リーガルハイ        「半沢直樹」 堺雅人さんの最新作として注目を浴びるドラマ 「リーガルハイ」 (フジテレビ系)だが、2013年10月17日に第2話が放映されるや、ネット上では 「ある一点」 に話題が集中した。 劇中にフジとは因縁が深い、まさかの「あの人」が登場したからだ。        「完全にホリエモンやん(笑)」      「おもいっきり、ホリエモンじゃん!!!!!!!!」        そう、ニッポン放送買収騒動でフジテレビと激しいバトルを繰り広げた、ホリエモンこと堀江貴文さんだ。          もちろん本人ではない。 役名は 「鮎川光」 で、俳優の佐藤隆太さんが演じている。 しかしその設定は、        「かつて企業買収で名を馳せ時代の寵児となった天才肌の若手IT社長」    「その後、インサイダー取引などの罪に問われ収監」    「服役生活を経て、再びメディアの前に登場」       といったもので、さらに出所後は動画サイトで記者会見、「刑務所ダイエット」 を司会者に勧めてみせる。 また挑戦的な言動、ラフな髪型や服装も含め、10人中10人に堀江さんを思い起こさせる人物だ。          元々 「リーガルハイ」 では2012年放映の第1期でも、実在の有名人を思わせる 「ヤバイ」 キャラクターが次々と登場し、視聴者をあっと言わせてきた。 今回も番組の公式フェイスブックで下記のように煽っており、        「今夜の話は、一世を風靡したあの社長…に似たある元IT社長の話。 どんな戦いが待っているのかこうご期待です!」            内容も挑戦的だ。 ホリエモン――ならぬ鮎川は出所と同時に、自らをバッシングした新聞や雑誌を、名誉毀損として次々と訴え始める。 ブロガーや、自分をモデルにしたと見られる漫画までもだ。 堺さん演じる変人だがやり手の弁護士・古美門研介は、漫画家側の弁護人として、法廷で鮎川と直接対決することになる。        そう、すでにドラマの中で、特定の人物をモデルにした作品が 「名誉毀損」 に当たるのかどうかが争われているのだ。 そして作中では最終的に、古美門が 「漫画では鮎川(をモデルにした人物)が、実に魅力的に描かれている」 ということを理由に、名誉毀損の訴えを粉砕している。 なおドラマでの鮎川は、敵役ではあるがかなり 「魅力的」 で、しかも 「実はいいやつ」 だ。          この巧妙な作り、そのうえ局が 「遺恨」 のあるフジとあって、視聴者からは喝采が相次いだ。 視聴率も関東地区で関東16.8%、関西では21.9%と、前話に続きかなりの好調だ。          となると気になるのは堀江さんご本人の感想だが、こちらはツイッターで 「これをフジTVでやったことに軽い衝撃が…」 という別のユーザーの発言をRTしているのみで、気づいてはいるらしいが言及はしていない。(j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく