ファミリーマートは拡張現実 (AR) の技術を使った販売促進を始めました。 顧客がスマートフォンの内蔵カメラに実際の店舗風景を映し出すと、バーチャールな商品画像が重なって現れ、それをタッチするとクーポンを受け取れます。      ファミリーマートは、将来は海外の店舗を含めた共通にしたい考えです。      『セカイカメラ』 サービスを運営する頓智ドット (東京・新宿) やファミリーマートの筆頭株主である伊藤商事と共同で取り組みます。 頓智ドットはコンビニエンスストアと初めて組むことで、セカイカメラの普及につながると判断しました。 伊藤忠商事は取引先など新たな販売促進策として紹介して利用を仲介します。      第1弾は3月中旬まで関東周辺の約3400店で実施します。     『iphone 』 と、基本ソフトのアンドロイドを搭載した機種が対象で、店内調理のフライドチキン 『ファミチキ』 (160円) が無料になるクーポンを提供します。 5月にも全国の約8200店を対象としたキャンペーンを実施します。      ファミリーマートの子会社であるファミマ・ドット・コムが、券面を印字する店舗情報端末 『ファミポート』 を含むシステム全般を管理します。      ファミチキの160円を無料にしちゃうというのがΣ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!     ツイートこの記事をつぶやく
     ホンダは2011年3月28日まで、ツイッターを利用したプレゼントキャンペーン 「TWIVEGAS(ツイベガス)」 を実施している。                   ホンダくじ          ツイッターへの投稿時、自動的に割り当てられる17桁の数字IDを 「くじ番号」 とし、その場でくじの当落を決めます。    たとえば、「7777777」 なら 「クルマ」 が、「482482」なら 「松坂牛しゃぶしゃぶ」 が当たるという具合です。     参加希望者は、ホンダ 「フリード スパイク メルマガ」 に登録してから、ツイッターで投稿。 キャンペーン期間中は毎日、くじをひくことができます。        賞品には、「Honda フリード スパイク」(1人)のほか、「Macbook Air」 「サイバーショット」 など人気の家電製品、お取り寄せグルメなど30種を用意し、合計500人に当たります。       ツイートこの記事をつぶやく
     日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」が沖縄県などのレンタカーに加え、カーシェアリングで大阪府内に登場することになった。 2010年12月に発売されたリーフは、これまで沖縄県内など一部でレンタカーとして採用された実績はあるが、本格的なカーシェアリングにリーフが採用されるのは全国で初めてになります。      短時間、短距離の移動が多いカーシェアリングはEVとの相性がよいとされるが、充電時間や航続距離などを含め、本当にEVに優位性があるのか、真価が問われることになる。      レンタカー大手のオリックス自動車が2011年3月1日から、大阪府内でリーフ10台を登録会員に貸し出すサービスを始める。 オリックス自動車は2009年から東京都内で三菱自動車の 「アイ・ミーブ」 と富士重工業の 「プラグインステラ」 の軽サイズのEVを用いたカーシェアリングを行った実績があるが、小型車サイズの本格EVであるリーフの採用は初めてになります。        自治体レベルでは東京都町田市がリーフを使い、カーシェアリングの実証実験を行うなどしているが、商業ベースでリーフを一般に貸し出すのは今回が第1号です。        欧米で発達したカーシェアリングは1台の自動車を会員が共同利用するサービスで、日本でも普及が進みつつある。 レンタカーが数時間以上の長時間の利用を前提にするのに対して、カーシェアリングは数十分から2時間程度の短時間、短距離の利用を想定しており、ガソリン車に比べて航続距離が短いEVにはうってつけというわけだ。        このためオリックス自動車は 「短時間の利用であればガソリン車よりEVが安くなる料金体系」 を設定した。 月額基本料が2000円で、あとは利用時間と走行距離によって加算される。 リーフの料金は15分150円、1キロ30円で、ガソリン車は15分200円、1キロ15円となっており、最も利用が多い2時間で25キロ走った場合、リーフが1950円。 これがガソリン車だと1975円となり、EVが割安となります。 ただし、これ以上の距離を走ると逆転するという。      大阪府内のリーフの貸出は、大阪、堺、豊中各市の6カ所の駐車場にリーフを合計10台配備して行う。会員は目的地までの時間や距離に応じて、リーフかガソリン車を選択することができる。    気になるのは、実際のリーフの使い勝手だ。 オリックスはユーザーに対して 「EV利用で失敗しないために」 と題して、7項目を列挙。  ①目的地までの距離を検索  ②往復距離が120キロ以内であることを確認  ③充電できる場所があるか確認  ④運転中は走行可能距離をチェック  ⑤バッテリーが不足しそうな場合は、急速充電器で10分くらい充電。  満充電すると時間かかるので、不足しそうであれば再充電・・・ などと具体的に書かれており、ユーザーは神経を使いそうだ。      