2014,01,31

「STAP細胞」の小保方さんフィーバーやむ気配なし 中学時代の読書感想文本「ちいさなちいさな王様」Amazon1位に

                                     ちいさな王様        理化学研究所などが第3の万能細胞 「STAP細胞」 の作製成功を発表してから2日、研究ユニットリーダーの小保方晴子さん(30)への注目は高まるばかりだ。          メディアでは小保方さんの身に着けていた割烹着や研究室の装飾に続き、中学生の時に書いた読書感想文まで取り上げるようになった。 その影響からかAmazon.co.jpの本ランキングで対象本はさっそく1位に踊り出た。        小保方さんは中学2年生の時に、青少年読書感想文の千葉県コンクールで最優秀賞の 「教育長賞」 を受賞していた。 コンクールを主催する毎日新聞の地方版には、97年12月21日に感想文の全文も掲載された。 小保方さんが選んだ本はドイツのベストセラー小説として知られるアクセル・ハッケ作の 「ちいさなちいさな王様」。 ある日、人差し指サイズの太った王様が主人公の 「僕」 の家に現れたという設定で、王様は、自分の世界では年を重ねるにつれ体が少しずつ小さくなり、次第に物事も忘れていってしまうと話し、互いの暮らす世界について語り合うといった内容だ。 ミヒャエル・ゾーヴァの愛らしい挿絵を織り交ぜたやさしい文体でありながらも、深みのある哲学的な内容になっている。          当時の小保方さんは、現実を知るほど自身の夢や心の世界が小さくなっていくことが受け入れられず 「大人になりたくない」 と考えていたが、小さな王様によって 「夢があるから現実が見られるのだという事を教えられたような気がした」。 さらに 「永遠の命を持つことは、死よりも恐ろしい事だと思う。 生きていることのすばらしさを忘れてしまうと思うからだ」 といった記述もあり、感想文を伝えた報道では 「当時から 『人間の生命について高い関心を抱いていた』」 との解説を加えていた。          「ちいさなちいさな王様」 はもともと 「大人の絵本」 として日本でもファンの多い作品ではあるものの、感想文が紹介されやいないやAmazon.co.jpの本ランキングで急上昇し、31日11時時点では1位になっている。 すでに在庫はなく入荷待ちの状況だ。 楽天ブックスのランキングでも同時点で1位だ。 紀伊国屋書店洋書部の公式ツイッターアカウントでも小保方さんの話を交えてドイツ語の原書を紹介している。         小保方さんフィーバーによる影響は、本だけに終わらないかもしれない。 インターネット上では 「割烹着が売り切れになる予感」 「割烹着が売り切れ必須w 買い占めるのなら今のうち」 「割烹着メーカーの株が上がるんじゃないの?」 と。 さっそく割烹着ブームを予想する声もあがる。 また、小保方さんのお気に入りだという英ブランド 「ヴィヴィアンウエストウッド」 にも注目が集まっている。 ネット上では会見時に付けていた指輪に関する質問が相次ぎ、「ブランドロゴをモチーフにしたもの」 「2年前に販売終了となっている」 などの情報が寄せられている。(j-cast.com)                         ツイートこの記事をつぶやく