世界天気        今やワンクリックで、どんなことでも知ることができる時代。 本日ご紹介するのは、まるで地球儀を回すかの如く、世界各国の天気を知ることができるアプリ、『MeteoEarth(メテオアース)』 です。        「世界の天気を知るアプリなら、他にもあるでしょ~?」 なんて思ったあなた。 こちらのアプリはそれらとは一線を画した、地図好き・気象好きを唸らせるであろう、かなり優秀なアプリ。        フリック操作によって地球儀を回すかの如く画面を回転、場合によってはズームアップ。 世界の主要都市ならばどこでも、気温・降雨・雲の様子・風向き・気圧・風圧・風速などを、タップひとつで詳細に知ることができる、こちらのアプリ。        とにかく真っ赤なアジアと13度ほどしかないロンドンとの色の対比や、動きをよりリアルに視覚化した風向き表示。 一目瞭然の降雨・雲の動き表示などは、一見の価値アリ。 また色別に分けられている風速情報や詳細な気圧情報は、台風情報を随時知るのに、非常に良い働きをしてくれそうです。        タップひとつで知りたい情報をすぐさまゲット。 へ~、今東京を中心に風や雲はこんなふうに流れているんだ……。        とまあこんな具合に、『MeteoEarth』 は世界中の天気を手のひらの中で、しかも詳細に知ることができるアプリなのです。 この 「地球儀を回転させるかのように天気を調べる」 という行為がまた、未来感に溢れていてたまらなくイイんですよねぇ。        百聞は一見に如かず。 ダウンロードは300円からと有料ですが、地図が好き・天気図が好きという方は迷うことなく、とにかくやってみて。 やってみたらこの気持ち、きっとわかると思う!(rocketnews24.com)                世界天気1              世界天気2              世界天気3              世界天気4             ツイートこの記事をつぶやく
      うつ        「妊娠した体って、会社でいえば、経営理念と事業内容が突然変わったようなもの。 もう、大混乱よ」 と言っていたのは、2児の母となった同級生。 そんな妊娠中の女性の10人に1人は、軽度のうつに陥ってしまうそう。 一生のなかでも、妊娠中や産後は、うつ病がよく起こりやすい時期だといわれています。        ロンドン精神医学研究所のエドワードバーカー博士は、British Journal of Psychiatryのオンラインサイトで6979人のママを対象にした研究結果を公開しました。 そのなかで、妊娠中にうつを感じた女性の食生活と、その子供たちのIQスコアに関連性があると発表しています。        研究では、妊娠中にうつを感じた女性は、ジャンクフードの多い食生活をしがちだったそう。 研究チームは、妊娠中にうつを感じてジャンクフードばかり食べていたグループと、うつを感じていたけれどジャンクフードを避けて健康的な食生活をしていたグループに分け、その子供たちの8歳時のIQを調べました。        その結果、妊娠中にジャンクフードばかり食べていたグループの子供たちのほうがIQが低い傾向があったそうです。 バーカー博士は、妊娠中の食生活が脳を含めた神経系の発達に影響があるのではないかと指摘しています。        しかし、うつそのものが胎児の発達を妨げているわけではないんだって。 妊娠・出産に伴う女性ホルモンの大きな変化は脳がストレスに耐える抵抗力を低下させます。 その結果、ストレスを処理しきれなくなった脳が機能不全を起こし、ものごとを悪くとらえる傾向が強く出てしまいます。 厚生労働省によると、うつ病になった妊産婦は適切な治療を受けていない場合が多いようです。 周囲も 「妊娠出産や子育てが大変なのは当たり前」 と、ママの苦しみを軽視しがちな傾向にあるそう。          だからといって、周りの妊婦さんにアレコレアドバイスするのはちょっと控えて欲しいな、と言っていたのは件の同級生ママ。 「いろんな人が、よかれと思っていろんなことを言ってきて、追い詰められてしまう……」 ということなのだそう。        ナーバスになっている妊婦さんに、周りの人がああしろこうしろ、あれがいい、これはよくないって無責任に主義主張を押しつけてくる。 そっちの方がストレスになっちゃうんだって。 確かにそれって、善意の暴力よね。 3食全部ジャンクフードだったら、妊婦じゃなくても体に悪いに決まってる。 たまにジャンクフード食べたっていいじゃない! ただでさえ大変な妊婦さんは、まずは自分を大事にすることがお腹の赤ちゃんを大事にすることにつながるんじゃないかな。        サポートが必要なときでも、向こうからやってきてくれるものではないよね。 ひとりで頑張らない、自分を責めない、我慢しないことが大事なんだって。 周囲ができることは、口を出すことじゃなくて手を貸すこと、なのかな?(youpouch.com)        世界中の妊婦のみなさんが、快適に過ごせますように!        ツイートこの記事をつぶやく
