孫氏        アメリカ携帯電話大手スプリントの買収など、世界規模で事業展開を推し進めるソフトバンクの孫正義社長。 「世界一の企業になる」 という目標を掲げ、創業30年余りでグループ企業は1300社を数え、更に成長し続けている。 飽くなき事業欲はどこから来るのか。 若い世代に何を望むか。        --ソフトバンクは猛スピードで事業を広げています。 そこで急ぐ理由がなんでしょう。      「企業の価値は挑戦と進化で決まる。 受け継いだものを守るだけでは会社は大きく強くなれない。 世の中の進化においていかれて地盤沈下していくだけだ」      「例えば、30年間生きる企業がどれだけあるだろうか。 ありとあらゆる会社の0.02%しかないといわれている。 今から30年後、新社会人の多くは今の僕よりちょっと若いくらいだが、家庭を持ち、大黒柱として支えていくだろう。 ただし、99%以上の会社はなくなっている。 アメリカ・アップルですら、倒産するのではないかと言われた時期もあった。 30年後どうするか、先を読む選球眼が大事だ」        --挑戦や進化を続けるには、どうすればよいのでしょうか。      「僕が考えた、働く上での極意が幾つかある。 1つは 『能がちぎれるほど考えよ』。 アメリカに留学した19歳の頃、1日5分で1つ発明するノルマを自ら課した。 1年間で250件ほど特許に出願できるようなアイデアを生み出した。 そのうちの1つが音声付多言語翻訳機で、試作機まで作り、1億7000万円を稼いだ」      「早速今晩にも、ストップウオッチできっちり5分間測って、世界初のモノを考えてみてほしい。 新しい水道の蛇口とか、今までにない自動車のワイパーとか何でもいい。 脳がちぎれるほど考えて、それがモノにならなかったとしても、そのアイデアは人生のどこかで役立つはずだ」      「ソフトバンクを創業する時も、どんな事業をすべきか40くらいアイデアを作った。 おそらくどれを選んでも、少なくとも日本一、更に世界一を狙えたと思う。 それくらい最初は考え抜いた」         --イギリス・ボーダフォン日本法人やアメリカスプリントなど、兆円単位の買収を仕掛けてきました。 どんな勝算があったのですか。      「 『資金があるから事業をやる』 ではなく、『何をしたいか』 で事業を決めることが大事。 ソフトバンクはモバイルインターネットの分野で成長を目指すと決め、情報革命で人々を幸せにするという理念を掲げた。 ボーダフォン日本法人の買収は2兆円近くを投じる大博打だったが、携帯電話事業への参入はソフトバンクにとって欠かせない選択だった」      「後押ししてくれたのが私の同士である、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正さん。 『本気でモバイルネットに攻め込むなら、ボーダフォン日本法人を買うリスクより、買わないリスクが大きい』 という柳井さんの一言で決断した」      「やみくもに突き進むのではなく、戦う為に武器も必要だ。 ボーダフォン日本法人の買収は、多くに人に 『うまくいくはずがない』 と言われたが、私は 『日本で一番になる』 と言い続けてきた。 アップルのスマートフォン 『iphone』 が世に出る前から、創業者の故スティーブ・ジョブスと日本と日本での独占販売権について約束を交わし、収益源になると見通していたからだ」        --事業を手がける上で判断に迷うことは。      「義と利のどっちを選ぶか。 東日本大震災のときに考えさせられた。 我々の電波が後10メートル、20メートルでも届いていたら、1人でも多くの命を救えたかもしれない。 その反省から3兆円のお金をかけて一気に通信網を整備した。 お金が掛かるとかは問題ではなく、義を取る必要もある」       「志を共にするものを集めることも大事だ。 アイデアを考えるくらいなら1人でできるが、革命的なことをするには仲間を集めなければならない。 良いときも悪いときも、本当に志を共有で切る仲間こそ頼りになる」        ソフトバンク社長 孫正義氏のこだわり    『時代は追わず 仕掛けて待つ』    孫社長は常に心に念じているのが 「時代は追ってはならない。 読んで仕掛けて待たなければならない」 という言葉だという。 既にモノものをちょっと変えて売る、という程度のモノはどの道続けない。 「新しい時代を作るんだ、世界中の人に興味を与えるんだ」 というくらいの情熱が必要と説く。 先を読む冷静な目と暑い情熱が混在しているところが、孫流経営らしさかもしれない。 (日経流通新聞)                      ツイートこの記事をつぶやく