ダイエットや健康維持に筋トレが有効とわかっていても、トレーニングジムに通って鍛えるのは無理! だが、ハードな運動やつらい思いは必要なく、わずか6秒でできる “6秒筋トレ” があるという。        “6秒筋トレ” は、筋肉の引き締めに大きな効果を発揮する “アイソメトリックス” という筋肉トレーニングがベースになっている。 この “6秒筋トレ” を考案したのは、ボディー矯正などが人気の 『サロンC』 を主宰する境貴子さん。 サロンのスリミングやフェイシャルの施術にもアイソメトリックスを活用した筋トレを取り入れている。        「アイソメトリックスは、道具を使う筋トレや、筋肉を伸ばしたり縮めたりするストレッチなどの運動とは異なった筋肉の鍛え方をします。 例えば、お腹をグッとへこませる、つま先立ちでふくらはぎに力を入れるなどのように、鍛えたい筋肉に思いきり力を入れてキープすることで、筋肉に負荷を与えます。    単純な動きでも正しくやれば筋肉痛になるので、効いていることを実感しますよ。 1回6秒と短時間なうえに、激しい動きがないので、高齢者など運動ができない人やリハビリにも活用されています」 (境さん、以下「」内同)      トレーニング方法はとても簡単なのに、効果を感じやすいのが特徴のひとつ。        「食生活にもよりますが、1か月で4~5kgのダイエットに成功した人や、1か月半でウエストが約11cm細くなったという人もいます。 また、一般的な筋トレと違って、ムキムキにならず、引き締まった良質の筋肉になれるところも魅力です」      継続して行い、全身引き締めるのが理想だが、まずは試してみたいという人には、脚の筋トレがおすすめ。        「脚は体の中でも筋肉量が多い部分。 筋肉量がアップすると全身の基礎代謝量が上がり、やせ体質になるので、まずはつきやすい脚の筋トレからはじめてみるといいでしょう。 筋肉は何才からでも鍛えることができます。 諦めずに今から始めることが大切です」        6秒筋トレ3大ポイントは以下の通りだ。      【1】 息を留めずに呼吸を続ける    筋肉に力を込めるときに、つい息を止めてしまいがち。 「呼吸を止めて力を入れると、血圧が急上昇したり心臓に負担がかかったりするので危険です。 特に高血圧の人は注意してください」。      【2】 鍛える部分に意識を集中する    筋トレでよくいわれるのが、“鍛えている筋肉を意識する” ということ。 「特に6秒筋トレは、その部分の筋肉に集中して力を込めることが動きのすべて。 単純な動作でも、鍛えている部分を確認しながら行いましょう」。        【3】 力を入れたあとは必ず暖める    トレーニングで筋肉を収縮させたあとは、力を緩めることが大切。 「6秒間力を入れて硬くなった筋肉は、6秒間かけて力を緩めていきましょう。 力を入れるだけでなく、メリハリをつけることで筋肉が効率よく刺激されます」。(news-postseven.com)        6秒で鍛えられる!? やってみる価値はあるかな??         ツイートこの記事をつぶやく