かつてない盛り上がりを見せている年末ジャンボ。 11月22日の発売日には、東京・銀座の西銀座チャンスセンターで、約1000人が列を作るなど、ジャンボ史上最高額、1等・前後賞合わせて7億円当せんの期待に胸を膨らませている人も多い。        今年は、1等の当せん本数が80本の 『年末ジャンボミニ7000万』 (以下ミニ)が同時発売されているほか、全国のグルメが当たるキャンペーンも実施中だ。 二重にも三重にも楽しめる今年の年末ジャンボ宝くじの買い方について、『All About』 宝くじ・ロト・toto担当ガイドの石川修さんに話を聞いた。        「宝くじの種類によって、買い方を変えるのが当せんへの近道です」 と言う石川さん。 7億円をゲットするには、1等5億円と同時に前後賞1億円も当てる必要がある。        「大きく狙うなら連番買いに限ります。10枚以上購入する場合は “ぶっ通し” と呼ばれる買い方がいいですよ」 (前出・石川さん、以下「」内同)        10枚1セットの宝くじを連番で2セット買った場合、1セット目と2セット目の番号は連続していない。 しかし、“ぶっ通し” と指定すれば、セットをまたいで番号が連続する宝くじを入手できるのだ。        「1等の当せん番号がセットの最初もしくは最後の数字だった際に、前後賞1本を逃してしまうことを防げます」        売り場によっては指定できない場合もあるので、事前に確認を。        宝くじは、1000万枚を1組とした “ユニット” という単位でできている。 1ユニットあたりの1等当せん本数を比べると、ジャンボの1本に対して、ミニは10本。 なんと10倍の確率なのだ。        ただでさえ1等当せん本数が多いミニ。 さらに当せんの確率を上げる買い方は、バラ購入だ。        「ミニには前後賞がないので、連番で買うメリットはありません。 1等7000万円は、バラ買いで狙いましょう」        7億円に比べると当せん金額は小さいが、今回初登場のミニ。こちらに絞って購入するのもアリ?(news-postseven.com)         ツイートこの記事をつぶやく
           道路交通法        12月1日から改正道路交通法が施行され、自転車の通行方法が規定されることになった。      そもそも自転車は基本的に車道を走るのが決まりで(歩道を走るのは例外で、(1)道路標識等で指定された場合、(2)運転者が児童、幼児等の場合、(3)車道又は交通の状況からみてやむを得ない場合に限られる)、当然逆走はNGだったのだが、これまでは歩道がない道路にある路側帯(一本線で車道と区分された歩行者や自転車の通行スペース)では、双方向に通行できた。      しかし、12月1日から、路側帯を走る場合も道路の左側部分に限られることになった。      違反した場合は 「通行区分の違反により3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金」 になるという。                  逆走禁止        また、警察官が基準に適合したブレーキを備えていないと認められる自転車を停止させ、応急のブレーキ整備や運転継続の禁止を命令できるようになる。 警察官の停止に従わなかったり、検査を拒み、妨げた場合には、これまた5万円以下の罰金となるという。    自転車といえど、道路交通法できっちりルールが決まっているもの。 その割に、ルールを守る人が少なく、事故が多発していたため、今回の改正に繋がったといえる。      うっかり忘れてたでは済まされないので、注意しよう。(nikkan-spa.jp)      これで、無謀な自転車が減るのかな!? 罰金取らないとだめじゃないかな??         ツイートこの記事をつぶやく