恋人        ゲストハウスウエディングを展開しているアニヴェルセルは1月20日、「恋愛意識」 に関する調査の中から、「交際相手に傷つけられた言葉」 についての結果を公表した。        この調査は首都圏・関西在住の20歳から37歳の独身男女、1,400人を対象に行われたもの。 「心を傷つける一言、心を傷つけられた一言」 という質問に対し、全体的な傾向としては、男性は 「自尊心を傷つける言葉」 に傷つき、女性は 「容姿」 に関する言葉に傷つきやすいことがわかった。      では具体的に、男女はどんな言葉に傷つき、傷つけられているのだろうか。 「言われて傷ついた言葉」 ワースト5を見てみると、男性が言われて傷ついた言葉は、        1位 「うざい、顔もみたくない」      2位 「一緒にいても面白く無い」      3位 「好きだけど別れよう」      4位 「大事にされてない・優しさが足りない」      5位 「男としてありえない」        の順となった。      一方、女性が言われて傷ついた言葉は、      1位 「容姿が悪い、太っている、痩せたら?」      2位 「将来が考えられない、結婚が考えられない」      3位 「嫌いになっちゃった・好きじゃなくなった」      4位 「一緒にいても楽しくない、合わない」      5位 「もういいよ、勝手にすれば」       となっている。      次に、男女それぞれが言ってしまった傷つける言葉を見ていくと、      男性は、      1位 「デブ・太ってる・痩せたほうがいいよ」      2位 「ブス・かわいくない・不細工」      3位 「疲れた、一人のほうが楽」      4位 「興味ない、どうでもいい」      5位 「もういいよ、勝手にしろ」。      女性は、      1位 「大嫌い・嫌い・好きじゃない」      2位 「勝手にして、どうでもいい」       3位 「一緒にいても楽しくない、合わない」      4位 「気持ち悪い」      5位 「役立たず、使えない」       の順となった。      同社は今回の結果について、「実はアンケートの回答には 『影の1位』 とも呼ぶべき言葉がありました。 その言葉とは… 『忘れた』 『分からない』 『覚えていない』 などの回答でした。 実は、そう答えた人の数が半数近くあったのです。 この回答を 『傷つける言葉(傷つけられる言葉)を言ってない(言われたことがない)』 と素直にとらえれば一安心ですが、もしかすると、言ったこと(言われたこと)を忘れている場合もあるのではないかと思います。 いずれにしても、きつい言葉を口にしそうになったとき、自分が同じことを言われたらどう思うかと、反芻してみることは大切だと思います」と調査をまとめている。     ツイートこの記事をつぶやく
         イエス        夫婦やカップルにとって、「口論が起こった時にどうするか」 というのは、2人の関係性を左右する大きな問題だろう。 お互いが納得のいくまで主張し合うというケースもあれば、ある程度の段階でどちらかが譲歩するという場合もあるだろう。        どちらにせよ、自分のパートナーと口論をするというのは、気持ちのいいものではない。 「なるべくならば避けたい」 と思う人は多いはずだ。 しかし、そのような気持ちから、徹底的に衝突を避けて、相手に同意し続けるとどうなるのか? そんな実験が行われ、衝撃的な結果が出てしまったのだ。

 ・ 実際の夫婦間で行われた実験

     ニュージーランド・オークランド大学の研究者が、男女間の心理に関する実験を行った。 その実験とは、夫が妻の言い分を全て受け入れ続けるとどうなるのか? というものだ。      まず、実際に何組かの夫婦が選ばれ、夫側にのみルールの説明がされた。 そのルールとは、夫が、妻のあらゆる意見や要求に対して 「イエス」 と言うこと。 妻の主張を 「間違っている」 と思おうが不満を言うことは許されず、ことごとく 「イエス」 である。        そして、そのような生活を送りながら、男女それぞれの人生に対する幸福度や満足度などを示す 「生活の質」 を10段階の指数として記録していく。 実験前の男性の平均は7で、女性は8。 果たしてどうなるのか?

