脳髄液        今年もスギやヒノキの花粉に、多くの人が苦しめられたことだろう。 花粉症でなくとも、風邪や何らかのアレルギーで、鼻水が止まらなくなったという経験は誰でもあるのではないだろうか。        ところが、鼻水だと思っていたらまったく違うものが流れていたというケースもあるらしい。 ある米国人が、長引く鼻水に耐えかねて検査を受けたところ、なんと脳の髄液(ずいえき)が鼻から漏れていたことが判明したのだ。          ・ 1年半もの間鼻水が流れ続ける      患者はアリゾナ州在住のジョー・ナギーさんだ。 1年半ほど前から鼻水が止まらなくなり、アレルギー用の薬を服用したものの症状は悪化の一途を辿るばかりだったという。 ティッシュを出すのが間に合わず、鼻水がポタポタ落ちてきたりと、人前で恥ずかしい思いをすることも幾度となくあった。        「朝、体を起こすと鼻からダーッと鼻水が流れるんだ。 ポケットは常にティッシュでパンパンだったね」          ・ 鼻水じゃなくて脳脊髄液だった!      耐えかねて精密検査を受けたところ、なんとナギーさんの 「鼻水」 の正体は、脳膜に空いた小さな穴から流れ出た脳脊髄液(のうせきずいえき)だったことが判明した。        ナギーさんの主治医、バロー神経研究所のピーター・ナカジ医師は次のように説明している。        「脳脊髄液は、脳室系とクモ膜下腔を満たす液体です。 まれに脳膜に空いた穴から漏れる事例がありますが、穴が非常に小さいため発見すら困難なこともあります。 近年では頭部を切開せず、鼻から器具を入れて手術を行えるようになりました。 ナギーさんの場合は、鼻腔から採取した本人の軟骨組織を脳膜の穴に貼り付けて詮をし、脳脊髄液を止めました」          ・ 鼻水と脳脊髄液の見分け方      単なる鼻水と思って放置し、治療が遅れることが多いというこの症状。 発見のポイントは、鼻水と違って脳脊髄液は無色透明なことだそうだ。 ちなみに脳脊髄液は毎日新たに作られるため、たとえ失われても1日340グラムまで補うことができるらしい。        一時は髄膜炎を発症し、手術もできない状態だったというナギーさんだが、髄膜炎からの回復後ようやく手術を受け、1年半ぶりに鼻水から解放された。 「長い間鼻水が当たり前だったから、それがないのは変な感じだね」 と話しているという。(rocketnews24.com)          ツイートこの記事をつぶやく
       全身に激しい痛みが出る病気 「線維筋痛症」。 原因不明であるうえ、根治治療はまだ確立されていないという。 その症状などについて、ある女性のケースを紹介したい。        東京都在住の会社員・野原雅美さん(仮名・42歳)は1年前に交通事故に遭い、その直後から右手首に痛みを感じるようになった。 手や腕にけがをしたわけではなかったので、初めは以前経験した腱鞘炎(けんしょうえん)がぶり返したのだろうと思った。 しかし徐々に痛みは全身に広がっていき、不眠に悩まされるようになった。        野原さんはむし歯治療の際、かかりつけの歯科医師に 「あごが痛い」 「夕方になると全身がケバ立つような痛みに襲われる」 「ひざが突っ張って歩きにくい」 などの症状を訴えた。 すると 「線維筋痛症かもしれない」 と言われ、東京医科大学医学総合研究所所長の西岡久寿樹医師を紹介された。        線維筋痛症は全身に激しい痛みが起こる原因不明の病気だ。 30代後半~40代前半の女性が発症することが多く、気圧、気温、光などあらゆる外的刺激を痛みとして感じるため、進行すると社会生活が困難になる。 多くの病気は痛みを感じる部位に、炎症など痛みを招く原因が存在する。 しかし線維筋痛症の場合、血液や画像の検査をしても、とくに異常は見つからない。        「人間のからだを守る反応である “痛み” を過剰に感じるのが線維筋痛症という病気で、2段階のステップがあって発症すると考えています」 と西岡医師は話す。        たとえば、子どものころに親と死別する、転居を繰り返す、入院するなどで受けた精神的・肉体的ストレスがまず患者の中に存在する。 それから一定の時間が経過して、さらに外傷、手術、身内の不幸や離婚など、新たなストレスが加わると痛みという形で症状が現れるという。 免疫異常や感染症の潜伏期に似ていると、西岡医師は解説する。        「野原さんは統合失調症の病歴があり、現在も精神安定剤を服用中でした。 これが潜在的なストレスになり、交通事故という新たなストレスが加わったことで、線維筋痛症が発症したのだと考えられます」                         ツイートこの記事をつぶやく
