前半が終わって食事。 今日は、冷たいのもを食べようともり蕎麦に温かい豚とキノコの具のつけ汁のお蕎麦。     110515_104905        つけ汁の豚肉とキノコがとても美味しく感じました。         4ヶ月ぶりに来たらご飯が新に感じました。       ツイートこの記事をつぶやく
     吉野家は17日10時、東日本地区限定で 「牛丼110円引きセール! 」 を 「吉野家」 店舗でスタートさせます。      期間は23日15時まで。      「牛丼」 や 「牛皿」、「牛鮭定食」、「牛鮭サラダ定食」 が110円引きとなり、「牛丼並盛」 は270円になります。      実施都道県は、北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県、新潟県、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、山梨県、東京都、千葉県、神奈川県です。        なお同社は、4月に「がんばろう、日本。牛丼110円引きセール」と銘打ち、西日本地区限定で同様のセールを実施。                        吉野家西日本        その際は、「東日本地区では、計画停電などの問題から実施を見合すことといたしました」 (同社)とコメントしていたが、「電力事情も安定してきていることから、営業活動を活性化させ、『うまさ』 で元気を発信することが震災復興の一助になると考え」、今回のセール決定に至ったという。   (mycom.co.jp)        ツイートこの記事をつぶやく
     11月に予定される 「第6回 B級ご当地グルメの祭典 B-1グランプリin姫路」 の開催に先駆けて、近畿・中国・四国ブロックの支部大会が5月21・22日に兵庫県姫路市で開催される。 同大会は東日本大震災の “復興支援大会” として開催され、出展する各団体が主催者を通じて売上金の一部を寄付するという。                     姫路おでん                         (姫路おでん)                    カキオコ                           (カキオコ)                    ひるぜん                         (ひるぜん焼きそば)      「B-1グランプリ」は、”安くてうまい”地域の名物料理や郷土料理の全国ナンバーワンを決めようと2006年より毎年開催されている食のイベント。 今回開催されるのは、B-1グランプリを主催する団体 「愛Bリーグ」 の近畿・中国・四国支部会員に限定した地域大会で、同支部会員である14団体が参加するほか、これまでのB-1グランプリで殿堂入りを果たした 「横手やきそば」 「厚木シロコロ・ホルモン」 「甲府鳥もつ煮」 「富士宮やきそば」 も出展されます。      近畿・中国・四国支部から参加するのは、しょうが醤油をつけて食べるおでん 「姫路おでん」 のほか、島根県出雲市の 「出雲ぜんざい」、鳥取県鳥取市の 「鳥取とうふちくわ膳」 など。       価格は300円~500円。 なお、当日提供されるB級ご当地グルメは、専用のイベントチケットでのみ販売される。 チケットは100円券10枚綴りの金券方式で、1シート1,000円で販売されるという。  (mycom.co.jp)          時間が有れば行ってみたいな~~!?        ツイートこの記事をつぶやく
     韓国旅行の3日目 (帰国する日) 何時も食べに行くお店に                       110505_102333      『カンジャンケジャン』 を食べに寄りました。      その カンジャンケジャン が、              DSC_0285     これです。  オレンジ色の内子が絶品なんです。  生の渡蟹を特製のタレに付け込んでいるんです。  そのたれは、甘くもあり酸っぱくもあり辛くもあり漢方のなんだったっけな~~この香。  独特なんです。        いろんな付け合せは           110505_103026     食べ放題とは言いませんが、お替わりと云えべ持って来てくれます。  この付け合せは取り立てて美味しいということはなかったな!?        (゚∀゚)ラヴリィ!! が、「活けタコ 食べたい!」 っていうからKが頼んでくれたけど。      K曰く 「活けタコは夜の食べ物でしゅよ~~」 って。  意味が分からなかった。                    DSC_0286      ぶつ切りが細かすぎたよ!!  だけど口の中に入れると吸盤で吸い付く吸い付く活きは抜群でした。       これも、生のニンニクに青唐辛子が付いてきましたがさすがにニンニクと青唐辛子では食べれなかった ><        カンジャンケジャンを、しゃぶった後残りの身を丼にして食べるんです。                 DSC_0287        今回は、卵の黄身を頂戴と云って乗せて特製のタレをかけて混ぜて食べたけど絶品だな!!          韓国へ行ったらお勧めの一品です。         ツイートこの記事をつぶやく
     本来なら、ミョンドン地区にある何時ものお粥屋へ行って 『鮑粥』 を食べるんですが、ちょっと違う所へ行こうとホテルのフロントの人に人気のあるお粥屋さんを聞いてみると車で5分ぐらいのところに有るということで、                          110504_075851      「瑞源」 というお店に行ってみました。  このお店雑誌等で紹介されたらしく土日には行列ができるほどの大人気店だそうです。       8時ごろ行きましたが、1組の日本人がお粥を食べていましたが、私たちがオーダーを済ませ鮑粥が出てくるまでにお店はあっと言う間にいっぱいに。  耳を澄ませると日本語が交わされていましたから日本人にも人気のようです。          そのオーダーした 『鮑粥』 が、                 110504_080542        これです。        鮑は   110504_081121   結構大きな鮑が沢山入っています。         他にテーブルには、                110504_080240      白菜キムチ、もやしのナムル、唐辛子ようですが辛くない唐辛子? (日本でいうなら獅子唐?かな)       付け合わせで一番美味しかったのは  110504_080304  この 『烏賊のキムチ』       この烏賊のキムチ  絶品だったな~~  白いご飯で食べたかった。        で、鮑粥はどうだったかいうと海苔の味がちょっと強くていつものミョンドンで食べるお粥のほうが美味しく感じました。       ツイートこの記事をつぶやく
     南大門市場で買い物を済ませて、      『 今回は、金欠旅行だら何食べる? 』       『 以前行ったことのある煮豚屋へ行きましょうよ。 Kは後から来るって言っているか2人で食べましょうよ 』       『 場所、分かってんの?? 』       『 大丈夫ですよ。 ホテルから近いですから・・ 』           で、相棒が記憶を頼りにたどり着いたのが                110503_183618        このお店。        注文は見よう見まねで指さしでオーダー。  何とかなるもんだ!!        110503_184753        湯気が出ているのですが、携帯の写メだと上手く伝わらないな!?         このポッサム (煮豚) を、     110503_184129      ポッサムをオキアミの塩からにつけてサンチュに乗せてキムチにニンニクに辛味噌をつけて食べて下だい。 って(゚∀゚)ラヴリィ!!が教えてくれたんだけど・・・      『 おかしいな~~ この前来た時は白菜が茹でてあったけど今回は生だな~?? 』      『 店間違ったんじゃねえの?? 』       『 いや!!  確かにここでした 』       『 ホントかよ(〃*`Д´) 』       『 間違っていたら   110506_193910   ごめんなさい 』         『 まぁ  白菜生でも美味しいからいいけどヨッ!!a(a`ε・´o) 』        『 (゚∀゚)ラヴリィ!!  2人は寂しいな!! 』       『 じゃ~  Kが来たら行っちゃいますか?? 』      『 いや (´・д・`)ヤダ 今回は目的が違うから金欠旅行だよ!! 』         ああでもねえ・・・ こうでもねえ・・・って言ってるところにKが合流。      『 兄貴~~  なんでしゅか~~  これだけでしゅか~ 注文したの? 』       『 言葉が分かんねえし・・ 文字が読めねえよ 』          今回は、言葉の壁を痛感したね!!        Kが頼んでくれたのが、烏賊の痛めたもの                  110503_193610        辛いんだけど甘みもありながら胡麻が効いていて美味しい一品でした。          後は、韓国風 “茶わん蒸し”   110503_193229   日本式と違って蒸していなくてテーブルに来たときは沸騰真っ盛りでその沸騰が収まってからスプーンで食べるんだけど感じ的には “フワフワ” 玉子(´・_・`。)ヵナァ・・        決して不味いわけではありませんよ。       1日目の夕飯は 『 ポッサム&豚足 』  まぁ  満足。  ☆☆2つですね!!           で、結局この後カラオケで行って大散財してしまいました(。>д<。)         ツイートこの記事をつぶやく
     郷土色あふれる安くておいしい 「B級グルメ」 が集った 「第8回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」 (埼玉県、埼玉高速鉄道など主催、毎日新聞さいたま支局、県連合毎日会など特別協賛)が1日、さいたま市緑区の埼玉スタジアム2002公園であり、第8代のご当地グルメ王に、初出場の 「草加小松菜チヂミバーガー」 (草加市)が選ばれました。 小松菜入りのサクサクチヂミのバンズ(小型のパン)で挟んだ新しいバーガー系のファストフード。 新食感で栄養満点なところが人気で、来場者から支持されました。                    チジミバーガー        武州深谷煮ぼうとう(深谷市)、すったて(川島町)など過去に王に選ばれた実力派や、さやまっ茶クレープ(狭山市)、アゲ揚げ白岡トマルーめん(白岡町)など初出場組など計40グルメが参戦。 午前10時からにぎわったが、あいにくの強風で正午で中止になり、それまでに並んだ来場者約2万5000人から投票でグルメ王を選びました。        2位は2度王になったこともある豆腐ラーメン(さいたま市)、3位は岩槻ねぎの塩焼きそば(同)でした。        