テーラーメイドゴルフは一般公募したアイデアをもとにゴルフ用品を開発する。 ゴルファーの減少に歯止めをかけ、国内ゴルフ市場の活性化につなげる狙い。 このビジネスもモデルを日本で確立した後、アジアへ本格進出する際のブランド作りにも役立てる狙いだ。        アメリカ・テーラーメイド・アディダスゴルフが全米プロゴルフ協会などと立ち上げたゴルフ市場の活性化手法 『ハックゴルフ』 を使う。 オンライン上で募った消費者からアイデアをエランド、ゴルフ関連商品の開発に生かす。        ハックゴルフは1月から全米でスタートし、既に約4000のアイデアが集まった。 第1弾としてカップの直径が約30センチのホールでゴルフをする 「ワケットボール」 と呼ぶ競技に使用するドライバーを商品化した。 3月中にもアメリカで発売する。 全米15~20コースのゴルフ場と組んでワケットボールを広める。 ゴルフクラブやボールが一般のゴルフ競技に比べ大きいため、子供連れや初心者でも楽しめると言う。        一般ゴルフボールやクラブのサイズを大きくした商品を出す。 ゴルフ競技では普通10本以上のクラブを使うが、4~5本でプレイできるようにする。 日本での発売時期は未定だが、日本向け専用商品として企画も進める。         GfKジャパンによると2013年の区内ゴルフ用品市場は2012年比4%増の1269億円。 ただここ数年はほぼ横ばい。 市場拡大には既存ゴルファーの買い替え需要の喚起も必要だ。         ゴルフ情報誌 「GEW」 を発行するゴフル用品会によると現在、アジアで2番目に大きい韓国市場規模でも日本の半分程度。 メーカーの開拓余地は大きい。(日経MJ)          ツイートこの記事をつぶやく
      スピード        自動車レースには、車両によって様々な種類がある。 たとえば、F1(エフ・ワン)ことフォーミュラ1。 ご存知、自動車レースの世界では最高峰に位置するのがF1だ。 ジャンルで言うならフォーミュラ系。 車両も 「F1のために作られた」 ものだ。        一方、市販車をレース用に改造して競うのがツーリングカー系。 俗にいう 「GT」 だ。 そんな F1 と GT は、どれだけスピードが違うのだろうか? 今回ご紹介する動画 『Speed Comparison: GT vs. F1』 を見れば一発で理解できるぞ!!        動画は、同じコースを、ほぼ同じアングルに固定して撮影している。 左が GT。 右が F1だ。 そして再生してみると……なんだかもう、全然ちがう! 音からして全然ちがう! GT だって速いけど、F1 のスピードはロケット並! とんでもないスピードである。        ちなみに日本で最も有名な GT のレースは、『SUPER GT(スーパージーティー)』 だ。 マッチこと近藤真彦さんが監督を務める 「KONDO RACING」 も2006年から参戦している。 GTファンのみならず、マッチのファンも要注目だ。(rocketnews24.com)         説くとご覧あれ!!      speed comparison:GTvs.F1            ツイートこの記事をつぶやく
      始球式         プロ野球の人気イベントのひとつである「始球式」。 あくまで一種のセレモニーだが、「マジかよ!?」 と、試合以上に興奮する始球式がインターネット上で話題となっている。        その始球式では、なんとブルマみたいな超ミニホットパンツ美女が登場。 彼女は空中にジャンプしたかと思うとまさかの開脚回転! さらに見事ノーバンで球を投げきったのだ! この、観客を釘付けにした始球式は動画 「South Korean taekwondoist/actress Tae-Mi’s first pitch」 で確認できるぞ!!          ・ ホットパンツ美女による始球式      話題の始球式が行われたのは、2013年8月17日に行われた韓国の SK ワイバーンズ VS 斗山ベアーズの試合だ。 そこに現れたのは韓国の美人女優テミさん。 テミさんはこの日、ユニフォームに黒色のホットパンツで球場に現れた。      まるでブルマのようなパンツにはドキっとさせられる。 だが、テミさんが観客を魅了したのはホットパンツ姿だけではない! この後、驚くべき展開が待っていたのだ。          ・ まさかの空中で開脚回転! ノーバンでキメる!!      簡単に挨拶をした後、マウンドに立つテミさん。 そして、左足を上げてふりかぶって……投げる! ……と、見せかけて、下ろした左足を軸になんと空中で開脚回転をキメたのだ。 このアクロバティックな技に観客もビックリ。 球場には 「おおおーッ!!」 と歓声がこだました。      さらに、テミさんは体重を着地した右足から左足に乗せ、ボールを投げたーッ!! ボールはそのままキャッチャーのミットに吸い込まれる。 テミさんは、あのアクロバティックなフォームから見事ノーバウンドで球を投げきったのだ。 これには選手たちも驚愕。 もう、笑うしかないらしい。            ・ネットユーザーの声      球場を大いに沸かせたテミさんの始球式の様子は、ネット上でも話題に! 動画は公開から3日で再生回数120万回を超え、以下のようなコメントが寄せられている。        「すごい美脚だ」    「うーん、セクシーッ!!」    