2014,03,18

「STAP細胞」騒動 波紋広がる/バイオ、株価が乱高下

       世界を揺るがす発見と期待された新型万能細胞 「STAP細胞」。 発表論文に疑義が出たことで、日本有数の研究機関、理化学研究所の信頼性が揺らいでいる。 STAP細胞の 「発見」 は多くのバイオ企業の株価に影響、一時は乱高下した。 論文問題が指摘された後も回復は鈍く 「STAP」 騒動に翻弄されている。        「科学社会全体の信頼性を揺るがしかねない事態を引き起こしたことに対し、お詫び申し上げる」。 新型万能細胞 「STAP細胞」 の論文に対して疑問お声が相次ぐ中、都内で開かれた記者会見の席上、理化学研究所の野依良治理事長は深々と頭を下げた。        STAP細胞はさまざまな細胞に成長する万能細胞で、弱酸性の溶液にマウスの細胞を浸すだけで作製できるとされた。 山中伸弥京都大学教授が開発してノーベル賞を受賞したiPS細胞よりも簡単に作製でき、それを発見したのが若手の女性研究者だったことで世界中の注目を集めた。        だがその後、細胞の作成が再現できないことや過去の論文から画像の使い回しなどが指摘された。 STAP細胞の存在自体を疑問視する声が各方面から寄せられ、理化学研究所は調査を進めていた。         理化学研究所は 「現時点で明らかな不正は見つかっていない」 と説明する一方、「多くの疑問点が解明されておらず、引き続き調査を続けて早急に最終報告をまとめて公表したい」 との考えを示した。         理化学研究所は、物理学や化学、生物学の基礎研究から応用まで幅広く手がける文部科学省が所管する国内最大級の公的研究機関。 1917年創設で、世界的な研究所として知られている。 現在もノーベル賞学者の野依氏を理事長に迎え、同じくノーベル賞学者の利根川進氏がセンター長を務める脳科学総合研究センターや、発生・再生科学総合研究センターを設置。 新分野にも積極的だ。         それだけにアカデミアに与える影響は大きい。 日本のトップクラスの研究機関からの論文で、しかも一流の科学雑誌の 「ネイチャー」 に掲載されたことで、日本の基礎研究に対する信頼失墜のもつながりかねないからだ。         STAP細胞騒動で影響を受けたのはアカデミアだけではない。 バイオ関連各車も株価が乱高下するなど振り回された。         日経BP社バイオセンターが上場するバイオベンチャーの時価総額を指数化した 「バイオINDEX」 は、STAP細胞が発表された翌日の1月30日以降下落した。 発表前には450前後だった指数は、2月4日には344まで下がった。        「iPS細胞より簡単活効率的に、多能製幹細胞を作製できる」 とSTAP細胞が話題になり、iPS細胞の印象が強いバイオ各社は 「用済み」 と判断されたのだ。         iPS細胞による創薬支援や、ES細胞やiPS細胞による研究試薬などを手がけるリプロセルは、2月6日に 「STAP幹細胞と当社ビジネスの関係について」 というリリースを発表。 もととなる細胞は関係なく、何らかの形で作られた多能性幹細胞から各社の細胞を作る技術があるとのスタンスを強調した。         「STAP細胞の発表以降、iPS細胞のビジネスに関する問い合わせが相次ぎ仕事にならなかった」 と横山周史社長は話す。        動物実験などを手がける新日本科学も同様だ。 iPS細胞を用いた加齢黄斑変性の治療法の開発を目指すヘリオスに出資。 理化学研究所や京都大学iPS細胞研究所と共同研究を進める同社は1月31日に文書を発表。 「噂で株価が乱高下していた市場に自社のスタンスを伝える必要があると考えた」。        論文を執筆した小保方春子氏の指導教官らが取締役を勤めるセルシードのように急騰し、その後急落した株もある。        そーせいグループやぺプチグループなどiPS細胞と関連しない企業の株価も変動。 株価はその後緩やかに戻したが、2月10日ごろから 「STAP細胞の論文中の画像に不自然な点がある」 などの報道を受けて、今度はバイオ産業自体の信頼が揺らいで弱含みに。        現在も 「装薬に成功した実績や、技術のある企業も下がってかなり割安感が出ている株もある」 状況だ。 ただ 「割安と判断して取引する機関投資家も、いつまでも反転しない様子に我慢の限界に近づいている」 と山崎氏は付け加える。 理化学研究所は14日の発表でさらに調査が必要だとしており、バイオ企業や投資化が頭を悩ます日々は続きそうだ。(日経産業新聞)         ツイートこの記事をつぶやく