ラインスペイン



           



 無料通話・チャットアプリのLINE。 海外での登録者数は日本の5100万人を大幅に上回る8000万人に達した。 立ちはだかるのはアメリカ・フェイスブックが買収したワッツアップ。 LINEが仕掛けるのは 「コロンブス作戦」 とも呼べそうなスペイン語圏経由でアメリカを攻める独自の手法だ。 日韓発のアプリはアメリカの巨人を倒せるか。




 「ゴール」 と叫ぶレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド、軽快にドリブルするバルセロナのメッシ。 スペインを代表するスター選手のイラストが現地のスマートフォンで盛んにやる取りされている。 LINEは2013年9月、両クラブと業務提携して人気機能の 「スタンプ」 に選手の似顔絵を利用する権利を得た。




 スタンプはチャットで喜怒哀楽の感情を表すイラストだ。 イラストに添えられる 「OK」 「Hello」 といった言葉は、スペイン語やポルトガル語などで表記される。 「ビッククラブの人気を借りてヨーロッパと南米でユーザーを獲得する」 のが狙いだ。




 チャットができる 「メッセンジャー」 と呼ばれるアプリはLINEだけではない。 欧米ではフェイスブックが今年2月に190億ドルで買収を発表したワッツアップが広く普及している。交流サイト (SNS) の利用実態を示す月間アクティブユーザー数 (MAU) は5億人。 LINEは公表していないが3億人程度とみられ、水をあけられている。 ワッツアップはスペインでもでも利用者が多いが、12年秋にトラブルで一時停止。 現地の有力ブロガーがLINEを勧めたことから、一部で乗換えが起こった。 LINEは当時、日本語と英語のみだったが、敵失を見逃さず、すかさずスペイン語版を投入した。




 スペインは、中南米そして北米につながる門だ。 「初速が出てきたら大規模なプロモーションをかけるのがパターン」。 13年からスペインでテレビCMを放映。 プライベートでの交際が噂されるタレントがスタンプを送りあう内容が話題をさらった。 瞬く間にスペインでの人気は広まり、ヨーロッパで最大の1800万人以上の利用を獲得した。




 更に今年2月には現地の通信大手テレフォニカと提携した。 テレフォニカがスペイン、ベネズエラ、ペルー、コロンビア、ブラジル、メキシコで販売するスマホにLINEを標準搭載することに成功。 中南米で利用者を獲得する下地を作った。




 プロモーションと並ぶ世界戦略のカギが、マーケティングに基づく現地化だ。 LINE躍進の立役者となったスタンプ。 月を擬人化した 「ムーン」 というキャラクターは丸みを帯びたイラストが特徴だが、ブラジルでは筋肉質に変貌する。 現地調査で屈強な男性が好まれる傾向が分かり、柔らかいデザインでは受けが悪いと判断した。 出沢COOは 「翻訳は当然として、文化に名指した改善を加える」 と話す。




 次の狙いはアメリカ本土だ。 LINEはインターネットに接続していれば国を越えてチャットや通話機能が使える。 中南米のスペイン語圏を足がかりに、アメリカに住むヒスパニック(中南米)系に入り込む機会をうかがう。 10年には全米で中南米系住民は5千万人を突破し、増加し続けている。




 「Descarga LINE GRATIS ahora (LINEを今すぐ無料ダウンロードしよう)」。 LINEは今春、アメリカのスペイン語放送局 「テレムンド」 でCMを流した。 ヒスパニック系の男女がスペイン語で通話する内容だ。 




 LINEはアプリ同士の無料通話だけでなく、LINEが入っていない携帯電話や固定電話にも割安な料金で通話できる。 ワッツアップにはない通話機能に焦点を当てて、LINEの利便性を訴えた。




 アップルのコンテンツ配信サービス 「アップストア」 でのLINEのダウンロード数はアメリカで3月中旬まで200位台だったが、CM放送後は50位以内に上昇した。




 アメリカ攻略の糸口をつかんだものの、順調に利用者を増やせるかは未知数だ。 メッセンジャーアプリは1度使い始めると、同じものを使い続けるという傾向にある。 既にワッツアップは普及するアメリカ市場を切り崩すのは簡単ではない。 フェイスブックによるワッツアップの買収で、体制は更に磐石になった。




 プロモーション頼みの普及策に限界があり、LINEが自ら 「発明」 と呼ぶスタンプも、アメリカでは子供っぽいと敬遠される傾向がある。 「早期に5億人の利用者を」 という森川亮社長にとってアメリカ攻略は必達目標だ。 ジャイアント・キリング (番狂わせ) を起こせるか。 太平洋ではなく大西洋を渡る 「コロンブス作戦」 の正否が問われそうだ。(日経流通新聞)



 

   




     

   

ツイートこの記事をつぶやく




 最近、様々なカンファレンスで 「イノベーションはどうすれば起こるのか」 という意見交換がされています。 イノベーションは何か 「こうすればよい」 という方程式があるのではなく、どちらかというと結果論です。 ただ 「イノベーションが生まれやすい環境」 という面では議論が進められるかもしれません。




 アメリカ・ハーバード大学のクレイトン・クリステンセン教授は 「3つのイノベーションがある」 と定義しています。 1つ目は精巧で高価だったものをシンプルにして安くする 「エンパワリングイノベーション」。 ソニーのトランジスタラジオや、最近の例だとクラウドコンピューティングが挙げられる。 これは新たな仕事と利益を生み出します。




 2つ目は、既にある製品やサービスを磨き上げて価値を高める 「持続的イノベーション」 です。 これは古い製品が新しい製品に変わるだけなので仕事を創出せず、大きな利益も生みません。 




 そして3つ目は、既にある製品やサービスを、更に効率の良い手ごろな価格にする 「エフィシェンシー・イノベーション」 です。 ネット専業の保険会社が消費者に直接保険を販売することがこれにあたり、新しい仕事はさほど生みませんが、利益を生み出します。 




 これらのイノベーションは、企業や地域の文化によって生まれやすい環境が異なっています。 地域文化と云う麺では、私は日本、韓国、アメリカ・シリコンバレー、そして最近はイスラエルに注目しています。




 日本は以前は1つ目のイノバーションが得意でしたが、そこで成功した大企業になった結果、より効率的な2つ目のイノバーションにシフトしました。 これが原因で、日本企業はニーズが技術革新で変化する時代に新しいイノベーションを生み出せなくなったように思います。




 韓国は1997年のアジア通貨危機後の抜本改革でIT(情報技術)分野へ傾倒したことでイノバーションを生み出しました。 単に規制改革や資金面だけでなく、優秀な人材を育てる教育システムや大企業や財閥からの人材移転、大学卒業後の兵役免除など総合的な施術が奏功した。




 シリコンバレーは、世界中から腕に覚えのあるエンジニアや企業化が集まる人材集積地としての力が大きいと思います。 もとろんスタンフォード大学や大手IT企業からの人材供給や投資家によるエコシステムも重要です。 ただ、最も大きな要素は外部人材、そしてそれを受け入れるおおらかな文化だと思います。




 最近注目しているにはイスラエルです。 同国は国内総生産(GDP)に占める研究開発比率や、国民1人あたりの企業率・特許数が世界最大です。 アメリカ・IT大手がこぞって開発拠点を作って人材を囲い込んでいます。




 文化的には軍事産業を中心とした技術力、移動を大前提として国民性、遠慮なく意見を言い合えるコミュニケーション力がイノベーションを生んでいると聞きます。 これは今年実際に訪問し、意見交換したいと考えています。 




 韓国、アメリカ、イスラエルに共通するのは、古い規制や構造を壊し、優秀な人材がベンチャーに集まり、異文化を受け入れ新旧や上下の関係なく議論できる、という文化です。




 日本はどうでしょうか。 もちろん技術力はありますが、優秀な人材は大企業にいってしまう。 そして大企業中心に様々な構造的な規制がある、また上下で自由に物が言いにくいムードもあります。 ここを変えないとイノベーションを起こすのは難しいかもしれません。




 「それを変えるのは企業家だ」 という指摘も頂くので、変えるムーブメントを作っていきたいと思います。 (日経産業新聞)



 

   




         

    

ツイートこの記事をつぶやく




クイズ




 ある決まりに従って、言葉が並んでいます。口に入るのは次どれでしょうか? 



 ① 愛情   ② 越冬   ③ 絵筆   ④ 寺院



 どれでしょう? とんちで考えてください。(日経夕刊)



  

ツイートこの記事をつぶやく




 システム開発のクロスワープは起業の機密文書が文書共有サイトに漏洩していないかを監視するサービスを月内に始める。 利用起業はキーワードを設定するだけで、文書の監視業務を外部委託できる。 見つかった場合、画面は証拠として自動的に保存される為、対処も取りやすくなる。 今後1年で50社の利用を見込む。




 昨年8月、中国ネット検索大手百度 (バイドゥ) が運営する文書共有サイト 「百度文庫」 で複数の日本企業の内部文書が流出したことが分かった。 日本貿易振興機構 (ジェトロ) によれば、その時点で機密情報を含む約8千万点が公開されていたという。




 クロスワープは昨年末に文書漏洩を早期発見する監視代行サービスを開発し、特定企業に提供してきた。 企業のニーズが高いと見て、「コンテンツセキュリティーサービス」 として商品化する。




 百度文庫に加え、中国の 「豆丁網」 とアメリカの 「スライドシェア」 を監視対象とする。 利用起業はそれぞれのサイトに、企業名や商品名など50個までのキーワードを設定できる。 日本語と中国語など1つのキーワードで言語が異なる場合、それぞれを1つとしてカウントする。 サービス導入時にクロスワープが訪問し、キーワード選定などを支援する。




 クロスワードのシステムは月に1度、3サイトを巡回してキーワードで検索する。 該当した場合はその画面を保存する。 各サイトは柔軟な検索が難しい為、各キーワードで一旦全ての結果を取得。 自社システムネイに取り組んだ後で複数条件で結果を絞り込む。




 炉用起業は検索結果を目ながら情報漏えいしていないかを確認し、情報漏えいと認められれば画面の画像とともに削除などを自社で申請する。 クロスワードは将来、申請作業までをサービスに取り込む計画だ。 月額利用料は5万円で、初期設定費用として別途5万円が必要という。 (日経流通新聞)




   

ツイートこの記事をつぶやく




 サイバー攻撃をめぐる問題が深刻化する中、企業や官庁など自己防衛が欠かせない。 サイバー攻撃の多くは既存の脆弱性 (ソフトのセキュリティー上の欠陥) を突いてくるため、最新のソフトに最新パッチを当てれば防げるはず。 だが 「ストラッツ1」 のようにサポート切れの製品では、その脆弱性が修正されない。 




 企業などの対応が後手に回ることも多い。 情報処理推進機構 (IPA) が2008年から2013年までに届出を受けた、脆弱性のあるウェブサイトを調べたところ、ウェブサイトの構築でよく使われるプログラミング 「PHP」 では8割がサポート切れのバージョンのパソコンを使っていた。




 最新のパッチをあてていたのはわずか34%。 更新したくても開発当時の資料がないなどの理由で、ほとんど作り直しになる場合があるという。




 世界のサイトで暗号化に広く使われ、今月7日に脆弱性が明らかになった 「オープンSSL」 の場合、被害の広がりは早かった。 警視庁は8日に欠陥部分を攻撃するプログラムの作成方法をネット上で発見。 一方、これを利用した攻撃が9日から発生し、16日昼までに約5万4千巻を感知した。




