ロッテリア                   ロッテリア1        ロッテリアは8月1日~9月下旬の期間限定で、川越達也シェフのプロデュースによる新商品 「川越流 夏の絶品チーズバーガー(スモーキーBBQ)」 「川越流 夏のエビバーガー(ブイヤベースタルタル)」 を販売する。

 「タツヤカワゴエ」のレストランの味をロッテリアで

       同社では、2012年度より川越シェフのプロデュースによる商品を販売し、好評を得ているという。今回は、同氏がオーナーシェフを務めるイタリアンレストラン「タツヤカワゴエ」で味わえる料理をイメージした2種類のバーガーを、期間限定で販売する。        「川越流 夏の絶品チーズバーガー(スモーキーBBQ)」 は、「絶品チーズバーガー」 をベースに、2つのソースを合わせた。 らっきょう、きゅうり、ケイパーのピクルスと、大きめにカットした赤パプリカ、オリーブ、パセリなどの野菜が入った甘酸っぱさが口の中に広がるソースと、ウスターソースをベースにコショウ・チリパウダーなどのスパイスを使ったBBQソースを合わせ、暑い夏にもさっぱりと楽しめるバーガーに仕上げたという。 価格は390円。        「川越流 夏のエビバーガー(ブイヤベースタルタル)」 は、「エビバーガー」 をベースに、オリジナルのタルタルソースと、魚介と香味野菜を煮込んだ洋風だしに、カニとエビのエキスと甲殻類の旨味を閉じ込めた濃厚なソースを、各店舗でミックスして作るフレッシュなブイヤベースタルタルソースを合わせた。 価格は340円。        さらに、この2商品を一緒にサンドした、両方を同時に味わうことができる 「川越流 夏のエビ・絶品ツインバーガー」 も用意した。 価格は620円。(mynavi.jp)          ロッテリアツイン                                           ツイートこの記事をつぶやく
      すなぷきゃっと        自分撮り、すなわち自撮り。        SNSなどの普及に伴い爆発的に増加、至るところで見かけるようになったこの行為ですが、とうとうこのたび、「ニャンコさんに自撮りを促すことができるかもしれない」 アプリが誕生したらしいのです。        こ、こ、これは、ニャンコ好きには辛抱たまらんアプリかも……。 う~ん、でもニャンコさんが自撮りって、一体どういうこと!?        アンドロイド端末限定のこちらのアプリ、一体どういった仕組みでニャンコさんに自撮りを促すのかと申しますと、これがまた実に単純な仕掛けになっておりまして。        画面上に表示される動く赤い点、ニャンコさんがこれに反応してネコパンチ。 それと同時にシャッターが押される、という仕組みみたい。 ニャンコさんの習性を実に上手く活かしたアプリですよね~。 そういうことなら、自由気ままなニャンコさんでも自撮りできるかも!        愛猫の、普段見ることのできないレアな表情を垣間見ることができるかもしれないアプリ、『Snapcat』。 ニャンコを飼っているアンドロイドユーザーのみなさんは早速、試してみてはいかがでしょうか。(rocketnews24.com)        ▼この赤い点がニャンコ自撮りのキモ   nj4        ▼こ~んな写真が撮れちゃうかも!?   nj2       nj3       nj5           ツイートこの記事をつぶやく
      iphone5S        発売の噂が絶えないアップルの次世代スマホ、「iPhone5S」 がいよいよ発売されるのではないかと海外で噂されている。 アップルは、2013年6月に行われた開発者向けイベント(WWDC)で、同機について一切触れていない。 しかし、どうやら今秋発売される可能性が浮上しているのだ。          ・ 発表からリリースまで100日のサイクル      海外のニュースサイト 「IB TIMES」 によると、アップルは発表から100日後に販売開始というサイクルを持っていると指摘。 実際、2012年6月11日に 「iOS6」 が発表され、9月19日にリリースされいる。          ・ 9月18日以降の発売か?      今回もすでに 「iOS7」 を6月10日に発表しており、その100日後にあたる9月18日に 「iOS7」 をリリースすると見られているのだ。 そしてその直後に、「iPhone5S」 の発売を開始すると予想されている。          ・ 廉価版は 「iPhone Light(ライト)」      また今回は、iPhoneの廉価版も投入されるものと考えられている。 正式な名称は明らかになっていないが、「iPhone Light(ライト)」 もしくは 「iPhone6」 になるとの意見もある。 一部では、「iPhone5S」の発売の1~2週間後に廉価版の販売開始となるとも言われている状況だ。          ・ 今秋発売は確実との見方      言うまでもなく、これらは正式な発表ではない。 「iPhone5S」 が9月27日発売されるのでは? との意見もあるようだ。 いずれにしても、今秋9~10月に発売される見方が強い。 より詳しい内容が報じられるまで、しばし待たれいッ!(rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく
                   寿司        持ち帰り寿しの 「小僧寿し」 チェーンが、商品ラインナップのほぼ半数にあたる41品目の価格を2013年7月1日から、「1円」 値下げする。          安倍政権の経済政策 「アベノミクス」 による円安進行で原材料が高騰。 それに伴い、食料品の値上げが相次ぐなか、同社は 「企業の姿勢として、『1円』でも安く、おいしい寿司を提供したい」 と説明している。        小僧寿しの 「1円」 値下げは、当初は全国の直営店を中心に257店で実施。 7月以降、順次拡大して最終的にはフランチャイズ店を含めた全481店(5月末現在)で展開する予定だ。          「一人前にぎり」 セットや、細巻や手巻き寿しなどを値下げ。 また、「お好みにぎり」 に新商品を投入したり、旬なネタをそろえたりして、消費者に少しでも 「お得感」 を訴えて、寿し需要を喚起する。          今回の値下げについて、同社は 「アベノミクス効果が消費者の一部だけで全体には及んでいない」 と指摘。 その一方で、「景気回復にはポジティブな気持ちが大切と考えており、お祝いごとの象徴であるお寿しを食べる機会を増やし、お寿しを食べて前向きで幸せな気分になってもらうことで日本経済の回復に少しでも貢献したい」 と話している。          「1円」 値下げにあたり、同社はメニューの見直しやオペレーションを変更した。 14年4月の消費増税を見据えた対応でもある。          メニューの見直しでは、「うに」 や 「たこ」 のにぎりなど6品目を廃止。 値下げの一方で、原材料の値上げ幅が大きい 「赤えび」 や 「大穴子」 など一部のメニューについては値上げする。          また、バリューパーティー(4人前、2436円)や小僧スーパープレミアム(1189円)、えびやサーモン、まぐろの 「セレクト5シリーズ」 (357円)など、「プチぜいたく」 ニーズを取り込むラインナップを充実。 単価の高い「プレミアム」メニューを新たに投入することで客単価を上げ、値下げ分の採算をとる。          「これまではチラシにあるネタをそのまま提供してきましたが、今後は食材の旬を重視して提供することで仕入れコストを抑え、旬のおいしいネタをそのときに食べてもらうようにしました」と、オペレーションも見直したという。            寿しチェーンでも、アベノミクス効果で高級食材への需要が高まるなか、なお 「低価格商品を求める声は根強い」 (小僧寿し)。 ただ、円安の影響でネタ(原材料)の8割を輸入に頼る寿しチェーンでは、値上げムードが強まっている。          小僧寿しは、「(回転寿しチェーンなどで)値上げが進んでいるが、『安い』 『旨い』 『ボリュームがある』 にこだわっていきたい」 という。         とはいえ、小僧寿しは2012年12月期の連結売上高が前期比1.0%減の202億円、営業損益は6億円の赤字と、苦しんでいる。          この第1 四半期(13年1月1日~3月31日)は収益体制改革の一環として、希望退職者の募集による人件費の削減と51か店の不採算店舗を閉店し、管理コストを改善。 また、個店単位でのマネジメントを取り入れはじめ、店舗ごとのメニュー対応や割引券の発行を可能にしたことで、既存店売上高の状況は前年比2.6%減とようやく底から脱してきた。          ここ数年、持ち帰り寿しは回転寿しチェーンに押されていた。 「1円」 とはいえ、あえて値下げを打ち出すことで消費者に 「安さ」 をアピール。 集客力を高めて、アベノミクス効果を取り込みたいところだ。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
               食べ放題        ケンタッキー・フライド・チキンは7月3日と4日、店舗限定、予約制の 「オリジナルチキン食べ放題」 企画を実施する。 制限時間は45分で、価格は1人1,200円(小学生以上)。 ポテトも食べ放題、ソフトドリンクも飲み放題だ。      今回の 「オリジナルチキン食べ放題」 は、各日11時〜19時(45分間)、完全予約制で行われるもの。 食べ放題は店内での食事に限り、また、残した商品の持ち帰りはできない。    なお、チキンの部位指定はできない。 おかわりの際は、オリジナルチキン1~3ピース、ポテトS、ソフトドリンクMの単位で提供される。      同社のFacebook公式ページによると、実施店舗は 「すべての都道府県1店舗ずつは実施します」 とのこと。 詳細は店舗検索ページを参照してください。(narinari.com)                           ツイートこの記事をつぶやく
