アベンタードール          先進国で車の排ガス規制が強化される中、スーパーカーであっても燃費の向上を迫られつつあるようだ。 ランボルギーニは 『アベンタドール』 の2013年モデルに気筒休止システム(Cylinder Deactivation System: CDS)と 「ストップ/スタート(アイドリングストップ)」 を採用するという。        スウェーデンの車専門誌 『Auto Motor und Sport』 の報道によると、「アベンタドールLP700-4」 の2013年モデルは、低速走行時に6.5リッター12気筒のうち、半分に当たる6気筒のみを作動させる気筒休止システムを取り入れるという。 また、バッテリーの代わりに大容量かつ軽量のキャパシターを取り入れたことで、わずか180ミリセコンドでエンジンがスタートできるという新ストップ/スタート(アイドリングストップ)システムも採用するそうだ(ちなみに従来のストップ/スタートシステムは、エンジン始動に平均250ミリセコンドを要し、フェラーリでさえ230ミリセコンドだ)。 この2つの省エネシステムを併用した結果、アベンタドールの燃費は実に20パーセントも向上したという。          さらに、この2013年モデルはスピードメーターやタコメーターなどの文字が大きくなるほか、クリア素材だったエンジンパネルにカーボンファイバーのオプションが増えるなど、随所がアップデートされる。 新型アベンタドールは9月に開催されるパリモーターショーで披露される予定。 (autoblog.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      アルティメット          アメリカのスーパーカーメーカー、SSC(シェルビー・スーパーカーズ)が、「アルティメットエアロ」 の最終モデルとして 「アルティメットエアロXT」 を5台限定で発売することを発表した。        XTには6.35から6.9リッターにアップしたデュアルインタークーラー付きツインターボV8アルミ製エンジンが搭載され、そのパワーは驚異の1318ps。 また、エアロの後継車としてすでに 「トゥアタラ」 が発表されていることから、7速パドルシフト、冷却システム、燃料系統、ブレーキなどは、トゥアタラと同じ仕様になるという。        5台のXTには、オリジナルのボディカラーが用意されており、今後同じカラーは二度と使用されないとのことだ。価格は今のところ未発表となっている。        では早速、CEOのジェロード・シェルビー氏が 「他のエアロとは格段の違いがある」 とコメントしているアルティメットエアロXTの画像をチェックしてみよう。 (autoblog.com)          1318psの車で日本だったら一般道のどこを走るんだろうか?  ここまで来たらサーキットくらいでしか走れないよな!!         ツイートこの記事をつぶやく
      R8120011        アウディが新型 「R8」 シリーズの映像を公開したので、早速お伝えします。        2006年に発売されたアウディR8。その後、オープンモデルの 「R8スパイダー」 「R8 V10」 「R8 GTスパイダー」 とラインアップを充実させてきた。 アウディは、今回初めてそのR8を大幅に改良し、発表した。          外観は、フロントバンパー、フロントグリル、ディフューザー、テールパイプなどに新デザインが見られるが、ヘッドライト、テールライトにLEDライトが採用された点には注目したい。 また、デザインもさることながら、新型の最大の変更点はトランスミッションだろう。 従来の6速 「Rトロニック」 から7速ATデュアルクラッチ 「Sトロニック」 へ変更された。 Sトロニック採用により、ギアシフトに要する時間は1/100秒とよりスムーズなシフトチェンジが可能になっている(とはいえ、6速MTも廃止されず、マニュアルファンの落胆も避けられそうだ)。 また、従来のR8に比べて0-100Km/h加速が、全てのモデルにおいて0.3秒速くなるそうだ。          新型R8シリーズのフラッグシップモデルに位置づけられるのは、「R8 V10プラス」 で、最大出力558ps、最大トルク55kgmを誇る5.2LV10エンジンを搭載している。 R8 GTでも使用されていた熱硬化炭素繊維複合材料(CFRP)を多用し、フロントスプリッター、ミラー、サイドブレード、リアデフューザー、エンジン部品にいたるまで徹底的な軽量化が図られている。          ボディタイプは、クーペとスパイダーの2種類。 残念ながら、年内の発売が決まっているのは、ヨーロッパのみだ。 日本での販売が心待ちにされるが、当面は新型R8のダイナミックな走りをビデオでチェックし、お楽しみ頂きたい。(autoblog.com)        ツイートこの記事をつぶやく
