ニトリ        「お、ねだん以上。♪」 の定番テレビCMで知られるニトリ。 北海道を地盤とし、国内の家具・インテリア業界で売上高3487億円(前年度=2013年2月期)とトップを独走する。 商品の企画・製造から物流、販売までを一気通貫するSPA方式による、低価格・高品質な商品戦略は、まさに “家具・インテリア版のユニクロ”。 前年度まで26期連続で増収増益を達成してきた。その超優良企業が、かつてない試練を迎えている。        ニトリが6月末に発表した今年度(14年2月期)第1四半期(3~5月期)決算は、積極出店が奏功して、売上高こそ前年同期比7.2%増の1011億円に伸ばしたものの、営業利益は同0.7%増の188億円と、ほぼ横ばいにとどまった。 経常利益は同1.2%減の185億円。 収益拡大を当たり前としてきたニトリとしては、珍しい停滞を強いられた。        既存店売上高は前年同期比0.1%増と健闘。 だが、昨年末からの急激な円安が、ニトリを悩ませている。      

  昨年11月の 「値下げ宣言」 時とは環境一変

     ニトリは、ベトナムやインドネシアにある自社生産拠点で商品の開発輸入を行っているほか、中国などからも商品を仕入れており、海外からの輸入商品比率は約80%にも上る。 これが歴史的な円高局面において、遺憾なく威力を発揮。 昨年11月に約2年ぶりの 「値下げ宣言」 を行い、850品目を値下げしたにもかかわらず、17%以上という高利益率を叩き出した秘訣でもあった。        ところが、この円安局面で上昇した仕入原価が、利益を圧迫している。 昨年のニトリの平均決済レートは1ドル=79円90銭。 対して、この第1四半期は1ドル=84円04銭まで上がり、原価率は1.8%上がった。 ニトリの場合、ドルに対して1円円安になると10億円前後の利益圧迫要因となる。 ニトリは急いで追加の為替予約を進めているが、今年度を通した平均決済レートは1ドル=91円弱になる見込みと、前年度に比べ厳しい展開となる。 27期連続の増収増益記録に、黄信号が灯っている。        この局面に、さすがのニトリにも焦りの色が見え始めている。        6月末。 東京・赤羽にあるニトリ東京本部で開かれた決算説明会では、同社の基本理念である 「ニトリ憲法」 が 「改正」 されていた。    
       ニトリ憲法とは、同社の経営戦略を条文化した独自の規範。 これまでは 「一に安さ、二に安さ、三に安さ、四に適正な品質、五にコーディネーション」 としていたが、「一に安さ、二に適正な品質、三にコーディネーション」 に変わっていたのだ。        「正式な憲法改正ではない。 試験的にやってみて社員の意識がどう変わるか見ている」 と似鳥昭雄社長は言うものの、「憲法」 とは国家でいえば最高法規であり、他の法律や命令による変更はできないという大原則。 それを仮にも変えようとするメッセージのインパクトは小さくない。      

 これ以上は「安さ」を追求できない?

     国内の家具業界では、大塚家具が円安の進行を受けて4月から値上げを実施するなど、輸入品を中心に価格改定の動きが広がっているが、ニトリは 「今の価格を維持する」 (白井俊之専務)と値上げは否定する。 ただ、ここで出てきた 「ニトリ憲法の改正」 を解釈すれば、自社の持ち味である「安さ」をこれ以上追求していくのは、難しいということを示しているようにも受け取れる。        ニトリは素材の産地やサプライヤーの見直しも進め、コスト削減に一段と取り組むが、そのうえで収益拡大戦略として採るのが、新商品の積極的な投入による売り場の活性化と客単価の引き上げである。        例年のニトリは、1年間のうちに既存商品の30%程度を新商品へと入れ替えてきたが、この切り替え率を今後は60~70%まで高める方針だ。 帝人などと連携して開発した接触冷感機能を持つ寝具など、高単価な機能性商品などの拡販を見込んでいる。        「27期連続増収増益は何が何でも達成したい」。 似鳥社長の悲願こそが、戦略の背景にある。 これまでの26期連続増収増益は、確かにすさまじい。 平成バブルの終焉、金融危機、ITバブル崩壊、リーマン・ショックなど、幾度の難局をすべて乗り切ってきたからだ。 ニトリにとって、収益拡大を続けるという“常勝”は、もはや至上命題と化している。        それだけにニトリは、急激な円安の進行という逆風下で、自社の経営理念でもあるニトリ憲法を仮改正し、大胆な商品戦略を採ってでも、連勝記録が途絶えてしまう事態を避けたいのだろう。      