      残された寿命        自分が “生きている” という実感もなく、何となく毎日を過ごしてしまっている人が多いのではないだろうか? しかし、どんな人もいずれは死ぬ。 残りの人生を無駄にしないために、ある発明者が 「残された寿命」 を刻む腕時計を開発し、話題になっている。        ・ 最後の日へのカウントダウン      寿命を告げる腕時計 「Tikker」 の発明者は、スウェーデン在住のフレデリック・コルティング氏だ。 Tikker にはアンケートが付いており、ユーザーが自分の病歴や、年齢、飲酒や喫煙などの質問に対する答えを記録すると、時計が残された寿命を計算してくれる。 そして最後の日へのカウントダウンが始まるのだ。        ・ 祖父の死がきっかけに      コルティング氏は彼の祖父の死がきっかけとなり、Tikker の開発を思い立ったという。 彼は、「もし残された時間が分かれば、人々はより良い人生を生き、良い選択をするようになるでしょう。 Tikker はまさに 『幸福の時計』 です」 と語り、“時間を大事にし、残りの人生を無駄にしてほしくない”  との思いが込められている。        ・ 価格は約9000円      開発期間に2年を費やした Tikker は、いよいよ製造段階に入る予定だ。 現在、ネット上で寄付金を募るサイト 「Kickstarter」 で寄付を募っており、当初は2万5000ドル(約244万円)を目標としていたが、すでに5万ドル(約490万円)近くが集まっている。 翌年4月には販売開始予定で、価格は約59ドル(約9000円)に設定されるそうだ。        自分が死ぬ日を告げられるなど、ゾっとする人もいるだろう。 しかし、毎日 ”生” を意識して暮らせるようになり、充実した毎日が送れるようになるかもしれない。(rocketnews24.com)                              ツイートこの記事をつぶやく
      どうして        日常、なにかの不手際で起こりうる、ちょっとした悲劇。 本日みなさまにご覧いただくのは、そんなシーンばかりをとらえた画像11連発です。        海外サイト 『BuzzFeed』 に掲載されていたのはどれも、「なんで、どうして、こうなっちゃったの!?」と 首をひねらずにはいられなくなる写真のオンパレード。        「作り方の手順を明らかに間違えちゃったイス」 「途中で嫌になってしまったとしか思えないクッキー作りの形跡」 「不器用さんだったのね……と思わず同情してしまうリメイクパンツの残骸」 などなど、ザンネンとしか言いようのない画像の数々に、どこか親近感を覚えてしまう人もいたりして?        なにかがおかしい、トホホな瞬間11連発。 でも人間だもの、こういうこともたまにはあるよね!? (rocketnews24.com)        ▼細眉ブームの弊害一例   zn1        ▼欲張りすぎちゃいました   zn2        ▼コメントしづらいわ zn3        ▼こうなるともう座れません zn4        ▼時空が歪んだのかな?   zn5        ▼クッキーの家、完成ならず! zn6        ▼収集がつかなくなってしまったチョコレートフォンデュ zn7        ▼右切って、左切って、短くなっちゃったからまた右切って……ってもうコレ履けないじゃん zn8        ▼こういう無茶、嫌いじゃないけど…… zn9        ▼斜めにもほどがあるでしょ zn10        ▼ああー惜しい! zn11         ツイートこの記事をつぶやく