      101740993        みなさんは毎日快眠できていますか? 早寝早起きが身体にいいのは知っていても、なかなか実践するのは難しいですよね。      キレイになるには時間と手間が欠かせないと思っていたのですが、寝るだけでいいという本を見つけてしまいました。 これを知れば早寝早起きのモチベーションアップにつながるかもしれません。      今回は、『寝るだけ美人! 上手な眠りがキレイをつくる』 (こう書房)を読んでいて、自律神経のバランスを整えることで眠りの質を高めるられることを知りました。 眠りを助けてくれる3つ意外な食材をご紹介しますね☆        ☆ 納豆        「納豆には自律神経のバランスを保つのに有効とされるビタミンB12が豊富に含まれています。 大豆そのものは消化に悪い食材なのですが、発酵させて納豆に加工することで消化酵素が増え、非常に消化のいい食品へと変身しています」        なにかと栄養を褒められる納豆。 ストレスなどでも崩れやすい、自律神経を支えてくれる食品としても有効なのですね。        ☆ レタス        「レタスに含まれる 「ラクッシン」 と 「ラクットピコリン」 という物質には、眠りを促す効果があるとされており、ヨーロッパでは”眠りの食材”として知られています」        ダイエットメニューでよくみるレタスですが、身体を冷やしてしまうのかと用心していました。 でも、安眠効果が高いのであれば、ほかのメニューと合わせて一緒に食べると一石二鳥ですね!        ☆ たまねぎ        「たまねぎにはビタミンB1が豊富に含まれていますが、そのビタミンB1は自律神経の働きを整え、血行をよくすることでやはり眠りを促す効果があります」        血液をさらさらにする効果が、安眠も助けてくれるみたいです。 わたしは生のたまねぎが好きではないので、簡単に作れてヘルシーなたまねぎ料理を考えてみようかと思います。      タイトルを見た瞬間に 「寝るだけならいくらでもできる!」 と思って飛びついてしまいました。 最近は花粉症で少し眠りが足りない気がしていたので、わたしにいちばん必要な書だったかもしれません!      他にも “寝る前にはオススメできないハーブティ” や “眠れないときにはホットミルク+◎◎がいい理由” などもあり、快適な眠りをサポートしてもらえそうです。 ◎◎はみなさんがチェックして、美人+安眠を自分のものにしましょう。(getnews.jp)                          ツイートこの記事をつぶやく
       厚生労働省は2月、2010年の都道府県別の平均寿命を発表した。 長寿No.1となったのは、男女とも長野で、男性が80.88才、女性87.18才だった。        一方、今回の調査で平均寿命最下位となった青森(男性77.28才、女性85.34才)。 男性は1975年から、女性は2000年からずっとワースト1位だ。 1日平均塩分摂取量こそ男性13.0g、女性10.9gと長野と大きな差はないが、1日平均野菜摂取量は80~90gほどの開きがある。加えて青森は飲酒、喫煙率は全国でトップだ。        青森県健康福祉政策課の担当者によると「小さい頃から大人の寄り合いで喫煙や飲酒する場面をよく見てきたことが習慣づいているのではないでしょうか」と説明する。        「青森県では、がんによる死亡率が全国1位。 その中でも肺がんがもっとも多く、続いて胃がん、大腸がんです。 しかも40代~50代で亡くなる人が他県に比べて多い。 その一因には喫煙や飲酒があるのではないかと考えられています」 (健康福祉政策課の担当者)        県民の運動不足も深刻で、1日の平均歩数が男性では全国46位、女性が41位というデータもある。 (news-postseven.com)       ツイートこの記事をつぶやく
