以前に、コーヒーの効能で、コーヒーは、血液をサラサラにしてがんの予防、アルツハイマー型認知症の予防等々コーヒーには沢山の効能が認められています。   が、スウェーデンのルンド大学のヘレナ・ジャンストーム博士が発表したものですが、一部の女性はコーヒーのうちのカフェインによっておっぱいが縮んでしまう遺伝子を持っているそうです。   研究では、コーヒー好きの女性を対象に行われた結果で、1日のコーヒー及びアルコールの摂取量とおっぱいのおおきさにはっきりとした関連性があることが分かったそうです。   ジャンストーム博士は、「彼女たちの胸は小さくなりつつあります。 なくなるということは有りませんが」と語っています。   ただ、コーヒーは、子宮体がんや他のがんのリスクを減らすという効果があり、飲むにせよ飲まないにせよおっぱい星人を悩ませることには変わりないようです。 ツイートこの記事をつぶやく
日本人が果物を食べる量は、諸外国と比較すると非常に少ない。   近年の欧米を中心とした栄養疫学研究から、果物の採取は野菜と同じくらいにがんや心臓病などの生活習慣病の予防に役立つことが報告されています。   アメリカなどで始まった 「5  a   Day 運動」は、1日5皿以上の野菜や果物を採取しようというもので、この試みによって生活習慣病を減らすのに成功しているそうです。     日本人でも5皿以上の野菜と200グラム以上の果物の採取が推進されています。 特に、ミカンには抗酸化作用の強いベータクリプトキサンチンが豊富に含まれており、採取によって動脈硬化をはじめとした心血管障害は予防され、メタボリック症候群のリスクは低下する。 ほかにもビタミンCやカリウム、マグネシウムなども多く含み、骨密度の低下も予防できるそうです。   ミカンの中でも、温州ミカン1個には約1ミリグラムのベータクリプトキサンチンが含まれています。 1日に2~3個食べるだけで、その多彩な効果を示します。 喫煙や飲酒によって抗酸化能の低下している人や野菜嫌いの人にはお勧めです。 ツイートこの記事をつぶやく
血液をサラサラに保ち、体を守るコーヒーの力 今、三大疾病が問題になっています。  これは、がん、心疾患、脳卒中の3つの病気を示す言葉で、これらの病気は日本人の死亡原因のワースト3になっています。 三大疾病は、死に直結するおそれがあるばかりではなく、治療費もとても大きなものになってしまうので、高齢化社会を迎えた今、これらの病気にならないことが日本人の大きなテーマです。   三大疾病のうちの2つ、心疾患と脳卒中を防ぐためには、血液をサラサラに保つことが大切です。 倉敷学芸大学生命科学部科学科の須見洋行先生らは、血栓というたんぱく質の固まりを溶かす成分について研究しています。 豚を使った実験では、コーヒーに含まれるコーヒー酸という物質が血栓を溶かす酵素(TPA)を活性化するという結果がえられました。 コーヒー酸無添加の場合に比べて、75~145%もTAPが活性化したという実験結果でした。   また、興味深いことにコーヒーの豆の種類によって、その効果に違いがあることも確かめられています。 もっとも活性の高いブルーマウンテンでは、コーヒー酸無添加の場合の約35%もの数値が得られています。   高見先生は、コーヒーの持つ香りの成分についても、血管を健康に保つ効果があることが確かめられています。 コーヒーのアロマ成分の抽出液を被実験者に飲んでもらった実験では、血栓を溶かす効果があるという結果を得られました。   「良い香りで精神的にリラックスすることだけで血液は固まりにくくなりますが、アロマ成分を飲んだ場合も血栓を溶かす効果があることが分かった来ました。 コーヒーの香りは、精神面と肉体面から、血液をサラサラにするために働いているわけです」 と須見先生は語っています。   コーヒーのいろいろな効能が分かってくるとコーヒーを常に飲みたくなりますね。 ツイートこの記事をつぶやく