                      リーガルハイ        「半沢直樹」 堺雅人さんの最新作として注目を浴びるドラマ 「リーガルハイ」 (フジテレビ系)だが、2013年10月17日に第2話が放映されるや、ネット上では 「ある一点」 に話題が集中した。 劇中にフジとは因縁が深い、まさかの「あの人」が登場したからだ。        「完全にホリエモンやん(笑)」      「おもいっきり、ホリエモンじゃん!!!!!!!!」        そう、ニッポン放送買収騒動でフジテレビと激しいバトルを繰り広げた、ホリエモンこと堀江貴文さんだ。          もちろん本人ではない。 役名は 「鮎川光」 で、俳優の佐藤隆太さんが演じている。 しかしその設定は、        「かつて企業買収で名を馳せ時代の寵児となった天才肌の若手IT社長」    「その後、インサイダー取引などの罪に問われ収監」    「服役生活を経て、再びメディアの前に登場」       といったもので、さらに出所後は動画サイトで記者会見、「刑務所ダイエット」 を司会者に勧めてみせる。 また挑戦的な言動、ラフな髪型や服装も含め、10人中10人に堀江さんを思い起こさせる人物だ。          元々 「リーガルハイ」 では2012年放映の第1期でも、実在の有名人を思わせる 「ヤバイ」 キャラクターが次々と登場し、視聴者をあっと言わせてきた。 今回も番組の公式フェイスブックで下記のように煽っており、        「今夜の話は、一世を風靡したあの社長…に似たある元IT社長の話。 どんな戦いが待っているのかこうご期待です!」            内容も挑戦的だ。 ホリエモン――ならぬ鮎川は出所と同時に、自らをバッシングした新聞や雑誌を、名誉毀損として次々と訴え始める。 ブロガーや、自分をモデルにしたと見られる漫画までもだ。 堺さん演じる変人だがやり手の弁護士・古美門研介は、漫画家側の弁護人として、法廷で鮎川と直接対決することになる。        そう、すでにドラマの中で、特定の人物をモデルにした作品が 「名誉毀損」 に当たるのかどうかが争われているのだ。 そして作中では最終的に、古美門が 「漫画では鮎川(をモデルにした人物)が、実に魅力的に描かれている」 ということを理由に、名誉毀損の訴えを粉砕している。 なおドラマでの鮎川は、敵役ではあるがかなり 「魅力的」 で、しかも 「実はいいやつ」 だ。          この巧妙な作り、そのうえ局が 「遺恨」 のあるフジとあって、視聴者からは喝采が相次いだ。 視聴率も関東地区で関東16.8%、関西では21.9%と、前話に続きかなりの好調だ。          となると気になるのは堀江さんご本人の感想だが、こちらはツイッターで 「これをフジTVでやったことに軽い衝撃が…」 という別のユーザーの発言をRTしているのみで、気づいてはいるらしいが言及はしていない。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
      象        アフリカのタンザニアではゾウの密猟が深刻で、毎日30頭、年間では1万頭が殺され、絶滅の危機に瀕しています。        象牙を求める密猟が後を絶たない理由に、密猟者を罰する法律が甘すぎたことが挙げられるとして、厳しい法案が打ち出されようとしています。        それは現場で密猟者を見つけ次第、処刑するというものです。    
 allAfrica.com: Tanzania: Harsher Penalty Awaits Poachers        これまでの法律は緩かったと言い、その抜け穴を利用して密猟が繰り返されてきました。        密猟者には国際的に裕福な実業家などのバックアップがあり、最新の武器を所持し、捕まったときには法的にも援助を受けるなど、厳罰を与えることが難しい状況にあったと言います。        このままではらちが明かないことから、見つけ次第、現場で処刑するという厳しい法律の最終決定が、現在下される見込みであるとのことです。        この過激な方針に、海外掲示板では賛否両論の意見が交わされていました。        ● ここまでの状況にになってしまったことが哀しいね。    ● ゾウの命は密猟者の命よりずっと価値があると思うね。 密猟する連中は経済的な見通しの悪さゆえだろうとは思うが、保護すべきゾウの方が同情できる。 容赦なくゾウを殺し続ける非情さを持つ密猟者を罰してやるといい。    ● ↑処罰に関して先を見越さない見方である。 誰が象牙を買っているんだ?    ● ↑気でも狂ったのか。 貧困からくる行動だという扱いをしながら、処刑を裁判なしに行うなんて、なんと退歩した考え方なんだ。 腐敗した警察が賄賂をもらって間違った告発で処刑をし始めないとも限らない。    ● 中国の誰かが精力をつけるために象牙の粉を欲しがるからだ。 こういう問題は中国のような東の国々からの要求からきている。その市場を切断しない限りいつまでも密猟者は消えない。    ● 公平な裁判を捨てる判断をする人々が多いことを残念に思うね。    ● ここの掲示板は一体どうなっているんだ。 