 ・ 危険と判断して実験中止

     スタートして、わずか12日目。 実験は予想していなかった形で幕をおろすことになった。 なんと、男性の心理状態があまりにもひどい状態になったため、研究チームが 「これ以上の実験継続は危険」 と判断。 開始から2週間も経たないうちに実験の中止を決断したのだ。        ちなみに、男性側の 「生活の質」 の指数は最終的に7から3にまで急落。 女性は8から8.5に微増するという結果に。 研究者は 「パートナーのどちらかが常に相手の意見に同意することは、かえって害をもたらす」 と述べている。        「口論をするのが面倒くさい」 「相手に嫌われたくない」 などの気持ちから、中には自分の意見をパートナーに主張しない人もいるだろう。 しかし、相手と良好な関係を築くためには、自分が正しいと思っていることを主張して、ある程度ぶつかり合うことも必要なようだ。(rocketnews24.com)           ツイートこの記事をつぶやく
                           1月も半ばを過ぎ、いつもの日常が戻りつつある今こそ、引越しへ向けて物件探しを開始するベストなタイミングだそうだ。 就職・入学シーズンの1月から3月は、賃貸物件の入れ替えが激しく動くためである。 ならば、桜が咲く暖かい季節に、快適な新居で暮らせるように、“良質な賃貸を上手に探せる極意” を紹介しよう。    「みなさんは、最近、敷金ゼロ円、礼金ゼロ円という宣伝文句を見かけませんか?」 と問いかけるのは、長谷川高著 『家を借りたくなったら』 (WAVE出版)。 著者も以前は部屋探しに苦労したり理不尽な目に遭いながらも、現在は不動産のコンサルタントとして活躍している。 「ただ単純に、部屋が埋まらないのです」 とあるように、少子高齢化で若年層が減り、単身者向けの物件があまっている今こそ、良い物件をじっくりと見つけることができるのだ。      まず、物件探しは 「インターネットほど役に立つものはありません」 とのこと。 賃貸サイトで検索し、現状を把握しておこう。 「掲載されている情報は、星の数ほどある部屋のごくごく一部」 であり、図面に書かれている東西南北や広さが実際とは異なるケースもあるとか。 あくまでも内見までの、参考程度に。      物件の目星をつけたら、次は不動産屋さん選び。 著者は、複数の不動産屋さんとお付き合いすることを薦めている。 1軒目がダメでも、2軒目が優秀で、良い物件を教えてくれるかもしれないから。 注意したいポイントは 「借り手にとって有益な情報をていねいに提供してくれる不動産屋さんと、大家さんにとって有益である不動産屋さん」 の2種類が存在するということ。 あまりお付き合いしたくない、後者の見分け方とは…。    ・一度来たお客さまを絶対に逃さない    ・他の店に行かせない    ・その日のうちに契約(捺印)をせまる      こうして読むと、怖そうな人が出てきそうなイメージだが、実際にはカジュアルな雰囲気の大手チェーンにも見受けられるそう。 土地勘がなく、情報の少ない若者の客が、巧みな話術にかかると、簡単に契約してしまうことも。そうならないために、以下の対策を心得ておきたい。      1) 「実は、他にも希望者がいるんですよね」 と言われたら    同じエリアで最低10件は内見をすませており、本当に良い物件だと思ったら申し込んでもよいかも。 でも、まだ4~5件しか内見をしていないなら、ほかにも良い物件は必ず見つかる。      2) 「この部屋、おすすめですよ」と言われたら    あいまいな表現であり、自分にとっての「おすすめポイント」かどうかは不明。したがって、反応する必要ナシ。      3) 「引越しはいつまでに?」と入居希望日を聞かれたら    客のあせり具合を探っているので「良い物件があれば引っ越しますけど、なければ更新します」と返答を。ただし、冷やかしだと思われないよう、態度は真剣に。      4) 「どこへ行っても同じだよ」と言われたら    やる気がないか、扱っている物件数が少ない可能性も。 強引な不動産屋さんにも多いセリフなので、気にせず他の不動産屋さんへ移動を。      地元に昔から根付いている不動産屋さんの場合は、大家さんから信頼を得ている老舗だからこそ、掘り出し物が見つかる可能性も。 ただし、店頭の張り紙には 「本当に良い物件は貼り出さない」 のだとか。 ここはひとつ、どことなく重い扉を開き、愛想のよくないご主人が出迎えても、快適な新居のためにがんばりたい。      いよいよ内見をするときには、本書に記されている“目からウロコなチェックポイント”を忘れないように。      