          3人の“イケメン“がオススメするダノンのヨーグルトNo.1決定戦!        先日の第5回AKB48選抜総選挙。 地上波にて放送された生中継は、瞬間視聴率、驚異の32.7%をマークし、改めてAKB48の人気が健在であることを見せつけた。 盛夏に控える参議院選挙も、アベノミクス効果ともあいまって、これ以上の盛り上がりを期待したいところだが……。      ところで、実は現在、とある選挙が密かに注目を集めている。 「フレーバーマイスターがおすすめする 第4回ダノンビオ選挙」がそれだ。 2010年より毎年実施されているこのキャンペーンは今年で4回目。 第1回は 「はちみつ&リンゴ」、 第2回は 「脂肪0 南国デラックスフルーツ」、第3回は 「アセロラ&ベリーミックス」 が、それぞれの年の選挙で1位を獲得し、製品化。 今回の選挙も、9月に発売予定の新フレーバーを一般投票で決める企画なのだが、キャンペーン初日で投票数は早くも1万票を超え、大いに盛り上がっている。      さらに注目すべきは、各フレーバーの推薦人である、フルーツのスペシャリスト 「フレーバーマイスター」 だ。 個性あふれる3人が、フレーバー候補の特徴をスペシャルWEBサイト上の動画で紹介しているのだが、よく見てみると、3人ともなかなかの“イケメン”。         ■ アサイー&ラズベリー      ポリフェノールや鉄分、食物繊維を多く含み、女性モデル、海外セレブリティから高く支持されるアサイーと、爽やかな酸味・甘味のあるラズベリーとの 「意外性あるマッチング」 が特徴。      おすすめしているのは恵比寿の「ワイルド系」フレーバーマイスター、鈴木敏朗さん。 「特に女性におすすめしたい」 とか。        ■ パイン&アップル&パッションフルーツ      食物繊維が豊富なパイン、「医者を遠ざける」 と言われるほど栄養価の高いアップル、ミネラルたっぷりのパッションフルーツと、フルーツ3種類が織りなす 「贅沢さ」 が魅力。      パティシエ界の 「エレガント系」 フレーバーマイスター、藤川浩史さんは 「パティシエでは思いつかない」 組み合わせとして、こちらをおすすめ。        ■ カシス&オレンジ      ポリフェノールの一種、アントシアニンを豊富に含むカシスと、柑橘系のさっぱりとした甘さが嬉しいオレンジの 「王道コンビ」 は見逃せない。      おすすめしているのは野澤孝彦さん。 ウイーンの 『スマート系』 フレーバーマイスターだ。 「食べやすいので、家族みんなで食べて欲しい」 と話している。      どれも魅力溢れる組み合わせで、迷ってしまいそう。      投票受付期間は7月16日24:00まで。 投票方法はPCもしくはスマートフォンからスペシャルWEBサイトへアクセス、または店頭に置いてある専用応募はがきや官製はがきにて(7月16日消印有効)。 投票時に応募した方の中から抽選で1,000名様に、今回の選挙で見事1位に選ばれた新フレーバー製品を含む、「歴代ダノンビオ選挙第1位 『ダノンビオ』 計4パック」 をプレゼント!(dokujo.jp)      あなたの握る一票が、ダノンビオの運命を変える!? 大げさか!?                               ツイートこの記事をつぶやく
          安全笛        スマートライフ研究所は、犯罪や災害など緊急時に威力を発揮する “安全笛” がついたiPhoneケース 「HELPeee~!」 (ヘルピー)の販売を開始した。 対応機種はiPhone5で、価格は2,980円(税込み)。        「HELPeee~!」 は、夜道の突然のトラブルや万一の災害などに役立つiPhoneケース。 常に持ち歩くiPhoneとセットだからこそ、いざというときにサッと取り出せる利点がある。             安全笛1        護身的観点から “短時間で実用的に効果を発揮できる” とのコンセプトで開発されているため、複雑な設定などは一切不要。 また、相手にすぐに気付いてもらえるよう倍音を重ね、結果として1.8KHz付近の音のホイッスル音を作り出した。      ケースの外観はデコレーションも可能なシンプルデザインを採用。 ケースの裏側はなめらかな流線形になっていて、手のひらにしっくりなじむ握りやすさも追求している。 (narinari.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
