写るのは、売り場の床に正座し、手を膝の付近であわせて深々と頭を下げる2人の女性店員だ。 ツイートはほぼ同じ文面だが、いずれも 「店長代理●●と平社員●●」 (●は編集部によるもの)と実名まで晒している。          土下座の理由については 「従業員の商品管理の悪さの為に客に損害を与えた」 とコメントしているのみで、具体的な問題には触れていない。 投稿者と店側の間に何があったのかは分からないが、土下座の強要、「土下座させるお客様凄い凄過ぎる怖い怖過ぎる」 というコメント、さらに撮影してネット上に公開する行為は、多くの人の反感を買った。 関連スレッドが複数たち、炎上騒ぎに発展した。          「理由はどうあれ、これは笑えないし不快」      「土下座姿ってプライドを捨てた必死の謝罪なのに、それを嘲笑して晒しものにする行為は許せないわ」      「こいつは客としての一線を超えた」      「あーあー、名前まで出しちゃって。 裁判なったら負けるよこの『お客様』」       など多くの批判コメントがあがった。 写真右端に子供の靴が写りこんでいることも 「その場で見てた子供かわいそう」 と、ネット民を怒らせる要因となったようだ。          しまむらに問い合わせたところ、「個人的なことでもありますので、コメントは差し控えさせていただいております」 (広報担当者)と、今回の件について話を聞くことはできなかった。 また、クレームがきた場合の社員教育は行っているものの、個別の対応についてはケースバイケースだと説明するにとどめた。          事件の経緯については、「使用済み商品を返品できず、店に来るまでの交通費を請求したが、断られたため土下座を要求した」 という話が、店員を名乗る人物らの発言としてインターネット上で出回っているが、事実かどうかの確証は得られていない。          しかし店側に明らかな問題があったとしても、悪質なクレームは場合によって違法行為にあたる場合がある。 土下座も例外ではなく、本人の意に反して土下座をさせた場合は 「強要罪」 にあたる場合もある。 ネット上でも投稿者を非難する一方で、「しまむら側も土下座すんなよ、どうせたいした理由でもないんだろうに」 「店側は客が通常業務を超えた事を求めて来た場合は従業員を守らなければいけないんだよ。 実際にこういう客が来た場合は即警察に引き渡すべき」 と対応を問題視する声も多数あがっていた。(j-cast.com)       ツイートこの記事をつぶやく
      運動        たるみのない引き締まった体を見ると 「羨ましい」 と感じながらも 「キツイ運動をするのは避けたい」 「スポーツジムなどに通う時間がない」 と思う人は多いのではないだろうか。 シャープな肉体は、ジムなどで何時間も鍛えた末に得られるものと思われがちだ。        しかし、アメリカで行われた研究によると、メタボ対策や体重を落とすためなら短時間の運動で十分、それどころか方法によっては、ジムで長く過ごすよりも効果が大きいことが分かった。 ジムに通って長時間自分の体をいじめる必要などなかったのだ。        ユタ州立大学のジェシー・ファン博士をリーダーとする研究チームは、18~64歳までの約4500人を対象に臨床実験を行った。 目的は、10分以下の適度な運動が体重の変化に影響を与えるかどうか。 運動の時間と質、それらがもたらす肥満指数の変化を計測した。

 ・ 運動の時間より質

     結果から言えば、10分以内の運動でも、余計な脂肪を落とすために意外なほど大きな効果を得られることが判明。 多くの人は、「シャープな体型を目指すなら、スポーツジムなどで長時間過ごさないと」 と思いがちだが、そうでもないことが医学的実験により証明される形になった。        具体的に言うと、質の高い10分以内の運動は、ジムで長時間みっちり運動した場合と同じ影響を見込めるという。 それだけではない。 長時間ジムにいても軽い運動をしている場合なら、10分以内の質の高い運動の方が有効だというのだ。        「太らないためには、運動した時間より活発さが重要なのです」。 ジェシー・ファン博士はそう述べている。

 ・ 階段を使うだけでもOK

     「活発さ」 と言われると腰が引けてしまう人がいるかもしれない。 しかし、レポートによると、エレベーターの代わりに階段を使ったり、バスを一区間先に降りてその分歩いたり、ショッピングモールの入り口から遠い位置に車を止めて歩く距離を増やすようにするのもアリ。

 ・毎日続けることが肝

     時間にすれば数分、短ければ数十秒の運動かもしれないが、毎日の習慣にすれば、肥満になる見込みが男性なら2%以下、女性なら5%以下になるとのこと。        ちなみに、身長約165cmの人が仕事で毎日階段を使うようにすれば、エレベーターを使う場合と比べて約0.2kg差が出るらしい。