1) コンセントの位置の確認    実は、家具を置ける位置を左右する、意外な重要ポイント。電話線やテレビのアンテナ線の位置も、自分の生活スタイルに合うかどうか確認を。      2) ゴミ捨て場の確認    「ゴミの出し方ひとつで、住人の意識を見ることができます」 と著者。 共同生活において、住人のモラルは重要である。      3) 臭いの確認    部屋に入った瞬間が勝負で、長居しているうちにわからなくなってしまうので要注意。 排水管や、押入れのカビから発生する臭いを感じ取りたい。      以上のような細やかなチェックを経てこそ、快適な物件と巡り会えるのだ。 物件との出会いは、恋愛と似ているかも。 どうせダメだなんて言わず、出会いの季節の春に向けて新居を探し、意中の恋人を誘えるような、ステキな部屋を手に入れてみてはいかが?(ddnavi.com)                           ツイートこの記事をつぶやく
      寒さで        連日、厳しい寒さが続いている。 寒いとどうしても、テンションまで下がり気味に。 家でじっとしているだけという人も多いのではないだろうか。        そこで今回は、寒さを一切ものともせずに過ごしている人たちの画像を紹介しよう。 その姿は、もはや寒さに対する感覚が狂いきっているとしか思えないほどである。 彼らを見れば、「寒さなんて気持ちの問題」 と思えるかもしれないぞ。        取り上げた画像に共通していること、それは 「寒い時に、その格好や行動はありえない」 ということだ。 例えば、雪が積もった横断歩道を一輪車で渡ったり、カチカチに氷が張ったプールに海パン姿でダイブしたりなどなど。        だが、彼らに 「ありえない」 などと突っ込むのは、野暮というものかもしれない。 なぜなら、彼らは寒さを全く意に介していないのだから。 壊れているとも言えるかもしれないが……とにかく、寒さの中で弾け切った姿をとくとご覧あれ!       寒さで1       寒さで2       寒さで3       寒さで4       寒さで5       寒さで6         251971001389676957_wnG4Y0j         coldcrazy06         coldcrazy09         coldcrazy10           ツイートこの記事をつぶやく
      ベトナム少女        1973年にピューリッツァー賞を受賞した、「戦争の恐怖」 という有名な写真があります。        ベトナム戦争で爆撃を受けて裸で逃げる9歳の少女の写真で、1度見ると忘れられない印象深い写真ですが、彼女が大人になったときの写真が紹介され、話題を呼んでいました。(labaq.com)             ベトナム少女1        大人になり、わが子を抱くキム・フックさん。  (ファン・ティー・キム・フック – Wikipedia)        背中を中心に重度のやけどを負い、ケロイドとなった傷が生々しく残っています。        17回にもおよび皮膚の移植手術を受け、いまも激しい痛みが残っていると言い、戦争のすさまじさが伝わってきます。        子供に向ける穏やかな表情とのコントラストには、考えさせられるものがあると、海外掲示板には多くのコメントが寄せられていました。        ● 子供のときの写真が、1970年代にトップニュースになっていたことをよく覚えている。 今でも戦争のもっとも恐ろしい部分を伝える写真となっている。    ● 大人の写真は1995年のものだよ。    ● ↑ということは、その赤ちゃんも今は20歳近くになっているんだね。    ● ちなみにこれが2013年の彼女        ベトナム少女2        ● 彼女が回復してよかった。    ● 歴史の本で写真を何度も見ていたが、こんなやけどをしているとは思いもよらなかった。    ● 少年のつらそうな顔が怖いほどだ。    ● 美しい写真だと思う。 どんな体験だったのかは想像もつかない。 彼女のやけどの痕や、傷んだ肌や、その美しい赤ちゃんの組み合わせが将来に希望を持たせる。    ● 数年前に彼女が自分の通っている高校を訪れてスピーチをしてくれた。驚くほど感動的だった。 自分は彼女と話が出来て、彼女の体験を共有できたことにとにかく感謝している。    ● 彼女が実際に走っているところが動画でも見られる。         Vietnam Napalm        ● ↑どうしてそんなに落ち着いていられるのだろう。    ● ↑おそらくショックやアドレナリンのせい。        写真があまりに痛烈なものの、いったい彼女がどうなったかを知らない人は多く、その後、数えきれないほどの手術を経て彼女が回復をしたことを知り、安心した人も多いようでした。        子供たちを巻き込んでしまう戦争の悲惨さがよくわかります。          ツイートこの記事をつぶやく
      ハグネコ        犬に比べると、猫はあまり人に媚びず、愛情表現もあまりしないと言われます。 しかし、そんなイメージを覆して、飼い主らしき男性にまったりとハグする猫の動画が話題を呼んでいるようです。        Dmitry Emelushkinと名乗るユーザーがYouTubeにアップロードした1分あまりの動画 (https://www.youtube.com/watch?v=Shea1OIdhxs) には、茶トラの猫が男性の首に両前足をまわしてハグしながら、気持ちよさそうにしている様子が映し出されています。 よく耳を澄ませてみると、これまた嬉しそうに 「ゴロゴロ」 と言っているではありませんか。      そして、なにかの物音にハッと目を覚まし、音のした方向(撮影している人物)をしばらくじっと見つめる猫。 そして、何も危険がないと安心したのでしょうか。 また男性にぴっとりと張り付いてハグしつつ、うっとり目を閉じていきます。男性もそんな猫が可愛くて仕方がないといった感じです。      この動画、実は4年も前に投稿されたものですが、米コンテンツ紹介サイトのBuzzFeedで今月になって紹介されたところ、一気に再生回数を伸ばしています。        癒されて・・・  

 Ласковый кот

 

 

   YouTubeやBuzzFeedに寄せられたコメント欄には      「猫であることを忘れてないか、この猫? ああああ、可愛い!」      「離れて暮らしている僕の猫が恋しくなった。泣けてきた……」      「私もハグしてぇぇぇ!」      「クールだ」       といった、絶賛や悶絶の声が続々。 皆さんもぜひご覧になって癒されてみて下さい。(narinari.com)        ツイートこの記事をつぶやく
                 キス        憧れの人とのキスは、夢見るようなひとときをもたらしてくれます。 愛されていることを実感したり、自分の思いをキスという行為で表現したり……。        でも人はなぜキスをするのでしょう? そう言われてみれば、キスは住んでいる国や年齢によって異なるわけではなく、世界共通で人が行う行為と言えます。 そんな人々がキスする本当の目的には、驚きの事実がありました。         人がキスする本当の目的は明らかになっていない      キスは人間同士の愛情表現として知られていますが、なぜこれほど世界中で広く行われているか、本当のところはわかっていません。 この解明のきっかけとして、イギリスのオックスフォード大学の研究者たちがオンラインで900人の成人を対象に、キスが人との関係性にどういう影響をもたらすか調査を行いました。      彼らが立てたキスする目的の3つの仮説は次の通りです。         1つ目は、遺伝的なクオリティをキスが何らかの形で見極め、自分のパートナーとしてふさわしいか判断するのに役立つという説。        2つ目は、例えばセックスなどの行為を覚醒させる目的であるという説。        3つ目は、人との関係性を持続させるのに利用されるという説です。          ■ キスの匂いや感触でパートナーをチェックしてる!?      調査の結果、女性は男性よりもキスが人との関係のために重要であると考えており、特にお互いに惹かれあっている男女にとっては、キスが重要であるとみなしていることがわかりました。      哺乳類は全般に、メスの方がオスに比べて妊娠、授乳など子どもを育てることに多くの時間を費やすため、自分の一生の相手としてふさわしいか、パートナー選びは慎重になる傾向があります。 そんな自分の将来の相手に値するか、キスしたときの匂いや感触などを通して、その判断をするのを助けているのではないかと研究結果より考えられるわけです。        ただし研究者は 「人間のパートナー選びはとても複雑で、その人ともっと深い関係になりたいかどうか考える、さまざまな一連の流れがあり、その一部にキスがある」 と述べています。        ロマンティックなキスシーンのはずなのに、相手が自分の子孫を残すのに適しているかチェックしているだなんて、ちょっとビックリ。 このことは相手には黙っておいたほうがいいかもしれませんね!?(biranger.jp)                         ツイートこの記事をつぶやく
            少子化対策        MSN産経ニュースに掲載された、< 止まらぬ少子化 家庭築く楽しさ語ろう 「衰退」の危機克服へ目標値を > という記事が話題になっている。    【主張】止まらぬ少子化 家庭築く楽しさ語ろう 「衰退」の危機克服へ目標値を  http://sankei.jp.msn.com/life/news/140103/trd14010303060001-n1.htm      出生数の大幅な減少により国家の存続が危ういと指摘し、独自の解決策を述べているのだが、その内容が、「結婚支援に注力」 「男性が求婚できるよう男性の雇用と収入の安定を図るべき」 「縁談を取り持つ世話焼きの復活」、さらには 「未婚者が結婚に尻込みしないよう、既婚者が結婚・出産の楽しさを普及すべき」 というもの。      しかしながら最後には、 取って付けたように 「結婚も出産も個人の選択」 とあり、端々に突っ込みどころ満載であったことが大きな反響を呼んだもよう。      この記事についてツイッター上では、      「提案している対策がどれも的外れすぎてため息しか出ない」    「いまだに結婚ありきの少子化対策論って周回遅れも甚だしい」    「結婚していなくても一人親でも子育てに不利にならないようにするべき。未婚で産むと今でも根強い差別がある」    「長時間労働や女性の職場復帰の難しさ、子育てにまつわる世間の圧力を考えるととても産む気にはなれない」    「語られるのは『産ませる支援』だけで、産んだら女に丸投げだもの。子どもが成長するのには時間もお金もかかるのに」    「出会いの場に行って世話焼きされたら子どもが産まれる、って発想が昭和だな」    「とにかく国のために数を増やせればいい、というのが嫌だ。子どもの幸せを考えていない」     と、主張の的外れさを指摘する意見が多かった。      現実的な声としては、雇用・収入の安定や教育費の個人負担軽減など、経済的な支援が一番求められているようだ。 また、つい先日の堀江貴文氏による公共交通機関における乳幼児の泣き声問題についての騒動しかり、子どもや子育てしている人(とくに女性)に厳しい世間の対応も少子化の要因のひとつではなかろうか。      ところで同社では他にも、「千年後の日本は人口減少のために消滅する。 そうならないためには個人の生き方に国がガンガン干渉して昭和50年頃までの性別役割分担基準に戻すべき」 という記事<※>も炎上気味であり、新年早々ブッコんでくるな~という印象だ。    <※>【正論】年頭にあたり 「あたり前」を以て人口減を制す  http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140106/fnc14010603200000-n3.htm      少子化問題や子連れマナー論争は、一定の周期でネット上の話題になるので、正直お腹いっぱいなのだが、いずれにしても、こんなに厳しい環境では詰んでるよな~と思わざるを得ない。(mamapicks.jp)                        ツイートこの記事をつぶやく
      海外タクシー        新婚の日本人夫婦がエクアドルのタクシーに乗り、暴行を受け金品を奪われた事件。 夫は殺害され、妻も入院している状態だという。 海外のタクシーは日本のように安全ではない。 今回は 「海外のタクシーで注意するべきポイント7」 をお伝えしようと思う。

 ・ 海外のタクシーで注意するべきポイント7

     1.  顔写真とドライバーの顔が違う  大半の国ではタクシー内部に顔写真の掲示が義務付けられている。 しかし、顔写真とドライバーの顔がまったく違う場合がある。 そういう場合、本来のドライバーからタクシーを借りてアルバイトのようなことをしている場合がある。 危険度は低いが、正規ではないドライバーなのは確かだ。      2. メーターのスイッチを入れない    タクシーに乗ったのにメーターのスイッチを入れないドライバーがいる。 そういう場合は、目的地に着いてから法外な運賃を請求される可能性が高い。 走ってる最中に 「メーターをオンにしてください」 と指摘すると 「忘れてたスマン」 と言ってオンにしてくれる場合もあるが、かたくなに高額な金額を要求するドライバーもいる。 「払わないと殴る」 とか 「タクシーから降ろさない」 というドライバーもいるので注意。        3.  タクシー選びは慎重に    発展途上国では慎重にタクシーを選んだほうがよい。 