オレは密猟者に同情は一切ない。 だがみんな、どの人間も公正な裁判で有罪を証明されるまでは無罪というのを忘れたのか。 どんな残忍な罪であろうと処刑を犯罪現場でしてはいけないのだよ。    ● ↑それは西欧の見方である。 一度も行ったことのない土地の人がすることを非難するには早すぎる。    ● とても大事な区別をしておきたい。 「疑わしい密猟者の処刑」 というのと 「保護すべき生物が密猟者に殺されないように、それを止める致命的な強制権を与える」 というものだ。 前者には良心から支援することは出来ないが、後者についてはサポートする。 密猟者たちは生物を絶滅に追いやっているし、この致命的な強制権を伴った行動が密猟者にストップをかけるならそれでいいと思う。    ● ↑自分もそれに賛成だ。これがそんな不当なことだとは思わない。    ● 自分はフリーの人権レポーターでタンザニアに住み、この問題のいろんな特徴などについて調べたりしている。地域の人々の考察を知るためにインタビューをしている。 ここにいる人々は同じ考えを持っていない。  自分としては断固として、極刑はどんな状況であっても反対という立場ではある。 ちゃんとした裁判の手順を踏むことを信条として、それが理想としている。 しかしながらタンザニアには司法という過程がない。 ここではしっかり調査して解決するより、身代わりの誰かを逮捕しておく方が人々にとって手がかからない。むしろ自然に解決してくれるほうが良いと思っている。  タンザニアも例外ではないが、アフリカのほとんどが小さな盗み程度でも、集団リンチを受け殴り殺されている。 例えば自分が通りで誰かを指さして 「Mwizi!」 (泥棒を意味する)と叫べば、その誰かはその現場で殺される。 そして何も盗んでいないことがわかると、その場で自分も嘘をついた罪で殺される。 それがここのやり方なのだ。  それとは違う方向性にできないか、小さな影響を与えようとするのだが、ここでは個人ではなく集団がとても重要なのだ。 なので1人が集団に反して境界線を越えたなら、ほぼ終わりを意味している。  それからここにいる人々のほとんどは、サファリ観光が唯一の収入源である。 なのでここの住民にとって、密猟者は生活の糧を盗んでいく人間とみなしていることが、深く考えなくても想像つく。  ゾウの減少=サファリの減少=収入の減少=どうやって食べていくんだ? となる。 彼らは健康保険も警察もない。 あるとすれば武器を持った泥棒だ。 社会福祉や安全保障なんてものは概念すら存在しない。 ほとんどの子供が小学校以降の学校にも行かない。 両親の手伝いをしないといけないからだ。  砂からどうやって何を絞り出すかという以上の理解能力がない。 快適にiPadを叩いている人々には、まず本当の死に物狂いや苦難が一体何であるかという概念がない。    ● ↑本当? そんなに自由に人を殺しているの?    ● ↑数百年前まで、ヨーロッパもそんなもんだったよ。    ● ここで処刑がふさわしい方法だと言う人の多さに驚きだ。    ● とても重要なものを守るための極端なリアクションだが、不幸にも一番成功のチャンスがある提案でもある。 この極端な処罰はアメリカ西部の初期の時代に、馬泥棒に対して科していたものと似ている。       まさに賛否両論の意見に分かれていました。        インドでも 「密猟者を発見したら銃撃しても良いとの許可」 がニュースになっていましたが、他に密猟を食い止める有効な手立てが見つからないのが、不幸な現状を表していると言えそうです。        “The only way to solve this problem is to execute the killers on spot” – Tanzania’s Minister for Natural Resources and Tourism recommends summary execution of elephant poachers        
ツイートこの記事をつぶやく
      ダイエット方法        みなさんは、普段食事にどれくらいの時間をかけているだろうか? ゆっくりと味わいながら食べているだろうか? 忙しさのあまり食事をぱっぱと済ましている人も多いだろうが、健康食サイト 「Summer Tomato」 を運営するダリヤ・ローズさんは 「料理に意識を集中して食べる」 ことを提唱している。        意識を目の前の食事に集中して食べることで、食べ物をより深く味わうことができるばかりか、少ない量でも満足感を得られるためダイエット効果もあるのだ。 以下に、ローズさんの提案する 「意識を集中して食べる」 ための9つの方法を紹介したい。

