今日は、食品の廃棄処分されるお弁当やパン類を再利用する運動が、動き始めているようです。 先週、am/pmを買収したローソンが、あるNPO法人へのお弁当を無償で提供して低収入の方々に安い定食を提供している様子をレポートしていました。    年間廃棄される食品は、ナント2500万トン以上です。  これは、海外への食料援助の850万トンの3倍になります。  ホントにモッタイナイ!!!      廃棄される食品を、金額に換算するとどのくらいの金額になるんだろう?  無駄だよね!      日本の食材の自給率が39%しかないんですよ! 海外に食材を依存している現状なのにこの国の政策はどうかしているよ。 国の政策も悪いが国民も安いものを海外から輸入すれば良いじゃん的な事を望んでいるから可笑しくなるんだね。       食べ物の大切さを再認識しないといけない時期に来ていると痛感します。 手遅れになる前に。     ツイートこの記事をつぶやく
     昨日は、映画鑑賞していたからカンブリア宮殿が、始まる時間は有楽町にいたから録画して置いて見ました。    ユニチャームの高原豪久氏(タカハラタケヒサ)が、出演していました。    素晴らしい会社です! 行動を30分刻みでスケジュールを組み、勝ちパターンのシナリオを書いて目標を達成する為に、計画→実行→計画→実行 『SAPS経営』       世界に目をむけシェアを拡大していて、インドネシアの子育ての特性を徹底的に分析し、紙おむつが高価だし 未だに布のオムツを使っていることから外出に使えるよう1枚入り(単価20円)の発売 この市民生活の分析、自分たちの物の考え方を押し付けない、だからシェアトップを獲得。    日本では少子化だったら、市場の拡大は望めないから、ペット産業に目を向けペット用オムツにおしっこのシート 更に、介護産業にも進出。 挙句には、“排泄ロボット” 取り替えられる人も大変だし、取り替える人も大変を解消する為のロボット。 これって、勝ちパターンにはまっている、と言うより 市場を自ら作り出している感じさえします。    高原社長が言っていましたが、“観察、観察でヒットを生め” この言葉に集約されている感じがしました。     私の会社の 行動規範にも    一、市場の変化、進化への対応を敏感に感じ取り常に進化し続けます。    という文言があります。 これに、通じるものがあります。        みんな、市場を先取りしてオンリーワンを構築しようよ!      ツイートこの記事をつぶやく
     土曜日のゴルフの課題を練習しようと思っていましたが、花粉症を抑えるセレスタミンのせいでしょうか? 熟睡してしまい目覚めたのが10時を過ぎていました。      ガイアの夜明けの再放送が有ったから見てみました。 ある通販会社の商品開発担当者が、全国に商品を捜し求めて歩き、新潟の三条に職人技が光る鋏を見つけていました。 お店に卸せないものを通販に載せて “こだわりの逸品!” を販売することで地域の小さな工場に息吹を吹き込み活性化し、また、日本の職人技の火を消さず職人魂を奮い起こし、地域の活性化もはかれます。    通販会社は、他社には無い商品を販売することで他社との差別化を図り新しい市場の開拓もはかれます。       このような、活動って素晴らしい事だと思うし見習わなくてはいけません。      ツイートこの記事をつぶやく
Page 16 of 16« First...10«1213141516