ワタミは、東京・五反田に新しいタイプの居酒屋 『仰天酒場  和っしょい』 を開きました。 注文端末上で商品を選び、専用の決済カードをかざして支払います。 料理や飲み物は来店客がカウンターに取りに行くセルフ式を採用しています。      配膳やレジ担当の従業員を減らし、低価格の料理を提供します。        カードは店内で1枚2000円で販売。 必要な金額を何度も入金して使います。 使い終わったカードを返却すると200円が戻ってきます。 約60品ある料理のうち約75%を250円、残りは500円です。 約40品のアルコール・清涼飲料も85%が250円、残りは500円です。       9月上旬には東京・赤羽に2号店を出すほか、2010年度中に5店の出店を計画するそうです。          なんか立ち飲みの現金払いをプリペードカードにしただけの感じダナッd(`д´*)  取り立てて新しくないな~~~        200円を戻すなら最初から何かを安くした方が顧客サービスじゃねえの???   決済方式を、パスモ、スイカも使えるとかすると良いかも!!?? ツイートこの記事をつぶやく
 博報堂DYホールディングスは、インターネット広告の効果を測定する新システムを開発しました。 従来は1時間おきだったクリック数や訪問者数などのデータ計測を1品単位に短縮しました。      テレビCMとの相乗効果を詳しく分析できるようにしました。 博報堂DYHDはマス広告とネット広告を組み合わせた 『総合マーケティング』 戦略を強化しており、新システム導入でクライアントへの提案力を向上を目指します。      新システムの名称は 『X-ADVACE (クロスアドバンス)』。       博報堂DYグループ横断の技術開発組織として4月に発足した 『マーケティング・テクノロジー・センター』 が、グループ会社のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと共同で開発しました。       博報堂、大広、読売広告などグループ会社を通じてクライアントに提供します。      バナー広告や検索連動型のクリック数やキャンペーンサイトの訪問者数、サイト滞留時間、閲覧ページ数など100項目以上の指標全てを1分単位で測定します。 クライアントの要望に応じて、指標を自由に組み合わせて分析する事が可能です。         従来のシステムでは、テレビCMとネット広告の相関関係を分析すには限界があったという。   ツイートこの記事をつぶやく
 インターネット調査会社のクロス・マーケティングは、アップルの多機能携帯端末 「i pad」 を使って会場アンケート調査できるシステムを開発しました。 回答や集計がしやすいことに加えて、オフライン環境でも実施が出来ます。 自社調査で活用するほか、メーカーや調査会社向けに販売するそうです。      アマゾン・ドット・コムのクラウドサービスである 「アマゾン・ウェブ・サービス (AWS)」と、HTMLの拡張仕様 「HTML5」 を活用します。      会場調査の前に、パソコンなどで作成したアンケート画面のデータをAWSに登録。 調査に使用するi padにネット経由でアンケート画面データを表示させて、HTML5の機能を使って i pad にデータを保存します。      会場調査では i pad に保存したデータを画面に表示させ、タッチパネルを活用してアンケートに答えてもらう。 HTML5の機能により、オフライン状態でも次に答えるべき質問画面を自動的に表示させる事が出来ます。     回答済みのアンケートは i pad に保存され、後からネットに接続してAWSに送信します。 送信すると結果が自動的に集計されるという。      調査モニターを会議室などに集めて実施するアンケート調査は、用紙かパソコンが回答手段だが、用紙による調査がまだ一般的で、クロス・マーケティングは用紙並みの回答のしやすさと、集計のしやすさを両立させました。            これ便利ダナッ( ´,_ゝ`)y-~   しかも、オフラインでも使えるというのは優れものです。 ツイートこの記事をつぶやく
 無料誌発行のぱどはクーポンの共同購入サービス事業に参入します。 一定量の購入者が集まるのを条件に、5割引など特典を示し消費者を呼び込みます。 同社の営業力を生かして対象店舗を募り、レジャーや美容クリニック施設などを中心にクーポンを取り扱っていく予定です。        新しく立ち上げるサイトは、『Coopa (クーパ)』です。        購入者を募り一定人数に達すると、販売を打ち切ります。 当初、月間150商品の取り扱いを行い、順次対象商品を増やしていく考えのようです。 先ずは、パソコンで対応して、8月中旬には携帯電話向けサービスも開始します。       第1弾は、コシヒカリ石打米2キロ3200円を1300円で限定50人に提供するという。 他にも、スポーツ観戦チケットや美容クリニックのクーポンも検討しているそうです。 先ずは、女性を中心に利用者を拡大していくようです。        ぱどの強みは、無料誌の掲載の過程で得た地域の店舗に対する営業網で、500人の営業人員を活用して、店舗にお得感を打ち出すクーポンを採用するように働きかけていきます。 まず首都圏を中心にサイトに取り上げる店舗を増やして、将来的には対象地域を全国に広げていきます。 また、同社の会員などのクチコミを活用して販売拡大につなげます。      共同購入サービスが広がりを見せているが、通常は人気の飲食店や宿泊施設を格安で利用できる事をアピールする事が多いが、ぱどではレジャーに加えてスパやヨガなどリラクゼーション施設を中心にクーポンを取り扱いをして、他社との差別化を図る方針のようです。 ツイートこの記事をつぶやく
