友人Tちゃんから 『J・エドガー』 の試写会のチケット頂きました。                   120120_093906        この作品は、クリント・イーストウッドとレオナルド・ディカプリオがタッグを組んでFBI初代長官を描いた作品です。        この作品は楽しみです!!       ツイートこの記事をつぶやく
       有楽町マリオンに出かけていき昨年から観ようと思っていたトム・クルーズの 『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』 を観てきました。                    DSC_1326          劇場は既に最終間近ということでそれほど混んでいませんでしたね!                    DSC_1317        20%か? もっと少なかったかもしれないな!?         いつものように “ハラハラ・ドキドキ” なんですが・・・ いくら訓練されていてもそれは無理だろうよ!! と思うシーンもヒーローは絶対に困難を克服しちゃうからね~~~  死なないんだよ!!          最初の作品が一番面白く感じるのは、最初のインパクトが強いからでしょうか!?                     ツイートこの記事をつぶやく
       先日、『マイウェイ』 の試写会に出かけてきました。                      DSC_1308        この日はもの凄い長蛇の列でした。 その長蛇の列には訳があって上映の前にこの 『マイウェイ』 の監督のカン・ジュギュ氏とちょっとだけ出演したKARAのニコルだっけ?の舞台挨拶行われました。        たどたどしい日本語で挨拶していましたが、KARAのニコルが可愛いかったね!!        入場するとき彼女はメガネを掛けてスッタフのジャンバーを着てパンフを配っていたそうです。  何人かは直接パンフを受け取った方がいたようです。          それでかな・・・ 満席でした。                  DSC_1325                 この作品戦争の悲劇と日本軍が朝鮮半島でどれだけ酷いことをしたか理解したし、この物語が真実を基につくられてなんて信じられないような物語でした。        オダギリジョーとチャン・ドンゴンの熱演が光っていたね!! 最後のシーンに隣の席の女性は涙を流していました。           この 「マイウェイ」 は1月14日(土曜日)全国ロードショーです。          ツイートこの記事をつぶやく
       友人Tちゃんから、『マイウェイ』 の試写会のチケット頂きました。 いつも、ありがとうございます。                   120106_184914        この作品観たかったんだ!!  以前に試写会で予告編を上映していた時に、一人の日本人の 「実話から生まれた感動の物語」 というコピーにオダギリジョーの映像がとての印象的で観てみたいと思っていたから嬉しいですね。          物語は、1928年日本占領下の朝鮮で長谷川辰雄(オダギリジョー)とキム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)は出会い。 境遇は全く違うが、走ることが大好きな二人はマラソンでオリンピック出場を夢見ていた。 しかし、時代は国籍の違う彼らの友情を許さなかった。 運命のいたずらにより、彼らは日本・ソ連・ドイツ3つの軍服を着て戦うことになる。       ちょっと期待できそうな多分期待出来ると思うんだけど・・・ 楽しみです。        ありがとうm(__)m  Tちゃん        ツイートこの記事をつぶやく
               120105_173956      友人Tちゃんから 「BUNRAKU (ブンラク)」 の試写会にチケットいただきました。      いつもありがとうございます。        あのGACKTのハリウッド初進出の作品。      他の出演者は、ジョシュ・ハートネット、ウディ・ハレルソン、ケヴィン・マクキッド、ロン・パールマン、デミ・ムーアです。         ツイートこの記事をつぶやく
                       けんおん        3月に発生した東日本大震災は国内の産業に多大なる損失をもたらしたが、映画産業もその例外ではなかったようだ。        「各社ともラインナップが弱かったのもあるだろうが、震災後の入場者が大幅に減った。 邦画で興行収入が50億を突破した作品はゼロ。 公開が終了した作品の中でトップがジブリアニメの 『コクリコ坂から』 (42.9億円)。 実写版だと人気コミックを映画化した『GANTZ』 (34.0億円)。 老舗の大手3社(東宝・東映・松竹)の中で毎年ひとり勝ちが続く東宝ですら、8年連続で興収が500億円を突破したにもかかわらず、前年比2割減まで落ち込みそう」 (映画ライター)        そんな3社の中で、そこそこの話題作をそろえながら“ひとり負け”となってしまったのが松竹だった。        「10月末時点での興収は東宝が約500億、東映が約140億だったが、松竹は東映のほぼ半額の約71億。 年間で100億に届くかどうか微妙だった」 (同)          今年の松竹の公開作品を見てみると、井上真央主演で4月に公開された 『八日目の蝉』は11.3億円とそこそこヒット。 しかし、以後の公開作品はさっぱり振るわず、ダウンタウンの松本人志監督作品 『さや侍』 は6.3億円、SMAP香取慎吾主演の 『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~』 は8.3億円、市川海老蔵と瑛太がW主演の 『一命』 と鈴木京香主演の 『セカンドバージン』、公開中の 『アントキノイノチ』 はいずれも5億程度にとどまりそうだという。            「『こち亀』なんかはTBS系でドラマ化されたが視聴率が振るわず、最初にジャニーズべったりの東宝に映画化が打診されたが、東宝が断ったため松竹に回ってきた。 東宝は計算高く、ヒットの見込みのない作品は手掛けない。 弁護士出身で、副社長時代にはらつ腕をふるって経営の建て直しを図った松竹の迫本淳一社長だが、クリエイティブのセンスがなく、現場からは不満の声が続々とあがっている。 今年の興収は前年比の約6割程度で、最終赤字は38億円になる見通しで、有利子負債は840億円まで膨れあがったため、このままだと社長の進退問題に発展しかねない」 (松竹関係者)        なんとも、穏やかではない話だが、そんな松竹にとって “救世主” となったのが公開中の 『映画けいおん!』 だという。        「原作は4コママンガで、TBSでアニメ化され人気に火がついた、軽音楽部に所属する女子高生を描いた部活もの。 わずか137スクリーンで今月3日から公開されたが、公開2日間の興収は約3.2億で、その週のランキングで1日に公開されたスピルバーグ作品 『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』 を上回った。 『八日目の蝉』 の興収を軽く超え、松竹の今年度ナンバー1に躍り出ることはほぼ確実」(映画会社関係者)        実は、このヒットの裏には、総選挙の投票権や握手会の抽選券を付けてCDを売りまくるAKB48の”AKB商法”まがいの戦略があり、それが功を奏したようだ。        「春先から何種類もの特典付き前売り券を売ったり、半券3枚ごとにおまけをつけたりしてファンの購買意欲をあおれるだけあおっている。そのおまけがネットオークションに出品されて高値をつけているあたりも ”AKB商法” そっくり」(同)        ようやく年末で2本目のヒット作が生まれた松竹。 こうした “急場しのぎ” の戦略に未来があるとも思えないが……。  (cyzo.com)                   ツイートこの記事をつぶやく
       暮れも押し迫るこの時期、そろそろお正月休みの計画を立て始める頃ではないでしょうか。      初詣やバーゲンめぐりの後に訪れることが多いのはやはり ”映画” ですよね。     そこで今回は、街で男女300人に 「お正月休みに友達や恋人と見に行きたい映画は?」 というアンケートを実施し、その結果が明らかとなった(MONOget調べ)。      ◆「お正月休みに友達や恋人と見に行きたい映画」BEST3    3位 : 瑛太さん主演のハードボイルドな 「ワイルド7」    2位 : 親子の絆とロボットアクション 「リアル・スティール」    1位 : ハラハラドキドキが止まらない 「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」      やっぱり、1位はトム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ第4作。      シリーズ最新作は、ロシアのクレムリンで発生した爆破事件から幕を開ける。 その容疑がIMF(極秘スパイ組織・不可能作戦班)のイーサン・ハントと彼のチームにかけられ、米大統領は政府に火の粉がかかることを避けるため、ゴースト・プロトコル(=架空任務)を発令。 イーサンチームは登録を抹消され、国や組織の保護を失ったまま、クレムリン爆破の黒幕を追い、さらなる核テロを未然に防ぐというミッションの遂行を余儀なくされるという、まさに一瞬たりとも見逃せないスピーディーな展開。      友達と観ても間違いなく楽しめる作品だけど、これから付き合い始めのカップルには特にオススメです。      アクション映画なら、ハラハラ、ドキドキを共有することで男女が親密になれるといわれている 「吊り橋効果」 が期待でき、彼との恋も急接近できる可能性大。      しかもネット上で口コミをチェックしてみると 「文句なく面白かった」、「思わず『パーフェクト!』と叫びたくなる!」 など絶賛の声が多数寄せられていました。      映画を観ると視野も広がり、なんと言ってもリフレッシュできるのも魅力ですね。      それでは、みなさんよいお年をお迎えください。以上、トレンドリサーチャーのまどかでした。 (mdpr.jp)      ◆無料で映画招待券をGET    映画館も今やレディースデイ等を設定して安く映画を観れるようになっていますが、それ以外にも 「MONOget!」 のように無料で映画に招待してもらえるサイトもあります。    【関連リンク】    無料で映画招待券をGET「MONOget!」                    ツイートこの記事をつぶやく