         アルツハイマー        ストレスの多い現代社会。 ストレスをためこんでいると、うつ病などの病気にかかりやすくなることは知られているが、ストレスの恐ろしさを示す研究結果がまたしても発表された。        最新の研究で、脳内のストレスホルモンのレベルが慢性的に高い状態が続くと、認知症の一つであるアルツハイマー病にかかるリスクが上昇することが判明したという。        研究を行ったのは、スウェーデンのウメオ大学の博士課程の研究者であるSara Bengtssonさんだ。 彼女がマウスを使って実験を行ったところ、脳内のストレスホルモンのレベルが高いマウスは、脳の学習と記憶の機能が低下していることが分かったそうだ。        それだけでなく、ストレスホルモンのレベルが高いマウスは、アルツハイマー病の進行とともに脳内にたまっていくという 「ベータアミロイド」 というタンパク質のレベルが高いことも判明。        今回の研究によると、ベータアミロイドが多くなると、脳細胞同士をつなぐシナプスの機能が低下することも分かったそうだ。 シナプスの機能低下は、アルツハイマー病に見られるような記憶とコミュニケーションの問題の原因と言われている。        今回の研究結果については、人間を対象に行われた研究ではないため、更なる研究を行う必要があると指摘する専門家の声も上がっている。 とはいえ、ストレスはアルツハイマー病のみならず、様々な病気の原因になりうることは、過去の多くの研究でも裏付けられている。          脳の健康、身体の健康のためにもストレスをためない生活を心がけた方が良さそうだ。(rocketnews24.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
           体調不良でも欠席できないのが会社の恒例行事。「(薬を)飲んだら、(お酒は)呑むな」を心がけて幹事役に徹してみてはいかが?<br /> 写真提供/時事通信社        春は季節の変わり目で体調を崩しがちな一方で、お花見や歓送迎会などお酒を飲む機会は多い。 とはいえ、風邪薬を服用しているのに、飲みに行ってしまう…などという行動は、どうやら慎んだほうがよさそうだ。        『 「薬と食品」 毒になる食べ合わせがわかる本』 (山本弘人著/2008年刊行)によると、風邪薬に含まれる成分マレイン酸クロルフェニラミン(抗ヒスタミン剤)は、アルコールとの飲み合わせで悪酔いや眠気、吐き気、下痢などの副作用を引き起こすことがあるという。 また、せき止め薬の成分リン酸ジヒドロコデインは、お酒との同時摂取で呼吸困難の原因に。 そしてH2ブロッカー系の塩酸ラニチジンを含む胃腸薬は、胃壁から出血したり潰瘍が悪化するおそれがあるなど、アルコールと薬の飲み合わせは大変危険なのだ。        一方、風邪の際に気をつけたいのは解熱鎮痛剤。 成分のアスピリンアルミニウムは、ビタミンCと食べ合わせると吐血や壊血病を起こす危険性がある。 このほか、塩酸テトラサイクリンなどの抗生物質を処方されたらレバーやうなぎ、海藻は控えめに。 成分のビタミンAがバッティングして、激しい頭痛を起こすことがあるからだ。        なお、この本の著者でジャーナリストの山本氏は “薬は日々進化しているため、ダメな食べ合わせについて確認する意識を常に持つべき” と警鐘を鳴らす。        「特に花粉症の薬は進化が早く、強い効能があるものも多いため、常に注意が必要です。 病院で薬をもらう際は諸注意をしっかり聞き、普段飲んでいる薬があれば必ず伝えましょう。 また薬局で薬やサプリ等を購入する際には、食べ合わせについて薬剤師に相談するなど、きちんと調べることが大切です」 (山本氏)        自分の健康は自分で守る。 セルフメディケーションの意識を高く持ち、上手に薬を活用したい。(r25.yahoo.co.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
