ラインスペイン



           



 無料通話・チャットアプリのLINE。 海外での登録者数は日本の5100万人を大幅に上回る8000万人に達した。 立ちはだかるのはアメリカ・フェイスブックが買収したワッツアップ。 LINEが仕掛けるのは 「コロンブス作戦」 とも呼べそうなスペイン語圏経由でアメリカを攻める独自の手法だ。 日韓発のアプリはアメリカの巨人を倒せるか。




 「ゴール」 と叫ぶレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド、軽快にドリブルするバルセロナのメッシ。 スペインを代表するスター選手のイラストが現地のスマートフォンで盛んにやる取りされている。 LINEは2013年9月、両クラブと業務提携して人気機能の 「スタンプ」 に選手の似顔絵を利用する権利を得た。




 スタンプはチャットで喜怒哀楽の感情を表すイラストだ。 イラストに添えられる 「OK」 「Hello」 といった言葉は、スペイン語やポルトガル語などで表記される。 「ビッククラブの人気を借りてヨーロッパと南米でユーザーを獲得する」 のが狙いだ。




 チャットができる 「メッセンジャー」 と呼ばれるアプリはLINEだけではない。 欧米ではフェイスブックが今年2月に190億ドルで買収を発表したワッツアップが広く普及している。交流サイト (SNS) の利用実態を示す月間アクティブユーザー数 (MAU) は5億人。 LINEは公表していないが3億人程度とみられ、水をあけられている。 ワッツアップはスペインでもでも利用者が多いが、12年秋にトラブルで一時停止。 現地の有力ブロガーがLINEを勧めたことから、一部で乗換えが起こった。 LINEは当時、日本語と英語のみだったが、敵失を見逃さず、すかさずスペイン語版を投入した。




 スペインは、中南米そして北米につながる門だ。 「初速が出てきたら大規模なプロモーションをかけるのがパターン」。 13年からスペインでテレビCMを放映。 プライベートでの交際が噂されるタレントがスタンプを送りあう内容が話題をさらった。 瞬く間にスペインでの人気は広まり、ヨーロッパで最大の1800万人以上の利用を獲得した。




 更に今年2月には現地の通信大手テレフォニカと提携した。 テレフォニカがスペイン、ベネズエラ、ペルー、コロンビア、ブラジル、メキシコで販売するスマホにLINEを標準搭載することに成功。 中南米で利用者を獲得する下地を作った。




 プロモーションと並ぶ世界戦略のカギが、マーケティングに基づく現地化だ。 LINE躍進の立役者となったスタンプ。 月を擬人化した 「ムーン」 というキャラクターは丸みを帯びたイラストが特徴だが、ブラジルでは筋肉質に変貌する。 現地調査で屈強な男性が好まれる傾向が分かり、柔らかいデザインでは受けが悪いと判断した。 出沢COOは 「翻訳は当然として、文化に名指した改善を加える」 と話す。




 次の狙いはアメリカ本土だ。 LINEはインターネットに接続していれば国を越えてチャットや通話機能が使える。 中南米のスペイン語圏を足がかりに、アメリカに住むヒスパニック(中南米)系に入り込む機会をうかがう。 10年には全米で中南米系住民は5千万人を突破し、増加し続けている。




 「Descarga LINE GRATIS ahora (LINEを今すぐ無料ダウンロードしよう)」。 LINEは今春、アメリカのスペイン語放送局 「テレムンド」 でCMを流した。 ヒスパニック系の男女がスペイン語で通話する内容だ。 




 LINEはアプリ同士の無料通話だけでなく、LINEが入っていない携帯電話や固定電話にも割安な料金で通話できる。 ワッツアップにはない通話機能に焦点を当てて、LINEの利便性を訴えた。




 アップルのコンテンツ配信サービス 「アップストア」 でのLINEのダウンロード数はアメリカで3月中旬まで200位台だったが、CM放送後は50位以内に上昇した。




 アメリカ攻略の糸口をつかんだものの、順調に利用者を増やせるかは未知数だ。 メッセンジャーアプリは1度使い始めると、同じものを使い続けるという傾向にある。 既にワッツアップは普及するアメリカ市場を切り崩すのは簡単ではない。 フェイスブックによるワッツアップの買収で、体制は更に磐石になった。




