餃子の王将        「餃子の王将」 で知られる王将フードサービスの大東隆行社長(72)が2013年12月19日朝、本社ビル前で射殺された事件をめぐり、ネットが騒然としている。           突然の犯行への驚き、怒りももちろん、日ごろ 「餃子の王将」 に通っていた、今も通っているという人も少なくなく、追悼ムードも強い。        驚きの声としては、ミュージシャン、プロデューサーとして知られるつんく♂さんがツイッターで 「ええ?!」 とつぶやいたのを始め、弁護士の紀藤正樹氏もやはりツイッターで、「信じがたい。 何があったのか」 と絶句した。 一般のユーザーからも、        「王将の社長が?!」      「餃子の王将の社長撃たれたん?王将めっちゃ好きやのに。 何があったんやろ?」         などとあ然とする人が続出する。          餃子の王将は全国に店舗を展開しており、その味に日ごろ慣れ親しんだ人も少なくない。 その社長の突然の死に、追悼の声も次々と上がっており、大学時代を同社の本拠地・京都で過ごしたバンド 「アーバンギャルド」 の松永天馬さんも、        「王将は京都に在学する男子大学生のソウルフードと言っても過言ではありませんでした。王手されることなかれ。 R.I.P.社長」       と投稿、「今日は王将食べるか…」 という人も数多い。              それにしても、早朝になぜ本社前に社長がいたのか、と首をかしげる向きが多いが、実は大東社長はかねてから、毎朝会社の周囲の掃除をして回っていたという。 以前からの習慣として一部では有名だったが、ちょうど2週間前の5日にはニュースサイト 「NEWSポストセブン」 にこの習慣が取り上げられていた。 ツイッターなどでも、この事実が改めて紹介され、話題になっている。(j-cast.com)                           ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカのマーケティング会社eMarketer社は米国内のネット広告に関する予測を発表し、モバイル向け広告がPC(デスクトップ・ラップトップ)向け広告を2016年に追い抜き、17年にはモバイル向け広告が356億2000万ドル、PC向け広告が272億1000ドルになるとしている。          12年のモバイル向け広告は43億6000ドル、PC向け広告は324億ドルと大きく差が開いていたが、モバイル向け広告はその後5年で急成長し、PC向け広告は14年から下降に転じるという。(j-cast.com)                        ツイートこの記事をつぶやく