銭湯に行ったことがある方がいるかと思いますが?  images 浴室と脱衣場を透明なガラスにしている目的をご存知ですか? それは、透明のガラスにすることでのぼせた人や滑って怪我をした人を直ぐに発見できるように透明なガラスを使用しているとの事です。 ツイートこの記事をつぶやく
落語は、江戸時代に始まったことなのですが、それは、普段より人を多く集めると言うのが目的でした。 元々、落語は「落とし話」と言われユーモアを交えて話されていました。 その噺をしていたのが僧侶だそうです。                 090916_170556 何故、僧侶がユーモアを交えた話をしていたかは、檀家の人や一般の人を集める為にしたことが始まりのようです。 布教活動の一環だったことが窺えます(o´・ω-)b ネッ♪ ツイートこの記事をつぶやく
バナナが、黄色く色づいて来てから輸入すると害虫が付いていて日本の食物に被害が及ぶ懸念があるから、害虫の付かない青い時に輸入するそうです。 images  それは、植物防疫法で決められているからだそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
それは、なんと換気扇 images だそうです。 関東には、見られない光景です。 それは、鹿児島県には有名な活火山 「桜島」 火山活動が活発な時火山灰が多く降灰するときは窓を開けて換気が出来ない為、換気扇を付けて換気をする為だそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
それは、ひょうたん images は、繊維が多くてひょうたんに七味唐辛子を入れていても湿気ないから入れ物としては最適だったから。 だから、今でもその名残でひょうたんの形  images の入れ物が用いられているからだそうです。 で、七味唐辛子をちょっとWikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%91%B3%E5%94%90%E8%BE%9B%E5%AD%90 で調べてみると、「七味」の原料は七つと決まっていないらしく、唐辛子、芥子、陳皮、胡麻、山椒、麻の実、紫蘇、海苔、青海苔、生姜、菜種等をブレンドして作られるそうです。 「七味唐辛子」というのは、関西の言い方で関東では「七種唐辛子」と書いて “なないろとうがらし”と呼ばれています。   そう言えば昔、祖父や祖母は、“なないろ” と言っていた記憶が有るな!?  七味唐辛子は、別名薬研堀(やげんぼり)とも呼ばれて、江戸時代に両国薬研堀で漢方薬からヒントを得て江戸名物になったことから由来しているそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
090918_172627_2.jpg
白黒で描かれた陰絵を一般的にシルエットといいます。  このシルエットは、18世紀のフランスの財務大臣のエティエンヌ・ド・シルエット(1709〜1967)が、推奨したことから彼の名前を取って“シルエット“と呼ばれる様になりました。   それまでの肖像画は、色彩鮮やかなものでしたが、貴族は、こぞって白黒のシルエットで描くようになりました。   さて、18世紀のフランスでシルエットの肖像画が、広まった理由は、“安く描けるからです“。 それは、18世紀のフランスは、戦争の影響で大不況で贅沢品である肖像画にお金をかけれなかった為です。 シルエットは、絵の具は黒だけで塗り潰せば完成で作画料が安かったから広まったそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
090918_164749.jpg
漢字の「名」という字を見ると「夕」と「口」の二つの漢字で出来ています。 「夕」は、夕方の「夕」 「口」は、人の「口」でこの二つの漢字で出来ています。何故、「名」が、「夕」と「口」が合わさって出来たかその訳をご存知ですか? それは、秋の夕方は、釣瓶落としというくらいスッーと日が、落ちます。その夕暮れ時は、薄暗く人の顔が見分けにくから自分の名前を口に出して相手に知らせる事が一般的でした。夕暮れに名前を口に出していたため「名」という漢字が作られました。 ミノヒロ的“ちょっ ちょっと聞いてくれる“ネタでした。 ツイートこの記事をつぶやく
090918_170339.jpg
日本の運転免許証は、長方形の横型が常識ですが、アメリカも2003年まで横型しか存在しなかったですが、現在は、50州のうち35州が横型の運転免許証を縦型を導入しています。 アメリカで運転免許証の縦型と横型を持つ人の違いは何か知っています。 それは、縦型の運転免許証を持っている人は、21歳未満。 アメリカでアルコールを飲めるのは、21歳からで、お酒を購入するときには必ず店員に運転免許証(身分証明書)を提示しなければなりません。 生年月日を、確認するより一目で分かるように21歳未満は縦型。 21歳以上は横型で使い分けています。 つまり、お酒が、飲める年齢かどうかでした。 これは、分かりやすいですね。 ツイートこの記事をつぶやく
090918_172900.jpg
クルーズ旅行は、世界一周にもなると2000万円もするものもあって、パーティーや食事を楽しみながらゆっくり旅が出来る旅行というのが、今は一般的ですが、このクルーズ旅行は、19世紀イギリスで始まりヨーロッパ中に広まりました。 元々は、豪華の船旅を楽しむよりも船上で有る事をするのが目的だったのですが分かります? それは、“日光浴“をするためが、元々の目的だそうです。ヨーロッパは、北緯の高い位置に有るため太陽を求めて海に出たそうです。洋上は、何も遮るものが無いから日光浴には持って来いなんですね。 今は、紫外線が身体に悪さする為日光浴は敬遠されがちですが太陽の、日照時間の少ないヨーロッパならではの話です。 ツイートこの記事をつぶやく
おにぎりは、最初から手でにぎるよりどの家庭でもあるお椀2個使って簡単に美味しくする方法があります。  それは、一個のお椀にご飯を入れてもう一個のお椀で蓋をして振ったりシェイクしたりしてからおにぎりにするとふっくらした食感のおにぎりが出来るそうですよ。 一度、お試しあれ!!!!! ツイートこの記事をつぶやく
Page 4 of 9« First...«23456»...Last »