 商品切り替え率を上げると…

     ただ、コトはそう単純でもない。 商品の切り替え率を大きく上げるということは、SPAであるニトリの生産・在庫管理、販売の現場に大きな負荷をかける可能性がある。 各業務は従来以上に複雑になるかもしれない。 その結果、たとえば想定以上の在庫を抱えてしまうというような事態が起こった場合、円安とは別の収益圧迫要因ともなりかねないリスクもはらんでいる。      昨年11月に、ニトリが値下げ宣言を行ったときは、歴史的な円高局面だった。 あれからたったの半年。 あの強烈な追い風は今、かつてない勢いの逆風となってニトリの周りに吹き荒れている。(toyokeizai.net)          ツイートこの記事をつぶやく
      すなぷきゃっと        自分撮り、すなわち自撮り。        SNSなどの普及に伴い爆発的に増加、至るところで見かけるようになったこの行為ですが、とうとうこのたび、「ニャンコさんに自撮りを促すことができるかもしれない」 アプリが誕生したらしいのです。        こ、こ、これは、ニャンコ好きには辛抱たまらんアプリかも……。 う~ん、でもニャンコさんが自撮りって、一体どういうこと!?        アンドロイド端末限定のこちらのアプリ、一体どういった仕組みでニャンコさんに自撮りを促すのかと申しますと、これがまた実に単純な仕掛けになっておりまして。        画面上に表示される動く赤い点、ニャンコさんがこれに反応してネコパンチ。 それと同時にシャッターが押される、という仕組みみたい。 ニャンコさんの習性を実に上手く活かしたアプリですよね~。 そういうことなら、自由気ままなニャンコさんでも自撮りできるかも!        愛猫の、普段見ることのできないレアな表情を垣間見ることができるかもしれないアプリ、『Snapcat』。 ニャンコを飼っているアンドロイドユーザーのみなさんは早速、試してみてはいかがでしょうか。(rocketnews24.com)        ▼この赤い点がニャンコ自撮りのキモ   nj4        ▼こ~んな写真が撮れちゃうかも!?   nj2       nj3       nj5           ツイートこの記事をつぶやく
                   平井氏        自民党ネットメディア局長の平井卓也衆院議員がネット党首討論で 「黙れ、ばばあ!」 などと野党党首らを罵倒するコメントを書き込んでいたと、一部で報じられた。 しかし、事務所ではまだ確認が取れていないといい、本人のツイッターなども沈黙したままだ。          参院選を前にニコニコ生放送で2013年6月28日に行われた党首討論は、自民党圧勝が伝えられる中、視聴するユーザー数は伸び悩んだ。 しかし、ネット選挙解禁にかける人たちの意気込みは熱いようで、この日の党首討論にも、主要政党がほぼ顔をそろえた。        そんな中で、東京新聞が29日に報じたところによると、自民党ネットメディア局長の平井卓也氏は、ニコ生の画面上に表示されるコメントに意気盛んな書き込みをした。          社民党の福島瑞穂党首が討論冒頭で発言すると、平井氏は前述のように返し、日本維新の会の橋下徹共同代表が欠席したことが分かると、「橋下、逃亡か?」 とはやし立てた。 これに対し、自らが担ぐ安倍晋三首相については、「あべぴょん、がんばれ」 と激励の書き込みをした。          あべぴょんとは、平井氏自らが発案し、26日から提供を始めたスマートフォン向けゲームのゆるキャラ名を指すようだ。          東京新聞によると、コメントは平井氏がスマホで書き込んだ。 他党党首らの誹謗中傷を書き込んだことについては、「申し訳なかったが、やじみたいなものだ」と釈明した。 しかし、書き込んだにもかかわらず、なぜか 「画面には流れていなかったはずだ」 と説明したという。          平井氏の書き込みがなぜ発覚したのかは定かではないが、ネット上では、IDが表示される状態のまま書き込んでしまったのではないかとの憶測が出ている。 党首らへの誹謗中傷については、「コメントが浮かないように周りのレベルに合わせたのか」 といった声もあるが、「これは、下品すぎる」 「ネットで工作してますって言ってるようなもんじゃねーか」 などと疑問が多い。            平井卓也議員は、党支援者のボランティア組織 「自民党ネットサポーターズクラブ」 の代表をしており、クラブの事務局では2013年4月11日、会員を名乗るネット上の誹謗中傷が多いとして、そうした行為をしないようにメルマガなどで呼びかけていた。 また、6月19日には、ネットメディア局長の平井氏らが中心となって、ネット上の誹謗中傷を監視する「トゥルースチーム」を党本部内に立ち上げていた。          自らのツイッターでは17日、「自民党は他者の批判はせず、自分の政策を丁寧に訴えるのみです」 ともつぶやいていた。 それだけに、今回の書き込みが事実だとすれば、こうした言動に矛盾し、批判を受けそうだ。          平井氏は、ツイッターやフェイスブックなどでは、書き込みのことについて、7月1日夕現在で何も触れていない。 毎日新聞の6月28日付記事では、ネット選挙対策について、「(炎上やなりすましは)無視してもらうのが一番正しい」 と説明したというだけに、今回もスルーしている可能性はある。          平井氏の事務所では、取材に対し、「その件については、まだ確認が取れていません」 と秘書が答えた。 自民党の報道局などにも聞いたが、事実関係などは把握していないとのことだった。(j-cast.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
      iphone5S        発売の噂が絶えないアップルの次世代スマホ、「iPhone5S」 がいよいよ発売されるのではないかと海外で噂されている。 アップルは、2013年6月に行われた開発者向けイベント(WWDC)で、同機について一切触れていない。 しかし、どうやら今秋発売される可能性が浮上しているのだ。          ・ 発表からリリースまで100日のサイクル      海外のニュースサイト 「IB TIMES」 によると、アップルは発表から100日後に販売開始というサイクルを持っていると指摘。 実際、2012年6月11日に 「iOS6」 が発表され、9月19日にリリースされいる。          ・ 9月18日以降の発売か?      今回もすでに 「iOS7」 を6月10日に発表しており、その100日後にあたる9月18日に 「iOS7」 をリリースすると見られているのだ。 そしてその直後に、「iPhone5S」 の発売を開始すると予想されている。          ・ 廉価版は 「iPhone Light(ライト)」      また今回は、iPhoneの廉価版も投入されるものと考えられている。 正式な名称は明らかになっていないが、「iPhone Light(ライト)」 もしくは 「iPhone6」 になるとの意見もある。 一部では、「iPhone5S」の発売の1~2週間後に廉価版の販売開始となるとも言われている状況だ。          ・ 今秋発売は確実との見方      言うまでもなく、これらは正式な発表ではない。 「iPhone5S」 が9月27日発売されるのでは? との意見もあるようだ。 いずれにしても、今秋9~10月に発売される見方が強い。 より詳しい内容が報じられるまで、しばし待たれいッ!(rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく