アメリカ・アップルはアメリカCVTV最大手のコムキャットとテレビ向けコンテンツは新事業で提携交渉に入った。 アメリカ紙ウェール・ストリート・ジャーナルが報じた。 ネット回線事業も展開するCATV最大手との提携で、顧客満足度を左右する動画配信時の通信品質の向上するとともに、コンテンツの拡充も狙う。        交渉はまだ初期段階という。 報道を受け、アップルの株価は約1.2%上昇した。        アップルは次世代テレビ端末の開発に向けてソフトを充実させる準備段階にある。        2007年にテレビ向けコンテンツは新端末 「アップルTV」 を発売したが、コンテンツが揃わず、販売は伸び悩んだ。 昨年ようやく端末の売上げが10億ドル(約1000億円)に達したところだ。        アメリカではコンテンツのネット配信の急増で回線の負荷が増している。 接続速度が遅いと顧客の満足度を大きく下げかねない。 アップルは接続速度の維持が大きな課題となっている。         CATV最大手との提携が実願すれば、通信速度の向上につながる可能性が高い。 更に端末の販売面の相乗効果やコンテンツの品揃えを拡充できる効果も期待できる。         一方、ネットフリックス、フールーなどネット配信会社の攻勢にさらされるCATV大手は、業界再編の渦中にある。 コムキャットはアメリカ2位のタイムワーナー・ケーブルとの合併手続きを進めている。 承認されればアメリカ契約者数は3千万人に上る。 アップルとの提携で回線利用料を受け取ることができる。         テレビ向けコンテンツは新端末ではCATVに加えて、据え置き型ゲーム機を販売するアメリカ・マイクロソフトやソニーが市場を牽引してきた。 アメリカ・グーグルも本格参入したほか、アメリカ・アマゾン・ドット・コムも開発中。 配信するコンテンツの争奪を含めて競合が激しくなっている。(日経夕刊)        ツイートこの記事をつぶやく