 プロモーション頼みの普及策に限界があり、LINEが自ら 「発明」 と呼ぶスタンプも、アメリカでは子供っぽいと敬遠される傾向がある。 「早期に5億人の利用者を」 という森川亮社長にとってアメリカ攻略は必達目標だ。 ジャイアント・キリング (番狂わせ) を起こせるか。 太平洋ではなく大西洋を渡る 「コロンブス作戦」 の正否が問われそうだ。(日経流通新聞)



 

   




     

   

ツイートこの記事をつぶやく




 最近、様々なカンファレンスで 「イノベーションはどうすれば起こるのか」 という意見交換がされています。 イノベーションは何か 「こうすればよい」 という方程式があるのではなく、どちらかというと結果論です。 ただ 「イノベーションが生まれやすい環境」 という面では議論が進められるかもしれません。




 アメリカ・ハーバード大学のクレイトン・クリステンセン教授は 「3つのイノベーションがある」 と定義しています。 1つ目は精巧で高価だったものをシンプルにして安くする 「エンパワリングイノベーション」。 ソニーのトランジスタラジオや、最近の例だとクラウドコンピューティングが挙げられる。 これは新たな仕事と利益を生み出します。




 2つ目は、既にある製品やサービスを磨き上げて価値を高める 「持続的イノベーション」 です。 これは古い製品が新しい製品に変わるだけなので仕事を創出せず、大きな利益も生みません。 




 そして3つ目は、既にある製品やサービスを、更に効率の良い手ごろな価格にする 「エフィシェンシー・イノベーション」 です。 ネット専業の保険会社が消費者に直接保険を販売することがこれにあたり、新しい仕事はさほど生みませんが、利益を生み出します。 




 これらのイノベーションは、企業や地域の文化によって生まれやすい環境が異なっています。 地域文化と云う麺では、私は日本、韓国、アメリカ・シリコンバレー、そして最近はイスラエルに注目しています。




 日本は以前は1つ目のイノバーションが得意でしたが、そこで成功した大企業になった結果、より効率的な2つ目のイノバーションにシフトしました。 これが原因で、日本企業はニーズが技術革新で変化する時代に新しいイノベーションを生み出せなくなったように思います。




 韓国は1997年のアジア通貨危機後の抜本改革でIT(情報技術)分野へ傾倒したことでイノバーションを生み出しました。 単に規制改革や資金面だけでなく、優秀な人材を育てる教育システムや大企業や財閥からの人材移転、大学卒業後の兵役免除など総合的な施術が奏功した。




 シリコンバレーは、世界中から腕に覚えのあるエンジニアや企業化が集まる人材集積地としての力が大きいと思います。 もとろんスタンフォード大学や大手IT企業からの人材供給や投資家によるエコシステムも重要です。 ただ、最も大きな要素は外部人材、そしてそれを受け入れるおおらかな文化だと思います。




 最近注目しているにはイスラエルです。 同国は国内総生産(GDP)に占める研究開発比率や、国民1人あたりの企業率・特許数が世界最大です。 アメリカ・IT大手がこぞって開発拠点を作って人材を囲い込んでいます。




 文化的には軍事産業を中心とした技術力、移動を大前提として国民性、遠慮なく意見を言い合えるコミュニケーション力がイノベーションを生んでいると聞きます。 これは今年実際に訪問し、意見交換したいと考えています。 




 韓国、アメリカ、イスラエルに共通するのは、古い規制や構造を壊し、優秀な人材がベンチャーに集まり、異文化を受け入れ新旧や上下の関係なく議論できる、という文化です。




 日本はどうでしょうか。 もちろん技術力はありますが、優秀な人材は大企業にいってしまう。 そして大企業中心に様々な構造的な規制がある、また上下で自由に物が言いにくいムードもあります。 ここを変えないとイノベーションを起こすのは難しいかもしれません。




 「それを変えるのは企業家だ」 という指摘も頂くので、変えるムーブメントを作っていきたいと思います。 (日経産業新聞)



 

   




         

    

ツイートこの記事をつぶやく




クイズ




 ある決まりに従って、言葉が並んでいます。口に入るのは次どれでしょうか? 



 ① 愛情   ② 越冬   ③ 絵筆   ④ 寺院



 どれでしょう? とんちで考えてください。(日経夕刊)



  

ツイートこの記事をつぶやく