ニコラス・ケイジの 「バンコック・デンジャレス」 の試写会に出かけてきました。090425_203001            作品を紹介すると、舞台は、タイのバンコク。 世界を又にかける暗殺者ジョニー(ニコラス・ケイジ)が、自ら課した殺しのルールを徹底して仕事に雇うアシスタントさえ殺してしまう。 自分の能力が限界に来る前に引退を考えていた彼に暗殺依頼がはいる。 この仕事を最後にするような大きな仕事、アシスタントを雇い依頼された仕事をこなすが最後の1件を前にして違和感をおぼえて人生の最後の引き金を引こうとするが、それが全てを狂わせる始まり・・・・・・・・。    完全無欠の暗殺者が恋をしてしまうんですよ。 人間臭さを見せてしまうのですね。    「最後は衝撃でした」      ツイートこの記事をつぶやく
2009,04,19

ワルキューレ

090419_1457~01.JPG
出版社の友人からトムクルーズの「ワルキューレ」の劇場鑑賞券を頂き都内での公開は終わってしまったから地元の映画館に出かけました。 第二次世界大戦当時にヒトラーを暗殺しようとドイツの誇り高き人々の話しでした。 ヒトラーの暗殺計画が有ったなどとは私も知らなかったし、この映画を見た方は、そうなんだと一つ知識が増えたのではないでしょうか??実話だったら、ドイツ語で作って欲しかったね。少し残念でした。 ツイートこの記事をつぶやく
090417_190301           出版社の友人から ニコラス・ゲイジの最新作「バンコック・デンジャラス」の試写会のチケット頂きました。 ワァ──o(。´・∀・`。)o──ィ♪です。(人’▽`)ありがとう☆ ラガーマン!!!!!! これからも、( ´艸`)ド-ゾ (っ´▽`)っ))ヨロチク お願い致します。 ツイートこの記事をつぶやく
090324_112536      3月決算の見込みを株主で役員に報告。     「厳しいが、この時期では頑張った方じゃないか!?」の言葉に “ホッ”    報告が終わり、出版社から頂いた 「マリー」の試写会のチケットを無駄にしてはいけないから、神保町一ツ橋ホールに向かいました。既に、長蛇の列 「アラッ・・・ケッコウ人気があるの??」     マリーは、とてもおばかな犬で暴れん坊で飼い主の云うことを聞かない!! 訓練校の先生も匙を投げる始末。だけど、マリーは、家族の一員としての位置を確立していき無くてはならない存在となっていきます。    見終わると、全米初登場2週連続題1位 興行成績、公開2週目にして1億ドル突破!したことに納得できる映画でした。    お勧めの映画です!!!       ツイートこの記事をつぶやく
090224_103001    前評判が、良く、アカデミー賞ノミネート13部門の 「ベンジャミン・バトン」を観賞してきました。    2時間半に亘る作品ですが、作品に引き込まれていき退屈することなく観れました。     人を思いやる気持ち・・・・・・ これって、こういう事なんだと理解させられます。        また、人生を考えさせられる映画で、普通に生まれて年老いていく事が如何に幸せなのか!? 何かを感じずにいられませんよ。    ちなみに、アカデミー賞は、スタッフ部門の3冠でしたが、お勧めですこの映画。     ツイートこの記事をつぶやく
     アカデミー賞 同時受賞 “おめどとうございます”      この二つの作品観てないから近々映画館に足を運び観たいと思っています。 ツイートこの記事をつぶやく
                      090202_1239061    ジェームスボンドに会いに有楽町に出掛けました。    今回の作品は、“慰めの報酬“ 前作の “カジノロワイヤル“ をTSUTAYAでレンタルして見てから映画館に足を運ぶ事をオススメします。前作とStoryが続いいますから。    ダニエル・クレイグ良くなって来て007が板に着いて来た感じがしました。  ボンドガールの、オルガ・キュリレンコ 日焼けした真木よう子?田丸麻紀?に見えたのは私だけでしょうか?    トップシーンのAston Martin vs Alfa Romeoのカーチェイスからのスタート イイですよ!!!  少し残念だったのが、予告編で“カッコイイ!“と思っていたシーンが繁雑なカット割で少し残念でした。  次回と、どんな作品になるか楽しみです。     ツイートこの記事をつぶやく
Page 22 of 22« First...10«1819202122