      マンツリーアヴェンタドール        ドイツのチューニングメーカー、マンソリーが、ランボルギーニ 「アヴェンタドールLP700-4」 のチューニングモデルを今年のジュネーブモーターショーで発表したことは以前お伝えした。         公開当時は、カーボンファイバーを多用し軽量化された車体に、最高出力764ps、最大トルク76kgmに増強された6.5リッターV12エンジンを搭載しているということくらいしか明らかにされていなかった。 しかしついに、謎に包まれていたチューニングの詳細やユニークな外見が明らかになったのでご紹介しよう。          発表されたモデルの名前は、スペイン語で 「Carbonado(カルボナード)」。 「黒いダイヤモンド」 を意味しており、その名の通り車体の色は黒が基調となっている。 車体の色はジュネーブで展示された明るめのものから一新されているが、カーボンファイバー製の特別なホイールは健在だ。 ボディ全体に使われているカーボンファイバーの量もジュネーブで展示されていたモデルよりも増えているようだ。(autoblog.com)          怪物だな~~ 日本では走る道路がないよな!! 持っていてもこういうの宝の持ち腐れって云うんじゃない!?                   ツイートこの記事をつぶやく
      MPスパイダー        今月上旬に発表されたマクラーレン 「MP4-12C スパイダー」 の公式プロモーション映像が公開されたのでご紹介しよう。        F1への参戦で培われたマクラーレンの技術が注ぎ込まれている同車には、最大出力625psの3.8リットルV8ツインターボエンジンが搭載されている。 サーキットや山道を実際に駆け巡る姿は圧巻だ。 しかし注目すべきは、同モデルのルーフ部分に採用されたリトラクタブル・ハードトップの開閉シーンだろう。 走行中にスイッチひとつでルーフが折り畳まれ、シート後方に収納されていく。 要する時間はわずか17秒だ。          同車のアメリカでの販売価格は約2094万円からで、日本での価格はさらに高い設定になると予想される。 手が届きにくい価格ではあるが、同車の魅力をぜひ映像でご堪能頂きたい。 ギャラリーとプレスリリース(英語)も公開されているので併せてどうぞ。(autoblog.com)          その開閉の動画はこちらから      http://www.youtube.com/watch?v=LrPpxwYcFMM        Mckaren 12C Spider  カッコイイ!!                   ツイートこの記事をつぶやく
          ガヤルド究極        イタリアのスーパーカーブランドのランボルギーニとスイスの高級時計ブランドのブランパンは、ランボルギーニのワンメイクシリーズである “ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジアシリーズ” が今週末に日本で初めて富士スピードウェイにて開催されることをうけ、共同で記念イベントを開催し、両社それぞれの新製品を発表しました。          ランボルギーニが発表したのは、“ガヤルド LP570-4 スーパートロフェオ・ストラダーレ”。 “ガヤルドシリーズ究極のモデル” を称する、150台の限定車だ。          アウトモビリ・ランボルギーニR&Dダイレクター兼モータースポーツ責任者のマウリッツィオ・レジアーニは、「スーパートロフェオ・ストラダーレは、ランボルギーニがこれまでに作り出した究極のガヤルドモデルです。 ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ用マシン(570ps)をベースとしたモデルで、モーターレースの興奮を公道で直接味わうことができます。 日本で初めて行われるスーパートロフェオ・レースの前日にこのような発表の機会が得られたことを嬉しく思っています」 と述べた。          ブランパンの副社長兼マーケティング責任者のアラン・デラムラは、「ブランパンがモータースポーツへのかかわりの中からインスピレーションを受けて製作した L-エボリューション スプリットセコンド フライバッククロノグラフは、スイスの芸術的な時計製作を忘れることなく、常に革新を追い求める当社の腕時計メーカーとしての力量を示すものです。 私たちは、今日ここ日本においてランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオのスリリングな世界を皆様にご紹介できることを、心から嬉しく思っています」 と述べた。          ガヤルド LP570-4 スーパートロフェオ・ストラダーレの価格は、3136万8750円。 ナビゲーションシステム、リフティングシステム、ETCなどが標準装備される。(asahi.com)          3136万8750円は、高いね~~ ><  ASTON MARTIN の次はガヤルドヵナァ・・と思っていたけどランボルギーニって高い!!       次は、ASTON MARTIN Vanquish だな!!                          ツイートこの記事をつぶやく
      ベントレーSUV          今年3月にジュネーブモーターショーでデビューしたベントレーのSUVコンセプトカー 「EP 9 F」 今回は同車の新しい画像と初の映像が公開されたので、ご紹介しよう。          ベントレーは依然として、「EXP 9 Fコンセプトは、当社初となるSUVに対する世間の反応を見るため」 と言っている。 しかし、搭載するエンジンの種類や販売台数の詳細が既に決まっていることを考えると、市販化されることは確実だろう。          更に、イギリスの車情報誌 『Autocar』 によると、ベントレーは先週、親会社であるフォルクスワーゲンの幹部にEP 9 Fの市販化を進める意向を伝えたという。 EP 9 Fコンセプトは見込み客からの関心が高かったので、フォルクスワーゲンも市販化に賛成すると同誌は見ている。        また、以前お伝えしたようにフロントやリアのデザインは不評だったため、市販型では変更の可能性が高いが、インテリアに大きな変更はないだろうと報じている。(autoblog.com)             ツイートこの記事をつぶやく
      MP-4          マクラーレンは、自社開発のスーパーカー 「MP4-12C」 に予てから噂されていたオープントップ・モデル 「MP4-12C スパイダー」 を追加すると発表。 その概要と画像を公開した。        F1で数々の栄冠を手にしたマクラーレンが、これまでレースで培ってきたテクノロジーを投入して開発した公道用市販スポーツカー「MP4-12C」。 そのルーフを開閉式にして、風と陽光とV8ツインターボの咆哮を直接感じることが出来るオープンカーとして仕立てたモデルが 「MP4-12C スパイダー」 だ。 イギリス車なら 「ロードスター」 と呼びたいところだが、マクラーレンではイタリアン・メーカーがよく使う 「スパイダー」 の方を採用することにしたようだ。 ちなみにオープントップ・スポーツカーの名称として使われる 「スパイダー(Spider)」 という言葉だが、ルーフのないスタイルが蜘蛛のように低く地に這うような姿に見えるからという語源の他に、「速いもの」 という意味の 「スピーダー(Speeder)」 が変化したという説もある。         MP-4-1          注目の開閉式ルーフには、布製のソフトトップではなく、ハードトップ(材質については今のところ未発表)を採用。 シート後方のトノカバーが上に跳ね上がり、前後に2分割されたルーフが折り畳まれて収納される(閉じるときには逆に、畳まれたルーフが展開して前方に伸び、ウインド・スクリーン上端と接合する)という仕組みである。 このRHT=リトラクタブル・ハード・トップは、センター・コンソールに設けられたスイッチで開閉し、その所要時間は17秒以下。 30km/h以下のスピードなら走行中でも操作できる点が、フェラーリの 「458 スパイダー」 と違うところだ。 トノカバーが設置されたことにより、エンジン観賞用のグラス・スクリーンがクーペよりも小さくなっている。 ルーフを閉じれば、このトノカバーの下は容量52リッターの荷室となり、そこにぴたりと収まるようにデザインされた特製の鞄が標準で付属する。        クーペから大きく変更されたCピラーには、横転時に乗員を保護するパッシブ・ロールオーバー・プロテクション・システム(受動横転保護装置)が組み込まれ、内部の鉄製構造体が衝撃を吸収すると仕組みになっているという。 その間にあるリア・ウインドウは、ルーフと独立して電動で格納可能。 オープン時に上げれば、後ろから巻き込む風を防げるし、逆にこれを降ろした状態でルーフを閉じれば、キャビンに流れ込むV8ツインターボ・サウンドを楽しむことが出来る。       MP-4-2          MP4-12Cの特徴でもあるシャシーは 「モノセル」 と呼ばれるカーボンファイバー製のバスタブ型モノコックだが、これは最初からオープントップ・モデルを想定して設計されているので、ルーフを切り離すことよる剛性低下や、それを補強するための重量増加が生じないという。 だからMP4-12C スパイダーはオープン・モデルとしては軽く仕上がっており、車両重量はクーペと比べると、ルーフ開閉機構の分、40kg重くなっただけ。 ということは1,376kg前後になるだろうか。         MP-4-3        パワートレインはクーペ・モデルのMP4-12Cと共通。 M838Tと呼ばれる排気量3,799ccの90度V型8気筒ツインターボ・エンジンは、最高出力がこれまでの600psから2013年型では(クーペも)625psに引き上げられた。 7速 「SSG」 デュアル・クラッチ式トランスミッションと共にミドシップ・マウントされ、後輪を駆動する。 0-100km/h加速3.1秒、EU基準のモード燃費11.7リッター/kmという数値もクーペと変わらず。 最高速度は4km/hほど低く、329km/hと発表されている。       MP-4-4        本国イギリスでの価格は19万5,500ポンド(約2,450万円)から。 クーペ・モデルのMP4-12Cよりも1万9,500ポンド(約245万円)ほど高い設定だ。 日本では3,000万円オーバーになるだろうか。 もちろん豊富なオプションを追加して自分好みの仕様を注文すれば、支払う金額はこれより遙かに高くなる。マクラーレンの公式サイトではコンフィギュレーターが用意されているので、購入を考えている方・夢見る方は、1度試されてみてはいかがだろう。 ちなみにマクラーレンの正規販売店で実際にオーダーするときにも、ボディ・カラーや内装の見本を見ながら、これと同じコンフィギュレーターを使って仕様を決めるそうだ。 MP4-12C スパイダーの納車は今年の11月頃から始まる見込みで、すでに日本でも購入を希望されている顧客から予約注文を受け付けているとか。(autoblog.com)          このMP4-12Cスパイダー カッコイイ!!        でも乗るんだったら       アストンバンキッシュ発表        これ・・・  ASTON MARTIN  Vanqush   だな~         ツイートこの記事をつぶやく
      マクラーレン12スパイダー          マクラーレンは、同社のスポーツカー “MP4 12C” の派生モデルとなるオープン仕様、“MP4 12Cスパイダー” を発売予定であることを発表しました。        “MP4 12C” がフェラーリ458イタリアを最大のライバルとし、その458イタリアにクーペとオープンの両方が設定されていることを考えると、MP4 12Cにもオープンモデルが設定されるのは必然といえる。          今回リリースされたのは1枚の写真のみで、登場時期さえアナウンスされていないが、その写真からもすでに基本設計が完成していることはうかがえる。(asahi.com)          いわゆるオープンカーって日本のじっととした気候風土にいつも思うんだけど合わない気がするんだよな!? 友人い言わせると、冬にヒーターガンガンかけて走ると気持ちイイんだって言っていたな~~       ツイートこの記事をつぶやく
      ブランドランキング        アメリカ世論調査会社ハリス・インタラクティブが、2012年自動車メーカーのブランド・ランキング調査結果を発表した。 高級車部門では2年連続でメルセデス・ベンツが首位を獲得し、フルラインアップ部門ではホンダがトップの座をつかんだ。        フルラインアップ部門では、昨年4位に転落したトヨタがホンダに続き2位に浮上。 また、昨年ベストブランドに選ばれたフォードは3位に後退している。 以下、4位にシボレー、5位に日産、更にスバルとヒュンダイが続いた。 高級車部門ではトップのメルセデス・ベンツに続いて2位にBMW、3位にレクサスが入り、キャデラックとアキュラもトップ5入賞を果たしている。        今回の調査は約3万8500人の一般消費者を対象に行われたが、残念ながら質問内容についての詳細は明らかにされていない。 だが、調査結果はアメリカにおける自動車セールスランキングに酷似していることから、消費者は 「良く売れている車を購入する傾向にある」ことや、少なくとも「購入した車を気に入っている」 ということは間違いないだろう。        プレスリリース(英語)には、カーオーディオやオートバイメーカー、タイヤメーカーなどのランキングも掲載されているので、興味のある方はそちらをどうぞ。(autoblog.com)         ツイートこの記事をつぶやく
Page 5 of 45« First...«34567»102030...Last »