ジャイ子        トヨタ自動車株式会社は27日、国民的まんが 『ドラえもん』 を実写化したCMシリーズのキャスティングとして、新たにAKB48の前田敦子さんを起用し、新TV―CM 第4 話 「のび太のもしもな世界」 篇(30 秒)を、全国でオンエア開始する(一部除く)。        同社は昨秋より、“FUN TO DRIVE,again.” をスローガンとする企業広告キャンペーンを展開しており、その一環として、国民的まんが 『ドラえもん』 の20年後を舞台に、ドラえもん(=ジャン・レノさん)やのび太(=妻夫木聡さん)といった、お馴染みの登場人物を豪華キャストで実写化したCM 『ドラえもん』 シリーズを放映し、好評を博している。        今回、同シリーズの最新作となるTV―CM 第4話 「のび太のもしもな世界」 篇では、新キャラクターとして、ジャイアンの妹・ジャイ子が登場。 のび太たちと同様、28 歳に成長したジャイ子役に、AKB48の前田敦子さんが起用された。        新CM では、クルマの免許取得を断念したことをしずかちゃんに咎められたのび太が、想像を現実にしてくれるドラえもんのひみつ道具 「もしもボックス」 を使って、自分が免許を取った世界を疑似体験するシーンが描かれた。 前田さんは、突然のび太が乗るコンパクトハイブリッドカー 「AQUA」 の助手席に乗り込んで、「ドライブに行きたい!」 とおねだりする謎の美女を演じる。 同CM最大の見どころは、免許を取る気になったお調子者ののび太に、しずかちゃんが強烈なビンタを炸裂させたところで、自分がジャイ子だと告白し、ドラえもんとのび太を驚かせる場面だという。        前田さんは、ジャイ子役のオファーが来た時について、「ジャイ子ちゃんって聞いた時はビックリしたんですけど、とてもうれしかったですね」 と振り返る。 前田さん自身、CMの一視聴者として、ドラえもんシリーズの大ファンだったといい、「まさかドラえもんファミリーの一員になれるとは夢にも思っていなかったので、すごく光栄です」 と喜びを語った。        また、前田さんは撮影中、CMの 「クスッと笑えて、温かい内容」 を考慮し、「私もみんなに笑ってもらえるかなとか思いながら、できるだけジャイ子ちゃんぽいって言われるように頑張った」 と紹介。 ジャン・レノさんとの共演については 「一生の自慢になるんじゃないですか」 などと振り返った。 (searchina.ne.jp)           このCMシリーズ楽しく見ていますが、ドラえもんが、ジャン・レノだという設定が面白い!?                   ツイートこの記事をつぶやく
      全裸        満面の笑みを浮かべる子供たちの背後をよーく見たら、そこには絶対に写ってはいけない光景が! このたび、フランスの子供服を販売しているサイトの広告に、モザイク無しの全裸の男性が写りこんでいると話題になっています。        問題となっているのは、フランスのファッションブランド 『La Redoute』 のサイトにある子供服のページ。 砂浜で楽しそうに笑う4人の子供の写真の背景に、モザイクなしの全裸のおっさんが写りこんでいる衝撃的なこの写真は、海外サイト 『dailymail.co.uk』 にて詳しく紹介されました。        この衝撃写真を発見したのは、サイトをみていた客のひとり。 この方はおっさんの姿を見つけるや否や、すぐに 『La Redoute』 のツイッターにツイートしたそうです。 抗議を受けて、『La Redoute』 はこれを認めすぐに謝罪しました。          ところがこのおっさんの写真問題をきっかけにアラ探しが始まってしまったのか、ほかにも子供服のTシャツにスペルミスが見つかるなど、踏んだり蹴ったりな事態に。 もちろんTシャツの件も完全に同ブランドの不始末ですが、以前よりも世間から厳しい目で見られるようになったことは間違いないでしょう。        ちなみにこの写真に写りこんでしまったおっさん、現在も所在が分かっておりません。 おそらく誰よりも被害を受けているであろうこのおっさんは、現在インターネット上で画像が面白おかしく加工されるなど、ある意味話題沸騰中。 無断で全裸画像を晒された上に、世界中でニュースになり、非難されたあげくネットユーザーに遊ばれまくっているこのおっさんが、心底可哀想でなりません。 (youpouch.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       ソフトバンクモバイルは、12月29日15時30分からテレビ東京系列で放送される特別番組  『宇宙ニューススペシャル』の中で、5分30秒のスペシャル CM をオンエアする。       