豆腐ラーメンに投票した川口市の主婦、浅野弘美さん(55)は 「マーボのこってり感が口に合った」、入間市の公務員、滝沢朗(あきら)さん(54)も 「つゆまで全部飲んだ」。 夫と長男の3人で来場したさいたま市岩槻区の大芦麻季さん(38)はこうのす川幅うどん(鴻巣市)に投票し 「スープの味とめんのモチモチ感がいい」 と笑顔だった。          販売店主で組織する県連合毎日会(筑井信夫会長)は、毎日新聞のブースを会場に設置。 約50人の店主たちが 「お誕生日新聞」 の無料発行や、毎日新聞のキャラクター 「なるほドリ」 との無料ツーショット撮影会などを実施し、大人気だった。        午前8時から埼玉高速鉄道・浦和美園駅前にのぼり旗を設置し、同鉄道の沿線ガイドマップや毎日新聞PRチラシを配布。 会場内のブースでは、誕生日などの記念日に発行された新聞(B4判)を透明のフィルムでパウチ加工した記念紙のサービスや、なるほドリとのツーショット写真をプリントして提供。 さらに、「毎日かあさん」 など書籍、サンデー毎日緊急増刊 「東日本大震災」 などを販売した。 埼玉中部毎日会の武田一夫会長は 「県内各地の販売店主が協力して喜んでもらえた」 と話しました。   (mainichi.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
     明治は、40年以上の長きにわたり親しまれているコーンスナック 「カール」 の定番2味を合体させた 「カール チーズカレーあじ」 を5月10日に全国で発売します。         カール        参考小売価格は126円(税込み)。        「チーズカレーあじ」は、1968年に登場した 「カール チーズあじ」 と、1969年に登場した 「カール 元祖カレーがけ」 をベースに誕生した新商品。 これまでいろいろな味が登場してきた 「カール」 だが、2つの味が合体するのは初めての試みです。    パッケージもコラボに相応しいデザインを採用。 「チーズあじ」の緑と「元祖カレーがけ」の黄色、2味のベースカラーを半分ずつ組み合わせたもので、インパクトと楽しさを演出している。    「カール」 は1968年7月25日に子ども向けの 「チーズ」 と大人向けの 「チキンスープ」 が発売され、翌年に 「カレーがけ」 が登場。 以降、「バターミルクあじ」 「いそあじ」 「ピザあじ」 「バターしょうゆあじ」 「お好み焼きあじ 」「チョコレートあじ」 「ナッツキャラメルあじ」 「チリビーフあじ」 「カルボナーラ」 「グリルドソーセージ」 「サワークリーム&マスタード」 「えびバター醤油味」 「うめあじ」 「オニオングラタン味」 「のりわさび」 などなど、多彩な味が販売されてきました。 (narinari.com)      現在の定番ラインアップは 「チーズあじ」 「うすあじ」 「元祖カレーがけ」 となっている。          『カール』 と云ったらなんと何と言っても “カールおじさん” に発売当時にテーマソングを歌っていたのが三橋美智也さんが  いいもんだな~~ ふるさとは~~  って歌っていたのが印象的でした。  若い方は、ダレ??って思うだろうね!!       今は、誰が歌っているのか知りませんが・・・。       ツイートこの記事をつぶやく
     今日、また佐原にある老舗の蕎麦屋 『小堀屋』 へ行って来ました。                 110430_114149          未だに本店は、今回の地震の制で屋根瓦が落ちたままで営業はとなりにある別館で行われています。  この建物は、昭和4年に建築されたものです。 千葉銀行の佐原支店としてて親しまれていました建物です。          店内には、300年前の鹿皮の羽織とか                DSC_0140     江戸時代に使った集金用の大きな巾着が飾られています。          で、今回の食べたのは 『黒天切りもり』      DSC_0138        美味しい(o^―^o)   次回は、”黒上天切りもり” を食べてみるかな??        以前は柚子切りってあったと記憶しているんだけど・・・ 復活して欲しいな~~           佐原の町には観光客がホントに少なかったな!!??  数人ほどしか歩いていなかった。   まだ、町並みが以前の姿に戻るには屋根瓦が落ちてそのままですから暫く時間がかかりそうです。       ツイートこの記事をつぶやく
       モスフードサービスは国内産の素材にこだわったハンバーガーを26日に発売します。 国産ベーコンを使用した 「とびきりハンバーグサンド 『B・L・T』」 など2品目です。        モスBLT        2008年に発売した 「とびきり」 シリーズの中でも、商品の全重量に占める国産食材の使用を最も多くします。        「 とびきりハンバーグ 『B・L・T』 」 (490円) は、国産の肉を100%使用したハンバーグやベーコンを使います。     「 とびきり 『L・T』 」 (430円)は 『B・L・T』 からベーコンを除きました。 国産食材の使用割合は全重量の60~66%となります。        「とびきり」 商品は発売以来、累計4700万食を販売しています。          モスバーガーは、美味しいけど商品が出来上がるまで時間が掛かるからな~~~!  まどろっこしい人には向かないな!!??       ツイートこの記事をつぶやく
Page 4 of 44« First...«23456»102030...Last »