 【料理に意識を集中して食べるための9つの方法】

       1.一口25回噛む    もっとも簡単、かつ効果的に 「意識を集中して食べる」 方法は、よく噛むこと。 よく噛めば、少ない量でも満足感を得ることができる。      最低でも20回、できれば25回噛むと良い、とローズさんは言う。 噛む回数を設定して、実際に回数を数えながら食べよう。

 2.利き手ではない手を使って食べる

     利き手ではない手を敢えて使って食べることで、「食べる」 という行為により集中しなければならなくなる。 こぼさないように気をつけながら、チャレンジしてみよう。

 3.1週間、箸だけを使って食べてみる

     3食の食事だけでなく、ポテトチップスやクッキーなど、普段は箸を使って食べないものも、敢えて箸を使って食べてみよう。 ゆっくり食べることを強制されることで、食べ物の細やかな味を感じることができるはずだ。

 4.一口ずつ、ゆっくりと食べる

     食べ物を一口、口に運ぶごとに、箸やフォークをお皿の上に一旦おこう。 そうすることで、口に入れた食べ物を味わうことに集中できる。

 5.最初の一口は、目を閉じて食べる

     一口目を味わうとき、目を閉じてみよう。 口に入れた食べ物の味、匂い、感触をじっくり感じよう。そうすれば、最後までゆっくりと味わいながら食べることができる。

 6.食材の味を確かめながら食べる

     料理に使われている食材一つ一つの味を確かめるように味わい、食べてみよう。 味に対する感覚を磨くことで、よりおいしい料理が作れるようになるという利点もある。

 7.料理をお皿に盛りつける

     スナック菓子やデザート、コンビニで買った総菜なども、お皿に盛りつけて食べよう。 食べ物自体、また食べる量への意識を高めることができる。

 8.テーブルに座って食べる

     きちんとテーブルに座って食べること。基本的だが、大切なことだ。

 9.静かな空間で食べる

     静かな場所で食べることも大切だ。 携帯は離れた場所に置き、テレビを消して、目の前の料理の味と匂いに集中しよう。        以上が、「料理に意識を集中して食べる」 ための9つの方法だ。 どれも今すぐ実践できるものばかり。 普段急いで食事をとっている人は、この機会にゆっくり食事をする習慣を生活に取り入れてみてはいかがだろうか?(rocketnews24.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
      モバイル広告        米国の広告業界団体のThe Interactive Advertising Bureau(IAB)は10月9日(現地時間)、2013年第2四半期(4月~6月)、および上半期(1月~6月期)のインターネット広告市場報告書を発表した。         同期インターネット広告市場全体は好調に推移、中でもモバイル向けの広告は前年比の145%増と大きな成長を遂げた。        報告書は、米国のインターネット広告を調べたもの。 2013年第2半期のインターネット広告市場は前年同期比18%増加、前四半期(2013年第1四半期)から5%増加し、103億ドルに達した。 第1四半期と第2四半期を合わせた上半期の市場規模は200億6600万ドル、これは前年同期から18%の増加となった。        内訳としては、検索が43%と最も多く、次いでディスプレイ広告(30%)、モバイル(15%)が続いた。 中でもモバイルは、市場規模が前年同期の12億4200万ドルから今期は30億3800万ドルと、145%の増加を達成した。 またディスプレイでの動画広告の伸びも目覚ましく、前年同期から24%増えて13億ドル市場となった。        「モバイル広告は異常な速度で拡大しており、これはマーケティング担当者が小さな画面のもつパワーを認め始めた証拠といえる。 デジタル動画も軌道に乗っており、熱心な視聴者とブランド確立を実現している」 とIABのCEO兼社長のRandall Rothenberg氏はコメントしている。        業種としては、小売りが20%を占めたほか、金融・財務(14%)、自動車(12%)、通信(9%)、旅行とレジャー(8%)などとなった。(mynavi.jp)                   ツイートこの記事をつぶやく
      須藤元気        先日日本全国を駆け巡った、「2020年オリンピック東京開催決定!」 のビッグニュース。        これを意識したのかはたまたしていないのか、須藤元気氏率いる音楽グループ 『WORLD ORDER』 の新曲PV 『Welcome to TOKYO』 が、動画サイトYouTubeに10月6日付で投稿され、現在話題になっています。        浅草に上野アメ横、新宿に秋葉原、さらには東京駅に歌舞伎座まで、ありとあらゆる 「ザ・東京」 な風景をバックに、同グループならではのロボット風ダンスが展開されるPV。 周囲にいるギャラリーのみなさまが、撮影中であることなどお構いなしにバシバシ写真を撮りまくっている様子がまた、味があってイイんですよね。        観れば観るほどクセになるWORLD ORDERのパフォーマンスは、日本のサラリーマンをイメージしたスーツ姿と東京の街、テクノポップサウンドのコラボレーションと、ある意味とても日本的。 海外で人気を博している同グループだけに、このPVを観光の参考にする外国人の方が続出してもおかしくないかも?        特に動画のラストに現れる、「Welcome to Tokyo Olympic 2020」 のサプライズ・クレジットは必見。 というわけでどうかみなさま、最後までお見逃しのないように。(youpouch.com)         その動画は       WORLD ORDER  “Welcom to TOKYO”      4:37を堪能してください。                      ツイートこの記事をつぶやく
      アルコール        気がつけばもう10月。 あと2カ月もすれば忘年会シーズンに突入だ。 宴会で飲みまくって、日頃のストレス発散を楽しみにしている人も多いだろう。 お楽しみには欠かせない “お酒” だが、世界の人々は一体どんなお酒をどれぐらい摂取しているのだろうか?        「世界の酔っ払い大国ベスト9」 が発表されたので紹介したい。