CM データバンクの調べによると、今回の5分30秒(330秒)という長さは、ユニリーバ・ジャパンが2009年に放送したテレビ CM の300秒を上回り、日本のテレビ史上最長となるという。             ソフトバンクコマーシャル        このテレビ CM は、今年秋から冬に掛けて同社が放送したテレビ CM の総集編で、宇宙をテーマに放送してきた白戸家の CM 『宇宙シリーズ』、アイドルグループ SMAP が出演する CM 『手紙篇』 と2011年1月2日から放送開始となる新 CM 『走る篇』 に、本編では放送されなかったアナザーカットなどを加えて再編集したもの。 2012年に向けて同社の意気込みを視聴者に伝える内容となっているという。      今回は、同社のテレビ CM に別々に登場してきた白戸家の家族と SMAP の5人が初めてコラボレーション。 5分30秒の作品の中では、CM 好感度ランキングで5年連続首位となった白戸家の愉快なやりとりや、宇宙からの壮大な映像、そして ”努力って楽しい” と楽しみながらも頑張って走り続けるいう同社の思いが込められた SMAP からのメッセージなど、様々な見どころが盛り込まれている。             白戸家        なお、放送終了後には同社のウェブサイト 『CM ギャラリー』 にて今回のテレビ CM の映像が公開されるという。 この 『CM ギャラリー』 では過去オンエアされた様々なテレビ CM が公開されており、12月17日にオンエアされて話題になった120秒 CM 『白戸家「宇宙サンタ」篇スペシャル』 も公開されている。 (japan.internet.com)      ■ ソフトバンクモバイル CM ギャラリー    http://mb.softbank.jp/mb/tvcm_media/                   ツイートこの記事をつぶやく
       インターネットで商品を購入したら、広告と違っていた。 「口コミ」 を信じたら、やらせだった!? ネット上の広告表示で実際とは異なるものが目立つことから、消費者庁はこのほど、業者が守るべきガイドラインを作成した。          ネット広告は既存の景品表示法が適用される要件があいまいなため、消費者と業者との間にトラブルが絶えず、目安となる指針が求められていた。          ガイドラインは、対象とする広告表示を5つに分類している。      ①基本的なサービスを無料提供し、有料の追加的なサービスに引き込んで利益を得るビジネスモデル「フリーミアム」      ②グルメサイトなどの「口コミサイト」      ③価格を割り引く特典などがついたクーポンを一定数量、期間限定で販売する「フラッシュマーケティング」      ④バナー広告などの「アフィリエイト」      ⑤ネットショップの一種で自分では在庫を持たず配送もしない「ドロップシッピング」だ。        それぞれの項目でどのようなケースなら問題になるかについて具体的に例示している。          フリーミアムは、通常、「オンラインゲーム」 や 「動画サイト」 などで展開されている。 ゲームの一部が無料でプレーできたり、一部の動画が見られるものの、有料会員にならなければ、本格的なゲームに参加したり、全時間帯で動画が視聴できないというものだ。 初めは無料でゲームを楽しんでいた子どもがいつの間にか有料ゲームに入り込み、親が高額の料金を支払うことになったというケースが全国的にも目立っている。          ガイドラインでは、「サービスが無料で利用できることをことさら強調する表示」 について、「付加的なサービスも無料で利用できると消費者に誤認させるような場合は、景品表示法の不当表示にあたる」 と指摘した。            フラッシュマーケティングについては、「サイトで表示されている写真と実際の商品が違う」 という消費者からの苦情が増加している。 今年の正月明けには、ネット上の共同購入サイトで購入したお節料理が見本と違うとの苦情が相次ぎ、話題になった。          消費者庁の調べでは、この業者はサイト上に 「キャビア」 と表示したが、実際はランプフィッシュといわれる別の魚の卵を使用。 「フランス産鴨(かも)」 も岩手県産、カマンベールチーズはクリームチーズだった。 業者は複数の買い手が集まると割引券が発行されるクーポンで、定価2万1000円のお節料理が半額の1万500円になるとして注文を受けていたという。        