残された寿命        自分が “生きている” という実感もなく、何となく毎日を過ごしてしまっている人が多いのではないだろうか? しかし、どんな人もいずれは死ぬ。 残りの人生を無駄にしないために、ある発明者が 「残された寿命」 を刻む腕時計を開発し、話題になっている。        ・ 最後の日へのカウントダウン      寿命を告げる腕時計 「Tikker」 の発明者は、スウェーデン在住のフレデリック・コルティング氏だ。 Tikker にはアンケートが付いており、ユーザーが自分の病歴や、年齢、飲酒や喫煙などの質問に対する答えを記録すると、時計が残された寿命を計算してくれる。 そして最後の日へのカウントダウンが始まるのだ。        ・ 祖父の死がきっかけに      コルティング氏は彼の祖父の死がきっかけとなり、Tikker の開発を思い立ったという。 彼は、「もし残された時間が分かれば、人々はより良い人生を生き、良い選択をするようになるでしょう。 Tikker はまさに 『幸福の時計』 です」 と語り、“時間を大事にし、残りの人生を無駄にしてほしくない”  との思いが込められている。        ・ 価格は約9000円      開発期間に2年を費やした Tikker は、いよいよ製造段階に入る予定だ。 現在、ネット上で寄付金を募るサイト 「Kickstarter」 で寄付を募っており、当初は2万5000ドル(約244万円)を目標としていたが、すでに5万ドル(約490万円)近くが集まっている。 翌年4月には販売開始予定で、価格は約59ドル(約9000円)に設定されるそうだ。        自分が死ぬ日を告げられるなど、ゾっとする人もいるだろう。 しかし、毎日 ”生” を意識して暮らせるようになり、充実した毎日が送れるようになるかもしれない。(rocketnews24.com)                              ツイートこの記事をつぶやく