「うおお、これはスローで見たい」    「試合より面白い!」    「0:18あたりが変態仮面みたい」    「目立ちたがり」    「すぐ奇抜なことをしようとするなぁ」          ・テミさんは元テコンドー選手      現在は、韓国で女優として活動しているテミさんだが、彼女は実は元テコンドーの選手だ。 本名をキム・ギョンスクさんといい2007年世界テコンドー選手権大会チャンピオンという実力の持ち主である。        ちなみに、女優に転向後、2011年にはテコンドー映画や日本マクドナルドのCMにも出演。 見事なテコンドーの技を披露しており、テミさんに見覚えがある人もいるだろう。            ・ アクロバティックな韓国始球式      それにしても、韓国では2013年7月にも始球式で元新体操選手のシン・スジさんが超アクロバティックな投球を見せ話題となった。 もう有名人が投げるだけでは飽き足らない! 韓国の始球式は独自の方向に進もうとしているのかもしれない。(rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       東北福祉大4年、21歳の松山英樹が全英オープンで6位タイの成績を収めた。 が、4日間は順風満帆ではなかった。        初日、2日目を無難にこなし、首位と5打差で決勝ラウンドに進んだ松山は3日目、9番からの3連続バーディーで通算1アンダー、首位と1ストローク差に急浮上していた。        ところが15番で、競技委員からスロープレーの警告を受けると、それまで安定していたプレーに影が差す。 17番ではティショットを左へ大きく曲げてボールがギャラリーを直撃した。        松山はその客に謝罪して、サインしたグラブをプレゼント。 そして深いラフに埋まったボールをどうにかリカバリーした。 しかし3打目に向かう際に、まさかの出来事が起こる。 2回目のスロープレー注意ということで、1ストロークのペナルティを宣告されたのだ。 動揺を隠せない松山。 続く18番ではボギーを叩き、優勝争いから後退を余儀なくされた。        この1ペナは大きな 「騒動」 となった。 この日のホールアウト後、同伴競技者だったジョンソン・ワグナー(米国)が、「彼のプレーが少し遅いのは事実だが、時間がかかりすぎたとも思えない。 もう少し適正な判断をしてもよかったのではないか」 と猛抗議。 ミックスゾーンでも、イギリス本国を含め多くの海外のメディアから 「ペナルティは適切だと思うか」 という質問が飛んだ。 一部では、「アジア人の松山に対する “人種差別” 的ペナルティだったのではないか」 という指摘も出たという。        伏線はあった。        「今年4月のマスターズでも、史上最年少でローエスト・アマのタイトルを獲得した中国のグァン・ティンラン選手(14)が、2日目に同じスロープレーでペナルティを受けた。 それと、松山の一件を結びつけたのです。 東洋人の新人に対し、“洗礼” を浴びせたのではないか、という疑惑です」 (ゴルフ誌記者)        松山の組は15番ティ到達時点で予定されていた時間よりも15分遅れていたため、計測対象になったという。 しかし15分も遅れるということは競技全体が遅れているわけで、その中で松山1人がペナルティを受けたのも不可解だった。        「欧米のゴルフメディアは、こうした “人種的偏見” とも見られる一件を煽るのが好きなんです。 2007年には、全英の主催者・R&Aの役員が人種差別的発言をしたとして問題になったし、最近はタイガー・ウッズに対して、セルヒオ・ガルシアが同じく人種差別的発言をしたと騒ぎ立てた」 (同前)        そのような経緯もあってか、R&Aは素早く対応。        「ギャラリーへ配慮していた時間は計測していない。 難しい判断が必要だった事情を斟酌した上での裁定で、スロープレーの判断は公正だった」        と、異例の緊急会見を開いて説明した。        確認する限り、確かに今回の松山のプレーがいささか手間取りすぎていたことも否めず、そもそも “東洋人への洗礼” があったとは考えたくもないが、逆にいえばそんな憶測を呼ぶほど松山の強さが際立っていたといえる。(news-postseven.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
             安藤        7月1日に、テレビ朝日 『報道ステーション』 にて女児を出産していたことを発表して以来、安藤美姫さんに関する報道が過熱している。 つい先日は週刊文春の 「安藤美姫さんの出産を支持しますか?」 といったウェブアンケートが批判殺到で中止になるなどしているが、安藤さんが娘の父親を公表していないことからスポーツ紙がいろいろな記事を書いているようだ。        そんな中、安藤さんの 『Facebook』 オフィシャルページは、7月6日に 「ご協力のお願い」 と題してこんな声明を発表した。      
今回の件に関して、ネットでは 「東スポ」 の記事をもとにしたスレッドが散見されます。東スポは「日付以外は全部嘘」という定評がある楽しい新聞です。過去に名誉毀損で訴えられたとき、裁判所で「東スポの記事を信用する人間はいない」と主張し、勝訴したことがありました(ただし二審で敗訴)。 このまま東スポの記事を真に受けたスレッドが伸びますと、東スポさんにご迷惑をおかけすることになると、スタッフは懸念しています。 「記事を信用する人間が多数いる」 という証明になってしまうからです。       スタッフとしては、事実無根の記事を書かれるのは正直、たまりません。 第三者を巻き込んだ憶測記事など、本当にいたたまれない気持ちになります。 しかし、「またこんなこと書いてる!」 と笑い飛ばして終われるくらいでありたいとも思うのです。 あのおおらかさが失われるようでは、息苦しさが募るばかり。 ぜひ 「東スポの記事を信用する人間はいない」 ことを証明していただけるように、ご協力をお願いいたします。 ※   東スポの正式名称は 「東京スポーツ」。 グループ紙に「大阪スポーツ」 (大スポ)、「中京スポーツ」 (中京スポ)、「九州スポーツ」 (九スポ) があります。
    (https://www.facebook.com/miki.ando.official/posts/543491595711217        東京スポーツのウェブ版『東スポWeb』が発表したニュースといえば      「安藤美姫『愛娘の父は明かさない』コメント発表」      「安藤美姫『出産告白』の舞台裏」      「リア・ディゾンが安藤美姫に微妙なエール」     といったもので、7月8日現在 『2ちゃんねる』 主要カテゴリのニュース速報プラス板、芸スポ速報プラス板で伸びているスレッドといえば      「【社会】 「ちゃんと性教育してるのか!」  安藤美姫・未婚出産でスケート連盟に抗議殺到…織田らもデキ婚で 「下半身だらしない世界」懸念」 と     「【フィギュアスケート】安藤美姫と親密な50代の“第3の男”浮上 不倫の末の妊娠、出産?(東スポ)」 である。        未確認生物などといったネタ記事はともかく、芸能関係では 「サザンの活動休止」 「ユニコーンの再結成」 といったスクープネタを掲載することもある東スポ。 今回の声明はスタッフの 「東スポはウソばっかりだ!」 といった皮肉かとは思うが、かえって逆効果ではないのだろうかと懸念する次第である。(getnews.jp)                          ツイートこの記事をつぶやく
       「目標は海外のメジャー大会で勝つこと」        『日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯』 の翌日、記者会見でそんな抱負を語った松山英樹選手(21才)。           今年4月にプロ転向し、2戦目で即優勝。 『日本プロゴルフ~』 では逆転負けで2位となってしまったが、2日目に2打罰のペナルティーを科されながらも、圧倒的な集中力でプレーする姿はギャラリーを魅了した。        4才からゴルフを始め、2010年には 『アジアアマチュアゴルフ選手権』 で優勝し、日本人アマチュア初のマスターズ出場権を獲得。 最強のアマゴルファーといわれ活躍してきた。 現在は東北福祉大学の4年生で、プロ転向後もゴルフ部の主将を続けている。        5年も先にプロ転向した石川遼選手(21才)とは同い年であることから、何かと比べられる運命にあったが、今や 「石川選手以上の強さ」 との声も上がるほど。 しかし、当の本人は周囲にこう漏らしているという。        「正直、ライバルとは思っていないし、ある意味で違う次元なんです」        確かに厳しい父の下で緻密なプレーを要求されてきた石川と松山は違うタイプだ。 「石川がいろんなことによく気づく一方、松山は本当に鈍感。 試合が始まると緊張も忘れるというんです。 彼の鈍感力は最大の武器かもしれませんね」 (ゴルフ関係者)        しかし、試合を効果的に支える鈍感力は、プライベートでは笑い話に…。        「ゴルフ場に行くのにゴルフシューズを忘れたり、アマとプロでの優勝の違いを聞かれ、“アマの時のことは忘れた” って答えたり(苦笑)。 忘れっぽいんですね」 (前出・ゴルフ関係者)(news-postseven.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
      ダルビッシュ        日本が誇る球界のエースといえば、現在はメジャーリーグのテキサス・レンジャーズに所属するダルビッシュ有選手であろう。 真っ向勝負もヤバイが、変化球もキレッキレで激ヤバイ。      そんなダルビッシュ選手の変化球のスゴさが一発で分かるGIFアニメ、ならびに動画が大きな話題になっている。 動画のタイトルは 「All of Yu Darvish’s pitches at once VS Albert Pujols」 だ!        動画、ならびにGIFアニメの長さはわずか6秒。 ダルビッシュが変化球を投じた映像を5パターン合成しただけのものである……が、これがとんでもなくヤバすぎる!          ダルビッシュのフォーム、ならびにリリースポイントはほぼ同じなのに、球筋は全然違うのだ!        これでは打者は予想できない。 どこにボールが放たれるのか、まったく予想できないぞ! まるで戦闘機が5発動時にホーミングミサイルを放ったがごとく、最後はキャッチャーミットにバスバスッと収まっているのも気持ち良い。 GIFアニメのほうが見やすいぞ。 必見だ!!(rocketnews24.com)        