ネット上で商品を購入する場合、消費者にとっては実際に目に見たり、触ったりできず、商品の割引価格が適切なのか判断することが難しい。 ガイドラインでは、業者に対し、サイトへの出品には 「相当期間に販売された実績のある同一商品・サービスを比較対照価格として用いる必要がある」 などと明記した。          今回のガイドラインは、消費者庁が今年3月に公表した報告書 「インターネット取引に係る消費者の安全・安心に向けた取組みについて」 を踏まえたもので、「想定される表示の例」 を中心に、景品表示法上の問題点と留意事項をまとめている。 実際の表示が違反するかどうかは事案ごとに判断されるとしている。          これまで景品表示法上あやふやだった問題について、一定の指針を示したことで、今後の商取引に影響は少なくないといえそうだ。  (j-cast.com)                   ツイートこの記事をつぶやく
       3月11日に発生した東日本大震災の影響でお蔵入りとなったものの、YouTubeなどに動画がアップロードされるや否や瞬く間に再生回数を伸ばし、ネットで大きな話題を呼んだ 「JR九州/祝!九州キャンペーン」 のCM(http://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU)。 12月8日現在、再生回数は320万回を記録するなど、今年を代表するCMのひとつとなっているが、このたび発表された国内最高峰の第51回ACC CM FESTIVALにおいて、最高賞の総務大臣賞/ACCグランプリを受賞しました。              JR九州        このCMは九州新幹線の全線開業を祝い、公募で集まった1万人以上の人たちが沿線から新幹線に手を振るという内容。         マイア・ヒラサワが歌う軽快な楽曲 「Boom!」 と映像の一体感が相まって、「元気をもらった」 「今の日本に必要なCM!」 など称賛の声が上がった。 その評判はネットの中だけにとどまらず、今年6月のカンヌ国際広告賞では金賞、11月のロンドン国際広告賞では銀賞を受賞と、世界的な評価も獲得している。        CMの楽曲を手がけたマイア・ヒラサワは、2011年に彗星のごとく日本メジャー・デビューを果たし、CMソングを中心に数々のヒット曲をとばしたスウェーデン出身のシンガー・ソング・ライター。 CMソング「Boom!」も映像と同様、2011年を象徴する楽曲としてヒットを記録し、映像と音楽の両方が高い評価を受けるCMとして、国内外の評価を得た形となった。                BOOM        なお、来年1月25日には、「Boom!」 のニュー・ヴァージョンを含む10曲を収録した日本限定のスペシャル企画アルバム 「WE GOT IT」 がリリースされる予定だ。 (narinari.com)            ツイートこの記事をつぶやく
       90年代の映画主題歌コンピレーションCD 「ナンバー・ワン・ナインティーズ・ムービー・ヒッツ」 のリリースをきっかけに、洋画メジャー5社が共同で展開してきた 「The 90’s Reunionキャンペーン」。       劇場で無料再上映される90年代作品の新キャッチコピーをTwitter上で募集し、実際にポスターを制作して劇場に掲示する企画は大きな反響を呼んできたが、そのトリを飾る第5弾 「ジュラシック・パーク」 の新コピーが 「ヒト狩りいこうぜ!」 に決定しました。          ジュラシックパーク        これまでどのような新キャッチコピーが選ばれてきたのかを簡単に振り返っておくと、第1弾「マトリックス」は「電話ボックスまで逃げろ!」に。 以降、第2弾「スピード」は「バス、まっしぐら。」、第3弾「レオン」は「込めたのは、銃弾と愛」、第4弾「ザ・エージェント」は「ひとりでは、ただの人。」が選ばれた。      映画        これらのコピーは実際にポスターとして発表されたが、そのシュールな仕上がりに2ちゃんねるやまとめサイト、Twitter、Facebookなどで 「どうしてこうなった」 「ペットフードCMのアレか」 「なぜみつを調!?」 と1万回近くのツッコミが入れられることに。 しかし、突っ込まれながらも多くの人を巻き込んだという点においては、優秀なキャッチコピーだったとも言えそうだ。      そしてこのたび、最終回となる第5弾 「ジュラシック・パーク」 の新コピーには過去最多の投稿が寄せられ、「ヒト狩りいこうぜ!」 以外にも次のような注目の候補が集まった。    ・リア獣との遭遇    ・韓流より恐竜    ・食べます♪食べます♪    ・トップブリーダー推奨    ・公園デビューは命がけ。    ・まだ、食べてる途中でしょうが!    ・恐竜のDNAは永久に不滅です    ・暴れん坊恐竜    ・近すぎちゃって、どうしよう。    ・「いただきます」「いただかれます」    ・死因:えさになる。    ・「アラン、うしろ~!」      今回のキャンペーンを企画したソニー・ミュージック担当者は、一連の新コピー募集企画を次のように締めくくっている。      「映画好きでワイワイできればと始めた本企画に、結果的に多くの人にご参加いただけて、大変嬉しいです。 それほどまでに、90年代の映画が皆さんの心に残っているということなのでしょう。 弊社は映画配給会社ではないので、映画主題歌CDの発売という形で本企画に参加しましたが、このCDには自信を持って90年代映画への愛をこめています。 このCDに収録されているのは 『音楽』 ではなく、『時代』 そのものや、それぞれの人の『青春』です」        最終回の 「ジュラシック・パーク」 無料再上映は9月30日に行われるが、これは10月26日に発売されるBlu-ray商品に先駆けた初の先行試写でもある。         「これ以上恐くしてどうする」と言いたくなるような最恐画質で“彼ら”を見ることができるとのことだ。  (narinari.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      広告        危ない! 信じられないくらいの巨大なボール状の物が、店の前に駐車してある自動車をグシャリと押しつぶしています。        交通事故? それとも隕石?        ……ではありません。 これはれっきとした広告です。 よく見てみると、巨大なボールはサッカーボールで、おなじみのあのマーク入り。 大胆なナイキの広告でした。 車1台を犠牲にしてしまうなんて、すごい思い切りの良さですね!       広告1          海外サイト 「boredpanda.com」 に掲載されたユニークな巨大広告をご紹介します。       広告2        何の広告かと思ったら、遠近両用メガネの宣伝だそうです。 メガネをかけて足元がしっかり見えるようになったら、バナナの皮ですべることはないですよ! というメッセージが込められています。 (ドイツのミュンヘンにて)        落ちてきそうで怖い巨大包丁   広告3        包丁メーカー、ツヴィリング社の広告。 なんと、電柱を包丁でサックリと切っているところです。 それにしても、どうやって落ちないように設置したのでしょう。 強い風で飛ばされないか心配なのは日本人気質ってこと?  (マレーシアにて)        どうなってるの!?  空中に浮いた速乾ネイル   広告4        ドロリ……と道路に垂れた、ネイルの液体。 地面に広がる様子が、かなりリアルです。 速攻で乾くネイルを開発するリンメル社の広告。 その即効性ゆえ、垂らしてたら乾いちゃったというわけですな。  (英国ロンドンにて)        ひと目見てインパクトがあり、そして笑える広告。 どんな製品のプロモーションなのか考えるのも楽しいです。 日本でも街頭に突然こんなものが現れたら面白いですね。 広告そのものだけじゃなくて、それを見る人たちがどんな反応を示すのかを見るのも楽しいです。           スースーしすぎて寒いくらいのブレスミント   広告5          うーん、このパスタ、離れられないくらいおいしい~   広告6         交通事故よりタバコ関連の死者のほうが実は多いのだそうです。   広告7          工事現場に突如現れた巨大なレゴ   広告8         サイズに注目!歯ブラシじゃなくて爪楊枝   広告9          巨大なトイレットペーパー   広告10          車がこんなにコンパクトになりました。   広告11          隣に座ってる男性はまったく驚いていない様子   広告12          マフィンと一緒にコーヒーもどうぞ!   広告13          ペパリッジファーム、ソフトパンのマット。フカフカで美味しそうです!(米国)   広告14          プリントサービス会社フェデックス キンコーズの広告。  米国の縁石は交通ルールで元々色分けしてある。そのラインをマーカーに見立てたもの。 ちなみに黄色の縁石は「荷物や人の乗せ降ろしのみで、運転手はその場を離れてはならない」という意味(米国)                同じくキンコーズ。 