 ・気持ちが大事なのは同じ

     ここまで手軽に効果が出るのなら、特に 「忙しくて運動する時間が取れない」 と嘆く人にとっては是非取り組みたいもの。 ただし、よく考えれば、毎日エレベーターの代わりに階段を使うといっても、それはそれで大変な気が……。 とにかく、使える言い訳はもうないという覚悟で臨めばなんとかなる!(rocketnews24.com)           ツイートこの記事をつぶやく
      ジョージ・カーリン        あなたは、ジョージ・カーリンという人物をご存知でしょうか。        おそらく日本ではあまりなじみのない彼ですが、アメリカでは有名人。 放送禁止用語を多用したユーモア溢れる政治・社会批判、また日本でもおなじみ 『きかんしゃトーマス』 の英語版ナレーションで、一躍人気者になったコメディアンです。        本日みなさまにご紹介するのは、カーリンさん最愛の奥様が亡くなられた際、牧師さんの説教を引用し友人に送ったとされるメールの一部。 内容は、海外サイト 『DhiPatriots』 より引用しています。        身近な人の死に直面すると、人は往々にして人生で大切なこととはなにか、生きるとはなんなのかということを考えるもの。        カーリンさんのメールは、私たちの心の奥深くを、静かに、そしてときに激しく揺さぶります。 それではさっそく、その一部をご紹介することにいたしましょう。 人生を慈しみ、また大切な人をより一層大切にしたくなる至極の言葉たち。どうか胸に留めていただければ、幸いです。     *****(以下、DhiPatriotsより意訳     歴 史における私たちの矛盾点、それは次のようなものだ。        ビルは高くなる一方だけれど、人の気は短くなる一方。 高速道路は広くなったけれど、人の視野は狭くなった。 お金はじゃんじゃん使っているが、得るものは少ない。 物は買いまくっているものの、楽しみは少なくなるばかり。        家は大きくなったが家族のかたちは小さくなり、ずっと便利になったのにも関わらず、私たちには時間が無い。 学のある者は増えたが常識がある者はめっきり減り、その道のプロフェッショナルと呼ばれるやつが増える一方で問題は一向になくならない。 薬が増えたのに、病気がなくなる気配はない。        飲み過ぎ、吸い過ぎ、浪費に走る。 それなのにほとんど笑うことはないし、スピードを出し過ぎるし、すぐに怒る。 夜更かしをし過ぎるあまり、朝起きた時にはすでに疲れている。 読書しなくなった分テレビばかり、そして祈ることもめっきり少なくなった。        たくさん物を持つ、その一方で物の価値が目減りする。 私たちはおしゃべりが過ぎる。 愛するということを滅多にしなくなって、いつのまにか憎むことばかりが増えていった。        私たちは生計の立て方は学んだが、生きることを学んでいないのだ。 寿命が増えただけで、真の意味で生きてなどいない。 月まで行けるようになったというのに、隣人とはトラブルばかり。 外側の世界を征服したところで、私たちの内なる世界はどうなんだ? 大規模なことは成し遂げてきたけれど、本当に善いことは未だ達成されていないだろう?        空気を洗浄したぶん魂を汚し、原子核をも支配したが差別は一向に消えない。 たくさん書いているのに多くを学ばず、計画は増えたのに成し遂げられていない。 急ぐことばかりを覚え、待つことを忘れた。多 くの情報を抱えるべくコンピューターを作り、どんどんコピーを生みだしたが、コミュニケーションは減る一方だ。        ファーストフードのおかげで消化は遅く、体ばかりでかくて人格は極めて小さい。 利益利益で人間関係は希薄。 共働きで収入が増えた分離婚も増え、見た目ばかり良い家が増えたけれど、その中は崩壊している。        手軽な旅行に使い捨ておむつ、モラルはなくなり、ワンナイトラブが溢れる。 太り過ぎの体を持て余し、死に急ぐため薬を多用する。 ショールームに物が溢れかえるなか、倉庫は空っぽのまま。 テクノロジーはあなたの元へすぐにメッセージを届けてくれるけれど、読むも読まないも、また消すのだって、今やあなたの指先ひとつですべてが決まる。 今はそういう時代なんだよ。        忘れないで、愛する人と多くの時を過ごすことを。 だってその時は、永遠には続かないのだから。        忘れないで、あなたに畏敬の念を抱く人たちに優しい言葉をかけることを。 だって彼らはすぐに大きくなって、いずれあなたの元を去ってゆくのだから。        忘れないで、側にいてくれる人に温かなハグをすることを。 だってこれがあなたが持っている1番の宝であり、しかもこれをするのに1円もかからないのだから。        忘れないで、愛する人に 「愛している」 と伝えることを。 そのときどうか、心をこめて。 心からのキスと抱擁は、相手の心をも必ず深く癒してくれるから。        忘れないで、相手の手を握り、共にいる時間を慈しむことを。 だってその人はいずれ、あなたの前からいなくなってしまうかもしれない。 愛するため、話し合うため、そして思いを共有し合うための時間を作って。        そしてどうか、これだけは覚えておいて。 人生は呼吸の数で決まるのではなく、どれだけハッとする瞬間があったかで決まる、ということを。(youpouch.com)         ツイートこの記事をつぶやく