日本は、四方を海で囲まれ、昔から豊富な海産物を食卓に取り入れきた。 とくに海藻は食料だけでなく医療品や化粧品としても利用されている。   海藻は食料繊維を多く含み、腸内環境を整えてくれる。 便通の改善効果が期待できるだけでなく、数多くの生活習慣病を予防してくれる。   さらに、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12などのビタミンB群や、ビタミンK、ビタミンC、葉酸やパテントテン酸などのビタミン類も豊富に含んでいる。   その上、カリウム、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルといった人間の体で作り出せず、必要不可欠なものを海藻によって多く採取できる。 その上、強い、抗酸化作用をもつベータカロチンやクリプトキサンチン、フコキサンチンなどのカロテノイドも多い。   これらのカロテノイドは活性酸素を消滅させ、加齢に伴ういろいろな病気の発生を予防する。 年をとるにつれ。のり、昆布、ひじき、もずく、わかめといった海藻を意識的にとるようにすると良いそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
切り傷や擦り傷で出血した時、軽い傷の場合ならやがて血は固まり、自然に止まります。 もしも出血が止まらなければ死んでしまうからです。 これは、血液の喪失を防ぐ為に人間が備わった高度に発達した止血機能なのですが、一方この高度な止血機能がアダとなってしまうことがあります。   心筋梗塞や脳梗塞では、止血のために必要な血小板の集積がその発症のもとになります。 止血に集まった血小板が病的決戦という血の固まりを作り、決戦が血液の流れを阻害してしまうのです。   これらの病気の予防では、血小板の機能を阻害する抗血小板薬を使用することが有効なのですが、強力な抗血小板薬の使用は止血機能を低下させて出血性合併症のリスクを増加させる事になります。 もっとやさしく体を守る方法としてコーヒーに着目して、研究を行っているのが東海大学医学部内科学系の後藤信哉先生です。   後藤先生は、1杯のコーヒーを飲む前と飲んだ後で健康な成人から血液を採取して、血栓の出来方について顕微鏡で観察し、解析しました。    1杯のコーヒーを飲んだ後にできる血栓が小さくなる事が分かった。                    100310_124603   血栓が小さくなった理由として、「コーヒーによるリラックス効果が考えられる」と後藤先生は報告しています。 人間は、ストレスがかかると、臨戦態勢に入り、血液を固まりやすくして危険に備えます。 血液を固まりやすくするためには、リラックスさせなければならないのです。    また、後藤先生は、もう一つの理由として、コーヒーに含まれている「キサンチン」という成分の効果をあげています。 「キサンチン」が間接的に血小板の機能を阻害するために、血栓ができることを防いでいる可能性が考えられるそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
「増え続けるがんに対抗するコーヒーの力」のお話です。   太りすぎるとガンになる?   太りすぎると糖尿病や心筋梗塞の危険度は増すことはよく知られていますが、以外に知られていないのが肥満とがんとの関係です。  戦後、日本人の食生活は欧米化してきたといわれています。  太りすぎる人も格段に増えてきました。  そして、肥満に関連したガン、特に女性の乳がんと子宮ガンが著しい勢いで増えています。  こういったがんを予防するためには、適度な運動と適切な食事が何より大切で、よい習慣をとりいれるのは早ければ早いほど効果が上がるといわれています。   ところで欧米化といえば、コーヒーを飲むというのも欧米化によってもたらされた習慣です。 愛知県がんセンター研究所の田島和雄先生らのグループは、肥満と関連の深い乳がんと子宮体がんに焦点をあてて、コーヒーとの関連性について先日アップしましたが、厚生労働省研究班と同類の検証をしています。   子宮体がんのリスクが低下   愛知県がんセンター研究所では、1990年から全新来患者にたいして、コーヒー、常用習慣について調査しています。 2000年の時点で調査対象者は7万人をこえており、数々の有意義なデータが得られています。   ます、肥満と主要臓器のがんの関連については、全部位を対象としたデータでは肥満による影響は見られませんでしたが、乳がんや子宮体がんについては、肥満傾向が強いグループで危険度が上昇している事が分かりました。   100309_183139   コーヒーとがんの関連性においては、厚生労働省研究班の場合と同様、とてもこの好ましい結果が得られています。  特に、肝臓がんでは、その効果がめざましく、毎日コーヒーを1~2杯飲むグリープではリスクが4割以下に低下していました。  また、肥満との関連が深い子宮体がんについても、毎日コーヒーを1~2杯飲むグループでは6割4分に、3杯以上飲むグループでは4割4分にリスクが低下していました。  乳がんについては明らかな傾向を見出す事は出来ませんでした。   食事の欧米化というと、直ぐに肥満や心臓病を想像してしまいますが、平均寿命の伸びが示すように、日本人は戦前に比べ随分丈夫になりました。  また、海外からいろいろな食べ物が入ってこなければ、コーヒーのような素晴しい飲み物と出会う事もありえませんでした。   いろいろな食材を上手に取り入れ、健康で豊かな生活を送りたいのもです。 ツイートこの記事をつぶやく
コーヒーの効能その5は、「子宮体ガン、大腸がんから守るコーヒー」のお話です。   「子宮体ガン」は、子宮内膜がんと呼ばれているように、胎児を育てる子宮の内側にある子宮膜から発生する病気です。  同じ子宮ガンでも、入り口に出来る子宮頸がんとは区別されます。 子宮体がんの罹患率は、40歳代後半から増加し、50歳代から60歳代にピークを向かえ、その後減少します。 近年、子宮体がんは年齢に関係なく増加傾向にります。   国立がんセンターの津金昌一郎予防研究部長を中心とする厚生労働省研究班による多目的コホート研究では、コーヒー摂取とその後の子宮体がんの発生について、大規模な追跡調査を行っています。 15年間の調査期間中に、40歳から69歳の女性5万4000人のうち、子宮対がんになったのは117人でした。 そしてコーヒーを良く飲む習慣がある人に、子宮体がんのリスクの低下が見られることが分かりました。    コーヒーの摂取が週に2日以下のグループの子宮体がんリスクを1とした場合、1日に1~2杯飲む人のリスクは0.61、 3杯以上飲む人のりすくは、0.38でした。  つまり、1日3杯以上のコーヒーを飲む人のリスクは、あまり飲まない人の4割弱でした。   津金先生らの民区的コホート研究班では、コーヒーと大腸がんの関係についても調査を行っています。 この調査では、残念ながら男性については、はっきりとした結果は得られませんでした。 一方、女性では、コーヒーをほとんど飲まないグループに比べ、1日3杯以上飲むグループでは、大腸がんのリスクが3割低くなっていました。    大腸がんを部位別と浸潤の有無と分けて調べてみると、浸潤結腸がんといわれるタイプのがんについては、1日3杯以上コーヒーを飲むグループでは、56%のリスクの低下がみられました。 緑茶についたは関連が見られませんでした。 コーヒーには、腸内の胆汁酸や中性コレステロールの濃度を抑えたという報告が有ります。 また、腸の運動を活発にしたり、高血糖を防ぐ効果もあったという報告もされています。 さらに、コーヒーの持つ抗酸化作用によって、発がん物質の産生を防ぐという効果もあり、これらのコーヒーの持つ潜在能力が複合的に働いて、がんを予防しているのではないかとも考えられます。 コーヒーとがんの関連については、さらにくわしい研究で確認される事でしょう。   女性の方は、コーヒーを1日に3杯以上飲むと子宮体がんと浸潤結腸がんの予防につながるようです。    是非、コーヒーを飲みましょう。 ツイートこの記事をつぶやく
身体にいい乳酸菌などの微生物を積極的に採取して腸内環境を整える手段がある。   このようば有微生物をプロバイオティクスと呼びます。 一方、腸内に生息する善玉と呼ばれるビフィズス菌などの腸内細菌を選択的に増やし、活性化することができる方法もある。 これらの食品因子をプレバイオティクスと呼び、その代表てきなものに難消化食品成分があります。   オリゴ糖を含む難消化性糖類や食物繊維の中には、胃などの消化酵素によって分解されず腸まで到達して、善玉腸内細菌に利用されるものがある。  腸内細菌の代謝産物である短鎖脂肪酸が産生され、我々の生態のエネルギー源になり、腸内環境の改善にともなって善玉菌であるビフィズス菌などが選択的に増加する。   プレバイオティクスには、食物繊維のほかに、フラクトオリゴ糖、ラクトスクロース、大豆オリゴ糖などがあげられる。  これらの食品の採取により、便通改善、骨密度の改善、脂質代謝改善作用などがみられ、善玉腸内細菌による免疫能の向上が期待できる。 食餅繊維を多く含む野菜や豆類、きのこ類や抹茶などを意識して多く取ると良いそうです。 ツイートこの記事をつぶやく