リーフをはじめとするEVは夜間や雨天に渋滞に巻き込まれたり、真夏や真冬に冷暖房を使用したりするとバッテリーの消費が激しく、航続距離が短くなる。 カーシェアリングと言えども、使い方しだいでは走行途中で充電スタンドを探し、15分程度の急速充電が必要になる可能性がある。 大阪府の場合、肝心の充電スタンドは府内に約20カ所に過ぎす、3月末までに30カ所に増やすというが、ユーザーは常にバッテリーの残量とスタンドまでの距離を計算しなくてはならないだろう。      事実、大阪市周辺では全国に先駆け、2月からリーフがタクシーとしても全国最多の50台走っているが、コンビニエンスストアなどに併設の充電スタンドでタクシー仕様のリーフが急速充電する光景があちこちで見られる。 カーシェアリングのリーフが加わり、充電スタンドの利用が高まるのは必至だ。 果たしてユーザーが急速充電による短距離走行をどう評価するか。 EV普及の鍵を握るだけに、ユーザーの反応が注目されところです。 (j-cast.com)        ツイートこの記事をつぶやく
     ペッパーフードサービスは海外出店を強化します。 2011年12月期は中国を中心にアジアで26店舗の出店を予定しており、国内出店数の20店を上回ります。     期末の海外店舗数は96店となる見通しです。 このほかアメリカやカナダもの進出する計画です。      今後は市場が拡大している海外に中心に成長を見込みます。      2010年12月末の海外店舗数は69店舗。 中国やインドネシア、シンガポールなどにフランチャイズチェーン方式で展開しています。      4月にマカオに出店するほか、5月には上海への出店を予定しています。 このほかにアメリカやカナダも出店に向けて準備を進めています。      同社は2009年に発生した食中毒の影響で店舗数を減らしており、2010年12月期は前期と比べて22店少ない234店となりました。 このなかで海外店舗数は18店増えました。       ツイートこの記事をつぶやく
     アメリカ ハンバーガーバーチェーン大手の 「ウェンディーズ」 が日本に再進出をします。 運営種主体のウェンディーズ・アービーズ・インターナショナル社 (ジョージア州) が近く日本企業と合弁会社を設立して、今秋から5年以内に70店を出店する計画です。    ウェンディーズは日本では牛丼の 『すき家』 のゼンショーと店舗展開していたが、事業戦略を巡る方針のズレから2009年末に撤退したいました。    月内のも設立する 『ウェンディーズ ジャパン』 は、ウェンディーズ社が49%、食材輸入のヒガ・インダストリーズが51%を出資します。 資本金などは今後詰める予定です。      今秋まずは、直営店で東京の都心部に1号店を出店。 首都圏で地盤を固めて、その後は関西など他の都市部にも店舗網を広げます。 直営店の収益が安定すればフランチャイズチェーン展開も視野に入れます。    新店では日本人の味覚に合わせた独自開発の商品や高品質な素材を使ったハンバーガーなどを投入します。 単品価格で500円超えの商品をそろえる考えです。 セット価格で500~600円台が主流の日本のハンバーガーチェーン店とは一線を画していきます。      ウェンディーズは1980年にはダイエーが日本で展開を開始。 ダイエーは2002年、ゼンショーに同事業を売却しました。 ウェンディーズは世界で約1万店を展開しています。      単品で500円超えの商品か??     日本には日本マクドナルドという大きな壁の存在があるからな~~  厳しいそうな気がする!!       ツイートこの記事をつぶやく
   居酒屋チェーンを展開するつぼ八はホルモン焼き店の出店を加速します。 首都圏で実験的に展開する直営店の運営スタイルが確立されたため、このほどフランチャイズチェーン募集を開始。 現在の4店から3年後に全国で100店程度の展開を目指します。 地域によって志向が異なるホルモンの特性に対応して、地域に合わせたメニューをそろえていく方針です。       ホルモン焼き店 『ホルモンの美味しい焼き肉 伊藤課長』 は2010年6月に東京・代々木に1号店を開店。 現在は首都圏で4店の直営店を展開しています。 ホルモンをチルドの状態で仕入れることで鮮度の高い肉を提供します。 客単価は3000円前後で若年層の支持が高い。        このほど、フランチャイズチェーン店の募集を始めました。 4月以降に初のフランチャイズチェーン店を出す方針です。 店舗面積は132平方メートル、客席数は70席で投資回収期間を2年4カ月を基本とします。 居抜き物件を活用しやすいパッケージにすることで物件取得費を除いた投資額は2600万円程度に抑えます。 フランチャイズチェーン店は首都圏や東北、北海道といった東日本に重点的に出すほか、直営店も各主要都市にモデル店舗として出店します。 3年後には100店の展開を目指します。 このうち9割程度はフランチャイズチェーン店にします。      『伊藤課長』 は内臓加工業者と提携、ホルモンを冷蔵で店舗に配送してもらうため、鮮度が短時間でおちやすく廃棄ロスの低減が課題だった。 このためメニューを見直して、原価率を当初より2~3ポイント程度低い31%に安定させることに成功しました。     「ホルモンは地域によって嗜好が異なる」 ため、地域や立地条件に応じたメニューを導入して出店地域の拡大に備えます。 豚肉を好む北海道エリアならば豚肉を他地域より多くそろえるといった処方で対応します。     ツイートこの記事をつぶやく
     DVDレンタル店や書籍店の間で、レンタル後や購入後に内容に不満を持った消費者に返金するサービスが広まっています。       『TSUTAYA』 を展開しているカルチュア・コンビニエンス・クラブは返金に応じるレンタルDVDの対象を新作に拡大し、丸善書店では一部書店で書籍の返品を受け始めました。       店舗集客策として効果が注目されそうです。      カルチュア・コンビニエンス・クラブは2日、新作の海外テレビドラマ 『フラッシュフォワード』 の第1巻を借りて視聴後に、面白くなかったという利用者にレンタル料の返金を始めました。 返却の際に利用者から不満だった部分を聞き取ります。 4月1日まで実施します。  フラッシュフォワードは、全11巻でアメリカ やカナダABC制作のドラマです。 2巻以降のレンタルにつなげるため、まず1巻について返金キャンペーンを実施して来店客の興味を引くのが狙いです。 過去に旧作映画のDVDで同様の試みを実施したことが有るが、新作は初めてという。      一方、丸善書店は 『丸善ラゾーナ川崎店』 で単行本 『だいたい四国八十八カ所』 について、購入後に読んで面白くなければ返金に応じる販売促進策を試みました。    返金受付期間の1月下旬から2月28日までに163冊が売れて、返品は1冊だけだったという。  広く知られていない読者の先品を書店員が推薦する場合に有効な手法とみられます。              ツイートこの記事をつぶやく
     システム開発の日本ラッドは、月額100円と低価格なサーバーのレンタルサービス 『シルバーストーム』 を3日に開始しました。    データを保存できる容量は10ギガ (キガは10億) バイト。 社外向けウェブ、社内向けウェブ、メールの3種類のサーバー機能を提供します。 社内向けウェブ、で情報共有ソフト (グーグルウェア) も使用できます。 初期費用は不要。      2009年に建設した独自のデータセンターや、提供中の各種サービス向けの環境を活用して低価格を実現します。 インターネット経由で仮想サーバーなどのIT (情報技術) インフラを企業に貸し出す IaaS  (イアース) 型サービスやオンラインストレージサービスなどを提供しており、サーバーやストレージ (外部記憶装置) の供用などもする。      1ユーザーごとに使えるメモリー容量として、最低128メガ (メガは100万) バイトを保証。 他のユーザーが負担の高い処置をしても、動作が遅くなるなどの影響を受けにくい。 ウェブブラウザーで簡単に管理できます。     ツイートこの記事をつぶやく
     NTTデータは4月1日、交流サイト (SNS) やメールなど異なるインターネットのサービスを自社ウェブサイトで同時に利用できる機能をネットワーク経由で提供する 『クラウドコンピューティング』 型のサービスを始めます。 サイトを運営する一般企業が複数のサービスやコンテンツを組み合わせて自社顧客に提供するとといった用途を想定します。      サービス名は 「Sinfonex  (シンフォネクス) 」。      各社のウェブサービスを束ねて、一元的に利用できる機能や一度の認証で様々なウェブサービスを利用できるシングルサインオン機能などを提供します。    一般にウェブサービスは外部サービスと提携するための 『API』 と呼ぶ機能を公開しいているが、その仕様はサービス提供者ごとに異なる。 このため複数のサービスを組み合わせて利用するには個別対応が必要だった。 シンフォネクスはこういった違いを吸収する機能を持ち、顧客は対応の手間が減らせます。      サービスを開始時点はSNSの 『フェイスブック』 とメールや社内文書を共有できるアメリカグーグルの 『Google  Apps  (グーグルアップス) 』 に対応。 今後対応サービスを増やします。 政府や自治体の情報提供サービスなども対応する考えです。      コンビニエンスストアなど流通やサービス企業を中心に売り込みます。 自社サービスやシステム構築案件でも利用を広げます。 5年後に関連を含め売上高100億円の事業に育てる計画です。    自社サービスでは2月21日に強化した中小企業向け経営支援サービス 『ビズマーレ』 で、外部サービスとの連携用に今回のサービスを利用した。       ツイートこの記事をつぶやく
     ビアホール運営のキリンシティは、調理に関する社内資格を拡充します。 今春を目途に店内調理を担当するパート・アルバイトを主な対象とする資格を設けます。 料理レシピの向上はパート・アルバイトの底上げが必須と判断しました。      同社は全国に40店 (直営33店) を展開しています。 一定レベルの調理技術を持つ従業員を 「マイスターコッコ」 と認定しており、全社でガン剤は32人います。 同資格は社員を主眼に置いているため、4月以降はパート・アルバイトを主な対象にした資格制度を設けます。      同社の社内資格はおいしくビールを注げる従業員を認定する制度が先行し、現在は 「ビアマイスター」 と 「サブビアマイスター」 はそれぞれ100人以上います。       「ビアマイスターの取得者が増えるにつれ、客からの苦情が減ってきた」 ため (古市社長)、料理部門でも資格制度を拡充します。       ツイートこの記事をつぶやく