 クレジットカード大手の三菱東京UFJニコスから個人情報が漏洩したと見られるなど、被害も発生。 海外では、カナダ歳入庁が情報を盗み出され、同国連邦警察が男性を逮捕した。(日経流通新聞)



   

ツイートこの記事をつぶやく




         煉瓦亭



 NIKKIプラス1に東西の名店の味が紹介されていましたからご紹介します。



 東日本ベスト10



 第1位  煉瓦亭  『トンカツ』


 1895年、当時 「煉瓦街」 と言われていた銀座で開業した。 西洋料理を広めたいと願った初代店主が豚肉を天ぷらのように揚げ、日本人好みに工夫したことがトンカツ (メニュー名はポークカツレツ) の始まり。 ナイフとフォークで食べるスタイルを今でも守る。 「この一皿がなければ洋食というジャンルは生まれなかったのではないか」。


 初代は海老や牡蠣などさまざまな素材のフライを試し、新メニューを次々と生み出した。 「どれもおいしい。 香ばしいラードと衣のサクサク感、肉のジューシーさと3拍子揃う」 日露戦争で調理人が不足し、付けあわせをキャベツに替えたのも同店の発想だ。 電話  03-3561-3882




 第2位 玉ひで  『親子丼』 


 徳川家の御鷹匠だった初代が1760年に創業。 1891年頃客の食べ方から発案し、長く出前のみで提供した。 「見事な (卵の) 半熟加減」、東京軍鶏と卵の味が引き立つ」。 電話  03-3668-7651




 第3位 ホテルニューグランデ  『ナポリタンとドリア』 


 1927年開業の堂ホテルは洋食文化の発信源の一つ。 ナポリタンは進駐軍の兵士がスパゲティにケチャップをかけて食べたのがヒントになった。  電話  045-681-1841



 第4位 太田なわのれん  『すきやき』


 「個室で楽しむ味噌誰の絶品 『牛鍋』 」  電話045-261-0636




 第5位 壁の穴  『たらこスパゲティ』


 「日本でおなじみの素材とイタリアンの見事な合体」  電話  03-3770-8305




 第6位 味太助  『牛タン焼き』 


 「麦飯とテールスープに組み合わせ」  電話  022-225-4641




 第7位 ぱんちょう  『豚丼』


 「甘タレで焼くロース肉」  電話  0155-22-1974




 第8位 三越日本橋本店  『お子様ランチ』


 「大人も注文できる」  電話  03-3241-3831




 第9位 河金  『カツカレー』


 箸で食べる 『河金丼』  電話 03-3841-5312




 第10位 金大亭  『石狩鍋』 


 「1880年開業当時のままの店」  電話 0133-62-3011




 西日本バスト10



 第1位 うさみ亭マツバヤ  『きつねうどん』


 すし屋で働いた後、独立した初代店主の宇佐美要太郎さんがいなりずしをヒントに考えた。 当時は油揚げから連想させるキツネにちなみ 「こんこんさん」 と呼ばれ、大阪船場の商人たちから愛された。 「甘い揚げ、出汁の旨味、うどんの柔らかさ、三位一体の勝利」。 

 主役の油揚げはじっくり3日間かけて炊いたやさしい甘さが持ち味。 手もみの自家製麺は持ち持ちした口当たりで、出汁はあっさりしていて全部飲み干せるほど。 3代目の芳弘さんは 「親父の背中を見て覚えた味は、昔から変えていない」 と話す。 店内の暖簾に初代と先代の名前に一部である 『要』 と 『辰』 をあしらう。 電話 06-6251-3339




 第2位  美々卯  『うどんすき』 


 元は大阪・堺で約200年続いた料亭で、大正時代に麺類専門の店として開業した。 うどんすきは1928年頃、鍋料理の残り汁にうどんを入れると美味しいところから想起して先々代の薩摩平太郎さんが生み出したという。 「出汁をきっちと取ってあり具も多彩。 野菜の下ごしらえも丁寧」で、具材を入れても出しは殆んど濁らない。  電話 06-6231-5770




 第3位  だるま  『串カツ』  


 牛肉を串でさしてあげ容器に入ったソースに浸して食べる。 初代の百野ヨシエさんが1929年、きつい肉体労働を終えた人も満足できるようにと考えた。 本店を構える通天閣に近い 「新世界」 周辺には串カツ店が多い。 「 『2度づけはお断り』 の大阪名物。 食べ方が楽しい」。  電話 06-6645-7056




 第4位  やまもと  『ねぎ焼き』


 「子供の為の賄から生まれたのが嬉しい」  電話  06-6308-4625




 第5位  ヨーロッパ軒総本店  『ソースカツ丼』


 「特製ソースがカツの旨味を引き立てる」  電話  07776-21-4681




 第6位  春帆楼(しゅんぱんろう)  『ふぐ料理』


 「どれもAクラス」  電話  083-223-7181




 第7位  北極星  『オムライス』


 ふわふわ卵が特徴  電話  06-62211-7829




 第8位  水月  『水炊き』 


 西洋料理と中華料理から考案  電話  092-531-0031




 第9位  『にしんそば』


 身欠きにしんの甘辛さと出しの妙  電話  075-561-1451




 第10位  みっちゃん総本店  『広島風お好み焼き』


 多胎生まれでボリューム満点  電話  082-221-5438



 


      




      

   

ツイートこの記事をつぶやく



 インターネット関連サービスGMOインターネットが着実に収益を伸ばしている。 ネット上の住所に当たるドメイン名の登録サービスや、サーバーの貸し出し。 こうした 「ネットの裏方の仕事」 の将来性にいち早く着目し、国内で圧倒的な地位を築いてきた。 会長兼社長の熊谷正寿は大きな蹉跌を乗り越え、ネットの可能性を更に広げようと奔走する。




 ホームページのアドレスの末尾につける 「.com」 や 「.net」。 企業はこうしたドメインを使う際、管理する会社に登録を申請する必要がある。 GMOはインターネットを活用したビジネスがようやく広がり始めた1999年から登録業務を手掛け、国内シェアは9割に達する。




 通販サイトなどを安全に作成し、情報流出を防ぐに必要な 「電子証明書」 の発行やネット上の決済代腕も国内首位。 ネット通販で商品を購入したり、旅行の予約サイトを利用したりする際、知らず知らず利用しているのがGMOのサービスといえる。




 「全ての人にインターネットを」。 創業から一貫して唱えてきた。 20年前には高くて難しかったネット接続やサーバーの貸し出しとおったサービスを安く提供。 技術革新の追い風にも乗り、2014年12月期の売上高は1000億円台に乗る見込みだ。 グループ会社は80社に迫る。 




 実業家だった父の背中を見て育ち、子供の頃から 「実業家以外の道は考えていなかった」。 当初は 「インフラを握ればビジネスを周辺に広げやすい」 と、鉄道や電気に注目。 ネットの出会い、分野は変わっても、「インフラを握ることが成功のカギ」 と云う初志を貫き、結果を出した。




 一見、順風満帆に見える経営者人生。 だが、会社は一度潰れかけている。 新たな事業を立ち上げようと、2005年に投資ファンドから消費者金融会社を買収したことが発端。 金利を多くとりすぎだと、産業全体が批判を浴びる過払い問題が噴出したのだ。




 金融事業には買収資金や増資などで400億円を費やしたが、結局、処理の際にはわずか500万円で売却。 自己資金なども当時、かろうじて会社を救った。 「10年間蓄えてきたものが吹っ飛び、会社は首の皮一枚」 という散々な結果だった。




