2013,08,06

「日本人、体にいい福島産さくらんぼを食べろ」 放射能からめた芸人暴言コントに韓国紙「大喝采」

                                         韓国ネタ        サッカー日韓戦で起こった 「横断幕」 騒動をめぐり、韓国のテレビ番組でタレントが 「日本応援団に福島産さくらんぼを送ったよ」 などと原発事故にからめて日本を揶揄するような 「ネタ」 を演じていたことがわかった。          番組は韓国の公共放送局KBS2で2013年8月4日に放映された 「ギャグコンサート」 だ。 この日は、韓国人お笑いタレントのカク・ポムさん(26)が出演し、さっそく日韓戦に関する漫談を始めた。        番組の模様を報じたスポーツ朝鮮、東亜日報など韓国各紙によると、カクさんは、「韓日戦、韓国は負けたけど両チームとも応援する姿がよかったね」 と語り始め、        「日本応援団は旭日旗まで振りながら応援していた。 そこで私は彼らにプレゼントを贈ったよ」       と、懐からさくらんぼを取り出した。          「体にいい福島産さくらんぼだ」          さくらんぼといえば、福島県の名産品の1つだ。 福島第1原発事故と絡めて放射能入りといいたいらしい。 ちなみに福島県産さくらんぼについては、県が正式に 「安全宣言」 を出している。          この「ギャグ」に会場は大爆笑となった。 そこで共演者が 「私も食べよう」 と手を伸ばそうとすると、カクさんはそれを止め、        「 『身土不二』 (地元の食材が地元の人間には相性が良い)って言うでしょ? これはあの人たちだけで食べなきゃいけない」            風評被害に苦しみながら、地元農業の復興に力を注ぐ関係者の傷口にまさに塩を塗るような発言だ。 しかしこの返しに、カクさんにはさらに大きな喝采が巻き起こったという。          韓国メディアは、「無礼な日本サポーターにきつい一刺し」 などと、そろってこのネタを好意的に報じている。 ネット上では 「いくらなんでも対外的に危ない発言だ」 と批判する声もあるというが、    
「風刺ギャグで胸がスッとした」   「福島産さくらんぼネタ、痛快だった」
      などと、韓国内ではおおむね好評のようだ。(j-cast.com)                            ツイートこの記事をつぶやく