アルコールカロリー        食欲の秋ということで、つい食べ過ぎて体重増加中……という人もいるのではないだろうか? 揚げ物やスイーツのカロリーは気にする人も、意外に見落としがちなのがお酒だ。        液体なので気軽にグイグイいっていたら、ビックリするほどのカロリーオーバーに、なんてことも少なくない。 ときに、ちょっと飲んだだけで1000キロカロリーものアルコールを摂取してしまうこともあるのだ。 「痩せたいならまず酒をやめるべき」 と、あるダイエットサプリメント会社が警鐘を鳴らしている。

 ・ 液体だからといって油断は禁物

     英ダイエットサプリメント会社のForza Supplements が、ダイエット中の男女1000人を対象にアンケート調査を行った。 その結果、回答者の4割以上が1回飲みに行っただけで1000キロカロリー近くものアルコールを摂取していたことが判明したという。      以下は、女性が1回のお酒の席で摂取するアルコールのカロリー例である。      ワイン3杯(555キロカロリー)    カクテル1杯(260キロカロリー)    ショット(120キロカロリー)      トータル:935キロカロリー        ビールやウィスキーなど違う組み合わせでも、4、5杯飲めば軽く1000キロカロリーはいってしまうだろう。

 ・ 酔うと意志が弱くなる

     減量している人がダイエットに失敗する理由の一つに、お酒の影響を無視しがちな点にある。 回答者の半数以上が、お酒を飲むと空腹感が増し、酔ってしまうとダイエットの意志が弱くなるため、お酒のアテでつい色々な物をつまんでしまうと答えている。

 ・ ホルモンの抑制で食欲増加

     お酒を摂取すると、脳に満腹信号を発するホルモン 「レプチン」 が抑制されてしまうため、食欲が増加するのである。 そして肝臓がアルコールを有害物質とみなすため、栄養分の少ないアルコールのカロリーを先に消費しようとしてしまう。 そのため、お酒のアテで摂取した栄養分が高いカロリーの消費が後回しにされて、脂肪が蓄積されやすくなってしまうのである。      これからのシーズン、忘年会や飲み会などでお酒を飲む機会が増えるだろうが、少しカロリーに気を配りたいものだ。 ほどほどにたしなむのが、お酒との賢い付き合い方ではないだろうか。(rocketnews24.com)                       ツイートこの記事をつぶやく