 逆境から得た教訓が 「バランスを欠いた投資はしない」 ということ。 「自分でコントロールできるリスクしかとらないようにすることが大事だ」




 経営者として、改めて手ごたえをつかむ契機となった。 危機の最中も勤めて明るく振舞った。 毎朝早朝から金融機関とタフなミーティングに明け暮れる中、「自分だけはうつむかない」 と臨んだ。 それが社員や取引先などの求心力となり、会社の存続にもつながったと振り返る。




 現在、グループ全体では3800人のスタッフを抱え、うち4割がエンジニアなどだ。 「自社で商品を作ることが強みになる」。 2011年には社内託児所を設けた。 子供をもつ女性でも仕事をしやすい環境を整えるなど、「全員野球」 の態勢を築く。




 4月7日、東京都内のホテル。 新たに認められたドメイン 「.tokyo」 の登録受つ付開始の記者会見が開かれた。 熊谷らのほか、東京都知事の増添要一やアイドルグループの 「AKB48」 のメンバーも出席。 東京五輪を見据えて、ビジネスチャンスをもくろんだ派手な 「お披露目」 とみえなくもない。




 ただ、熊谷の本音は 「ネットが更に普及するきっかけになって欲しい」。 ドメインビジネスは1件数百円の商売。 関心を持ってもらうのはいいが、それだけで皮算用するつもりは毛頭ない。 




 2012年からは新経済連盟の理事も務める。 もともと財界活動のような集まりは消極的だったが、楽天社長の三木谷浩史から直接誘いの電話を受けて参加を決めた。 グループ各社を束ねる本業のかたわら、「ネット選挙」 の解禁など業界の為に日々汗を流す。




 事業拡大に向けて自助を怠ったことはないと自負する。 一方、ネット業界全体の底上げも見据える。 両輪が上手く稼動することこそが、成長に結びつくとの思いが根底にある。(日経流津新聞)




  




  

ツイートこの記事をつぶやく




 スマートフォン(スマホ) で子供をあやしたり遊ばせたりする 「スマホ子守」 について、心身の成長に悪影響を与える恐れがあるとして、小児科医の団体が長時間の利用を控えるように注意を呼びかけている。 親子のコミュニケーションが阻害される可能性があるという。 子供用アプリを提供する事業者側も独自のガイドラインを作成、適切な利用を求めている。




 「早めに電子機器になれさせようと思ったけど、あまり良くないのかな」。 3月下旬、1歳の長女の定期健診のため、東京都文京区の小児科を訪れた母親は待合室に張られたポスターを見てつぶやいた。




 「スマホに子守をさせないで!」。 小児科の開業医ら約6千人でつくる日本小児科医会が昨年12月に作製したポスターで、全国の医院や保育園などに約5万名配った。 




 ポスターは、動くキャラクターや音で引き付ける 「子守アプリ」 であやすことや、自分の時間を作るために子供にスマホを使わせて放置することなどに注意を呼びかけている。 




 同会常任理事で医師の内海裕美さんによると、小児科の待合室でスマホに夢中になる親子の姿が増え、医師の間で懸念の声が高まったと言う。 内海さんは 「親子のコミュニケーションが阻害され、将来的に依存症になりやすくなる恐れもある」 と話す。




 こうした小児からの指摘に困惑する保護者も。 2歳の長男がいる横浜市の男性会社員は 「電車の中で子供が騒ぎ出したらスマホでおとなしくなるのは助かるので、全く使うなと言われても・・・・」 と話す。




 教育アプリを提供するスマートエデュケーションは子供のスマホ利用に独自のガイドラインを作成。 「スマホを親の代わりにせず、親子で会話しながら使う」 などと提案している。




 教育と情報技術の関係を研究する東京大学の山内祐平准教授は 「2歳以下の子供にはあまり見せないほうが良いが、短時間の利用で過度に神経質になる必要はない。 親が適切な利用を意識して、家庭ごとのガイドラインを作ることが大切」 と指摘している。(日経夕刊)



    

ツイートこの記事をつぶやく
       4月9日、アメリカ・マイクロソフトの基本ソフト(OS) 「ウィンドウズXP」 と 「オフィス2003」 に最後のセキュリティー修正プログラム(パッチ)が公開される。 同社はどれほど大きなセキュリティ上の欠陥(脆弱性)が見つかっても対応しない。 まだ法人が使うパソコンの6台に1台はXP。 利用を続ける企業や自治体は10日以後、この1台を踏み台にしたシステム全体への攻撃の可能性と隣り合わせになる。        「XP搭載のパソコンの攻撃被害は確実に増える」。 セキュリティー大手のトレンドマイクロとシマンテックの日本法人の専門家は同意見だ。 最大の理由は、パッチの存在しない脆弱性を狙う 「ゼロデイ攻撃」 がXPに関しては今後永遠に続くためだ。        攻撃者は脆弱性を悪用するプログラムを作り、インターネットを介してパソコンの管理者権限を乗っ取る。 そうすると、あたかもパソコンの前に座るように全て操作できる。 侵入したパソコンを起点に他のウイルスを呼び込んで組織のネットワークに感染を広げ、機密情報の持ち出しや利用者の監視、システムの破壊などを画策する。        システム上のパソコン1台に脆弱性が有れば、システム全体が危険にさらされることになる。        XPは2001年に発売。 約13年間世界中で使われ改善もつき重ねられてきたが、まだ脆弱性が残っている。 そもそもXPは最新のウィンドウズ 「8」 シリーズのセキュリティー保護機能の25%程度しか備えていない。 「XPのセキュリティー保護昨日は攻撃者により次々とバイパス(回避)されている」 のが実情だ。        シマンテック日本法人の林薫セキュリティレスポンスシニアマネージャーは 「XPの騒ぎにまぎれているがOS以上に深刻なのはアプリ(対応ソフト)の脆弱性だ」 と警鐘を鳴らす。 例えばプログラム開発言語 「Java(ジャバ)」 や閲覧ソフト(ブラウザー) 「クローム」 などはXPサポート切れを表明している。        利用者が少なくなった古いソフトだからと言って、攻撃者の眼中にないと考えるのは早計だ。 今年に入ってジャストシステムの表計算システム 「三四郎」 の脆弱性を悪用して、企業から機密情報を盗み出す 「標的型攻撃」 攻撃が観測された。 狙われた三四郎は発売から4年が経過しているがまだ脆弱性が残っていた。 攻撃者は標的を綿密に調べ、攻めどころとしてわざわざ三四郎を選んだ。        セキュリティー各社は17~18年頃までにXP向けのウイルス対策ソフトを更新する見通しだ。 だがウイルスが見つかってからワクチンを作るので、問題は防ぎきれない。         中小企業や自治体などでは経済的な問題からXPを使い続けることが多い。 「安全」 に使うためにネットからの遮断に加え、USBメモリーを使わず、プリンターも共有しないなどの対策を取ることもあるが、そうしたパソコンが業務上役に立つか疑問が残る。        ソフトのサポート切れはXPだけでなく他のOSや業務ソフト、ミドルウエア(基盤ソフト)に共通する問題だ。 セキュリティリスクを経営問題として捉え、対策する必要がある。(日経流通新聞)                        ツイートこの記事をつぶやく
                朝井氏      今回で5回目の 「仕事って何」 今回は、作家の朝井リョウ氏をご紹介します。       小説家の朝井リョウ氏は、就職活動とソーシャルメディアを題材にした 「何者」 で23歳のときの直木賞を受賞した。 早稲田大学在学中にデビューしていたが、会社員との兼業の道を選んだ。 小説の題材には児童養護施設を取り上げるなど硬派の一面を持ちつつ、20代ならではのみずみずしい感性にも定評がある。 会社員として普通の生活を貫きながら、2つの視点を創作に生かす。        --「何者」では、ツイッターを駆使する就活生が現実世界では表向きは仲良くしながら、ネット上では神経戦を繰り広げます。      「就活をテーマに、人間同士のコミュニケーションが変容する様を描きたい。 僕自身は無料通信アプリ 「LINE」 を2日間試してみて、これははまるなと直感した。 逆に、これ以上やったら作家を廃業しなければならなくなると思って完全にやめたが」      「人に嫌われたくないという意識が常に自分の中にある。 小学校のときからネットがあり、高校ではクラス別掲示板があった。 ミスがあったら直ぐにたたかれて、住所、名前や家族構成が暴かれて追い込まれる--というのをずっと見てきた。 だから、ものごとを先回りして予測し、防御する力に物凄くたけている。 僕らネット世代はみんなそういう面があるのではないか」        --プロの作家になるという夢をかなえながら、会社員生活も営んでいます。 二足のわらじを選んだのは何故ですか。      「一般企業に勤め、4月に社会人3年目を迎えた。 普通に周りの友達と一緒に就職活動を始め、流れに乗ったというのが実態に近い。 周りの学生も 『大学を卒業したら就職する』 と、わざわざ決意して就職活動をしたわけではない」       「就活ってゴールも見えないし、何が原因で落ちるかがわからない。 就活生は面接官を神のように捉えがちだ。 でも、本当にそうだろうか。 笑い話として効いて欲しいが、面接の前にトイレに行って面接官が自分と同じように排泄する姿を確認するようにしていた。 面接官は本番に100点の状態で出てくるが、上司の盗んでサボることもあるし、同じ動物なんだと思って力を抜いた方がいい。 会社の人間関係も同じでは」        --働き事は、学生時代と同違いますか。      「学生時代から地続きだと思う。 もっとも、社会人として丸2年に過ぎないので、えらそうな口はきけないが。 就学生のときは 『特殊な能力がない仕事ってできないのでは』 と思っていたが、全然そんなことはない。 新しいスポーツを覚えるような感覚で、仕事もちょっとずつ覚えていくのだと感じている」        --とはいえ、給与という対価を得ながら仕事をすることの重みはありますよね。      「実は僕も結構、兼業生活に疲弊してたことがある。 『会社を辞めれば身体は楽になるが、楽になるのは身体だけかもしれない。 どの選択がいいのか分からない』 などと考えていたとき、ある上司がこう言葉をかけてくれた。 『いいか悪いかというのはこの世になくて、居心地がいいか悪いかで決めればいい。 居心地が悪くなったらやめればいい』。 これを聞いてとてもら気になった」      「新入社員で 『あまりにも仕事がつらいが、3年勤めないと職歴にならない』 などと、袋小路には待っている人もいるかもしれない。 いいか悪いかの尺度ではなく、居心地がいいか悪いかに着眼点を移すのも手だと思う」        --新刊の 「スペード3」 では、浅井さんとして始めて社会人を主人公に取り上げました。 女優とその追っかけの女性たちが登場します。      「社会人になって 『大人なのに小学校の学級委員のようなことをしている人がいるな』 『おかしいな、何でだろう』 と気づいたのが執筆のきっかけだ。 昨今、今年と文学賞を立て続けに頂いて、やっと自分が身をおいていない世界の話を書いてもいいんだ、と思えるようになった。 次回はアイドル小説を書く予定だ。 我欲を表に出している人、それがアイドル。 そんな人が好きで興味がある」        小説家 朝井リョウ氏のこだわり    『週末はファミレスでひたすら執筆』     朝井氏は 「会社員としても、作家としても、それぞれ100%の力を注いでいる」 と話す。 文学賞を取ったことで 「先生」 と呼ばれることを忌み嫌い、あえて普通の生活を貫く。 作家として(書くとか下調べ)毎日何かはするといい、週末はファミレスひたすら執筆する。 「1日何もしないと、その日からないもしない非が続きそうな気がして」。 自分を律する素顔が垣間見える。                            ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 47712345»102030...Last »