コーヒーの効能その4は、「アルツハイマー型認知症を予防の可能性」のお話です。   高齢化とともにお年寄りは年々増え続け、このままで行くと、30年後に現在の約2倍のひとが認知症になってしまうと考えられています。   認知症は、アルツハイマー型と脳血管性の認知症の2つに大きく分けられます。 脳血管性の認知症は抗高速や脳卒中などの障害が主な原因で起こりますが、アルツハイマー型は、大脳の萎縮や脳神経の変性や脱落が原因で起こるといわれています。 特に大脳の短期記憶領域として重要な海馬という部分に激しい萎縮が見られるのがアルツハイマー型の特徴です。   岡山大学大が起因歯薬学科創薬生命科学専攻の伊東英之先生らは、コーヒーに含まれているポリフェノールであるクロロゲン酸が海馬に与える影響について研究を行っています。   伊東先生らは、ラットの海馬神経細胞を培養した物を使用し、神経細胞の突起の長さを調べました。 神経細胞はアメーバ状で角のような突起があり、この突起が伸びれば伸びるほど、細胞をポジティブに刺激したという意味を持ちます。 実験の結果、クロロゲン酸を作用させた海馬の神経細胞は、ホオノキオールと同様の突起伸展作用があることがわかりました。 ホオノキオールは、モクレン科の植物であるホオノキの主成分で天然物としてラット大脳半球の神経突起伸展作用があることがわかっています。   この研究はまだ始まったばかりのようですが、コーヒーの成分が海馬の健康に良い影響を与えている可能性があることは明るい話題です。  伊東先生は、「今後押し寄せる高齢化社会におけるアルツハイマー病などの脳血管疾患の予防や治療に少しでも貢献できる基礎データになればと願っています」と語っています。 ツイートこの記事をつぶやく
今日は、コーヒーの効能 その3です。   『コーヒーでパーキンソン病が予防出来るらしい?』   パーキンソン病という病気は、脳の黒質という部分の細胞に異常が生じ、運動障害を起こす病気です。 神経伝達物質であるドーパミンの文物が減ってしまう病気で、手足のふるえ、動作緩慢、歩行傷害などの症状が見られます。   鳥取大学いがむ部脳神経内科の中曽一裕先生ラハ、カフェインとパーキンソン病の発症を押さえる可能性があるという結果を得ています。  中曽先生らのグループが行った研究では、培養したヒトの神経様細胞(ヒト神経芽細胞腫に由来する細胞)を使用するそうです。 この培養細胞をパーキンソン病に見立てた毒性物質で攻撃し、その後の経過を観察したところ、カフェインの濃度に応じて細胞死が抑制せれることが分かったそうです。   この研究では、カフェインが細胞に情報を伝えるシグナル伝達経路を通じて、神経細胞に愛嬌を与えている古tが認められた。 シグナルデンタル経路を遮断すると、カフェインによる細胞の保護効果が減ったのです。  「カフェインによってシグナル伝達経路の動きを活発化させることが、パーキンソン病予防に役立つかもしれない」と中曽先生。   カフェインが神経細胞を保護する   私たちが呼吸により酸素を取り込むと、体内でフリーラジカルや活性酸素が生成されます。これらの物質は、ヒトの生命維持に重要な働きをしましが、過剰になると酸化ストレスとなって整体に有害な作用を引き起こします。 酸化ストレスは、老化、がんの発生、動脈硬化に深く関係しているといわれています。 パーキンソン病にも、酸化ストレスが関わっていることが多く研究により報告されています。 酸化ストレスを抑制するには、酸化を防ぐ抗酸化物質の働きが重要になりますが、コーヒーのポリフェノールであるクロロゲン酸には強い抗酸化作用があることがあることがしられています。 中曽先生らは、クロロゲン酸に参加を防ぐメカニズムについてもその研究に戸からを入れています。 徐々にその仕組みが分かってきています。 クロロゲン酸とパーキンソン病の関係についても、やがて明らかになることが期待されています。   コーヒーのポリフェノールがパーキンソン病を予防する   ツイートこの記事をつぶやく
Page 20 of 26« First...10«1819202122»...Last »