2013,11,22

風と海と大地が造る幻想世界……ニュージーランド南端の躍動する樹々が圧巻

      ニュージーランド        太平洋の南端の国、ニュージーランド。 その南島、さらにその最南端に、「スロープポイント」 という地区があります。        ここには、南極から海を越えて日々、強い風が吹きつけています。 高い山はほとんどなく、そこに広がるのは荒涼とした原野と広大な牧草地。        このような場所ですから、樹木は絶えず強い風にさらされて、まるで躍動しているかのような姿に。 海外サイト 「Acid Cow」 に、そんなスロープポイントの樹々の幻想的な姿をとらえた写真たちが掲載されています。        厳しい自然の手になる造形はときとして、人間の力では決して成し得ないような圧巻の光景を生み出すもの。 ニュージーランドには、その人口の少なさゆえに、こうした雄大な自然が数多く残されています。        ちなみに、このスロープポイントという地域は最寄りの町から50キロ以上離れており、車でしか行けないのは当然として、その車の燃料や食料に余裕があることを確認してから訪れる必要があるそうです。         slope_point_trees_01       slope_point_trees_02       slope_point_trees_03       slope_point_trees_04       slope_point_trees_05       slope_point_trees_06       slope_point_trees_07     slope_point_trees_09       slope_point_trees_11       slope_point_trees_12       slope_point_trees_13       slope_point_trees_14       slope_point_trees_15       slope_point_trees_16       slope_point_trees_17

 

 

 

▼スロープポイントに立つ、南島最南端の標。赤道から5140km、南極点まで4803km。

      slope_point_trees_18                          ツイートこの記事をつぶやく