▼まるでホーミング弾! すげえええええッ!!

 

 

darvish-gif

 

 

 

 

▼動画はこちら

 

All of Yu Darvish’s pitches at once VS Albert Pujols

 

 

 

 

ツイートこの記事をつぶやく
      ランニング        ランニングは運動不足の解消や、体力増進のために手軽にできる人気の運動だ。 多くの人がランニングに熱中しているが、その一方で、いくら走っても全然走れないという人もいる。        そんなどんなに頑張っても長距離を走れない人に悲しいお知らせだ。 もしかしたら、あなたは遺伝子レベルで長距離走が苦手かもしれない。 専門家が 「5人に1人はランニングが苦手な遺伝子を持っている」 ことをつきとめたというのだ。        この研究を発表したのは、イギリス・ラフバラー大学のジェイミー・ティモンズ教授だ。 ティモンズ教授の研究によると、人には長い距離走れるかどうかを決定付ける30の遺伝子があることがわかったそうだ。 しかし、一部の人はこの遺伝子を持っていないという。 その割合は20パーセント。 つまり、5人に1人はこの遺伝子がないため、生まれつき長距離走に向いていないというのである。        30の遺伝子は、人体の筋肉繊維の構成を変えることができるそうだ。 この遺伝子の働きにより、筋肉繊維間の血管が発達し、筋肉は運動時により多くの酸素を筋を得ることができる。 そして、人はより速く走れるようになるのだという。 この遺伝子を持たない人は、運動時に筋肉へ十分な酸素が供給されないため、どんなにトレーニングを積んでもパフォーマンスが上がらないのだという。        ティモンズ教授は 「ほとんどの人はトレーニングで体力アップさせることができますが、この遺伝子が欠如している人は、どんなに苦しいトレーニングに耐えても、長距離走が得意になることはありません。 そればかりか無理なトレーニングを続けると、体を壊すことさえあります」 と話している。        努力が全く実らないというのは何とも悲しい話である。 ティモンズ教授は、そういう人はランニングを続けるよりも、ジムに行ったりや武術などでトレーニングをした方がいいとアドバイスしている。 どんなに頑張っても長距離がダメだという人は、トレーニングの方法を見直してもいいかもしれない。(rocketnews24.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
       3月29日、プロ野球が開幕した。 ファンが楽しめる中継とはなにか。 フリーライターの神田憲行氏が考える。          今年も野球の季節が巡ってきた。 野球ファンにとっては朝から高校野球、夜はプロ野球と1日野球漬けになれる至福の季節である。        そこでちょっと、主に民放地上波の野球中継にお願いしたいことがある。 実況はもっとシンプルにしてもらえないだろうか。 プロ野球はデータの面白さもあるので、得点圏打率や左右投手の相性、ストレート・変化球の配球の割合などを紹介するのはいい。        解説者が多すぎるのではないか。 中継ブースに2人、1・3塁のベンチサイドリポーターと称してさらに2人いる。 アナウンサーを含めて5人がのべつくまなく喋りまくる。        私が野球中継で 「ベスト・ワン」 だと思うのは、元朝日放送・植草貞夫アナウンサーと、元北陽高校監督・松岡英孝さんの組み合わせだった。 植草さんは 「白い雲、青い空」 「甲子園は清原のためにあるのかぁぁ」 といった名台詞で有名なスポーツ・アナだが、言葉の面白さだけでなく、中継の 「試合運び」 も絶妙だった。 とくに松岡さんとのコンビは息もぴったりで、大変聞きやすかった。なぜ聞きやすいのか考えていて、思い当たることがあった。        たとえば9回表に1点差を追いかけているチームが四球で先頭打者を出すとする。 植草さんが 「○○高校、ノーアウトでランナー1塁!」 という。 こちらが 「送りバントかなあ」 と思った瞬間、松岡さんが 「ここはね、送りバントだと決めつけてはいけません。 ○○監督、エンドランもあります」。 なるほど、相手のバントシフトの裏をかいて、一気に逆転まで持っていく作戦もあるのか、と見ている側は思うわけである。        野球を見ながら中継と 「対話」 ができる。 そこで肝心なのが、植草アナが 「松岡さん、ここはどうですか」 といちいち話を振らない点だ。 話を振らなくても松岡さんが入るだけの信頼感が2人にあり、余計な言葉を挟まないからリズムも生まれる。        これが民放だと解説者が何人もいるから、中継アナがいちいち 「○○さん、どうですか」 と話を振らないといけない。 ベンチサイドの解説者からは、自己アピールだろうか、中継アナを 「○○さん、○○さん」 と呼ぶときもある。 これがとてもうるさい。 まるで画面が言葉で埋まってしまう。        野球に限らず、サッカーでもバレーボールでも格闘技でも、中継の過剰さを厭うファンの声をよく聞く。 「番組でなくスポーツを伝える」 という原点に戻った、シンプルな、それでいてプロを感じさせる中継をお願いしたい。(news-postseven.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       東京マラソンは今や抽選倍率が10倍を超える人気大会だけに、1度も当選したことがない人もザラにいる。        一方で 「7回連続出場」 の人も多数いることが判明した。 過去の倍率から計算すると、7回連続当選する確率は93万人に1人程度だ。        「スタート前に盛り上げ役のMCが 『初出場の人は?』 とランナーに挙手を求めはじめました。 2回目の人、3回目の人と回数が増えるごとに挙手は減っていくのですが、『7回すべてに出場した人』 の時にAブロック(最上級者のエリア)でかなりの数の人が手を挙げたんです。 挙手したランナーには周囲から冷たい視線が注がれていましたね」 (Bブロックのランナー)          市民マラソンに詳しいスポーツライターが語る。      「メディアへの露出を目的とした芸能人向けの 『マスコミ企画枠』 が数十人分、スポンサー枠も各社数十人分あるといわれています。 7回連続で出場権を手に入れる人がいても不思議ではありません」        一般抽選とは別に、一流選手用に別枠で募集されるエリート枠(約100人)、10万円以上の寄付で出場権を得られるチャリティ枠(3000人。2011年から)が存在するが、こんな “都市伝説” も。        「一度でもチャリティで出場すると、『こいつはどうせ金払ってでも出場するだろう』 と思われて必ず落選するという噂を耳にしました。 来年以降も寄付での出場を覚悟しています」 (3年連続でチャリティ枠で出場したランナー)        東京マラソン財団によると、「エントリーデータは年度ごとに破棄しており、そのような事実はない」 という。(news-postseven.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 8212345»102030...Last »