       夜中にトイレに行きたくて目が覚めるという方は要注意だ。 「年を取ったせい」 だと軽く考えていたかもしれないが、実はその行為が思いも寄らないところで悪影響を及ぼしていることがわかったそうだ。        最新の研究によれば、睡眠中に尿意を催してトイレに行くと、日中の仕事生産率を減少させることが明らかになったという。 トイレに行くためにほんの数分間目を覚ましているだけで、身体にとっては想像以上の害になっていたのだ。        驚きの研究結果が報告されたのは、イタリアのミラノで行われた欧州泌尿器科学会議でのこと。 男性385人と女性261人を対象に行われた調査で明らかになった。 被験者たちが夜中に行くトイレの回数と仕事中の生産性を照らし合わせ、両者の関連性を調べた。        すると、睡眠中に一度でも目が覚めてトイレに行く人は、まったく尿意を催さない人と比較して24パーセントも日中の仕事生産率が減少していることが判明。 その減少度合いは、喘息(ぜんそく)や呼吸器疾患のひとつである慢性閉塞性肺疾患によるものよりも大きなものだったという。        泌尿器科学の専門家によると、「夜間の尿意は、成人の3人に1人が抱える一般的な問題です。 しかし、その危険性については正しく認識されておらず、他の慢性疾患などに比べるとあまり深刻なものではないと軽視されているのが現状です」 とのこと。        「夜間に尿意で目覚めることにより、睡眠と仕事の両方に害が及んでいるのは明らかです。 その影響力は他の慢性疾患と同様に、決して侮れないものなのです。 睡眠中に尿意で目覚めることが多いという方は、一度医者に行ってみたほうが良いでしょう」 と忠告している。        最近、仕事がはかどらないと感じている人は、睡眠中に尿意を催していないだろうか。 普段はあまり気にしていないことでも、思わぬところで関連しているものである。 不安のある方は、事態が悪化する前に対処したほうが良いだろう。(rocketnews24.com)                        ツイートこの記事をつぶやく
       本日、ホームコースでラウンド風もあってスギ花粉が嫌というほど飛んで最悪でした。 でも杉の雄花を枯らすカビが有効という記事を発見しました。            スギの花粉発生を抑えるカビのスプレー。         2013年3月18日付の朝日新聞朝刊によると、森林総合研究所が 「花粉撃退法」 としてこのような研究を進めているという。            同研究所が、「シドウイア・ジャポニカ」 というカビの一種によりスギの雄花が枯れたことを発見。        カビの胞子を混ぜたスプレーをつくって試したところ、雄花の約8割を枯死させることができたという。          今秋にも、安全性や生態系への影響を調べるための大規模な試験が始まる予定だと報じられている。(j-cast.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
      ジェルネイル        女性の手先を美しく華やかに飾ってくれるジェルネイル。 きれいな状態を保つため、ネイルサロンに頻繁に通っているという皆さんも多いのでは?        けれど、ちょっと待って! そんな女子のおしゃれゴコロに警告を鳴らす記事を発見。 イギリスのニュースサイト 「Mail Online」 によると、ジェルネイルは爪を傷つけるだけでなく、皮膚がん発症のリスクを高めるという報告がされているとか!        その原因はUVランプの紫外線。 ジェルネイルを乾かすときに爪にあてる、あの青いライトと言えば、経験ある方はわかるはず。        ニューヨーク医科大学のクリス・アディガン博士は、「日焼けサロンのベッドと同じように、UVライトは皮膚細胞に損傷を与える」 と言っています。        2009年にはアディガン博士によるこんな研究報告も。 アメリカで2人の中年女性がジェルネイルのUVライトを浴びたことで、手に腫瘍ができてしまったとか。 どちらの女性も過去に皮膚がんにかかった家族はおらず、屋内の仕事で日光を長時間浴びる環境ではなかったといいます。        