車載設備はどうか。 白タクではないか。 よーく見極めることが重要だ。 少なくとも、ホテルの敷地内に止まっているタクシーがあるならそれに乗るのが安全だと思いたいが、その待機タクシーが逆に怪しい場合もある。    また、路上を走っている流しのタクシーを止めて乗らなければならないシチュエーションもあると思うが、少しでも怪しいと思ったら乗るべきではない。 海外のタクシーは臆病なほど慎重に選ぶべきである。        4.  値段交渉になったら折れることも重要    メーターで値段を決めず、言い値で交渉してくるドライバーがいる。 ボッタクリ価格なのはわかっていても、あまりにもしつこく値切ろうとすると暴力に発展することもある。 また、乗ってから交渉でもめると危険度が増す。 リスクを考えれば多少高額でも払ってタクシーから早く降りるべきである。        5. 異様に汚いタクシーは避ける    車体が異様にボコボコにへこんでたり、泥だらけで汚かったり、そのようなタクシーは避けたほうがよい。 危険度は低いものの、「異様なレベル」 のタクシーは現地人ですら使わないようにしていることが多い。        6.  明らかに外国人に声をかけてくるタクシー    周囲にたくさんの人がいるのに、明らかに外国人だとわかる自分に声をかけてくるタクシーがいたら注意。 現地人だろうと外国人だろうと、乗せてもうかる金額は距離と時間なので変わりない。 なのにあえて外国人の自分に声をかけてきたということは、ボッタクリか、何かしらの企みがある可能性が高い。        7.  異様に「この国は何回目? 初めて?」と聞いてくるドライバー    もし乗ったタクシーで 「この国は何回目? 初めて?」 と聞いてきたら、あなたの 「この国に対する知識」 を調べている可能性がある。 つまりタクシーや物品の相場を知っているかどうか調べているのである。 そこで 「はじめて」 とか 「2回目」 と言ったら最後、ボッタクリ運賃になったり、関係のない場所に連れていかれるかもしれない。 「この国に家族がいるの? 友だちがいるの?」 と聞いてくるドライバーも同様だ。        え? そんなに人を疑って旅をしてもつまらない? もっと人を信じろ? 心が汚い? たしかに疑う行為は悲しいことかもしれないが、詐欺や暴行に遭ったり、最悪殺されてしまうこともあるわけで、それよりはましである。そんな考えは 「日本人の甘ちゃん」 としか言いようがない。(rocketnews24.com)                          ツイートこの記事をつぶやく
      視覚効果        こちらは、スペインの首都マドリードの路地裏にあるレストラン 「Rayen」 のエントランス。 実はこの写真はあえてモノクロにしてあります。        記念写真を撮っていく人が続出するという、ある仕掛けが施されていると言うのですが……。        ユニークな視覚効果をご覧ください。(labaq.com)        1.   スペインの視覚効果レストラン01  まぶしいほどピカーッと照らされています!    ……が、もちろん照明が強力なわけではありません。        2.   スペインの視覚効果レストラン02  ライトが照らされてるように、黄色に色付けされているのですね。 fosという3人のアーティストチームが手掛けたそうです。        3. スペインの視覚効果レストラン03  じっと見つめる子供たち。 建物にはペンキではなく黄色のテープを貼っているので、原状復帰がしやすいようです。        4.   スペインの視覚効果レストラン04  絵画も黄色に染まっているのがポイント高いです。        5.   スペインの視覚効果レストラン05  写真を撮りたくなる気持ちもわかりますね。        6.   スペインの視覚効果レストラン06  ありふれた路地裏が、写真を撮る人が続出する名所になっています。        7.   スペインの視覚効果レストラン07  製作中。 もともとはこんなにも質素でした。        8.   スペインの視覚効果レストラン08  ちなみに、こちらが本来のライトで照らされている景色。        9.   スペインの視覚効果レストラン09  製作に携わったfosの3人だそうです。        製作に使った材料も手に入りやすいものばかりと言い、目を引くだけでなく、見る人を楽しい気分にさせてくれるのがすばらしいですね。        アイデアに脱帽です。        ツイートこの記事をつぶやく
Page 2 of 4«1234»