 コールド・ストーンクリーマリー・ジャパンはアルコールを使った夏季限定アイスクリームを販売します。 明日6日から今月28日まで東京都港区の店舗で夜のみ扱うそうです。      “これは、大人向けのデザートとして受けそうダナッ( ´,_ゝ`)y-~”      限定で販売するアイスクリームは全部で7種類。 ラムなどのリキュールを入れたフローズンドリンクの上に乗せた 『フローズンカクテル』 (850円)の4種類と、フルーツやケーキを混ぜたアイスの上にリキュールをかけた 『カクテルクリエーション』 (650円)の3種類を揃えるそうです。      フローズンカクテル 『ピーチ ブルーハワイ』は、桃のリキュールとブルーキュラソーをブレンドしたヨーグルトドリンクに白桃のアイスとパイナップルを乗せました。 カクテルクリエーションは、カシスやコーヒーのリキュールを使って、大人向けの味わいに仕上げました。        『コールド・ストーン・クリーマリー六本木ヒルズ店』でガツ曜日から木曜日は午後7時から10時半まで、金曜日・土曜日は深夜2時迄。 日曜日は午後9時まで販売します。 商品の販売は20歳以上に限定ですから。。。 ツイートこの記事をつぶやく
 インターネット総合研究所は、「ツイッター」に書き込まれたコメントをCGアニメで描かれたキャラクターが読み上げるソフトの無償提供を始めます。      ネット利用者の 「つぶやき」 をCGキャラクターのセリフにして楽しめます。 将来は、ツイッターを使った販売促進活動などを展開する企業に有償で提供して収益化につなげる狙いです。      新ソフトの名称は 「TVitcher  (ツビッチャー)」。      8月から自社サイトなどを通じて配付します。 基本ソフト(OS)は 「ウィンドウズ」 を搭載するパソコン向けになります。 ツイッターに書き込まれる文章を音声に変化してCGキャラクターが読み上げます。 入力した文章を話すCGアニメを作成できるネット総研のソフト 「T2V」 の技術を応用した物です。      個別のツイッター利用者のコメントや、検索機能を使って探した興味のあるコメントだけをCGキャラが読み上げる事も可能です。 更に、日本語と英語に対応します。      年内に50万ダウンロードを目指し、年末には 「i phone」 などにも対応する予定です。          これは、ちょっと楽しみだな!!??   飲み会で盛り上がる事間違いなし((。・д・)oダナ!! ツイートこの記事をつぶやく
 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は、古地図や観光マップなどの絵地図上に現在地を示す携帯端末向けアプリケーションの提供を始めました。      実際に街を歩くと全地球測位システム(GPS)と連動して絵地図上に現在地を表示、あたかも絵地図上を歩いている気分が味わえる。      そのアプリがこれ、                         100729_162752 (橋が日本橋です。)     です。 画面上の「MAP」を押すと地図が切り替わります。                         100729_162818   これなかなか面白い(っ´∀`)っY〇☆      ATRの子会社のATRプロモーションズが観光協会や商店街と組んで事業を展開しています。 名所旧跡や店舗情報の表示も容易で、観光客の誘致や街の活性化につながるサービスとして利用を促します。      アップルの多機能携帯端末 「i pad」 や高機能携帯端末 「i phone」 向けに独自で開発した 「ちずぶらり」 を活用しました。 画面はグーグルの 「グーグルマップ」 との切り替えが簡単にでき、同社の基本ソフト 「アンドロイド」 向けアプリの開発も検討中です。      新アプリでは、街並みなどが現代とは異なる古地図、強調したい場所や建物が大きく描かれたイラスト地図でも現在地をほぼ正確に絵地図上に表示できるようにしました。 画像ファイルに一定の緯度経度情報を入力すれば別の位置も計測する独自の計算方法を開発して入力作業を軽減しています。      古地図版はアップストアで1件230円~350円で提供します。 そのほかの絵地図は今後、全国の観光地や商店街などから原則無料で募ります。           これ考えましたね!!!!!        東京もそうですが、江戸文化がまだまだ脈々と受け継がれていますからこれは面白いよ。      外国に方にも受けるんじゃない(´・_・`)カナー ツイートこの記事をつぶやく
 サッポロビールは泡立ちを重視した第3のビール「クリーミーホワイト」を9月22日から全国販売します。               TKY201007220110      近畿地区で3月から限定販売して好評だったためだ。原料の大麦から酵素などを用いてうまみ成分を抽出する独自の製法を採用。      従来品より約1.5倍泡持ちの時間が長いという。 店頭価格は350ml缶で140円前後。      発泡酒も泡切れが早いし、第3のビールも泡切れ早くて泡が雑で味気なかったが、これでクリーミーな泡が立って口当たりが良ければ良いんじゃないの!!??      売れるね!!!!! ツイートこの記事をつぶやく
 ハンファ・ジャパンは、キーボードの新モデルとして二字色の光を発する近未来的なキーボード 「LUXEED U5」 を発表しました。        キー部分がLEDで虹色に発光するモデルです。 キー全体を設定カラーに発光させるホワイトモデル「LUXEED U5/W」と、キートップの文字部のみを設定カラーに発光させるブラックモデル「LUXEED U5/B」の2種類をラインナップしました。      設定キーで1個1個のライトの色を7色から選んで登録できます。 暗闇で全体をにじ色に光らせたりタッチしたキーだけ光らせたりすることが可能です。 自分のイニシャルをキーボード上に光らせることも可能です。        これは、まるでSF映画のような雰囲気を楽しめそうです。              ツイートこの記事をつぶやく
Page 61 of 61« First...304050«5758596061