しゃくなげ        シャクナゲは、日本人にとって馴染みの深い花のひとつ。 春になると公園などで、赤やピンク、白など、さまざまな色の花を咲かせているのを目にします。艶やかで、とてもキレイですよね♪        海外サイト 「BORED PANDA」 で、信じられないぐらい美しいシャクナゲが紹介されています。 シャクナゲは通常、低木なのだそうですが、こちらのシャクナゲは樹齢125年以上! 民家の屋根を超すほど高く成長しちゃったみたい。        この画像はもともと、海外掲示板サイト 「reddit」 にユーザーネーム 「smartforever」 さんが投稿したもの。 カナダのブリティッシュコロンビア州レディスミスにある民家の前に植えられているようです。        これを見た海外のインターネットユーザーらは、次のようにコメントしています。      「美しい!」    「いいね!」    「これだけ大きくなるにはどのぐらいの年月がかかるんだろう?」    「私のおうちにもこんな木がほしい」    「うらやましい家と木だな~」    「咲いているときはいいけれど、落ち葉の掃除が大変そう」    「なんて立派なシャクナゲの木なんだ!」    「シーズンの終わりごろには、すごく散らかるだろうなぁ~」        グーグル・ストリートビューでもこのシャクナゲを確認できるのだけれど、残念ながら撮影されたのが開花時期ではなかったもよう。 日本にも樹齢数百年というシャクナゲがあるし、ホント、自然というのは偉大です!(youpouch.com)        花は良いな~~         ツイートこの記事をつぶやく