こちらも、元々存在する横断歩道の白線ですが、容器を置いただけで修正液で塗ったみたいに見える、目の錯覚が面白い(米国)          シロアリ駆除などをするターミニックス社の広告。 巨大ポテト容器には「シロアリは24時間食べ続ける」と書かれ、ポテトはなんと、木材です(米国)          ナイキの広告。 すごい、いったい、どうなっているの?(場所不明)            刃物産業で有名なドイツの都市ゾーリンゲンの企業の広告。 ハトが真っ二つになるほど切れ味が良い? 日本だったら社会問題になりそう。            日本では規制があって無理だろうな!?  官僚って規制することしか考えないで利益を得ようとしないから自治体自身が赤字から抜け出せないんだよ!!                 ツイートこの記事をつぶやく
       経済産業省は2011年8月8日、特定サービス産業動態統計調査において、2011年6月分の速報データを発表しました。 それによると、2011年6月の主要メディアにおける広告費売上高は前年同月比でマイナス3.6%と減少を見せていることが明らかになった。 主要項目別では 「雑誌」 がマイナス19.8%と、もっとも大きな減少率を記録している。        経済産業省では毎月主要業態の売上高推移を公開している。 今記事はその2011年6月分データ(公開は2011年7月)の速報値を反映させたもの。 なおそれより前のデータについては、速報値の後に発表される確定値で修正されたものを用いている。         4大既存メディアとインターネット広告の広告費前年同月比(2011年5-2011年6月)     ↑ 4大既存メディアとインターネット広告の広告費前年同月比(2012年5-6月)          比較しやすいように先月発表データと並列して図にしたが、東日本大地震・震災による影響が各部門で色濃く出た5月分発表時点から転じ、少しずつではあるが回復の兆しが見える形となった。 しかし減退率が縮小してはいるものの、抽出した項目では 「インターネット広告」以外は前年同月比マイナスであることに変わりなく、特に雑誌の大きな下ぶれが目に留まる。        今回も該当月における各区分の具体的売上高をグラフ化しておく。 電通や博報堂の区分とは違うため、該当同月の両社データとの違和感を覚えるところもあるだろうが、参考値の一つとしてとらえてほしい。           4大既存メディアとインターネット広告の広告費(2011年6月、億円)       ↑ 4大既存メディアとインターネット広告の広告費(2011年6月、億円)        3か月前の記事【4大既存メディア広告とインターネット広告の推移をグラフ化してみる(2011年5月発表分)】で”「テレビ」に続き「インターネット広告」が広告費第二位となり、「新聞を」追い抜く形となった”としたが、今回も先月に続き新聞が第二位の座を維持している。しかしすでにほぼ横並びの域にあり、両者の立ち位置が容易に変わりうる状態であることに違いは無い。      次に、公開されているデータの推移をグラフ化する。インターネット広告のデータが掲載されたのは2007年1月からなので、それ以降の値について生成したのが次の図。       月次における4大既存メディアとインターネット広告の広告費前年比推移(2011年6月分まで) ↑ 月次における4大既存メディアとインターネット広告の広告費前年比推移(2011年6月分まで)          大勢としては「インターネットは激しい起伏の中で2009年後半以降は回復、プラス圏を維持。 この数か月は再び大きな伸びへ」 「テレビは2010年あたりから戻しの雰囲気」 「ラジオはマイナス圏で低迷~やや下げ幅を縮小、一部はプラスに」 「雑誌はかなり厳しいレベルの下げ幅を継続していたが、ここしばらくは復調の雰囲気も」 という傾向を見せてい”た”。         そして繰り返しになるが、今般東日本大地震による影響で今年3月分から、グラフは大きなうねりを見せ始めている。 特に回復(「前年同月比のワナ」もあるが)の流れにあった 「売上高合計」 の太い赤線が、再びマイナス圏に移行してしまったのが目に留まる。 今回発表分ではかなりの復調の動きが確認できるが、いまだにマイナス圏には違いない。      元々紙媒体の電子媒体への一部移行と住み分けの適正化(紙媒体のすべてが電子媒体に移行するわけではない)、電波媒体の広告プラットフォームとしての立ち位置の適正化は、メディアの技術進歩や需給関係の変化と共に、漸次進行していた。 