これを完全にUVライトのせいとしてしまうのはちょっと早計な気もしますが、手先を紫外線にさらすことはほかにもよくない理由が。 それはシワやシミなどを作り皮膚を老化させること。それから感染症です。 ジェルで爪の下の状態がわからないため、異常が起こっていても気づきにくいそう。        もちろん、こうした意見に反論する人も。 CND(クリエイティブ・ネイル・デザインズ)というネイルケアなどの化粧品メーカーのスポークスマンや研究開発委員は 「ジェル・マニキュアでの紫外線量は、蛍光灯の下に座ってるのと変わらない」 と言っています。        今のところ、ジェルネイルと皮膚がんの確実な関連性は明らかにはなっていません。 けれど、こういう研究報告がされていることは頭の片隅に留めておいてもよいかも。 専門家は、ジェルネイルは特別なときのみに留める・施術の前に日焼け止めクリームをたっぷり塗ることを薦めていますので、気になる方はこれらをちょっと注意してみては?          ツイートこの記事をつぶやく
                   過剰摂取は悪影響!? ビタミンは適量が大切        美肌のためにも欠かせないのがビタミン。 果物や野菜、サプリメントから沢山摂取したい!と思う気持ち、とってもよく分かります。         ですが、意外に知られていないのはビタミンを取りすぎると意味がないどころがデメリットがあるかもしれない、ということ。           ■ ビタミンと摂取量について      一言にビタミンというものの、ビタミンはどんな役割を果たしているのでしょうか。 実はビタミンは主に他の栄養素の働きを助けたり活かしたりしてくれるありがたい存在。 しかしながらビタミンは体内で合成することができません。 そのために食物やサプリメントなどから摂取する必要があるのです。 また、ビタミンが不足した場合はビタミン欠乏症になることもありますが、反対に摂取しすぎても過剰症が現れる恐れがあります。        ■主なビタミンの効能と過剰摂取の副作用について      ■ : ビタミンA      ビタミンAは視覚、皮膚、粘膜の機能にとって重要な栄養素で、皮膚や粘膜を健康に保ってくれる役割を果たしています。      <ビタミンA過剰症>      頭痛や顔面紅潮、皮膚の乾燥、筋肉痛、食欲不振、関節痛、皮膚色素沈着などといったデメリットがあります。        ■ : ビタミンD      ビタミンAの吸収に役立ったり、血液中のカルシウム濃度を調整してくれるのがビタミンDです。      <ビタミンD過剰症>      食欲不振、吐き気、頭痛、皮膚のかゆみ、筋緊張低下、不眠など        ■ : ビタミンE      ビタミンEは毛細血管の血行を良くしてくれたり、抗酸化作用の働きがあります。      <ビタミンE過剰症>      皮膚のかゆみ、ほてり、むくみ、胃の不快感、頭痛、疲労感、筋力低下など因みにビタミンCの過剰摂取した場合、副作用は特にはないものの、ビタミンCは摂取量が多くなればなるほどその吸収率は下がるのだそう。 たとえば100㎎のビタミンCを飲むと80%が消化されるのに、1250㎎のビタミンCを飲んでも吸収されるのはわずか半分。 むしろ低くなっていますね…。 このように摂っても意味が無いとしたら、勿体ないですよね。        ■ 適切なビタミンの摂り方とは?      日常の食生活でビタミンが豊富な食物を意識的に食べたり、用法・容量を守ってサプリメントを飲むということはもちろんですが、注目したいのはビタミンC配合のスキンケア製品です。 特に高い吸収率が見込めるのはビタミンCを10%含んだもの。 高濃度のビタミンで肌の奥までしっかりと行き渡らせる事が重要なのです。      摂りすぎると意味が無いどころか損をしたり、恐ろしい副作用を招いてしまうこともあるビタミン。 適量を心掛けてこそ、正しい効果が得られるようです。(lbr-japan.com)                           ツイートこの記事をつぶやく
Page 5 of 26« First...«34567»1020...Last »