       友人のTちゃんから 「タイタンの冒険」 の試写会のチケット頂きました┏○ペコ                     111114_165411        スティーヴン・スピルバーグ監督が3年ぶりの最新作で初の3D作品です。        スティーヴィン・スピルバーグは 「これは80年代の 『インディ・ジョーンズ』 シリーズ、90年代の 『ジュラッシク・パーク』 シリーズ以来の、私の新しい冒険の始まりだ」 と入れ込んだ作品のようです。          この作品、CGをふんだんに使った実写しなかったのは何か訳があるんだろうな!?         この作品観るの楽しみです。       ツイートこの記事をつぶやく
     昨日、有楽町の国際フォーラムで行われた ブラッド・ピット主演の 『マネーボール』 の試写会に出かけてきました。  試写会に行く前にお客さんとの打ち合わせがあって上映間に合うかなと思いながらギリギリで到着したと思ったらブラッド・ピットの国際フォーラム到着が大幅に遅れていてレッドカーペットに登場したのが6時半。  予定より1時間は遅かったんじゃない!?           で、ブラッド・ピット一人が登場するかと思ったら奥さんのアンジョリーナ・ジョリーと二人でと登場!!  プラビは黒のジャケット、アンジーは真っ赤なドレスでした。 アンジーに左腕には確か子供たちが生まれた場所の緯度と経緯のは彫られていると聞いています。 そのタツーが決まっているんだよ!!   カッコいい!!        (昨日、プレイベートジェットで家族全員で来日していたから “ひょっとしてありうるんじゃない” と思ったいたら的中でした。)        二人での登場にレッドカーペットに集まった人たちからは歓声が上がっていました。                   DSC_0971            スクリーンにはアンジョリーナ・ジョリーがファンに対してサインをしているところが中継されていました。  ブラッド・ピットのファンに対してのサインも中継されていました。          この後にブラッド・ピットの舞台挨拶が行われこの作品は4年半をかけてつられた作品だということ。 そして東北で震災に遭われた方々を心配ているということも話していました。 そして、今回の野球の物語ということで東北の野球チームを招待してブラッド・ピットからサインボールをプレゼントされるという野球少年たちにとっては夢のような出来事が待ち受けていました。          作品は、将来を約束されてメジャーリーグに入団したものの鳴かず飛ばず野球人生から球団アスレチックスのゼネラルマネージャーになったビリー。               111110_120013        気まぐれなビリーはある時、イエール大学経済学部卒のピターと出会い、彼が主張するデータ重視の運営論に、貧乏球団が勝つための突破口を見出し 『マネーボール理論』 と呼ばれる前略を実践していく。 結果を残すんですよね! アスレチックは20連勝という大記録も残しワールドチャンピオンにもなるんです。         この辺の感覚は野村勝也のID野球にも似ているような気がたし、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』をよんだら」 を実践ようなものかなと興味深く鑑賞していました。          野球の常識を打ち破った理論に感服という感じでした。  やはり野球って間隔じゃなくて理論に基づいてデータなんだと改めて思います。          この 「マネーボール」 野球好きに関係なくどなたも納得される作品のように感じました。           野球の奥深さを垣間見たような気がします。  高校球児だった頃にこういう理論があったら弱小チームでも甲子園に行けたのかもしれないな!!  あのころの野球はいじめだもんな!!  体力が消耗するからと言って水も飲まずに練習していたんだからとんでもないことだったよ!!  根性・根性・ど根性の世界だったから!!  あのころの上級生で殺したい奴何人かいるな!!       ツイートこの記事をつぶやく
       友人のTちゃんに 『マネーボール』 の試写会のチケット頂きました((’ェ’o)┓ペコ                    111107_192646        この 『マネーボール』はメジャーリーグの「オークランド・アスレチックス」のゼネラルマネージャーであるビリー・ビーンの半生を、ブラッド・ピット主演で映画化したものです。 弱小球団のアスレチックスを独自の 『マネー・ボール理論』 により改革し、常勝球団に育てあげたビーンの苦悩と栄光のドラマを描きます。        野球ものって感動しちゃうんだよな~~         以前、紹介した韓国の聴覚を失った少年たちの物語 『ホームランが聞こえた夏』 も感動したしな!!        今回の 『マネーボール』 も楽しみです。  楽しみがもう一つブラッド・ピットが舞台挨拶にやってくるらしいんだ。  舞台挨拶と言えば 『ソルト』 でアンジョリーナ・ジョリーもまじかで拝顔したし今回もブラッド・ピットを拝顔するか!?        Tちゃん  何時のありがとう!       ツイートこの記事をつぶやく
Page 4 of 22« First...«23456»1020...Last »