            八色しょうろんぽう        アジア6か国で事業展開しているシンガポール発の飲食企業・パラダイスグループは6月17日、同社の中華レストラン 「PARADISE DYNASTY(パラダイス ダイナシティ)」 日本進出1号店、および旗艦店となる店舗を東京・銀座にオープン。 同店の看板メニューである 「8色小籠包」 (1,520円)が日本初上陸する。        「8色小籠包」 は、高級食材のフォアグラや黒トリュフ、蟹の卵、高麗人参、四川風麻辣、チーズ、ガーリック、オリジナルの計8種類の味を、それぞれのカラーの皮で包んだ小籠包。 斬新な試みとその繊細でカラフルな見た目で、アジア各地の店舗で評判になっているという。      主なメニューは、12時間煮込んだ濃厚な豚骨ベースのスープと手打ちの麺料理全16種類(850円~)、「揚州スタイル三色卵」 (530円)や 「酔っ払い鶏」 (680円)などの冷菜全11種類、「四川風鶏肉の唐辛子炒め」 (1,050円)、「姫白菜のあっさり炒め」 (1,050円)などの炒め物全16種類、ほか点心13種、スープ3種、ご飯料理4種、デザート7種などを取り揃えた。      なお、同店は今後、首都圏などのエキナカやSC内、路面店1階などに出店していく計画。国内30店舗体制を目標に掲げている。 (narinari.com)       ツイートこの記事をつぶやく
           ビヤガーデン        東京都・松屋銀座は15日、同社の屋上 「ソラトニワGINZA」 に、9月30日までの期間限定で 「ソラトニワGINZA  “美しくなるビアガーデン”Beer & BBQ & Bar terrace @ 888(略称:ビービービー・テラス)」 をオープンする。      

 大人の女性のための”美しくなるビアガーデン”

     同店は、大人の女性のための “美しくなるビアガーデン” をテーマにしたビアガーデン。 コンセプトとして、仕事帰りのキャリアウーマンが、様々なシーンに合わせて自由に気軽に使える、開放的な居心地の良いビアガーデンを目指すという。      店名は、同社が賛同する 「銀座ミツバチプロジェクト」 にちなみネーミング。Beer/BBQ/Barの3つの頭文字Bから “ミツバチ”、また3つの8で “ミツバチ” とかけた。 さらに、銀座ミツバチたちによる、来店する女性たちに美女力アップの癒やしと潤いを提供する場という意味で、“美しくなるビアガーデン” というサブタイトルも加えたという。      

 銀座産ハチミツを使用したメニューを用意

     メニューには、銀座産ハチミツを使用したドリンク&フードのメニューを提供。 また、野菜バーベキューと呼べる、“カラダの中から美しくなる” 美肌要素を盛り込んだメニューを展開するとしている。        主なメニューとして、フリードリンク2時間の 「セットメニュー 」 (4,500円)、「銀座はちみつのふわふわカキ氷のサンデー」 (1,200円)、「銀座はちみつのHONEY COCKTAIL」 (800円~)などを用意。 他に、ボトルシャンパン、ボトルワインなどもそろえる。        店内装飾は、白のドレープに包まれた空間に、アクセントとしてナチュラル素材を配置。 光に包まれたオーバルカウンターでは、食事だけでなくBARタイムも楽しめる。 また、ビアガーデンの枠を超えた新たなシーンとして、“uxury & elegant” をキーワードにしたV.I.P.エリアも用意する。        開催期間は、6月15日~9月30日。所在地は、松屋銀座 屋上 「ソラトニワGINZA」 (東京都中央区銀座3-6-1)。 営業時間は、平日16時~22時、土・日・祝15時~22時(L.O. フードメニュー21時、ドリンク21時30分)で、無休(松屋銀座に準ずる/雨天CLOSE)。営業時間はイベント開催により変更する場合あり。(mynavi.jp)           ツイートこの記事をつぶやく
                     カゴメコラボ        カゴメと銀座コージーコーナーは2013年5月21日から、トマトを使って開発した料理・デザートメニューを展開する 「夏の完熟トマトフェア」 を、銀座コージーコーナーの首都圏のカフェ・レストラン併設店30店舗で開催している。        トマト食品製造ブランド 「カゴメ」 と、創業65周年の老舗スイーツショップ 「銀座コージーコーナー」 が、初めてのコラボレーションメニューを開発。銀座コージーコーナーの30店舗限定で、イートインメニュー7品を提供する。          リコピン量が約1.5倍(カゴメ ラウンドトマト比)という 「高リコピントマト」 を使ったパスタやカレーから、一般的なトマトより皮が薄く口あたりのみずみずしい 「絹子姫」 を使ったパフェなどのデザートまで、「完熟トマトのおいしさを満喫できる」 ラインアップとした。          販売期間は、料理メニューが9月20日まで、デザートメニューが6月30日まで。          このほか、トマトのフルーティーなおいしさと香りが楽しめる焼き菓子 「トマッティーニ」 をオリジナルパッケージに詰めて、全国の銀座コージーコーナー売店で販売している。 価格は、6枚入り525円、12枚入り1050円。(j-cast.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
Page 2 of 61«12345»102030...Last »