2013,10,01

お風呂はダメ! 実は間違っている「超危険な二日酔い対策」3つ

             お風呂はダメ!実は間違っている「超危険な二日酔い対策」3つ        お酒を飲んだ次の日、頭が痛い、気持が悪いなど体調不良を起こす二日酔い。 原因は、アルコール処理が追いついていないため。 そんな日に限って、大切な会議やデートがあれば、なんとかして治したいもの。        ただ、よかれと思ってした行為が、かえって悪化させることもあります。 そこで今回は、実は間違っている危険な二日酔い対策をお伝えします。          ■ 二日酔い対策のジョギングは脱水の危険      身体からお酒を抜くために、ジョギングをして汗を流し、二日酔い対策!   って、ちょっと待った! これはやってはいけません。        身体のアルコール濃度が高いところに、汗を大量に出すと水分がさらに抜けていってしまいます。 そうすると、ますますアルコール濃度が上昇。 アルコール分解には水分が必要なのに、真逆の脱水状態を作ることになってしまいます。        身体にアルコールが残った状態での運動は、頭痛を引き起こし、脈拍が上がって心臓に負担をかけてしまいます。        ■ 二日酔い対策の入浴は心臓に悪・影・響        さっぱりと熱いお風呂に入って気分転換、そしてサウナで汗を流せば二日酔い対策ばっちり!        いやいや、これもNG。これもジョギングと同様、脱水を招きます。        熱いお風呂というのは心臓に負担をかける上、お酒で心拍数も上昇しているので、血圧も上がりやすく危険。 さらに、サウナは通常の状態でも脱水を起こしやすいのに、お酒が入っていたらますます危険です。 アルコールが汗として排出されるわけではないので、要注意です。          ■ 迎え酒は気の紛れ……        お酒にはお酒で対処……二日酔いだから、さらにお酒を飲む “迎え酒” でなおしてやる!     なんてチャレンジャーな方もいるかもしれませんが、これも当然NG。      少し酔いが覚めたような感じになる人もいますが、これは気の紛れ。 アルコール濃度が高くなり、アルコールの、感覚を麻痺させる作用が強くなっているだけなのです。      アルコールを処理する肝臓に大きな負担となりますので、迎え酒は禁物です。        いかがでしたか? これらはついやってしまいがちですが、身体には大きな負担となるので避けましょう。 身体からお酒を抜くには、アルコールや糖分の入っていない水やお茶などの水分をたくさんとり、ゆっくり身体を休めることが近道。 もちろん、自分の適量を知って二日酔いにならないようにしてください。(girls.livedoor.com)                       ツイートこの記事をつぶやく