 9位:ウクライナ

     ウクライナの人々はウォッカを好んで飲む。 WHO(世界保健機関)によると、ウクライナにおける個人のウォッカ消費量は世界第3位にランクインする。

 8位:アイルランド

     黒ビールの “ギネス” で有名なアイルランドは、あらゆる飲酒ランキングに顔を出す飲酒大国。 アイルランド移民が多いアメリカのボストンは、アメリカの大都市におけるビールの消費量でナンバーワンだ。

 7位:バチカン市国

     司祭や教会があふれるバチカンと飲酒はイメージ的に結びつきにくいが、ミサなどの儀式では 「キリストの血」 とみなしてワインが使用される。 やはりワインが好んで飲まれ、個人のワイン消費量は世界一を誇るという。

 6位:ハンガリー

     「ロシアはウォッカ、ドイツはビール」 というように、特定の種類にこだわらず飲むのがハンガリー流。 ワインでもビールでも、どんなお酒も偏りなくたしなむせいか、個人の平均アルコール消費量は世界第3位だそうだ。

 5位:韓国

     WHOの調べによると、個人の蒸留酒の消費量では韓国が世界一だとのこと。 蒸留酒と言ってもサトウキビから作られるラムなど種類は多岐にわたるが、韓国では米、イモから精製されるものが一般的だ。

 4位:ドイツ

     ドイツは世界有数のビール生産国で、バンベルク市は世界各市のビール消費量では世界一。 ミュンヘン市で開催されるオクトーバーフェストは、世界最大規模のビール祭りで世界中から人が集まることで有名だ。

 3位:ロシア

     ロシアと言えば “ウォッカ”。 個人の平均年間ウォッカ消費量は約14リットルで、全国的には年間20億リットルものウォッカが消費されるのだ。 そして 「つらいことを忘れるために酒を飲む」 のがロシア流なのだという。

 2位:モルドバ共和国

     モルドバの面積は九州ほどで、ルーマニアとウクライナに挟まれた小国だ。 アルコール消費量はチェコとほぼ互角なのだが、チェコ人ほど 「楽しくお酒をたしなむ国民性」 ではないため、2位の座に甘んじてしまった。

 1位:チェコ共和国

     飲酒大国のイメージが強いロシアやドイツを抑えて1位に輝いたのは、意外にもチェコ共和国だ。 個人のビールの消費量は世界一で、お酒を楽しく飲む国民性でも知られている。 チェコ発祥の強いビール “ピルズ” はピルゼン市にちなんで名付けられたそうだ。        お酒を飲むのは楽しいが、一歩間違えるととんでもない事故にもつながりかねない。 これからの忘年会シーズンに備えて、お酒に飲まれないよう上手にたしなみたいものだ。(rocketnews24.com)        ツイートこの記事をつぶやく
Page 10 of 477« First...«89101112»203040...Last »