ただし日本の場合は諸外国と事情がやや異なり、「既得権益の打破」 を事あるごとに語る報道メディアそのものが、既得権益を頑なに守る傾向が強く、「立ち位置の適正化」 そのものは遅延している。        一方東日本大地震とそれに伴う各種震災・人災は、広告出稿側のお財布事情の変化、地震報道などで見せた各媒体の 「真の価値」 に対する意識の移り変わり(視聴者・広告主から見た)をもたらし、広告業界においても一部軌道修正がされた上で、変化の 「時計の針」 をかなり先に進めている。 特にインターネット広告と、他の広告(4マス)とのかい離が大きくなっているのが気になるところ(「インターネット広告は金額が小さいので、多少の額でも変化率が大きく出る」という解説はもはや通用しない)。      今後は電通・博報堂の月次レポートの分析と共に、特定サービス産業動態統計調査の結果の追跡に 「これまで以上に」 傾注し、メディアと広告の状況変化の「香り」を感じ取る必要が求められよう。  (garbagenews.net)         ツイートこの記事をつぶやく
       電通が発表した2010年の日本の広告費調査によると、インテーネット広告は前年比9.6%増の7747億円になった。      2009年は1.2%と伸び悩んだが、2010年は人材、不動産、金融などの広告が戻り、復調が鮮明になりました。 交流サイト (SNS) やミニブログなど新しい広告媒体の台頭も追い風になりました。      ネット広告では携帯電話向けなどのモバイル広告が16.5%増の1201億円と急増しました。 スマートフォン (高機能携帯電話) の普及により、モバイル広告のなかでも、検索のために入力した言葉に連動する検索連動広告が27.2%増と大幅に拡大しました。      BS放送、CS放送などの衛星メディア関連広告も10.6%増の784億円と大幅に伸びました。 2011年7月の地上放送完全デジタル化を控え、BSやCSも視聴できるテレビが普及したことが追い風になった。      総広告費は1.3%増の5兆8527億円。      景気の穏やかな回復や企業収益の改善を受け、2009年に11.5%減となったのと比べマイナス幅が大幅に縮小しました。 新聞広告が5.1%減。 雑誌広告が9.9%減となった一方、テレビ広告は1.1%増となり、6年ぶりに前年を上回りました。       ツイートこの記事をつぶやく
       日清食品サントリーといった大手企業が、交流サイト (SNS) 上で友人と遊べるゲームなどソーシャルアプリを使った商品の販売促進に取り組み始めました。      アプリ利用者は、友人や家族に、口コミで製品やサービスを紹介する傾向が強い。 また、SNS利用者の4割強が継続的にソーシャルアプリを使用、広告や販売促進販売促進イベントの効果が高いため、大手企業での活用が更に広がりそうです。        日清食品は、DeNA (ディー・エヌ・エー)が運営する 『モバゲータウン』 の人気アプリと協力しました。 ラーメン店を経営するゲーム 『行列のできるラーメン屋さん』 (会員数120万人) で、期間限定イベント 『日清コラボヌードル博覧会』 を開きました。 同社の製品をもとに利用者がオリジナルのラーメンを作る企画で、2週間で10万人が参加しました。 1万人弱が日清食品の携帯サイトに会員登録しました。    参加した理由は 「1人当たり獲得単価が通常のネット広告などの1/10以下だった」 (同社) と費用対効果が大きい点です。 今後は商品の蓋裏にゲームで使える限定アイテムのシルアルナンバーを記載するなど、商品購入につながるように連携を検討をしています。        サントリーホールディングスは、ミクシィが運営する 『mixi』 内に 『サントリーみんなのまち』 の中に自分の 『家』 を開設して、友人や知人の 『家』 を訪問する。 また仮想の街の中で 『DAKARA』 や 『サントリーウーロン茶』 などの同社の商品に関連したクイズや宝探しも用意して、商品の知識や興味が高まるようにししています。      調査会社のインプレスR&Dの昨年の調査では、SNS利用者の64.7%がソーシャルアプリを利用したことがあると回答、継続的に利用している人も45.4%に上りました。 自分が使うアプリを友人に勧めた人も4割近くに達しました。 口コミ効果が高いことも明らかになりました。          これからの広告戦略は、SNSを広告媒体として使用することが当たり前になるのも直ぐそこなのかもしれませんね!!??       ツイートこの記事をつぶやく
Page 2 of 7«12345»...Last »